ハイパークルマ社会・沖縄の“ナゾの終着駅”「てだこ浦西」には何がある?

ハイパークルマ社会・沖縄の“ナゾの終着駅”「てだこ浦西」には何がある?

ハイパークルマ社会・沖縄の“ナゾの終着駅”「てだこ浦西」には何がある?

 数ある終着駅の中でも、ほんとうの意味での終着駅は最果ての終着駅であろう。東京都心の中にひっそりとある終着駅など、結局数分も歩けば他の駅に行けるから、かりそめの終着駅に過ぎない。

 となれば、本当に日本の端っこの終着駅こそ、正真正銘の終着駅である。それはいったいどこなのかというと、まず思い浮かぶのが北海道。冬になると雪に覆われる北の終着駅こそ、いかにも最果て感があって終着駅らしい。だが、最果てなのは北海道だけではない。そう、北とは真反対、沖縄があるではないか。

 東京を中心とするのは少々気が引けるが、とりあえず東京からの距離という点でいえば北海道よりも沖縄の方が遠い。だから沖縄にある鉄道の終点こそが、いちばんの終着駅なのだ。

 そしてその沖縄には、一本だけ鉄道が通っている。沖縄都市モノレール、通称「ゆいレール」。その終着駅が、日本で最も最果てにある終着駅である。

■「てだこ浦西」には何がある?

 そんなわけで、沖縄に飛んだ。沖縄の玄関口・那覇空港。ゆいレールはこの空港の脇から出ているモノレールだ。

 ゆいレールが走っているのは、那覇空港〜てだこ浦西間。つまり、沖縄にやってきた人がレンタカーではなく公共交通で移動しようとすれば、まず最初に乗ることになるのがゆいレールということになる。

 終着駅に“最果て”性を求めるならば那覇空港駅がちょうどいいとする向きもあろうが、空港は東京や大阪といった大都市とも直結している。だから最果て感には乏しい。やはり空港からゆいレールに乗って終点を目指さねばならない。

 土地柄とうぜんのことだが、那覇空港駅は日本最西端、お次の赤嶺駅は日本最南端の駅だ。

 ゆいレールが開業するまでは、最西端がたびら平戸口駅、最南端が西大山駅だったが、お株を奪われていまでは“本土最西端”“本土最南端”などといっている。何か特別なことがあるわけでもないのだが、やはり最西端・最南端というつまり端っこまでやってきたというのはちょっと達成感がある。

 そんな最南端・最西端のモノレールは、ほとんど一貫して那覇の中心市街地を走っていく。奥武山公園駅のホームからはプロ野球の試合も行われる沖縄セルラースタジアム那覇が見え、国場川をわたるところで右手に目線を向ければ漫湖公園。そして那覇のど真ん中、沖縄県庁や那覇市役所のある一帯を空中を飛ぶように駆け抜ける。

 那覇といえばご存知国際通りは、県庁前駅から少し南に行ったところがその入口。いくらお酒を飲んでも、モノレールならば安心である。

■首里城の横を通り過ぎて、丘陵地を抜けると…

 そのままゆいレールは市街地の中を久茂地川と並んで進む。大きく弧を描くようにカーブしながら安里駅付近からはひめゆり通りの直上を北へ。おもろまち駅は那覇新都心の最寄り駅だ。古島駅からは再び東に進路を変えて、右手には琉球王朝の首里城を望む。首里駅は、2003年にゆいレールが開業した時点での暫定的な終着駅であった。

 2019年になって新規開業、延伸した区間に入る首里駅からは進路を北に取り、ほどなく那覇市から沖縄第4の都市・浦添市に入る。登ったり降ったりを繰り返しながら丘陵地を北上し、正面に浦添城跡の丘が見えてきたところでまたも東へ。そのまま少し進んで短いトンネルを抜けたところが、ゆいレールの終着駅・てだこ浦西駅である。

 てだこ浦西駅があるのは、浦添市の東端。少し東に行けば西原町に入るという、つまりは市町境に位置している駅だ。モノレールの駅と並んで西原バイパスが通り、東には沖縄自動車道が南北に通っている。さっそく高架のホームを降りて駅の外に出てみよう。

■開業から3年、“新築の匂い”が漂ってきそうなターミナル!だが…

 さすが、開業から3年も経たない真新しいターミナルの駅前広場。もはや新築の匂いが漂ってきそうなほどの、ピカピカで広々としたロータリーが待っていた。

 その傍らには実に立派なしつらえの駐車場。なんでも、1000台も停められるほどの規模だとか。で、あとは…………。これがもう、お世辞抜きに何にもないのである。

 コンビニやらナゾの雑居ビルやら、それがなくとも小さな住宅や田畑やら、そういうものがどの駅の前にもあるものだが、てだこ浦西駅にはそういった細々としたものすらまったくない。あるのは整備されたばかりの新しいロータリーと駐車場とそれに続く道路。あとはほとんどまったく、空き地ばかりであった。

 てだこ浦西駅、地図の上では沖縄本島南部の内陸部にある駅だが、その実態は文字通りの最果ての終着駅というわけだ。

■なぜこれだけ空き地が?

