〈松戸9歳女児殺害 無期懲役確定へ〉渋谷恭正被告がアルバイト店長に語っていた“性癖”「ブルマ姿になって…」

〈松戸9歳女児殺害 無期懲役確定へ〉渋谷恭正被告がアルバイト店長に語っていた“性癖”「ブルマ姿になって…」

中学時代の渋谷容疑者

 2017年、千葉県在住の小学校3年生、レェ・ティ・ニャット・リンちゃん(当時9歳)が殺害された事件。5月12日、殺人や死体遺棄などの罪に問われていた小学校の元保護者会長・渋谷恭正被告(51)の無期懲役が確定した。

 周囲には子煩悩で保護者会会長として地域に貢献するような人物と見せかける一方、人には知られざる性癖を持つ――渋谷被告はどのような半生を辿り、犯行に至ったのか。事件を詳報した「 週刊文春 」の記事を公開する。(初出:週刊文春 2017年04月27日号 年齢・肩書き等は公開時のまま)

◆◆◆

■「私、15歳以下しか興味ないんです」

「リンちゃんがいなくなった場所が六実(むつみ)だと聞いて、アイツを思い出したんです。逮捕された時は『やっぱりか』と。自分の性癖について、『私、15歳以下しか興味ないんです。私、15歳以上はダメですよ』と堂々と語っていましたから」

 4月14日、松戸市六実に住む渋谷恭正(やすまさ)(46)が、ベトナム国籍のレェ・ティ・ニャット・リンちゃん(9)の死体遺棄容疑で逮捕された。この日が自らの誕生日だった渋谷には、リンちゃんと同じ小学校に通う3年生の息子と2年生の娘がいた。

 冒頭のように語るのは、渋谷が約9年前にアルバイトをしていた中華料理店の元店長だ。

「当時、いわゆる裏DVDを収集していて、よく店に持ってきては自慢していました。12、3歳くらいの子がブルマ姿になってはしゃいでいたり、小さなビキニを食い込ませていたりするものでした。『ブルセラショップで若い子の商品を買ってくる』と言い、都内に行くこともあった」(同前)

 我が子と歳がかわらないリンちゃんを無残な姿で棄てた渋谷とは、いったいどのような男なのか。その素性に迫る前に、まずは事件の概要を振り返ろう。

 3月24日、小学校3年生最後の修了式に出席するため家を出たリンちゃんはそのまま行方不明となった。その2日後、遺体となって発見されたのは自宅から約12キロ離れた水田地帯の排水路脇だった。社会部記者が眉をひそめる。

「遺体の下半身には裂傷があり、唾液などの体液が残されていました。渋谷のDNA型と酷似していたことで逮捕に至ったのです」

■キャンピングカーに長時間こもる

 犯行には押収された軽自動車が使われたとみられている。

「軽自動車は遺棄現場で何度も同じ場所を行き来するなど不自然な動きをしていました。普段、渋谷の子供たちは徒歩通学をしていましたが、行方不明当日は渋谷が軽自動車で学校に送り届けています」(同前)

 渋谷はこの軽自動車のほかにも、キャンピングカーを保有し、5、6年前から自宅から約150メートル離れた駐車場に駐車していた。近隣住民が語る。

「渋谷さんは時々軽自動車でやってきて、キャンピングカーの中に長時間こもっていました。旅行に出かけることもなくずっと動かさないので、不思議だなと思っていた」

 前出の社会部記者が言う。

「タイヤのホイールにはコケがはえていて、ほとんど動かされた形跡が無かった。防犯カメラの映像から、事件当日、軽自動車が駐車場近くを走っていたことがわかっています。捜査本部はリンちゃんがこのキャンピングカーに連れ込まれた可能性もあるとみて調べを進めています」

■「話が長くてウザい人」

 これまでの家宅捜索では渋谷の性癖に関わる物も押収されたという。

「犯行に使われたとみられるヒモや鞘付きナイフのほか、裏DVDや書籍なども含まれている。児童ポルノや外国人女性を扱ったものもあったそうです。渋谷は自宅マンションの2部屋分を壁をぶち抜いて住んでいますが、裏DVDはそのうちの一つの部屋に保管されていたと見られます」(別の社会部記者)

 渋谷はリンちゃんと自身の子供が通う六実第二小学校の保護者会「二小会」の会長を務めていた。

「通常、会長職は1年で交代しますが、渋谷さんは『子供が卒業するまでに二小を変えてやるんだ』と意気込んで、2年連続で立候補したのです。保護者会の役員なんてみんな嫌がるのに、変わってるなと思っていました。話が長くてウザい人でもあるので、2年連続会長に反対する人もいた」(保護者)

 地域の活動にも精力的に参加していた。今となっては何が目的か分からないが「ほぼ毎日、通学路で登校の見守り活動をしていた」(教育委員会関係者)という。
 2人の子供をサッカークラブに通わせ、スタッフとして運営にも関わっていた。

 自宅周辺では息子と共にサッカーボールで遊ぶ姿も目撃されている。

 渋谷の隣人はこう語る。

「私の息子にも『寒いから風邪引くなよ』と声をかけてくれました。以前、『昔はやんちゃして地方に行っていたんです』と言っていたので、2人の子供を持って変ったんだろうなと思っていたのですが……」

〈松戸9歳女児殺害 無期懲役確定へ〉教師を殴打、親しい友達もいなかった…“子煩悩”だった渋谷恭正被告の異様な半生 へ続く

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2017年4月27日号)

関連記事(外部サイト)