夫をATMにして楽しく過ごす女性に“共通する特徴”がある!? 脳科学者・中野信子が明かす“パートナーの不満度”が高くなりやすい脳のタイプとは

夫をATMにして楽しく過ごす女性に“共通する特徴”がある!? 脳科学者・中野信子が明かす“パートナーの不満度”が高くなりやすい脳のタイプとは

©iStock.com

 2020年の調査(「ジェクス」ジャパン・セックスサーベイ)によると、恋人や結婚相手以外の人とセックスをしている性交経験者の割合は男性が4割強、女性が3割強だという。この割合を高いととるか、低いととるかは人それぞれだが、浮気・不倫をする人が一定の割合で存在することは確かだ。

 なぜ、世の中には浮気・不倫をする人とそうでない人がいるのか。脳科学者の中野信子氏は、その要因には脳内物質が深く関係していると語る。ここでは、中野氏と国際政治学者の三浦瑠麗氏が「不倫」をテーマに対談した『 不倫と正義 』(新潮社)の一部を抜粋し、浮気・不倫に積極的な人の特徴についての意見を紹介する。(全2回の1回目/ 後編 を読む)

◆◆◆

■性行動を分ける2つの脳のタイプ

三浦 中野さんはすでに不倫で1冊本を書いてらっしゃいますよね(『不倫』、文春新書、2018)。人はなんで不倫をするんですか?

中野 詳細はそちらの本に譲りますけど、前提としてまず申し上げておきたいのは、一夫一妻型の種って哺乳類では3〜5%とされているんですね。そもそも圧倒的に少数派なんです。その上、多くの人が誤解していると思いますが、人間は生物としては一夫一妻型ではないんです。一定の発情期もないから、いつでもパートナーを探すことができる。そして、同時に複数のパートナーを持つことが可能な脳を持っている。一夫一妻型の種ではそれができません。

 人間が、決まったパートナー以外のパートナーを探すという仕組みに関しては、複数の遺伝的な素質が関わっているので一概には言いにくいんですけれど、ある脳内物質に注目して、複数のパートナーに目移りしやすいタイプか、そうでないかの2つのグループに分けてみると、大体その割合は半々ぐらいになるみたいですね。

三浦 ある脳内物質。

中野 アルギニンバソプレシン(AVP)という物質なんですが、脳内ホルモンの一種であるバソプレシンにアルギニンというアミノ酸がくっついたものです。バソプレシンは血管を収縮させて血圧を上げる作用や利尿を抑える作用などで知られていますね。このAVPはオキシトシンという「幸せホルモン」とも呼ばれる脳内物質に非常によく似た構造を持っています。恋人や親子同士の安心感をもたらしたり、不安を減らす働きがあるオキシトシンに対して、バソプレシンは親切心を高めたり、特に男性においては女性や家族に対する親近感や愛情を高めるとされています。

 このAVPの受容体のタイプによって、性行動に違いが出てくることが知られているんです。1人のパートナーといるのが心地よいタイプなのか、それともたくさんの人と薄く浅く関係を結ぶのが心地よいタイプなのか。後者はまあ「稼ぐ人」ですよ。

三浦 「稼ぐ人」とは?

中野 遺伝的な要素も関わってきます。ある遺伝子を持っているタイプの人では、未婚率、離婚率、不倫率が高くなる。この遺伝子の持ち主は、身内にはやや冷たい行動を取りがちになるためではないかと考えられています。一方で、外づらはいい。そのため、社会経済的地位も上がりやすくなる。で、「よく稼ぐ」です。1人にこだわる気持ちが薄いからか、人脈を形成するのも得意で、その場限りの雰囲気を作るのも上手です。

 そういう人を夫に選ぶことは特段に悪い選択じゃないと思うんですけど、今の不倫を叩く風潮からすると、世の中の人はあまり稼がず、貞淑な夫を望んでいるんですかね。よく稼ぎ、よくばらまく人もいて別にいいんじゃないのと思うのですけど。

三浦 「ばらまく人」っていうのは不倫が上手な男性って言っていいんですか。

中野 不倫に向いている人というか、たくさんの女性とつき合うのに向いている人ですね。やっぱりいるんですよそういう人。で、そういう人は経済的にも優位に立ちやすい。不倫という関係によってそれが証明されているということだけだとは思うんですけど。

三浦 経済的なプレデター(捕食者)気質みたいなのと関係しているということですか?

