「“明日は好い日になる”と私も信じ…」 天皇陛下が“制約”の中で国民に訴えた意外な“言葉”

「“明日は好い日になる”と私も信じ…」 天皇陛下が“制約”の中で国民に訴えた意外な“言葉”

62歳を迎えた天皇陛下は会見で、眞子さまのご結婚についてのバッシングにも触れられた(宮内庁提供)

取材15年の記者が注目した天皇陛下の“ある言葉” 「願う」上皇さま、「希望する」昭和天皇との距離感の“違い” から続く

 天皇陛下が即位し、5月1日で3年が経った。2020年以降はコロナ禍によりお出ましが難しくなり、オンラインの活用など国民との交流の方法も変化した。15年以上にわたり皇室取材を続けてきた共同通信の大木賢一編集委員が見た、令和の皇室の姿とは。(全2回の2回目。 前編 を読む)

◆ ◆ ◆

■誕生日会見でのさらなる進化

 新年ビデオメッセージから約2カ月後の記者会見でも「信じる」が使われた。陛下は再びコロナ禍について触れ、ある英国人の言葉を引用した。医療従事者支援のため、100歳の誕生日までに自宅の庭を歩いて100往復する活動により多額の寄付金を集めたトム・ムーアさんだ。陛下はこう語った。

「今は確かに困難な日々を送らざるを得ませんが、一人一人が自分にできる感染防止対策を根気強く続けることで『明日は好い日になる』と私も信じ、そうなることを願わずにはいられません」

 事態の好転を「信じる」の主語は、ここでははっきりと「私」になっている。

 その1年後、今年2月の誕生日会見で、「信じる」はさらに進化した。いまだ収束しないコロナ禍について陛下はこう話した。

「長く困難な状況が続いておりますが、今しばらく、誰もがお互いを思いやりながら、痛みを分かち合い、支え合う努力を続けることにより、この厳しい現状を忍耐強く乗り越えていくことができるものと固く信じております」

 国民の努力による現状の克服を「固く」信じると言い切ったのだ。この文では主語が省略されているが、「おります」という謙譲語があることから、主語が天皇自身であることは明白だ。

■欧州国王たちの「激励」

 こうした陛下の言葉遣いを見るにつけ、私の脳裏に浮かぶのは欧州各国の国王たちの言葉だ。そこには強く「激励」の気持ちが表れている。

 オランダのウィレム・アレキサンダー国王がコロナメッセージを発したのは2020(令和2)年3月。「コロナウイルスを止めることはできません。できるのは孤独というウイルスを止めることです」という文学的表現が心に残るが、このメッセージの中で国王は「慎重さ、連帯、親切心。こうした美質を保てる限り、私たちはこの危機に打ち勝つことができます」と言い切っている。国民を激励するとともに、オランダ人の持つ「美質」を高らかに宣言している。

 同じ月に行われたノルウェーのハーラル5世国王のスピーチは「今、この時のために私はすべての方々のために祈ります」とし、日本の天皇が多用してきた「祈る」という表現を使っている。しかし、スピーチの最後は「私たちは共にあります。この先何が起きようとも」と締めくくられ、天皇にはなかなかみられない「国民への強い呼びかけ」で終わっている。

 翌4月には、スウェーデンのカール16世グスタフ国王がテレビでスピーチした。すべての人々がリスクを負って行動していることに敬意を表し、「最後には光が闇に勝利し、私たちは再び希望を感じることができるでしょう」と、コロナ克服への「確信」を伝えた。同時期に出されたスペインのフェリペ6世国王のメッセージも、コロナ禍を「打ち勝ち、克服するはずの危機」と表現し、やはり国王自身の「確信」を表明している。

 英国のエリザベス女王のスピーチでは、「we will」という言い方が立て続けに使われた。よりよい日々が返ってくる。また友だちと一緒にいられるようになる。また家族といられるようになる。またみんなが会える。これらの文にすべて「will」という助動詞が使われたのは、「未来」を確定的に宣言すると同時に、女王自身の持つ「意思」や「願い」を含ませたからなのだろう。

■天皇が「語れる言葉」に制約が多いワケ

 日本の天皇が「語れる言葉」は、海外王室に比してもともと制約が多いと思う。
それはなぜなのかと言われれば、天皇の地位と権能に関する憲法の規定だけでな
く、おそらく日本が歩んだ戦争の歴史に行き着くのではないか。

 コロナに関する国王たちのメッセージを見ると、政府の施策を露骨に非難したり、後押ししたり、国民生活に直接我慢を求めていたりするものも多い。こうした行為を日本の天皇はすることができない。また、天皇の言葉からは、国民に対する「鼓舞」の要素も厳密に排除される。その理由が戦争への反省にあることは、「コロナ」という災厄を「戦争」と置き換えてみるだけで容易に想像できるだろう。

 そんな制約の中で、コロナ禍に苦しむ国民に心からの励ましを伝えるにはどうしたらいいのか。政治的権能を発動しない範囲内で呼びかけるにはどんな表現が可能なのか。懸命に考えた結果が、「信じる」という言葉なのではないか。この言葉には単なる「願う」よりも、はるかに強い「国民との一体感」があり、「天皇が事態の好転を信じていてくれる」という宣言は、国民にとって大きな励ましになるように思う。天皇の権能に関する憲法の規定に抵触するとも思えない。陛下がこの「新しい言葉」を今後も使うのかどうか、注視したいと考えている。

大木 賢一

1967年、東京都生まれ。1990年、早稲田大学第一文学部日本史学科卒業。共同通信社入社。鳥取支局、秋田支局などに勤務し、大阪府警と警視庁で捜査1課担当。2006年から2008年まで社会部宮内庁担当。大阪支社、東京支社、仙台支社を経て2016年11月から本社社会部編集委員。著書に『皇室番 黒革の手帖』(2018年、宝島社新書)、共著に『昭和天皇 最後の侍従日記』(2019年、文春新書)、『令和の胎動 天皇代替わり報道の記録』(2020年、共同通信社)。

(大木 賢一)

関連記事(外部サイト)