【上島竜兵さん逝去】「前を向いて逝ったんだと思いたい」ダチョウ?楽部の初代リーダー南部虎弾が明かす《“一番やさしい男”の苦悩》

【上島竜兵さん逝去】「前を向いて逝ったんだと思いたい」ダチョウ?楽部の初代リーダー南部虎弾が明かす《“一番やさしい男”の苦悩》

北野武の追悼コメント

【上島竜兵さん逝去】「志村さんが竜ちゃんに『すぐ出てこい!』って」30年来の友人が明かす《人生の恩師との出会い秘話》 から続く

 5月11日に急死したお笑いトリオ「ダチョウ倶楽部」の上島竜兵さん(享年61)。突然の訃報を悼む声が寄せられている。

《上島、大変ショックです。40年近く前から一緒に仕事をしてきたのに、芸人は笑っていくのが理想であって、のたれ死ぬのが最高だと教えてきたのに、どんなことがあっても笑って死んで行かなきゃいけないのに、非常に悔しくて悲しい》(北野武)

《無念です。まだまだ竜さんとケンカして チュ〜したかったです。最高のライバルであり 最高の友でした。》(出川哲朗)

《私のモノマネをよくやってくれた竜ちゃん いつも笑顔でみんな笑顔にしてくれた竜ちゃん ありがとう 上島竜兵さんのご冥福を心からお祈りします》(大仁田厚)

「3人で撮ったこの写真が最後になってしまった……」

 声を詰まらせながらそう語るのは、元ダチョウ倶楽部のメンバーである南部虎弾(70)だ。

■ダチョウ倶楽部元リーダーが迎えた“その日”

 1985年に南部虎弾、肥後克広、寺門ジモン、上島竜兵の4人で結成されたダチョウ倶楽部。最年長で初代リーダーを務めていた南部は、方向性の違いから1987年に脱退し、1990年に電撃ネットワークを結成した。脱退後は、メンバーと頻繁に会う仲ではなかったという。

「友人から『上島さんが自殺した』と早朝に連絡がありました。それから『えっ、嘘だろ。そんなことあるわけないだろ』と、ずっと頭の中で繰り返していました。上島と最後に会ったのは、俺の腎臓移植が放送された2019年の『ザ!世界仰天ニュース』の収録でした。その時のゲストがダチョウ倶楽部だったんです。収録終わりに『久しぶりだね』なんて話してみんなで“ヤー”って、ポーズをとってね。まさか、それが最後になるなんて思ってもみなかったから」

 南部が上島さんと出会ったのは今から37年前。当時、南部は渋谷のストリップ劇場で芸人として活動し、肥後も同じ劇場にいた。

「役者志望だった上島と寺門は神戸から上京して、同じ劇団の養成所にいました。その劇団の先輩がコント赤信号の渡辺正行さんで、渡辺さんの紹介で出会ったんです。上島は色白で物静かでおとなしいという印象でしたね。

 もともと彼は役者志望でしたし、ショートコントで西田敏行さんの顔真似とかしていてね。役者に向いていましたよ。感情的で涙もろかったから、映画『砂の器』の子供と父親の再会シーンを観て何度も泣いて、よくそのシーンを再現していました」

 ダチョウ倶楽部のメンバーと南部さんは10歳ほどの年の差もあり、衝突することも多かった。南部さんがステージ上で上島さんを注意するのは日常茶飯事で、決して言い返さない上島さんだったが、たった一度、反抗してきた時があったという。

■上島さんが顔を真っ赤にして激怒した出来事

「あの頃、俺は無茶していたんですよ。とんねるずが生放送でテレビカメラを倒して破壊していた時代だから、俺もそれくらいのことをやらないと上にいけないと思っていました。六本木のショーステージで上島に『アドリブがきかないな』などと叱ったり怒鳴ったりしていたら、いつもは黙って聞いている上島がステージ上で初めて『なんだよ、この演技は』って食ってかかってきた。あのおとなしい上島が顔を真っ赤にしてね。過激な笑いを追求したい暴走老人だった俺と、メンバーの3人は求める笑いの方向性が違ったんでしょうね。その直後に、ダチョウ倶楽部をクビになりました」

 南部さんは心のどこかで再びダチョウ倶楽部のメンバーから「戻って来てくれないか」と言われることを期待していた。しかし、そんな連絡がくることはなかった。

「上島は人との争いを一番嫌う性格だし、同じ仲間をクビにしてしまって『申し訳ない』といういたたまれなさみたいなものをずっと持っていたようです。クビになるってことは、人生を左右する大きいことじゃないですか。だから、俺に顔向けできないという気持ちがあったみたい。

 でも数年後のある日、スナックに入ったら上島と志村さんに偶然、会ったんです。その時に上島が俺のことを『南部さんは自分たちの恩人なんです。この方のおかげで今の自分がいるんですよ』と、褒めてくれてね。あんなやさしい男はいないですよ」

 誰にでもやさしかった上島さんゆえに、南部は「ストレスを抱えたのではないか」とその心中に思いを馳せた。

■「竜兵会も減ったし、体調もよくなかった」

「数年前に上島と偶然会った時に『俺も竜兵会に入れてよ』って頼んだら、『いえいえ、とんでもないです(笑)』ってやんわり断られちゃってね。上島はちょっと人に気を使い過ぎたのかもしれない。だから気を遣わなくてもいい、これからの後輩芸人たちと一緒に飲んでいる方が楽だったんじゃないですか。でも竜兵会もコロナ禍でなかなかできなかったみたいだから、ストレスを発散する場所がなくなっていたのかなあ。上島は糖尿病だったから、体調もよくなかったのかもしれない」

 南部は納得しきれない上島さんの突然の死に、理由を探しているようだ。「ただ、上島が辛くなって亡くなったとは思いたくない」と言って、こう続けた。

「せめて、『志村さんのところへ行くんだ』と、前を向いて逝ったんだと思いたいんです。人間が死を思うということは、よほどのこと。いつも一緒にいた志村さんが亡くなって、それが一番大きかったんじゃないかと俺は思う」

 37年前に出会い、芸風の違いで上島さんらダチョウ倶楽部と袂を分かった南部。電撃ネットワークとして活躍してきたが、その心中にはずっとかつての仲間への思いがあったようだ。

「上島が亡くなってから、『申し訳ない』という自分の思いに気がつきました。俺はこれまで、上島とじっくり話をしたことはないんですよ。ダチョウ倶楽部の中でも一番優しい性格で、俺のことを心配してくれていたのにね。死んでからでは遅いけど、もうちょっと一緒に飲みたかった」

 南部は最後に深い悲しみをこらえながら「こんなに早く別れがくるなんて、上島、聞いてないよ」と呟いた。

◆◆◆

【厚生労働省のサイトで紹介している主な悩み相談窓口】
▼いのちの電話  0570-783-556 (午前10時〜午後10時)、 0120-783-556 (午後4時〜同9時、毎月10日は午前8時〜翌日午前9時)
▼こころの健康相談統一ダイヤル  0570-064-556 (対応の曜日・時間は都道府県により異なる)
▼よりそいホットライン  0120-279-338 (24時間対応) 岩手、宮城、福島各県からは 0120-279-226 (24時間対応)

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)