〈写真入手〉北のミサイル発射直後に…海上自衛隊トップが防衛省に200人を集めて撮らせた“山P写真”

まん防期間で北朝鮮ミサイル発射直後に防衛省で自衛官ら200人集まり人文字写真を撮影

記事まとめ

  • 3月16日に防衛省で自衛官ら200名が退官する前海上幕僚長のために人文字写真を撮影した
  • 北朝鮮がミサイルを発射した直後で、都内にまん延防止等重点措置が発令されていた
  • 「緊張感が足りな過ぎる。まん防期間であることも合わせ二重でアウト」と防衛省関係者

〈写真入手〉北のミサイル発射直後に…海上自衛隊トップが防衛省に200人を集めて撮らせた“山P写真”

〈写真入手〉北のミサイル発射直後に…海上自衛隊トップが防衛省に200人を集めて撮らせた“山P写真”

本人の希望により撮影された「人文字」

 今年3月16日に北朝鮮が弾道ミサイルを発射した直後、東京・市ヶ谷の防衛省で自衛官ら200名が集まり、退官する山村浩・前海上幕僚長のために「山P」の人文字写真を撮影していたことが「 週刊文春 」の取材でわかった。この日は東京都に「まん延防止等重点措置」が適用されていた。

 韓国軍の合同参謀本部が発表した北朝鮮による弾道ミサイル発射時刻は3月16日午前9時30分頃。この日の打ち上げは「失敗した」と報じられたが、その後も北朝鮮はミサイル発射実験を連発。2022年に入って以降、合計13回も行っている(4月18日時点)。

 防衛省で写真撮影が行われたのは、3月16日のミサイル発射から約2時間30分後の正午過ぎだった。

〈急遽ですが、市ヶ谷勤務員で集合写真を撮影することになりました。手空きの方はご参加ください!〉

 まさにミサイル発射の最中の9時30分頃、市ヶ谷で勤務する海上自衛官らにこう記されたメールが送られてきたという。

 山村浩・前海上幕僚長の退官は3月30日付。幕僚長退官に際した集合写真の撮影は、海上自衛隊の慣習としてこれまで行われてきた。

 この日は北朝鮮がミサイルを発射したことに加え、都内に「まん防」が発令されていた。そのため、内部では「コロナ禍でこれをやるのはマズいだろう」という声が上がっていたという。

 しかし撮影は敢行された。まず約400人が儀仗広場に集められ、通常の集合写真を撮影。その後、“オマケ”でもう1枚、写真を撮影することに。防衛省関係者が明かす。

「『山P』という人文字を作っての記念撮影が行われたのです。『山P』とは山村前海幕長のこと。本人の希望があったといいます。人文字の記念撮影は極めて異例です」

■綺麗な「山P」になるよう細かな指定がなされた撮影要綱

 小誌は「山P」の人文字を指示する「集合写真撮影実施要綱」なるペーパーを入手。撮影に先駆けて関係者に配布されたもので、撮影日時・予備日とともに、赤字で〈最低でも180名程度が必要〉と明記されている。上空から撮影した際に綺麗な「山P」になるよう、正確な立ち位置などが細かく指定されていた。

 撮影された写真を確認すると、マスクを外して笑顔で拳を突き上げる山村氏を中心にしっかりと形作られた「山P」の人文字が。参加者を数えると202人だった。

 前出の防衛省関係者が嘆息する。

「撮影時には、『マスクを取る時には息をしないでね〜』などと冗談が飛び交っていた。結果的に打ち上げは失敗に終わったものの、北朝鮮がミサイルを発射した直後。“有事”と言っていい事態です。いくらなんでも緊張感が足りな過ぎる。まん防期間であることも合わせると、二重でアウトだと思います」

 防衛省に見解を尋ねると、海上幕僚監部の広報担当者が以下のように回答した。

「まん防」中に撮影を実施したことについては〈ソーシャルディスタンスを確保した一部の者のみ無言かつ撮影時のみマスクを外して撮影を実施しており、感染防止に配慮し実施した〉。北朝鮮が弾道ミサイルを発射した直後に撮影を行ったことについては〈各種情報を確認し総合的に判断し、即応できる体制を取りつつ昼休みかつ短時間での撮影を実施した〉。「山P」の人文字撮影は山村前海幕長の希望により行われたのか、との質問についてだけは回答がなかった。

 4月20日(水)12時配信の「 週刊文春 電子版 」では、海上自衛隊で「山P」写真が企画された背景や撮影当日の詳しい様子、緊張感を欠いた防衛省内部の実態などについて詳しく報じている。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2022年4月28日号)

関連記事(外部サイト)