「お前は誰だ!?」「あっ、ごめんなさい」“いたずら番組出演”だと言われ…25歳のインドネシア人女性が金正男を暗殺した日

「お前は誰だ!?」「あっ、ごめんなさい」“いたずら番組出演”だと言われ…25歳のインドネシア人女性が金正男を暗殺した日

金正男暗殺の実行犯として逮捕された二人の女性。右側がインドネシア人のシティ・アイシャ。 ©AFPPHOTO/RoyalMalaysianPolice

 2017年2月、北朝鮮の最高指導者・金正恩の異母兄である金正男が暗殺され、世界中に衝撃が走った。犯行が行われたのは旅行客で賑わうマレーシアのクアラルンプール国際空港で、金正男は二人の女に毒物を顔に塗りつけられて死亡した。

 彼はなぜ殺されたのか、なぜマレーシアだったのか、実行犯の女性たちは何者なのか――。ここでは、乗京真知さんと朝日新聞取材班が、謎の多い金正男暗殺事件を取材してまとめた『 追跡 金正男暗殺 』(岩波書店)から一部を抜粋。

 実行犯の一人であるインドネシア人女性、シティ・アイシャ(25歳)が「日本で放送される『いたずら番組』に出ないか」という誘いに乗り、「中国人のチャン」に指示されるまま金正男の暗殺を実行した当日の行動を紹介する。(全2回の1回目/ 後編を読む )

◆◆◆

■空港で「いたずら」の打ち合わせ

 事件当日の2017年2月13日。シティは朝8時からクアラルンプール国際空港第2ターミナルで、いたずら番組の撮影に参加することになっていた。空港までは彼氏の車で行く約束だった。

 午前6時前、身支度を整えたシティは彼氏に通話アプリでメッセージを送った。「準備できたよ」。彼氏から、すぐに返事が来た。「下りてきな。もう下に着いてるから」。ランドローバー社の茶色い四駆で迎えに来てくれていた。

 捜査資料によると、彼氏はマレーシア籍の26歳。シティのマッサージ店などに料理を届ける仕出屋で、シティとは2016年6月ごろに知り合った。

 空港までは2時間近くかかった。シティが住み込みで働くクアラルンプール東郊のマッサージ店から、南郊の国際空港までは約60キロ。有料道路を使っても、渋滞に巻き込まれることが多い区間だ。

 午前7時40分ごろ、第2ターミナルに着いたシティは、スマートフォンのショートメッセージで、チャンに「着きました。今どこですか?」と連絡した。チャンは待ち合わせ場所として、ターミナル3階の出発ホールにあるカフェ「ビビク・ヘリテージ」を指定した。

 ビビク・ヘリテージは、マレーシア風の軽食や飲み物が楽しめる店で、同じく出発ホールにあるスターバックスと並ぶ人気がある。白黒のタイルを交互に敷き詰めた床が特徴的で、その上に白い大理石の丸テーブルと木製のいすが並んでいる。丸テーブルには一卓ずつ番号が振ってあるが、店員が注文を聞きに来るわけではない。注文も支払いも、客がバーカウンターで済ませる形式だ。

 店の目の前には自動チェックイン機が並んでいて、出国ゲートまでは60メートルほど。出発ホールをよく見渡せる位置にあり、時間をつぶすには打ってつけの場所だ。

 シティとチャンが落ち合ったのは、ビビク・ヘリテージの15番テーブル。先にテーブルについたのは、チャンだった。店内の防犯カメラが、その様子を捉えていた。チャンが席についた8時10分から、二人が席を立つ8時35分まで、25分間。防犯カメラの映像からは、シティとチャンが入念な打ち合わせをしていたことが浮かび上がった。

 気になるのは、この打ち合わせで、シティとチャンが具体的にどんな言葉を交わしていたかだ。防犯カメラが記録しているのは映像だけで、音声は残っていないのだが、シティが逮捕後に弁護士に打ち明けたところによると、チャンは「これが最後の撮影になるかもしれない」と語りつつ、「いい演技を見せてほしい」「演技がうまければ、次に仕事があったときに声をかける」と告げたという。

