「ひと月に20万円、送ったことあるよ」コロナ禍で店が閉店…フィリピンへの仕送りに困ったパブ嬢たちの最終手段“ウータン”とは

「ひと月に20万円、送ったことあるよ」コロナ禍で店が閉店…フィリピンへの仕送りに困ったパブ嬢たちの最終手段“ウータン”とは

フィリピン人から「栄4丁目のお父さん」と慕われる山田信さん(中央)

「日本は、ほかの国と違うから。反対側だから」…コロナ感染した“仮放免”の難民男性が病院に行くのをためらったワケ から続く

 日本で暮らす外国人たちも、新型コロナウイルス感染の不安と隣り合わせの日常を送っている。

 愛知県栄4丁目の通称「女子大小路」では、フィリピンパブ嬢や従業員を集めてワクチンの職域接種をしようという取り組みが行われた。その中心となったのは、フィリピン人たちから「栄4丁目のお父さん」と慕われる飲食店運営会社会長の山田信さん(63)だ。

 ここでは、ルポライターの室橋裕和さんが2020年から2021年に日本で生きる外国人を取材してまとめた『 ルポ コロナ禍の移民たち 』から一部を抜粋。山田さんやフィリピン人パブ嬢たちとのやりとりを紹介する。(全2回の2回目/ 前編を読む )

◆◆◆

■1000人のフィリピンパブ嬢がワクチンを職域接種

「はじめはね、なかなかうまくいかなかったんですよ」

 職域接種のハードルは高い。基本的に、接種者が1000人以上いなくてはならず、また医師や看護師など接種にあたる医療従事者、そして接種会場を自前で確保する必要がある。つまりほとんど大企業限定なのである。中小企業や、フィリピンパブ経営のような零細企業はまず対象外だ。

 かといって、2021年の春から夏にかけての時期、パブ勤めのフィリピン人が個人でワクチン接種をするのはなかなかに難しかった。自治体などが行う集団接種は予約がなかなか取れず、日本語がそれなりに話せる人が多いとはいえ専門用語も飛び交う予約の手順を外国人が電話やネットで行うのはたいへんだ。

 そこで山田さんは6月、「名古屋日・比社交協会」を設立。自らが会長となり、フィリピンパブを中心とした46店舗に加盟してもらい、まず1000人の接種者を集めた。接種の申請には法人の名義や法人番号が必要となるが、これは山田さんの会社のもので申請した。

 加えて接種に必要な医療関係者だが、これは地元の有力者に陳情もしたが、女子大小路を愛するお客の医師が協力してくれるというケースもあったようだ。さらに言葉の問題もたいへんだった。

「接種の前に、既往歴やアレルギーなどを記入する予診票があるでしょう。このタガログ語版をつくったんです。だけど、今度は予診票をもとに問診する医者が、それを読めない。そこで通訳も用意しました」

 日本語の読み書きも堪能なフィリピン人が協力してくれることになった。そして接種場所は、女子大小路のある名古屋市中区にかけあい、区役所内に会場を設けた。こうして山田さんたち協会の人々の苦労によって、7月10日からモデルナのワクチン接種が開始され、1000人のフィリピンパブ嬢が無事に接種を終えたというわけだ。ずいぶんと手間もお金もかかってしまったようだが、

「そこはパブがたくさん入っているビルのオーナーや、フィリピンの食材店が協力してくれてね。まあ、なんとかやりましたよ」

 山田さんたちの尽力もあり、また感染がだいぶ落ち着いてきたこともあって、訪問時の2021年の10月、女子大小路のフィリピンパブは営業を再開するところも増えてきた。もちろんマスク姿での接客で、なんだか違和感はあるが、それでも「働ける場」を取り戻したことで、女の子たちもいくらかほっとしたようだ。

「モデルナ2回目、発熱タイヘンだった〜」

 と笑うのは、マニラ出身のユラさんだ。山田さんいわく「このあたりのボスです」。1993年に来日し、岐阜から名古屋に流れてきて、以降20年以上も女子大小路で生きてきた大ベテランだが、副反応の発熱に苦しんだ。

「ダイジョブじゃなかったってことは、まだまだ若いってことです」

 なんて言って、僕や山田さんを笑わせる。ワクチンの副反応は若い世代ほど出るのである。もうひとり、同席してくれたパンパンガ出身のハナさんも「発熱、2日くらい続いてほんときつかった」と言う。

■お金がなくなると「ウータン」でしのぐ

 彼女たちにとって、この1年あまりのコロナ禍では、どんなことがしんどかったのだろうか。少し考えてから、ユラさんは言った。

「私もコロナにかかったらどうしよう。それがいちばん怖かった。あと、仕事ですね。休むお店もたくさんあったから。私が働く店も、続けられるのか、なくなっちゃうんじゃないかって」

 コロナで閉店となれば、給料はもらえない。店には国や自治体の給付金や貸付制度などもあるが、家賃など経費のやりくりだけで消えていく。キャストにいくばくかの休業補償を出す店もあったが、どうしたって彼女たちの稼ぎは減る。

