「他の人間と変わらないではないか」秋篠宮家バッシングの源流、“お言葉”への動揺…皇室が歩んだ「5つの分岐点」

「他の人間と変わらないではないか」秋篠宮家バッシングの源流、“お言葉”への動揺…皇室が歩んだ「5つの分岐点」

令和が始まって丸3年…現在の皇室はいったい、いつから今のあり方になったのか ©JMPA

 この5月で令和が始まって丸3年経つ。新型コロナウィルスの状況もあり、皇室の動きは見えない部分も多い。

 しかし、この令和の皇室はいわゆる「平成流」を引き継ぐ形でスタートした。では、その平成の皇室とはいったいどのようなものだったのだろうか。5つのターニングポイントがあったのではないかと考える。

■1、即位の瞬間:“第一歩”から示された「昭和」との違い

 第一に、1989年の即位の時だろう。昭和天皇の病気による長い「自粛」を経て即位した平成の天皇は、1月9日の「即位後朝見の儀」において天皇としての初めての「おことば」を述べた。

 それは、昭和天皇の死による即位であったこともあり、平成の天皇・皇后も含めて参列者は黒色の服を着用し、全体的に重苦しい雰囲気のなかで発せられたものであったが、戦前に行われた昭和の「朝見の儀」の時の「勅語」とは明らかに異なっていた。

 平成の天皇は昭和天皇のあり方を「いかなるときも国民とともにあることを念願された」としつつ、自らは「皆さんとともに日本国憲法を守り、これに従って責務を果たすことを誓」うとしたのである。

 ポイントはまず、「国民とともにある」と述べた点にあろう。象徴天皇のあり方をそう規定することで、自らも国民を常に意識する姿勢を示したのである。それゆえであろうか、「おことば」は「です・ます」調で統一され、聞いていてわかりやすい、平易な言葉で構成された。

 また、「皆さんとともに」と言及した点も重要であり、まさにこれは国民への呼びかけでもあった。「国民とともにある」ことをこの時の「おことば」は貫いていた。そしてこの姿勢が、平成の皇室の方向性を規定していく。

 さらに「日本国憲法を守」ることを天皇が強調したことも注目された。昭和から平成への皇室の継続が、伝統という側面ではなく、憲法の規定によってなされるものであることを天皇自らが認めたからである。

 こうした憲法を遵守することを強調する平成の天皇のあり方は、その後にいわゆる護憲的な勢力からの称賛へと転換していくことになる。

 以上のような、「即位後朝見の儀」における天皇の「おことば」を含めた即位直後の一連の言動は、メディアを含めて国民から高く評価された。皇室が変化したとの印象を人々に与え、「開かれた皇室」とも呼ばれた。

■2、雲仙普賢岳噴火:皇太子と天皇、与えた“インパクトの差”

 ターニングポイントの第二は、1991年7月の長崎県雲仙普賢岳噴火に対する被災者への見舞だろう。

 前年から起きていた被害に対し、平成の天皇・皇后は大きな関心を寄せた。そして、被災者への見舞のための訪問が決定する。未だ被害が収まっていないなかで、天皇・皇后が被災地を訪問するのは異例であり、それだけ本人たちの強い意思があったからではないか。

 しかも本人たちの意思で、奉迎行事などは行われず、極めて簡素な形で訪問が実施された。それは、被災地へ迷惑をかけたくないという思いからだっただろう。ここにも、「国民とともにある」という意思が見える。

 この被災地訪問では、天皇・皇后は仮設住宅や避難所を訪れ、被災者と目を合わせ、一人一人に声をかけた。天皇が床に膝をついて、被災者と同じ視線で話す。このことは皇太子時代の1986年伊豆大島三原山噴火に際して避難した被災者を見舞った時にもあったが、やはり天皇という存在がしたことのインパクトは大きかった。

 その後、天皇・皇后は頻発する自然災害の被災地を積極的に訪問し、被災者たちに声をかけた。時に手を握り、目を合わせ、一人一人と会話をする。天皇・皇后はそこで苦しみを分かち合い、被災者を励ました。その姿勢がいわゆる「平成流」の一つの柱になっていく。

■3、美智子皇后バッシング:「皇室を変えていく存在」と“反動”

 しかし、こうした方向性は必ずしもすべての人々に歓迎されていたわけではなかった。天皇の権威を損ねるという立場からの批判である。ターニングポイントの第三は、こうした批判に起因する1993年の美智子皇后バッシングである。

 この年、6月に皇太子徳仁親王と雅子皇太子妃との結婚の儀が行われ、美智子皇后に続く二代続けての民間出身の皇太子妃が誕生した。この結婚において、真偽はともかく、美智子皇后が雅子妃決定を後押ししたと週刊誌を中心としたメディアでは報道されていた。つまり、皇室をこれまで以上により変えていく存在と皇后は見られたのである。

 ところが、こうした姿勢は、皇室を権威と考える人々からの反感を呼ぶことになる。『宝島30』に大内糺という仮名の宮内庁職員による「皇室の危機」と題する文章が掲載され、主に美智子皇后の言動に対する批判が展開されるようになる。