中野 それはあります、あります。まず説明しておくと、新奇探索性という有名な形質があるんですね。ドーパミンという神経伝達物質の動態に特徴があるんです。

■仕事ができる男ほど浮気する?

中野 ドーパミンは快楽をもたらし、意欲を高める脳内物質で、性愛の楽しみと関連の深いものです。クリエイティブな仕事で独創性が求められたりする場合、ドーパミンによって駆動される脳機能がいい方に作用することがあるんですね。

三浦 作家とか音楽家とかで、恋愛をしていた方が創作できるっていう人がいますよね。

中野 創造性とドーパミンの関係はとても興味深いものがあるんですが、ここで深堀りするともう一冊、別の本ができてしまう量になるのでまたいつか……。新奇探索性の高い人というのは、一言でいうと、ドーパミンの要求量が高い人です。新しい刺激がないとドーパミンが得られないので、いつもいつも、新しい何かを探している。この人たちの、性的な振る舞いには特徴が3つあって、1つは浮気をしたことがあるかないか。もう1つはその人数。もう1つはワンナイト・アフェアの回数。その3つでデータを取ると、ドーパミン要求量の高い人って、そうでない人の大体倍ぐらいなんですね、どの数値も。有意差があるどころじゃない。

三浦 かなり特徴的なタイプの人ってことですね。

中野 それからもう1つ、テストステロンの多さというのがあって、男性ホルモンが高い人の方がより積極的にリスクを取るという行動をする。

 ロンドンの金融街であるシティで、唾液中のテストステロンの量を測った研究があったんですね。すると、テストステロン濃度の高い人の方がその日のトレードの成績がよかった。ハイリスク・ハイリターンの勝負ができる人の方が金持ちになりやすいですし、テストステロンの高い人の方が性的にもアクティブ。英雄色を好むみたいな話ですけど。

 つまりは脳のタイプがすごく違うんですよね。浮気を繰り返す人が「病気だ」とかって言われますけど、病気でも何でもない。もともとそういう形質なんですよね。目が青いとか、髪が黒いとか、そういうレベル。

三浦 仕事ができる男ほど浮気する、とかそういう話ではないと。ある特徴があって、それがその人の欲望の種類を変えてしまっていることがある。

中野 そうそうそう、そういう脳のあり方で「ばらまく」タイプの不倫もあれば、あるいはそうではなくて、家庭で居場所がないから癒やされたい……みたいなタイプだったり、1人に対してずぶずぶはまっていくような不倫というのもあるでしょう。ただ、不特定多数の人とたくさん性的にアクティブというタイプは、ちょっと機序が違う。

三浦 今思ったのはね、そういう派手に恋愛する芸能人が時々報じられたりしますけど、芸能人ってそもそも、相当自分のことが好きじゃないとできないと思うんですよ。成功している人であればあるほどね。

中野 それはそうかも。

三浦 自己愛が際立って強い人は、私の感触からすると、いわゆる純愛と見なされるような、ひたすら相手に尽くすような恋愛との親和性がない人もけっこう多いんではないかと。早い話が恋愛を気軽に「楽しむ」ことができちゃうのかもしれない。楽しむだけならいいんでしょうけれども、実際に不倫が報じられるってことは、大方の場合、「被害者」が存在するからですよね。プライベートな話って、誰かが告発しないと載りませんから。他のタイプの恋愛はなかなか週刊誌にすっぱ抜かれるような派手な話にはならないんじゃないか、と思うんですよね。

 誰が誰と何をしようがいいんですけど、清潔感みたいなことも大事なのではないかという気がします。ワンナイト・アフェアと言っても、避妊対策をしてるのかと。「ちゃんとしとけ」と思いますもの。

中野 そこで大分印象が違いますよね。

■「稼ぐ人」は「ばらまく人」か

三浦 「ばらまく」タイプの人っていうのは、そもそも欲望の量が多いというよりは、それに快感を感じるという作用機序になっちゃっているんでしょうね。同じ人間でも、テレビに出るようになるとか政治家になるとかだとちょっと変わりますし。

中野 それはどういう意味で?