 しかし、これで終わってしまってはせっかく沖縄までやってきたのにあまりにももったいない。しばらくてだこ浦西駅の周りを歩いてみることにする。

 駅の北側、広場のある側を歩いてみると、まあもちろんのこと何もない。道路ばかりが新しく、空き地はどうやらこれから何らかの施設ができる開発待ちの土地のようだ。少し離れたところには、重機が入っていて目下工事中とおぼしき空き地もあった。

 当たり前のことだが、開業間もない新駅の周りの空き地は単なる空き地ではなく、まさに再開発計画の途上なのだろう。

 このてだこ浦西駅前の再開発、将来的には大型商業施設や医療機関、スポーツ施設、そして住居ゾーンも設けられる予定だという。東京都心の新ターミナルのようにタワマンジャングルになることはないだろうが、人口増加が続く浦添市のこと、数年後にはてだこ浦西駅前もきっと大きく変わっているに違いない。

 そしてそんな造成中の空き地の遠く向こうには、浦添の住宅地が見える。歩いて行けるような距離ではなさそうだ。だから、そのあたりに住んでいる人がゆいレールに乗るにはクルマに乗ってやってきて、件の1000台駐車場に停める。いわゆるパークアンドライドというやつだ。

 もともとが徹頭徹尾クルマ社会の沖縄県。モノレールを通してもそれだけで交通が成り立つはずもなく、パークアンドライドはモノレールを活かすためには欠くことのできないツールなのである。

■「てだこ浦西」の“もうひとつの役割”

 てだこ浦西駅には、もうひとつ西原町の玄関口という役割もある。もともとモノレールの計画段階では、西原入口として構想されていた駅であるから、西原町へのアクセスもこの駅の本質のひとつだ。

 駅のすぐ下を通っている道路を歩いて南に向かい、市町境を跨いで西原町に入る。沖縄自動車道をオーバーパスしている県道38号線を歩いてゆくと、すぐにガソリンスタンドや琉球銀行の支店、小さな飲食店などが建ち並ぶ一角にたどり着く。いまの時点では、てだこ浦西駅からいちばん近い市街地といっていい。

 これが西原町の中心市街地……であればいいのだが、あいにくながらそうではない。

 西原町のもともとからの市街地は南東に離れた場所にあるし、この町を特徴付ける存在の琉球大学はこれまた北東に離れたところ。つまり琉球大学の学生が通学に使う駅ということにもなる。

 琉球大学は学生たちも取り立ての免許でクルマ通学をするというからいかにも沖縄らしいが、そういった光景もこれから少しずつ変わってゆくのかもしれない。

■公共交通利用率3.2%!東京、大阪などとは比べものにならない深刻な那覇の渋滞

 かくのごとく、てだこ浦西駅は浦添市東端のこれから生まれる新市街地の拠点駅であり、同時に西原町への玄関口という役割を持つ。

 さらにいえば、駅近くの沖縄自動車道には幸地ICというあらたなインターが2024年に完成予定。そうなれば、クルマと鉄道の、すなわち交通結節点としての役割も担うようになる。

 渋滞の激しい那覇市街地に直接クルマで乗り付けることなく、てだこ浦西駅までクルマでやってきてモノレールで那覇中心部へ、という使い方ができるようになる、というわけだ。

 この沖縄の、とりわけ都市部における渋滞は実に深刻な問題だという。東京や大阪といった本州の大都市の渋滞も悩ましいが、それとは比にならない。那覇市内の平日混雑時平均旅行速度は10.8km/h。全国平均32.0km/hはもとより、東京23区の14.6km/hや大阪市の15.3km/hと比べてもかなり遅い。それだけ那覇市内の交通渋滞は深刻なのだ。

 公共交通利用率も全国平均29.9%を大きく下回る3.2%に留まっていて、人びとは渋滞に巻き込まれる路線バスを選ぶか、それとも自分でハンドルを握って渋滞に突っ込むかのどちらか。そういう究極の選択を迫られている。

■「そこで計画されたのが鉄道である」

 そこで計画されたのが鉄道である。

 発端は1981年に策定された沖縄県総合交通体系基本計画で、その中に那覇空港〜西原入口間のモノレール計画がある。翌年には沖縄都市モノレールが発足。なかなか着工できなかったが、1996年になって首里駅を暫定的に終点として着工、2003年に開業を果たした。次いで当初の計画通りにてだこ浦西駅まで延伸したのが2019年のことだ。

 いちおうはこれでゆいレールは完成形。ただ、さらに普天間を経て沖縄市まで延伸する計画や、赤嶺駅から分岐して糸満方面に伸ばす計画などもあるらしい。だいたいこういう計画は企画倒れに終わるのが常だが、果たしてどうなるのだろうか。

 ゆいレールに乗れば、奥武山公園から漫湖公園、那覇の市街地に首里城、浦添城と車窓からもそれなりに沖縄らしさを味わえる。本州のそれとはまったく違う、独特な雰囲気の街並みもまた、ゆいレールの楽しみだ。そして、てだこ浦西駅の周辺がどう変わっていくのか。それもまた、最南端の鉄道の旅の楽しみのひとつかもしれない。

写真=鼠入昌史

返還から50年…沖縄を走っていた“ナゾの鉄道”「ケービン」が消えた理由 へ続く

(鼠入 昌史)

関連記事(外部サイト)