「日本的な結婚制度というのがあった方が人口が減ることになるんだと思います」欧州との比較で見えた日本で子供が増えないワケ

「日本的な結婚制度というのがあった方が人口が減ることになるんだと思います」欧州との比較で見えた日本で子供が増えないワケ

©iStock.com

夫をATMにして楽しく過ごす女性に“共通する特徴”がある!? 脳科学者・中野信子が明かす“パートナーの不満度”が高くなりやすい脳のタイプとは から続く

 時代が進むにつれて「家族」のかたちは多様化している。一方で、日本の結婚に関する制度は、同性婚に関する問題や子育て支援の煩雑さをはじめ、いまだ課題が山積みだ。そもそも「結婚」とはいったいどのような目的のもと定められているのか、そして、日本の制度は諸外国に比べてどのような違いがあるのか。

 ここでは、脳科学者の中野信子氏と国際政治学者の三浦瑠麗氏の対談をまとめた『 不倫と正義 』(新潮社)の一部を抜粋。脳科学や政治の観点から、日本における結婚・家族制度の特徴に迫る。(全2回の2回目/ 前編 を読む)

◆◆◆

■日本の結婚制度、うまくいってる?

中野 今も同性婚の問題とか出てきていますけど、既に結婚しなくても、経済力のある女性なら子供がつくれる、1人で育てられる。そういう状態が社会的なインフラとしては整いつつあるでしょ? もちろん2人でも何ともならない層というのもあるわけですけれども。

三浦 そうですね。

中野 そう考えると、じゃ、仕組みとして結婚というのはどうかというと、何かちょっと間尺に合わない感がある。そもそも結婚って、財産の散逸を防ぐとか、あとは人口の管理とか、そういうことのために国家が行ってきたものなのかなという前提があったとすると、もうあまりその役に立ってないですよね。

三浦 つまり、社会に子供を増やしたいと思ったとき、結婚を守るより結婚を解体した方が、いいかもしれないということ?

中野 既にフランスがそれで成功していますし、恐らく日本的な結婚制度というのがあった方が人口が減ることになるんだと思います。フランスにPACSってありますよね? 「同棲以上、結婚未満」みたいな制度。民事連帯契約って訳すみたいですけど、同性または異性の成人2名による、共同生活を結ぶための契約。

三浦 日本で言う事実婚を法的に保障した制度ですよね。同性婚も簡単にでき、扶養義務や救護義務はあるなどほぼ結婚と同等だけれど、法定相続の遺留分がなかったり、共同で養子縁組はできなかったり、差もある。

中野 フランスだとこのPACSも含めた婚外子の割合って、半分を超えているんですよね。それを考えると、結婚があった方が国力を削いでいるんじゃないかっていう印象がある。

三浦 日本は、婚外子というのは事実上存在することを認めた上で、親の罪は子供の罪ではないからという形で相続分を平等にしたんですよね。2013年の民法改正で。でも、これって、要は罪としている時点でね……。婚外子を罪の結果としてみるカソリックが優勢を占めるフランスでさえ、婚外子の平等は1972年には実現しているのですけど。

中野 罪というか、罪とされているというか。

三浦 相続の安定性と、子供を増やすことってまったく違うロジックなんですよね。子供を増やすという観点からは、おっしゃるとおりPACSを導入したらいい。フランスは各国と比べて、ベビーシッターや保育ママのような制度による支援が圧倒的に充実しているんです。確かに教育とか保育に関してはスウェーデンは手厚いし、北欧諸国は概ね手厚い傾向にありますけど、ベビーシッターや産後すぐの家事の補助、母体の回復支援などで比較すると、もうずば抜けているんですよね、フランスは。

中野 そこはもう瑠麗さんのほうが詳しいですね。私は粗っぽくしか知らないですけど、お母さんの体って、出産によって変化するから大変。その変化したママの体を女の体に戻すって言えばいいですかね、そうするためのマッサージやトレーニングやらが健康保険で出るの、フランスって。

