「殺すぞ、てめえ!」「ふざけんじゃねえよ」"かかと落とし”で女性死亡 逮捕の52歳容疑者が連日起こした「深夜の飲酒トラブル」とは?

「殺すぞ、てめえ!」「ふざけんじゃねえよ」"かかと落とし”で女性死亡 逮捕の52歳容疑者が連日起こした「深夜の飲酒トラブル」とは?

"かかと落とし"容疑者の評判

「殺すぞ、てめえ!」「ふざけんじゃねえよ」"かかと落とし”で女性死亡 逮捕の52歳容疑者が連日起こした「深夜の飲酒トラブル」とは?

かかと落とし事件の現場となった被害者のアパート ©文藝春秋

「『殺すぞ、てめえ!』という怒鳴り声が深夜に聞こえることもありました。イヤホンをつけて音楽を流していても耳に入るほどの声量でした。外見も見るからに“輩”で愛想が悪く、事件があったと聞いて『やっぱりな』というのが正直な感想です」(近隣住民)

 千葉県東金市の閑静な住宅街で悲劇が起こったのは、GW中の5月5日未明のことだった。

 千葉県警は同日、知人の60代の女性の頭に“かかと落とし”をして怪我を負わせたとして、無職の並木正容疑者(52)を傷害容疑で逮捕した。怪我をした女性はその後、搬送先の病院で死亡し、千葉県警は傷害致死の疑いも視野に入れて捜査している。社会部記者が話す。

「並木容疑者は被害女性宅で、もう1人の女性と3人で“宅飲み”していました。逮捕時にも並木容疑者は酔っ払っており、被害女性と口論になった末、頭に何度もかかと落としをしたようです。犯行後、その場にいた別の女性が約1km離れた交番に駆け込み、事件が発覚しました。警察官が駆け付けた際、被害女性に意識はあったものの、会話ができないほどの怪我を負っていたようです」

■並木容疑者は“ザ・昭和のヤンキー”という感じ

 並木容疑者が現在の住居に引っ越してきたのは今年冬。その頃から事件の萌芽はあったようだ。

「並木容疑者は身長が190cmぐらいあって、ガタイもよく、態度も威圧的でした。髪型はリーゼントで、よくヒョウ柄の服や虎の刺繍が入ったジャージを着ていましたね。肩で風を切ってガニ股で歩く、“ザ・昭和のヤンキー”という感じです。『今の時代にもまだこんな人がいるんだ…』と驚くほど、コテコテのファッションでした。昼も夜もプラプラしているので、何の仕事をしているのか不思議に思っていましたね」(前出・近隣住民)

■容疑者の部屋に出入りするのは酔っぱらっている人ばかり

「車は1カ月前に買い替えるまで、白のキューブに乗っていましたが、車のフロントは事故を起こしたように大きく凹んでいました。他人の迷惑も顧みず、アパートの駐車場には停めないで入口の真ん前によく横づけしていました。並木容疑者の家には親族なのか高齢の男女も出入りしていて、その1人と一度すれ違った時、『なんか文句あんのか? ここに(車を)停めて悪いのかよ?』と怒鳴られました。こちらは挨拶しようかなと思っただけなのですが…。

 並木容疑者の部屋に出入りする人はいつも酔っ払っている人ばかりでした。一度絡まれてからは、『この部屋に出入りする人には近づかないようにしよう』と思っていました」(同前)

■深夜1時頃、突然ガシャーンと何かが割れる音が…

 今回の事件以前にも警察が駆け付けるトラブルがあったという。別の近隣住民が証言する。

「約1カ月前の深夜1時頃でしょうか。突然ガシャーンという何かが割れるような大きな音がして、飛び起きたんです。その日は夜11時頃から騒いでいて、並木容疑者は酒を飲んで呂律が回っていない感じでしたね。確認すると並木容疑者の部屋のベランダに割れたガラスが散乱していました。結局、誰かが通報したのかその1時間後ぐらいにパトカーの赤色灯が近づいてくるのが見えて、その場は収まりましたが…。

 その後、テレビがベランダに2台置かれていたので、これで割ったのかな、と。数日後にはそれが団地のゴミ捨て場に不法投棄されていました。粗大ごみの処理には金がかかりますし、誰も自腹を切りたくないので今でもずっと放置されたままです」

■壁を殴ったり、モノを投げるのは日常茶飯事

「並木容疑者は週に1〜2回は明け方まで酔っ払って騒いでいました。気に食わないことがあると壁を殴ったり、モノを投げたりするのは昼夜問わず、日常茶飯事。事件前日も大騒ぎしていましたね。並木容疑者が『ふざけんじゃねえよ』と誰かを説教する声が聞こえてきました。そして、『久々に●●(女性の名前)と一緒に飲みてえな』と大声で話していたのを覚えています」(同前)

 そうして並木容疑者が向かったのが、被害女性が住む近所のアパートだった。

 被害女性宅の近隣住民が話す。

「事件当日、深夜2時半ごろに並木容疑者の大声がするなと思いましたが、外に出ると巻き込まれそうなので、見にはいきませんでした。『ふざけんなよ!』『おい!』といった深夜の大声はこれまでしょっちゅうありましたし、うんざりしていたんです。

 被害女性は昨年夏に引っ越してきて、並木容疑者は土曜の夜を中心に週1ペースで通っているようでした。ゴミの日には、袋いっぱいにチューハイやビールの空き缶が大量に捨ててあり、頻繁に部屋で飲んでいる様子でした。『ドスン』という鈍い音が聞こえてきたり、何かを殴る音が聞こえることもありましたし、いつかはこういうことになるんじゃないかと思っていました」

 酒に酔っては騒音トラブルを繰り返していた並木容疑者。感情のままに行った暴挙は、取り返しのつかない結末を迎えてしまった。

 調べに対し、並木容疑者は「頭にかかと落としをしたことに間違いはない」と容疑を認めているという。

◆◆◆

「文春オンライン」では、今回の事件について、情報を募集しています。

 下記のメールアドレス、または「文春くん公式」ツイッターのDMまで情報をお寄せ下さい。

メールアドレス: sbdigital@bunshun.co.jp
文春くん公式ツイッター: https://twitter.com/bunshunho2386

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)