年間260泊する私が選んだ「本当によかったホテル&旅館50」――2018年5月〜8月編

年間260泊する私が選んだ「本当によかったホテル&旅館50」――2018年5月〜8月編

外資系クオリティの快適さ(ヒルトン大阪)

 ホテル評論家として2018年の1年間でホテルに宿泊したのは約260泊。そのなかで本当に泊まってよかったといえるのはどこなのか――。

1月〜4月編 」、「5月〜8月編」、「 9月〜12月編 」と3回に分けてお届けするこの企画。5月〜8月編の今回、さっそく5月から始めよう。

■05月10日(木)ヒルトン大阪

 大阪駅から至近の立地で知られる外資系ホテル。宴会場とエグゼクティブラウンジのリニューアルオープンを耳にして訪れたが、ブッフェエリアと床面積を拡大したエグゼクティブラウンジは印象的だ。程よいホールド感もあるベッドはもちろん、調度品に至るまで、客室の快適さもさすが外資系ホテルクオリティ。エグゼクティブラウンジでは朝食も愉しめるが、和食も充実しており嬉しい限り。ホスピタリティマインドを存分に感じられるステイだ。

■05月24日(木)パレスホテル東京

 皇居を望むビューはパレスホテルならでは。調度品のクオリティに唸る広々した客室は、落ち着いたトーン。エビアンスパでリラックスし、ラウンジでゆったりとした時間を過ごせるのもパレスホテルの魅力。オールデイダイニング「グランドキッチン」は開放的にして洗練された雰囲気の中、極上素材の料理を味わうことができる。一流のホスピタリティは一流のホテルに息づくことを再認識できる。

■06月05日(火)スマイルホテルプレミアム大阪本町

 スマイルホテルプレミアムはスマイルホテルチェーンの新ブランド。既存の宿泊特化型をよく研究しており、欲しいものが過不足なく用意されているのがツボだ。客室のデスクには、コンセント5個、省スペースデスクスタンドで仕事もはかどる。朝食のレベルも高く、これまた他チェーンをよく研究していて感心する。大阪ではさらに、スマイルプレミアム大阪東心斎橋も開業。最近の大阪ホテルシーンはビジネスホテルも熱き戦いを繰り広げている。

■06月10日(日)ホテルバーグランティオス別邸

 プライベートでよく訪れる大森。品川駅からも便利で羽田空港へも近く、意外な穴場エリアだ。そんな大森駅にほど近い、バーがテーマのホテル。ダイニングには寿司と日本の酒それぞれ2つのバーが向かい合う。駅至近という立地にありながら、屋上には貸切露天風呂も併設され、癒やしの時間が流れる。全客室に設置された電子レンジもうれしいアイテムだ。鯛茶漬けの朝食もあり。もはやビジネスホテルとは呼べないような、デザイン性の高いコンセプトホテルだ。

■06月14日(木)グランパークホテル ザ・ルクソー南柏

 駅前再開発が進んだJR常磐線・南柏駅至近に開業した新しいホテル。エリアのランドマークとしての存在感も期待されている。グランパークホテルの新アッパーブランドにして、サウナ付き大浴場からフィットネス、バーにレストランと従来の同ブランド施設に比べてサービスの幅が格段に広がった。客室は機能性と調度品の品質が高く、書斎としてもベッドルームとしても快適。ビジネスホテルを超えた“コミュニティ型リゾートホテル”といえる。

■06月17日(日)ウォーターホテルS国立

 レジャーホテルは従来ラブホテルといわれた業態であるが、昨今驚きの進化を遂げており一般利用も可能だ。業界でも全国区で知られるこのホテルは、リゾートホテルとしても機能するホテル。特におすすめの客室がフォーシーズンズスイート。明るい浴室でのバスタイムは快適。ジャグジーに冷水をはり、スチームサウナ→冷水浴→テラスでドリンクという流れは、心底癒やされる。各種ドリンクや原価率60%超のグルメも必食。

■06月20日(水)スーパーホテル横浜・関内

 スーパーホテルは快眠に力を入れているホテルとして知られる。ロビーにある「選べる枕コーナー」はビジネスホテルで一般的になりつつあるが、その先駆けがスーパーホテルだ。スーパーホテルはキーレスでも知られる。チェックイン時に暗証番号が書かれた紙が渡され、ドアノブのパネルに番号を入力して開錠する。番号を忘れそうなら、写真を撮るなどしてスマホに記録すればよい。キーレスということはチェックアウト手続きも必要ないということだ。