三浦 すごいですよね。

中野 女であること、要するに妻として魅力的であることを国がサポートするというわけよね。それで次の子供も頑張ってねということなのかどうかは知らないけれども、そこをすごく重視している。これは特筆すべきで、日本が、じゃ、それできるかなというと、ちょっとどうなんだろう。お母さんだけずるいとかって男の人が怒りそうな気もするし、いろいろお国柄はあるから、そこは一律にフランスを真似すりゃいいということでもないと思うんですけど、こういう国もあるというのはもっと皆さんに知っておいてもらってもいいのかなと思うんですね、という補足でした。

■意外と多い日本の子育て支援金

三浦 そこの柔軟な発想は本当にうらやましい。でも日本も意外に支援金が多いんですよ。あまり知られていないのですが。ベビーシッターを頼むと1日4400円分、企業主導型のベビーシッター補助制度で出るんです。中小企業だと企業負担分が1チケット当たり70円。余裕のある中小企業なら生産性向上のために払うでしょう。大企業は福利厚生の一環で当然やっている。しっかりした企業に就職している人であれば、使える制度です。

中野 けっこうな額だよね。

三浦 1日4400円、月に24枚(1枚2200円)まで使えるのですが、全部シッターさんを頼んだとして5万2800円でしょ。年額で63万3600円。実はけっこうな金額を支給されているわけです。コロナ特例では休校の場合にフリーランスの人も対象になり、使用可能枚数も引き上げられた。日本の全体的な支援をみると、各国対比で遜色ない、かなりの支援が行われているという印象です。まあフランスは別格ですけど。

 だけど、1つ大きな問題をあげるとすれば、日本における子育て支援が、だいたいにおいて福祉の発想に基づいていること。ものすごく煩雑な手続が必要だし、中野さんがおっしゃったようなママの体を女の体に戻すための支援みたいな発想が一切ないのは、そういうところに起因するんですよね。「かわいそうな人に対する福祉」の発想を抜け出ていない。

中野 そうなんだよね。またそういうふうにしないとお金を出しにくいという行政の事情も日本人のメンタリティーに由来してる面がある。ゼロなものをプラスにするために税金を使えないという感覚ですよね。マイナスの人を何とかゼロ以上にしようとかというのはあるんですけど……例えば「税金で得をしている」とかとなっちゃうと、もうその人が袋だたきに遭うのが目に見えている。だからやりにくいみたいなんですよね。

■遺伝子プールが「家を守る」

三浦 自民党は保守政党なんですが、一部の議員を除けば、子育て政策は割と中道です。日本政治の分断は、憲法や日米同盟をめぐる意見対立にあります。だから、経済政策は中道にどっかり自民党が陣取っているし、社会政策も発想が非常に社会主義的でマーケットオリエンテッドではない。

 先に挙げた企業主導型のベビーシッター補助は比較的そうではない政策ですが、手続き面で言うとかなり非効率で従来的な発想が強い。しかも、企業の福利厚生にしても何を損金算入してよいと認めるかというと、企業のビル内の保育施設の設置など、恒久的な制度のみ。だから、たまたま夫婦の出張が重なったから、ベビーシッターを活用したいというときに雇い主が補助を出しても、福利厚生費として損金算入されないんです。賃金とみなされちゃう。キャバクラの接待も社用車も経費になるのに、子供が関わる部分だけはなぜか「私事(わたくしごと)」としてはっきり除外されてしまう。これって女性が結果としてどれだけ輝けるかという発想ではないということなんです。ほんとに頭が固いの。

中野 そういうことですねえ。

三浦 国家は、いったいどういう発想で私事と公を分けているんでしょう。これまでは、基本「家」という、予測可能で安定した社会秩序を守ってきたんだと思うんです。ただ、その裏返しとして、子供が増えなくてもいいという方針を貫いているように見える。結果的に見れば、やっぱり家を守ることを、子供を産んでもらうことより優先していると思われてもおかしくない。

中野 そこね、どうしても「家」が出て来ちゃう。

三浦 「家」を守るというのは、これは日本独特の発想ですね。これは本郷和人さんがおもしろい新書(『権力の日本史』)を書かれているけれども、日本における家督相続のあり方の変遷の過程で、血筋ではなくて「家」を守るようになったと。養子が多用されてきたのはその通りです。日本では将軍の落とし胤という話を聞くことがありますよね。高貴な武人がその家を訪れたときに妻を夜伽に出すというへんてこな風習もあったと。