 他にも、『週刊文春』などには美智子皇后を批判するような記事が数多く掲載された。当時の空気感として、「開かれた皇室」に対する反対意見をもつ人々にとっては、その方向性を止めさせようとするうえで、天皇への直接の批判よりも美智子皇后バッシングのほうがとりやすい選択肢だったのだろう。それに、皇室を消費的に扱うメディアが合わさり、こうした流れが形成されたのではないか。

 この美智子皇后バッシングは皇后がそれに起因した失声症になることで止むが、皇族をメディアがこれほどまでにバッシングすることは昭和の時代にはあまりなかった。皇室が近くなったと見られたことで、展開されるようになったのだろうか。

 その後の、雅子皇太子妃の病気療養に対するバッシング、秋篠宮家の眞子内親王の結婚をめぐるバッシングなど、皇室報道が変容するターニングポイントが美智子皇后へのバッシングであった。

■4、サイパン島訪問:異例の訪問を生んだ「戦争と平成の天皇」

 第四のターニングポイントは、2005年6月のサイパン島訪問であろう。これはいわゆる「平成流」のもう一つの柱である、戦争の記憶への取り組みという問題である。

 これもすでに皇太子時代から、昭和天皇の代理として外国訪問をするなかで、訪問国における戦争の記憶に触れるなど、その問題には取り組んでいた。天皇即位後、1995年の戦後50年にも長崎・広島、沖縄、そして東京大空襲で亡くなった人々の遺骨が納められた東京都慰霊堂などを相次いで訪問し、慰霊の旅を続けていく。記者会見でも戦争に関する言及が増加した。

 そして、8月15日の戦没者追悼式では、「ここに歴史を顧み、戦争の惨禍が再び繰り返されぬことを切に願い」との表現を使用した「おことば」を述べ、翌年以降の戦没者追悼式でもこの文言を継続させていった。

 そして、戦後60年の2005年になると、アジア・太平洋戦争の激戦地であったサイパン島への訪問が実現する。天皇・皇后の外国訪問はその国からの招請という形式で行われるのが通例であるところ、この訪問は天皇の意思によって行われた。それだけ異例だったと言える。

 サイパンでは遺族会や戦友会の人々から話を聞いたり、戦没者慰霊碑を訪問したりしている。自らの意思で積極的に戦争の記憶を掘り起こす作業を行っていったのである。こうした天皇の姿勢は、特に護憲派のようなリベラル陣営に大きな影響を与えたと思われる。

 こうした人々は、従来ならば天皇制に批判的な意識を有していた。ところが、安倍内閣の安全保障関連法案、集団的自衛権の問題に代表されるように、国内情勢・国際情勢は護憲派が考える理念から変化しつつあった。それゆえ、彼らは天皇・皇后の行動をそうした情勢に歯止めをかける象徴ととらえ、支持するようになった。

 平成の末期、天皇・皇室に対して、人々は空前の規模で支持していた。それは、いわゆる「平成流」の2つの柱への評価であったと思われる。

 第一に、雲仙普賢岳から阪神淡路大震災、東日本大震災へと継続する被災地訪問のあり方である。老体にムチを打っているかのように見えてしまうほど、天皇・皇后は積極的に被災地を訪問し、人々に声をかけた。それが「私」を重要視している世間の風潮のなかで、「公」に奉公していると評価されたのではないか。

 第二に、慰霊の旅に代表される戦争の記憶への取り組みである。世間では戦争体験世代が減少し、その記憶が風化するなかで、天皇・皇后の行動はその掘り起こしでもあった。政権の方針とは異なるように見えるその思想と行動は、それまで皇室を支持していなかった層をも取り込むことに繋がったのである。

■5、「おことば」:保守派の「他の人間と変わらないではないか」と平成流の30年

 最後のターニングポイントは、2016年の退位の意思をにじませた平成の天皇の「おことば」であろう。天皇はこのなかで、自分の行ってきた象徴としての模索に自負心を示しつつ、それを若い世代にそのまま引き継いでもらうがゆえの退位という選択肢を提示した。

 それとともにここで平成の天皇は、権威としての天皇ではなく、むしろ自身も老いていく存在であることも人々にさらけ出した。その意味では、天皇も人間であることがより明確に人々に提示された(天皇による新たな「人間宣言」と述べた論者もいたくらいである)。「国民とともにある」という、天皇に即位して最初に述べた「おことば」のように、自身も国民に近づいた存在であることを示したと言える。

 この平成の天皇の「おことば」に対して、天皇を権威と考える保守派の方からむしろ反対の声があがった。それでは他の人間と変わらないのではないかと。しかし、多くの国民は天皇の思いを汲み取り、退位を後押しした。ここで、平成の天皇が模索してきた天皇像は、完成形を迎えたと言える。

 そして、2019年4月30日、平成の天皇は近現代史上、初めて退位した天皇となった。その時、テレビでは各局が特別番組を放送し、街には人があふれた。そうした雰囲気のなか、「令和」がスタートしたのである。

(河西 秀哉)

関連記事(外部サイト)