「遺体の顔は2倍に腫れ上がり、紫のアザが顔中に…頭も陥没していた」 なぜ被害者は元ヤクザとの“飼い殺し生活”を解消できなかったのか?《光市傷害致死事件》

「遺体の顔は2倍に腫れ上がり、紫のアザが顔中に…頭も陥没していた」 なぜ被害者は元ヤクザとの“飼い殺し生活”を解消できなかったのか?《光市傷害致死事件》

出口容疑者の自宅(手前)と敷地内にある坂本さんの自宅(奥) ©文藝春秋

《光市傷害致死事件》「被害者は数時間殴打され死亡」「過去には実弟を殴り逮捕も」46歳“元ヤクザ”と61歳被害者が始めた奇妙な“共同生活”とは? から続く

「昨秋、紫色のアザをつくって腫れあがった顔の坂本さんに会いました。『どうしたんだ?』と聞くと、『出口に殴られた。あいつはねじが1本飛んどるやつやから、酔ったら手が付けられん』と。『被害届を出して出口から離れた方がいい』と言いましたが、気が弱いからか言葉を濁すばかりで……。結局亡くなるまで出口のもとを離れませんでした」(坂本さんの親戚男性)

 山口県警は5月1日、坂本博さん(61)を殴って死亡させたとして、自称配管工の出口太一容疑者(46)ら2人を傷害致死容疑で逮捕した。

■加害者から「一緒に仕事をやろう」と誘われたのがきっかけ

 事件現場となった出口容疑者宅と同じ敷地内の一軒家に、2年程前に引っ越してきたという坂本さん。暴力を受けても離れられない強い“依存関係”が生まれた2人の接点は何だったのか。

 坂本さんの親戚男性が話す。

「坂本さんは光市で生まれ育ち、大学卒業後はずっと地元でエアコン清掃の仕事をしていました。独身で両親も亡くなり、親しい親族は姉だけです。昔から気弱な性格で声も小さく、話をしても『ん?』とこちらが聞き返さないと、何を言っているのかわからないほどでした。働いていたエアコン清掃の会社は、給料も良くないし、家からの通勤距離も遠い。そんななかで出口容疑者と1年半前に知り合い、『一緒に仕事をやろう』と配管工の仕事に誘われたようです。出口は現場の親方で、坂本さんは彼の部下という位置づけでした」

 当初は待遇が上がると喜んでいた坂本さんだが、待っていたのはプライベートでも出口容疑者への服従を強いられる“飼い殺し”の生活だった。

■出口容疑者は自宅の裏の空き家に坂本さんを“住まわせた”

「元々坂本さんは光市内にある両親から受け継いだ一軒家に住んでいました。ただ、出口容疑者は運転免許を取り消され、しかも酒好き。自分が飲み屋に行く時の送り迎えをする運転手が欲しかったのです。それで自宅の裏の空き家に、わざわざ坂本さんを住ませました。そうすれば運転手もできるし、家賃ももらえるので一石二鳥だと……。実際、私と話している最中でも、坂本さんが『迎えに行かなきゃ』と慌てた様子で出ていくことがありました」

 取材班は、坂本さんが元々住んでいた光市山間部にある自宅を訪れた。屋根や壁にはツタが茂り、庭には古い冊子やゴミが散乱。インターホンは壁からはがれ落ち、カーテンも閉め切ったままで、最近まで人が住んでいた様子は見受けられなかった。

■給料ももらえず、足に使われる日々

 2021年3月に坂本さんは車を運転中に事故を起こし、親戚男性の会社で修理することになったが、その修理代の支払いも滞るほど生活に窮していたようだ。

「毎月給料が入ったら分割で修理代を払ってもらう約束でしたが、すぐに支払いは滞りました。だから坂本さんに『なんでそんなに金がないんや』と聞いたんです。すると『ギャンブルも風俗もやらないし趣味もない。ただ、給料が支払われない』と言いました。坂本さんに聞いてみると、出口容疑者が坂本さんに払うと約束した給料は月10万円に満たない額で、そこから食費と家賃を引かれ、手元に残る金はほとんどないようでした。しかもその残りの給料ですら、未払いか、支払われるとしても数か月遅れ。足りない生活費は、毎月姉から借りていました。私は毎月坂本さんと会っていましたが、着ている服もいつも同じでした」(同前)

 出口容疑者と一緒に仕事に入るのは月に2週間だけで、残りは坂本さんが“足”となり、出口容疑者に昼から連れまわされる生活を送っていたという。

■暴力まみれの共同生活の末に起きた「悲劇」

 親戚男性は、仕事をしていない日に別の仕事をすることを勧めたが、坂本さんは「出口の足に使われているから、バイトもできない」と断ったという。

「殴られたことも1度や2度ではなかったようです。車のフロントガラスにひびが入っていたこともあり理由を聞くと、『出口が殴った』と言いました。坂本さんは出口に借金があるわけでもないし、殴られることもあるのになぜ一緒にいるのか、と思いますよね? それは坂本さんが『強く言われたら逆らえないタイプ』だからだと思います。坂本さんは『仕事を一緒に始めるまで、出口の酒癖の悪さも元ヤクザだったことも知らなかった。今は分かったけど、遅かった』と悔いていましたが、結局出口のもとを離れることができませんでした。

 昨年7月に車の修理代が滞ったので車を引き揚げた時、坂本さんを連れて出口が会社に怒鳴り込んできた時もそうでした。出口は『俺が保証人になるから車を寄越せ』と酔っ払った状態で、私の肩をどついてきました。私が警察を呼んでなんとか場は収まりましたが、その間も坂本さんは出口の横で、申し訳なさそうに無言で下を向き立っているだけでした」(同前)

 その後も何度も出口容疑者のもとを離れさせようと試みたが、必死の説得も虚しく4月29日、坂本さんは帰らぬ人となってしまう。親戚男性は悔しそうに振り返る。

「遺体を見ましたが、顔は2倍に腫れていました。化粧で隠していましたが、それでも紫のアザが顔中に点々としていて、頭も陥没していて見るに堪えませんでした。逆らうことができない気の弱い人間を何時間もかけて殴り続け死に至らしめるなんて、残虐極まりません」

 悲しい“服従関係”が招いた凶行。山口県警は、出口容疑者の認否を明らかにしていない。

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)