三浦 注目や、パワーの源が手放せなくなるというか。プレッシャーが大きいし、それを1人で背負わなければならないからかもしれない。株のトレーダーみたいな瞬間的判断の連続も、同じようなストレスなんでしょうね。そのはけ口を求めるというのはあるのかなと。

中野 そうか、それは。

三浦 リスクテイクに向いている脳であるとかそういう面もきっと関わっているんでしょうけど、でも、それがすなわち浮気性につながるとも言えない部分がある。

 恋愛にはリスクを取らない人も多いじゃないですか。うちの夫なんかは完全にそういうタイプだと思いますよ。投資で様々なリスクテイクはしているから、プライベートでリスクなんか取りたくない。そういう人もけっこういるんじゃないですかね。

中野 仕事で充分ハラハラしているのに! みたいなことね。

三浦 はい。金(カネ)と色(イロ)は同列で語られがちです。ストリップダンサーたちを描いたクライムサスペンス映画『ハスラーズ』のように、よくウォール街の金融マンのイメージが語られますけど、金融に携わる人々もさまざまです。例えば、2012年の大統領選に出たミット・ロムニーさん。彼なんかはベインキャピタルという世界的なプライベート・エクイティ・ファンドの創業者のひとりですけど、すごいお行儀のよい方ですよね。子だくさんで、信仰心の篤いモルモン教徒で、私生活でリスクテイクする人では全くないですよね。非常に倫理的だし。

中野 そうなんだ。

三浦 ロムニーさんみたいに、おそらく家庭でも、その他の人間関係でもリスクテイクはしないけれど、投資ではリスクテイクをするという人たちっているわけですよね。先ほどの『ハスラーズ』は、ストリッパーに群がり、彼女たちを踏みにじって欲望のままに生きる男たちを利用し、大金を奪おうとする女たちの物語。だけど、そういう、仕事でも私生活でもリスクを求めるような人って実は一部ではないかって気もするんです。

■奥さんの不満度が非常に高くなりやすい脳のタイプ

中野 「ばらまく人」は「稼ぐ人」でありうるけど、「稼ぐ人」がすなわち「ばらまく人」とは言いづらいんではないかということですよね。性行動に関する遺伝的資質が1種類じゃないというのが問題を複雑にしているんですが、さっき言ったように、ドーパミンの要求量が多分経済力と相当関係あるところだと思うんですね。いわゆる新奇探索性。もう1つ、パートナーに対して誠実であるかどうかに関係するAVP。これは人との絆を作るオキシトシンという脳内ホルモンとペプチドの数が同じで、すごく化学構造が似てるんですけど、その中で2個だけアミノ酸の種類が違うんです。

 そのAVPの受容体で、人間の場合、百五十何番目だったかな、1ヶ所だけ遺伝子の塩基配列が変異してるレセプターを持っている人がいるんですね。このタイプの人は、浮気行動をとるんだけれども、同時に、人に親切でなくなるんですよ。

三浦 へえ。

中野 このAVPをうまく受け取れないタイプの脳の人は、3つの特徴があって、未婚率が高い、結婚しても離婚率が高い、結婚が続いても、奥さんの不満度が非常に高くなりやすい。この人たちは、だから、パートナーを持つ生活に向いてないということなんでしょうね。

■夫をATMにしたまま自分は楽しく過ごす女性

三浦 男性でも女性でもそういう脳のタイプはある?

中野 女性がこの遺伝子を持っている場合は離婚にはならないんですよ。結婚生活を続けたままよろしくやる。夫をATMにしたまま、自分は楽しく過ごす、という行動をとりやすいんですね。AVPが少ないと、人に対しての共感性が下がるのかもしれない。オキシトシンと似たような物質なので、人との絆をあまり求めないタイプの人になるという感じでしょうかね。

三浦 なるほど。そうすると、そういう人たちは、一見魅力的だったとしても、結婚してみると意外と情が薄いと感じたりするような人なんですかね。だけど、異性関係にそんな消極的とかというわけでもないなら、浮気行動を繰り返すことになる。

中野 そういうことです。ただその逆のパターンもあり得るわけですよね。ドーパミン要求レベルが高い一方で、AVPの変異もない場合。そういう人は自分のパートナーをすごく大事にするし、金銭的にも豊かという組み合わせになる。家庭の中ではリスクテイキングはしないけれども、経済活動ではリスクをとれるというのはそういう人かもしれないですね。

【続きを読む】 「日本的な結婚制度というのがあった方が人口が減ることになるんだと思います」欧州との比較で見えた日本で子供が増えないワケ

「日本的な結婚制度というのがあった方が人口が減ることになるんだと思います」欧州との比較で見えた日本で子供が増えないワケ へ続く

(中野 信子,三浦 瑠麗)

関連記事(外部サイト)