■07月15日(日)スターホテル横浜

 山下公園目の前という最高の立地にしてリーズナブルに利用できるホテル。真骨頂は「客室のバルコニー」。海風を感じ汽笛に旅情が盛り上がるシチュエーション。客室の向きによっては、眺望が望めないケースもあるが、せっかくなら、ぜひ山下公園を望める客室をリクエストしたいもの。素敵な旅の思い出になることだろう。

■07月29日(日)NEST INN HAKONE

 こちらで断然おすすめは「ヴィラスイート[旧俵石閣]」だ。今回は露天岩風呂付の“木枕(komakura)”へ。客室にはバーカウンターに暖炉もある。苔むした岩々を眺めつつ白濁した温泉露天風呂でまったりするには最適な気候での訪問。麻のピロー・ケース、シーツが風呂上がりにサラッと心地よい。ディナーは俵石閣本館での会席料理がおすすめ。洋食ならWOOD SIDE RESTAURANTでも極上の時間が過ごせる。

■07月30日(月)熱海 ふふ

 以前から行きたいと思っていたホテルへの訪問が叶った。グループ施設である「翠松園」はプライベートで何度も訪問したがこちらは初めて。滞在した“尚/ねがう”は96.9平方メートルの贅沢空間。リビングから続くオープンエアスペースには、源泉掛け流し自家温泉の客室露天風呂。寝湯や足湯も楽しめるのもいい。リビング・ダイニング・寝室とバリアフリー・ストレスフリーの動線も秀逸だ。ディナーは出汁に懐の深さを感じる和食会席。

■07月31日(火)天然温泉 浪華の湯 ドーミーイン大阪谷町

 温泉大浴場で知られるビジネスホテルチェーンの新しい施設へ。大阪の中心で天然温泉露天風呂のゆったりタイムは贅沢な気分に。サウナと水風呂の繰り返しで疲れも吹き飛ぶ。客室の冷蔵庫では冷えが弱いタイプも時々見かけるが、こちらは庫内温度調整のつまみがあるタイプ。風呂上がりに冷えた缶ビールが嬉しい。ドーミーインといえば夜鳴きそば(ラーメン)も有名。飲んだ後の〆にはもってこいの無料サービスだ。

■08月01日(水)オークウッドホテル&アパートメンツ新大阪

 8月1日に開業したサービスアパートメント。ワールドワイドな高級ブランドとして知られるオークウッド初の大阪進出。高級感溢れる中でカジュアルなステイも愉しめ、ゲスト各々がステイをアレンジできるのは嬉しい。明るく清潔感高い客室は決して奇をてらわず、ゲスト目線で使いやすさを追求している“真っ当な客室”だ。浴室でスマホの音楽が聴けるのも嬉しいシステム。自宅マンションのような寛ぎはサービスアパートメントの魅力だろう。

■08月02日(木)ロイヤルオークホテル スパ&ガーデンズ

 このホテルの魅力は、充実した設備に優しさ溢れるスタッフのホスピタリティだ。エントランスを入ると円形の吹き抜けアトリウムロビースペースとシャンデリアが迎えてくれる。客室は最低でも45平方メートルからという広さ。長期ステイであればラグジュアリープレミアムルームなどもおすすめだ。レストランは和・洋・中と多彩なラインアップ。鉄板焼「ISHIYAMA」はおすすめ。琵琶湖ビューのカウンター席もあり至福の時間が過ごせる。

■08月16日(木)カジュアルリゾート COFF 一宮

 サーフィンのメッカとして知られる千葉県一宮町にあるホテル。企業の保養所として利用されてきた木造家屋を母屋としてリノベーション、さらに建築用40フィートタイプのコンテナモジュールを2段に積み上げた11棟のコテージを設置した異色のホテル。各コテージのベランダにはプライベートジャグジーもある。海からも近いというロケーションにして、スイートタイプで2万円台〜と利用しやすい料金も魅力。

■08月17日(金)白浜オーシャンリゾート

 南房総最南端エリアに立地するマイステイズブランドのリゾートホテル。全室オーシャンビューの客室は、日常を忘れたステイが愉しめる。温泉大浴場からも海が一望。ペットと宿泊できるペットルームもあり、愛犬とも遊べるホテルとしても人気だ。

※「 1月〜4月編 」「 9月〜12月編 」もお楽しみください。

※記載の情報は滞在時点でのものであり、最新情報等については施設の公式サイトなどでご確認ください。

(瀧澤 信秋)

関連記事(外部サイト)