「2030年には187万人の人手不足」失踪したケアワーカー“山谷のマザー・テレサ”に見た介護業界の限界

「2030年には187万人の人手不足」失踪したケアワーカー“山谷のマザー・テレサ”に見た介護業界の限界

山谷のマザーテレサはなぜ姿を消したのか? 写真はイメージです ©Getty

 2025年、団塊の世代が後期高齢者となり、医療や福祉の需要は必然的に増していく。大手人材派遣・パーソルの試算によると、2030年には医療・福祉の分野で187万人の人手不足が発生するという。これは群馬県の人口に匹敵する規模だ。

 さらに拍車をかけるように、近年の新型コロナウイルス禍で派生する激務から職場を去る看護師や介護士は後を絶たない。東京都内の総合病院に勤務するキャリア15年の看護師は次のようにこぼす。

「コロナのために業務は増える一方です。通常の業務に加えて感染対策などについてもこれまで以上に過敏にならないといけない。休暇が取れても人が集まる場所などには出かけないよう心がけている。そんな窮屈な生活が2年以上も続いて、かなりストレスフルな毎日です。このままじゃ体が持ちませんよ」

 2020年7月には給与面での不満などから東京都内の病院で看護師400人が離職の意向を示すなどの混乱もあった。話し合いの結果、大量離職には至らなかったが、日々の激務からくる不満は爆発寸前まで高まっていたのだ。実際、医師や看護師が離職する医療機関は少なくない。

■今の山谷は「福祉の街」

 私はここ数年、東京のドヤ街・山谷地区を取材してきた。大阪・釜ヶ崎、神奈川・寿町と並ぶ三大寄せ場のひとつである山谷は、高度成長期には日雇い労働者の供給元として機能した街だ。

 その後、労働者は年を取り、医療や介護の世話なしでは生活できない人も増えた。そうした意味で、今の山谷は「福祉の街」となった。そして、福祉を必要とする人々を支えるのは高い志を持った看護師や介護士たちである。

 山谷にある訪問看護ステーション・コスモスの代表、山下眞実子さんは次のように語る。

「山谷でもけっこうコロナの感染者が出たのよね。PCR検査にしてもワクチン接種にしても自分で手続きできない人も多いので、私たち訪看(訪問看護師)が代わりにやることが多い。感染者と接触する場合は防護服だし、手間は増えたけど、今のところうちでは離職者は出ていませんね。一部の病院では看護師の離職が問題になってるみたいですけどね」

 山下さんは訪問看護と病院での介護との違いをこう解説する。

「訪問看護はね、利用者さんとの関係性が病院より密になっちゃうんですよ。看取ることも多いしね。その分、気持ちが通じ合うっていうかね。そういう喜びを感じやすい。でも病院は違うでしょ。患者さんの入院する期間を在院日数って言うけど、平均が9日なんですよ。病気やケガで入院し、流れ作業で治療して、9日後には出てもらう。この繰り返しだとやっぱり疲弊する人も多くなっちゃう」

 病院での介護に比べ、訪問看護師のほうがやりがいを見出しやすいと語る山下さんだが、「ただね、のめり込みすぎるとこれもまたストレスになっちゃうけどね」と笑う。その顔を見て、私はある女性のことを思い出した。

■消えた“山谷のマザー・テレサ”

 山谷には介護や看護を提供する複数のNPO法人が入り込み、互いに連携しながら、この地に暮らす生活困窮者のケアを担っている。そのひとつが民間ホスピス「きぼうのいえ」だ。路上生活で苦しんでいた人、家族との縁が切れて頼る者のいない人、その他様々な理由で生活が立ち行かなくなった高齢者や重病人を積極的に受け入れる施設である。

 同施設は2002年に、山本雅基さんと妻の美恵さんが二人三脚でゼロから立ち上げた。当時、様々なメディアに取り上げられ、山本さんのことを山谷のシンドラー、美恵さんを山谷のマザー・テレサと呼ぶ人もいた。

 前出の訪問看護師・山下眞実子さんの言葉を聞いて思い出したのは、「山谷のマザー・テレサ」、つまり美恵さんのことだった。

 看護学校出身の美恵さんは、「きぼうのいえ」の運営から入居者の看護まで奔走していた。ところが、「きぼうのいえ」がメディアに最も取り上げられていた2010年のある日、施設から姿を消してしまう。

「あの頃はほんとに、無我夢中でした」

 現在、とある地方都市の医療施設で看護師として働いている美恵さんは、10年以上前、山谷で働いていた頃のことを思い出しながら語った。

「目の前の人のために、自分ができる最大限をやってのける。それが嬉しくて仕方ないんですよ。山谷にはそんな看護師や介護士が集まっているんです。たぶん、私もそのひとりだったはずです」

 2002年、夫の山本雅基さんと手探りで始めた「きぼうのいえ」は、いつ破綻してもおかしくない経営状態にあった。そんなギリギリの台所事情をなんとか切り盛りしながら、美恵さんは私心を捨て去るようにして利用者に尽くし続けた。そんな彼女に、NHKの『プロフェッショナル 仕事の流儀』が密着し、「山谷の街で、命によりそう」と題して放映した(2010年12月13日)。

■週刊誌には「不倫駆け落ち」とも書かれたが…

 美恵さんが「きぼうのいえ」を出て行ってしまうのは、その『プロフェッショナル』オンエアの翌日のことだった。しかも、業務の中で知り合った男性と2人で姿を消してしまうのだった。

 美恵さんの失踪の詳細は拙著『 マイホーム山谷 』に記した。当時は「不倫駆け落ち」と書き立てる週刊誌もあった。事実だけを切り取ればそうかもしれない。ただ、それだけではないと私は考えている。日常的に生と死に向き合い、心を削って接していることで、大切な別の何かまで削られてしまうこともある。看護師や介護士が「感情労働」と呼ばれるゆえんだろう。美恵さんを筆頭に、山谷に集うケアワーカーたちを取材する中で感じたことだ。

 将来的な人手不足を補うために、人材育成は急務だ。ただ高い志を持ちながら、挫折する者も少なくない。ケアワーカーたちの心のケアもより一層、考えていくべきなのだろう。

(末並 俊司)

関連記事(外部サイト)