紅白初出場の「純烈」メンバーが起こした凄惨DVの「誓約書」

純烈の友井雄亮が同棲女性にDVか 週刊文春が謝罪の意を記した「誓約書」入手と報道

記事まとめ

  • 純烈の友井雄亮が同棲していた女性に対し、凄惨なDVに及んでいたと文春が報じている
  • 純烈は、2018年大晦日のNHK「紅白歌合戦」に初出場したムード歌謡グループ
  • DVの顛末と謝罪の意を記した「誓約書」を入手、誓約書にサインしたことを友井は否定

紅白初出場の「純烈」メンバーが起こした凄惨DVの「誓約書」

紅白初出場の「純烈」メンバーが起こした凄惨DVの「誓約書」

左から2番目が今回の主人公・友井雄亮 ©文藝春秋

 2018年大晦日のNHK「紅白歌合戦」に初出場したムード歌謡グループ「純烈」。そのメンバーの1人、友井雄亮(38)が同棲していた女性に対し、凄惨なDVに及んでいたことがわかった。友井がDVの顛末と謝罪の意を記した「誓約書」を、週刊文春が入手した。

 友井が14年頃から同棲を始めたのが、芸能界関係者のA子さん(30代)だ。一見仲睦まじいカップルだったが、ある時期から警察沙汰に発展するほどのDVがたびたびあったという。「誓約書」で友井はA子さん側に宛てて、こう書いている。

〈私、牧山雄亮(※友井の本名)はA子さんと結婚を前提に同棲生活をしている間に過激な暴力を振るい、頭、手首、太ももに大怪我を負わせてしまいました。(中略)度重なる浮気をし、あげく暴言を吐き(中略)ご両親と結婚するまでは子供を作らないと約束もしたのに、A子さんを妊娠させ、流産させてしまい、その傷ついた体と心に輪をかけるように「逆によかったやん」といたわる事もせず、ひどい言葉で深く傷つけてしまいました〉

 2016年5月に作成された「誓約書」には、友井の署名と指印が押されている。

 紅白出演も無事果たし、年が明けた1月6日に友井本人を直撃したが、A子さんとの交際については「まあ、昔ですけどね」、誓約書にサインしたことは「ないです」と答えた。

 大阪で暮らす友井の母親は「(A子さんに)怪我をさせたことは申し訳ない。平謝りせなあかんと思う。契約書の存在は聞いている」と話した。

 全国のスーパー銭湯などを中心に地道な営業活動を続け、ついに日の目を見た遅咲きの男性5人組、純烈。「純粋であり、かつ強く正しく節操や分別がある」というのが、グループ名に込められた意味だというが――。

 1月10日(木)発売の「週刊文春」では、A子さんへのDVの実態や、友井が事実婚状態にあった別の女性の貯金3000万円超の使い込み、さらに別の女性との浮気などのトラブルについて詳報。「 週刊文春デジタル 」では友井を直撃取材した際の模様を収めた 関連動画 を公開している。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2019年1月17日号)

関連記事(外部サイト)