 さらにチャンは、いたずらの相手の特徴についても説明した。いたずらの相手は「我々の撮影会社のナンバー2」で、風貌は「金持ち風」の「大柄な男性」。ただ「怒りっぽい」ところがあるので「いたずらが終わったら、すぐに空港を離れろ」と忠告したという。

 つまりチャンは、いたずらの相手は撮影会社の「身内」なのだから思い切って演技できるはずだと発破をかけて犯行の完遂を促しつつ、現場で取り押さえられることがないように逃走の手はずも整えていたということだ。

■わずか一瞬の犯行

 打ち合わせの後、シティとチャンは自動チェックイン機の近くで待機した。ちょうど自動チェックイン機のそばには柱があったので、その柱の陰に隠れて、いたずらの相手が来るのを待ち伏せした。

 約20分後。誰かと電話するふりをして時間をつぶしていると、シティの耳元でチャンがささやいた。「あのグレーのジャケットを着た男だ」。チャンの目線の先に、ゆったりとした歩調で近づいてくる、恰幅のいい男性の姿が見えた。事前に聞いていたとおりの、髪の薄い、東洋風の男性。金正男だった。

 シティは、この時の心境について、拘置所で面談したインドネシア政府関係者らに次のように語っている。「相手は大柄だったので、殴られるのではないかと心配になったのです」「チャンから「相手は怒りっぽい性格だ」と聞いていたので心配だったのです」「警察を呼ばれるかもしれない、という恐れもありました」。ただシティには、ここで撮影を止めるだけの勇気はなかった。

 シティは柱の陰から、正男の動きを凝視した。あと数秒もすれば正男はシティの目の前を通り過ぎ、10メートル先の自動チェックイン機の前で立ち止まる。その時がいたずらのチャンスだった。チャンが、また耳元でささやいた。「手を出して」。シティは正男から目線を外さず、手だけをチャンに差し出した。オイル状の液体が手のひらに垂らされるのを感じた。どんな容器から液体が垂らされたかは見ていない。正男を観察するので精いっぱいだった。

 続けてチャンから「オイルがこぼれないように拳を握っておけ」と忠告された。言われた通り、拳を握りしめた。シティが正男を確認してから、オイルを手に塗るまで、10秒足らずで準備が整った。

 正男はシティやチャンの存在に気づかぬまま、柱の前を通り過ぎ、自動チェックイン機の前で立ち止まった。

 すかさずシティは、正男に忍び寄った。握っていた拳を開き、オイルを両手になじませた。正男の背後から左前方に回り込んで、残り1メートルの距離まで接近した。ひと呼吸置き、間合いを計って、左足を大きく前に踏み出した。両手を伸ばし、正男の顔に触った。「目からあごにかけて液体を塗りつけました」。シティは後の取り調べの中で、顔に触れたことを認めている。

 不意を突かれた正男は、とっさに左腕を持ち上げるようにして、シティを振り払った。正男は、両手がふさがった状態だった。左手に航空チケットのような紙を握り、右手で旅行バッグを抱えていた。

 「お前は誰だ?」

 正男が声を上げた。

 「あっ、ごめんなさい」

 シティは頭を下げ、胸の前で手を合わせた。と同時に、異様な光景が目に飛び込んできた。こちらを見つめる正男の顔に、後方から誰かの腕が伸びてきたのだ。

 一瞬の出来事だったが、シティはその時の記憶を、後に弁護士などとの面談で明かしている。「いたずら相手(正男)の顔を見たとき、誰か他の人の手が伸びてくるのを見ました。それを見た私は、すぐに立ち去りました」。シティは、それが誰の手なのか、おおよそ見当がついていた。実は、事前にチャンから「もう一人、別の女優もいたずらに参加する予定だ。同じような演技をする」「もう一人の女優のことは気にしないでいい」「即座に逃げるように」と言われていた。チャンが言っていたのは、シティと同じように北朝鮮の工作員に雇われていた、ベトナム人女性のドアン・ティ・フォンのことだった。