 それに、こうした仕事は時給だけで成り立っているわけではない。お客から指名を受ければ、その指名料のバック、ドリンク代のバックなども加算される。これが大きいのだが、店にお客が来なければどうしようもない。

 コロナを恐れた、あるいは夜遊びを会社に禁じられた人々が増えたことで、お客が激減したユラさんたちの生活も苦しいものとなった。そしてとうとう2020年6月あたりからは一時的に閉店。

「私は貯金がチョットあったから、なんとかなったけど……」

「私はウータン」

 てへっ、とばかりにハナさんが言う。

「うーたん?」

「借金のことですわ」

 山田さんが苦笑してタガログ語の意味を教えてくれる。店に家賃を借りたり、給料の前借りをしたり、友達に当面のお金を借りたりして、一時的にしのぐのである。こうして借金をしてまで、彼女たちがまず優先するのは故郷の家族への仕送りだ。

■「ウータン」して仕送りをひねり出す…

 フィリピンは「世界最大の労働力輸出国家」とも言われる。国民の10人にひとり、およそ1000万人が海外で暮らす。建設作業員などの単純労働、高い英語力を活かした看護師などの医療関係、船員、それに女性はメイドなど、さまざまな分野で働いている。世界のグローバル化、労働力の流動化によって、その人数はコロナ禍以前はどんどん増えていたのだ。

 かれらOFW(Overseas Filipino Worker)からの送金額は、2020年の統計で約300億米ドル、なんと3兆円以上に上る。コロナ禍の影響によって20年ぶりの低水準となったのだが、それでもGDPのおよそ1割を稼ぎ出している。このお金によって本国にいる家族が消費をし、内需が押し上げられ、近年のフィリピン経済はなかなかの好調だった。

 海外で苦労をしても、コロナで自分の生活がきつくても、国の親兄弟に仕送りをする。現代の日本人では、もうわからなくなってしまった感覚かもしれない。

「教会や学校では、両親を大切にしなさい、ちゃんと面倒を見なさいと徹底的に教育をするんです」

 山田さんは言う。年金制度があまり充実していない国の「自助、共助」なのかもしれないが、それにしたって彼女たちは自分よりもなによりも家族を大切にしていて、どうしてそこまで、とも思う。ほかのキャストたちも呼んでもらって聞いたところ、みんな毎月8万円とか10万円を送金してるのだとか。

「ひと月に20万円、送ったことあるよ」

 なんて子には「わお」と感嘆の声が上がった。

 その送金も、2020年の秋あたりからは難しくなった。クリスマスのときはみんな相当に無理をして仕送りをひねり出したらしいが、

「それもウータン」

「貯金ぜんぜんない」

「500円玉貯金だけ。こーんな形の」

 よくドンキとかで売ってるやつだ。そうそう、とみんなが頷く。その500円玉貯金も、いっぱいになったら、

「エクスチェンジしてフィリピンに送る」

「結局、ぜーんぶフィリピン」

 と、またみんなで笑い転げる。その明るさにはなんだか救われる。出稼ぎの悲壮感をこちらに感じさせない。つらさを笑いで包みこむのがフィリピンだ。

■それでも日本で暮らしていきたい

「みんな借金あるから。若い子はとくに、借金まだいっぱい」

 ユラさんが言う。来日するお金をつくるため業者に借金をする女性は多い。そんなことをけらけら笑って言うけれど、異国で働き、借金を返しながら家族に仕送りをするのはなかなかたいへんだと思うのだ。

「それでも、日本におりたいから」

 山田さんがしみじみと言う。夜の仕事で苦労をして、税金をたっぷり払っても、なんとかビザを更新して、日本で働きたい。

「はい、日本にいたいです」

 ユラさんもはっきり言う。ここで家族のためにもっともっと稼ぎたい。だからユラさんは、店が休業している間はずっと日本語の勉強をしていたそうだ。すでに達者な会話力はあるように思ったが、

「将来的に、日本でなにかをやってみたくて。それがなんなのかまだわからないけど、日本語はもっと勉強しないと」

 なんて言う。

 それに、これを機に介護の仕事を始めたフィリピンパブ嬢がかなり多いのだという。ユラさんの店でも、半分くらいの女の子が介護をしているそうだ。昼間はデイサービスで働いて、夕方5時で終わってから、店へとやってくる。お客が減ってパブの稼ぎは少ないが、ダブルワークでなんとか暮らしているというわけだ。

 いま介護の世界でも外国人が急増しているが、フィリピン人はとくに多い。夜の世界との掛け持ちもいれば、日本人と結婚した主婦もいる。技能実習生や、2019年から新設された「特定技能」という在留資格の枠組みの中で、介護の仕事をするフィリピン人もいる。親を大切にし、年寄りを敬うフィリピン人の気質は、介護にあっているのかもしれない。昼も夜も、日本人の面倒を見るのである。

(室橋 裕和)

関連記事(外部サイト)