中野 歓待の掟ですね。

三浦 高貴な胤をもらったことで家の格が上がる─という発想がある。家督相続を繰り返して、後世に家名と財産を受け継いでいくことが社会秩序の基本にあるとすれば、それは個人の幸せを重視する立場ではないし、必ずしも子供が多ければいいというわけでもないんですよね。

■「家」を大事にする日本

中野 日本という国は家という装置をすごく大事にするという点は、確かにそう思います。

 家でなければ、昔、国体という言葉がありましたけれども、共同体によって醸成される何らかの1つのプレートというか、そういうものをすごく個人よりも優先するという特徴がありますよね、日本って。これは多分ほかの国より大きいんだと思う。というのは、遺伝子プールとしてそういうことを大事にする人たちの国というのがある程度予測されるんですね。

三浦 遺伝子的に?

中野 そう。不安傾向が高い遺伝子というのを保持している人が大多数の国なんですよ。個人が意思を持って何かを決めるということよりも、「みんなの意思」というのをすごく大事にする。「みんなの意思」を作るためには、「みんな」というものを心理的な形で統制する必要があるんですよね。

三浦 ああ……。

中野 それは昔はもしかしたら、祭というのがその旗振りのための大事な機構だったかもしれないし、天皇家というのはその最高位に位置するところだったんでしょうね。

 いみじくも祭と政は語源が一緒というふうに考えられますけど、合理主義によって行われる政治ではなくて、我々の家、政(まつりごと)を欲しているんでしょうね。そういう面から考えると、集団の最小単位というところの「家」というものを大事にするんだろうなというのは分かる気がしますよね。一方で、それを壊そうとする働きに対してバッシングをするとか、攻撃をしたくなるというのもそこらへんからなのかな。

三浦 社会全体の発想という点でいうと、結婚を尊べ、すなわち妻子を放り出すなというのは、「村」の社会保障で面倒を見るんじゃなくて、「家」単位の社会保障を機能させてほしいからだと思うんですね。人に迷惑をかけるな、という。その気持ちが強すぎて、公的な社会福祉が存在する現代でも、有名人が離婚すると、シングルマザーでやっていけるのか、などという余計なお世話に近いような記事が出回りますよね。

■性別による役割の非対称

中野 夫側にバジェットさえあれば、不倫が男の甲斐性としてある程度見逃されてきたというのはそういうことですよね。

 大物男性アイドルの不倫がちょっとだけ話題になりましたけど、意外に盛り上がらない。というのもあの人は十分もう名声もバジェットもあって、そんな不倫したぐらいでは家制度は壊れないでしょうという感じがあるからなんじゃないか。某アイドル事務所への忖度とか言う人がいましたけど、そういうわけではないんではという気がする。

三浦 あれはきっと奥さんが表沙汰にしたくないという気持ちがあるのと、夫に不利益をこうむらせるほどにまで怒ってないからでしょうね。

中野 それも大きいと思う。あと、某大物お笑い芸人のところも、夫が愛人のところに出て行ってしまいましたけど、もう自由にすればっていう感じになりますよね。

三浦 二重基準があるということですね。戦前の日本は姦通罪というのがありました。そして、それは既婚女性とその相手男性が行う不貞行為だけを犯罪とみなすものだった。なんでそんな旧法があったかというと、女性が浮気をすることの方が、男性が浮気をするよりも家を壊すことだったから。女性は夫の持ち物というか一家の財産みたいなもんだった。

中野 そうでしょうね。性別による役割の非対称があったので、しようがないというふうになったんでしょうね、これは。

【続きを読む】 夫をATMにして楽しく過ごす女性に“共通する特徴”がある!? 脳科学者・中野信子が明かす“パートナーの不満度”が高くなりやすい脳のタイプとは

(中野 信子,三浦 瑠麗)

関連記事(外部サイト)