 シティは周囲の旅行客の間を縫うように、走って逃げた。正男は事情をのみ込めぬ様子で、遠ざかるシティの背中を見つめたまま、立ち尽くしていた。チャンはいつの間にか、姿を消していた。

■「オイル」が放つ臭い

 シティは出発ホールから出て、手を洗うために階下のトイレに向かった。同じ階のトイレに行かなかったのは、事前にチャンから「いたずら相手は怒りっぽい性格だ」「トイレではち合わせるとまずいので、下の階のトイレを使うように」と忠告されていたからだった。

 監視カメラの映像によると、トイレに向かう間、シティは両手を体から離して服を汚さないようにしたり、エスカレーターの手すりを触らないようにしたりしていた。巡回中の警察官のすぐそばを、足早に駆け抜ける場面もあった。

 トイレに入ったシティは、手に塗られたオイルの臭いに気づいた。車の修理工場に漂っている、エンジンオイルのような臭いがした。水で流してもぬめりが取れず、セッケンを使って約3分間洗った。痛みやかゆさは感じなかった。

 トイレから出たシティは、ショルダーバッグの中からスカーフを取り出した。スカーフを肩にかけ、1階のタクシー乗り場に向かった。チャンが事前にくれた乗車券でタクシーを拾った。正男を襲ってからタクシーに乗るまで、シティは「10分ほどだった」と記憶しているが、実際には25分ほどたっていた。

 空港からクアラルンプール市内に戻るタクシーの中で、シティは急なめまいや眠気に襲われた。有料道路を走っていたが、運転手に頼んで車を停めてもらった。路肩にうずくまり、胃酸混じりの唾液を吐き捨てた。胃から不快なガスもせり上がってきた。

 シティは「胃潰瘍の症状と似ている」と感じた。もともとシティは胃が弱く、吐き気を覚えることは珍しくなかった。この日も朝、チャンとの打ち合わせでコーヒーを飲んだため、胃が刺激を受けたのだろうと理解した。

 後に猛毒VXの鑑定にあたった化学者は、裁判で「ヒトの手の皮膚や脂肪は厚いため、15分以内に手を洗えば、中毒症状が出なかったとしても不思議ではない」との見解を示している。シティの急な体調変化がVXの影響だった疑いは残るものの、トイレで手を洗ったことで死の危険を回避した可能性が高い。解毒剤を渡されたこともなかったとシティは供述している。

 その後、シティはクアラルンプール中心部でタクシーを降りた。ショッピングモールに寄り道し、リーバイスのデニムを1本買った。買い物袋を写真に収め、通話アプリ「ワッツアップ」で友達に送った。ひと仕事終えた自分へのご褒美だった。

 夜になると、また体の具合が悪くなった。体調不良について、シティは知人らに状況を伝えていたらしい。スマートフォンには、額に冷却シートを貼って横になる様子(午後7時撮影)や、赤く充血した目を見開いた様子(午後11時撮影)などの自撮り画像が残っていた。毒を扱ったことによる影響か、体調不良がたまたま重なったのか、警察も解明できていない。

 ただ、翌14日には体調を持ち直したようだ。いつもどおりマッサージ店の仕事に戻った。スマートフォンには、胸元が開いた赤いシャツを着て、ピンクの唇を半開きにした自撮り画像(午後10時撮影)を残していた。

 また、この日は再びチャンから撮影の誘いがくる可能性があった。チャンは「(13日の)演技がうまければ、次に仕事があったときに声をかける」「13日から3日間ほど撮影が続く」と語っていた。

 なにより13日の撮影の報酬が未払いだったので、どこかでチャンと落ち合う必要があった。それまでは撮影当日か、おそくとも翌日には報酬を受け取っていた。シティはチャンに電話したが、つながらなかった。通話中ではなく、電源が入っていなかった。チャンが既に海外に逃れていることなど、シティには知るよしもなかった。

■警察から逃げ隠れせず

 マレーシア警察は正男を襲った実行犯として、シティの行方を追った。警察が手がかりにしたのは、事件現場となった空港の監視カメラだった。

 監視カメラの映像を解析したところ、シティが事件前、ランドローバー社の茶色い四駆で空港に来ていたことが確認できた。四駆のナンバーは「B」から始まるローマ字3文字と、「3」から始まる4桁の数字からなっていた。車両情報を検索すると、シティの彼氏の名前が浮かんだ。警察は事件2日後の2月15日夜、彼氏を逮捕した。

 彼氏は警察の取り調べに、シティを空港まで送り届けたことを認めたが、事件のことは初耳で、何のことか分からないと供述した。シティに人を殺すような度胸はないことや、シティと結婚するつもりだったことも打ち明けた。犯歴がなく警察に協力的な彼氏を、警察は容疑者というよりも捜査の助けになる重要人物として勾留することにした。

 警察が彼氏からシティのホテルを聞き出し、家宅捜索の準備に入ったのは、時刻が午前0時を回ってからだった。裁判で捜査員が証言したところによると、捜査班がホテルに着いたのは2月16日午前2時15分。エレベーターで3階まで上がり、シティが寝泊まりする356号室に踏み込んだ。ドアは開いていて、部屋は明るかった。シティはベッドの上にいたが、まだ寝ていなかった。何の容疑をかけられているのかと、驚いた様子で尋ねたという。逃げ出すようなそぶりは見せなかった。

 捜査班はシティに手錠をかけ、警察署に連れて行った。同時に、部屋にあるシティの所持品を押収した。具体的には、シティが犯行時に身につけていたとみられる灰色のノースリーブや、薄手のスカーフ、水色のデニムのほか、レイバンのサングラス、ルイ・ヴィトンのバッグ、スマートフォン2台、靴、パスポートなどだった。いずれも汚れが残っていて、洗い流した様子はなかった。これら押収物から毒物が検出されるようなことがあれば、それはシティが実行犯だったことを裏付ける重要な証拠になる。

■手落ち捜査で猛毒の出処が不明に

 毒物鑑定を担当したのは、警察の依頼を受けたマレーシア化学局だった。化学局の資料によると、ノースリーブなどの押収品は2月21日(事件の8日後)、シティの爪の切れ端や爪の周りを拭いた綿棒は2月24日(事件の11日後)、シティの血液は3月6日(事件の21日後)に、それぞれ鑑定に回された。

 鑑定の結果、押収品の中で唯一、ノースリーブから猛毒の神経剤VXの関連物質が検出された。シティが正男に塗った液体にはVXが含まれていて、そのVXの飛沫がノースリーブに付着した可能性を示唆するものだった。殺意の有無は別として、シティの行為によって正男が死亡した疑いが一段と強まった。

 ところが、警察は致命的な捜査ミスを犯していた。捜査班がシティの部屋を捜索した時、証拠集めを急ぐあまり、押収品の扱いがおろそかになっていた。本来であれば、押収したノースリーブは新しい袋などに入れて密封すべきところ、捜査班は部屋にあった袋に入れて持ち帰っていた。しかも、その袋は、シティが事件前に北朝鮮工作員の男チャンから渡された袋だったことが後の裁判で判明した。

 この結果、ノースリーブから検出されたVXの関連物質が、シティ由来のものなのか、袋由来のものなのかが、分からなくなってしまった。あらかじめ袋の中に、VXが付着していた可能性を排除できないからだ。

 立証の決め手になるはずだったノースリーブは、逆に証拠管理の甘さを物語る立証の壁となり、捜査全体の信用性に影を落とし続けることになる。

「白いラバーソールが目立っていて、同一人物だと気づいた」金正男暗殺の直後に不審な動き…北朝鮮工作員たちの“周到すぎる”逃亡劇 へ続く

(乗京 真知,朝日新聞取材班)

関連記事(外部サイト)