路面はボロボロ、一歩間違えれば川底へ転落…あまりにもスリリングすぎる“開かずの国道”471号を走破してみた

路面はボロボロ、一歩間違えれば川底へ転落…あまりにもスリリングすぎる“開かずの国道”471号を走破してみた

“開かずの国道”471号。対向車が来たら、川に落ちないよう延々とバックしなければならない

 国道といえば、日本で最上級の道路であり、交通量が多く整備が行き届いた立派な道をイメージする人が多いだろう。しかし、そんなイメージとは裏腹に、道幅が狭く舗装は剥がれ、路面には無数の落石が転がっているという国道も存在している。私はそんな酷い国道に魅力を感じて全国を巡り、親しみを込めて“酷道”と呼んでいる。

 国道に限らず、道路というのは人や車が通るために造られる。それなのに、毎年1年のうちたった数か月しか通行できない“開かずの国道”が存在する。

■積雪、路面凍結、土砂崩れ……

 岐阜と富山の県境を越える国道471号は、例年11月から翌年6月までの7か月程度、冬季閉鎖される。山間部を通過することが多い酷道では、冬季は積雪や路面凍結のため閉鎖されることも多いが、それにしても7か月というのは特に長い。

 また、この区間の積雪は数メートルに及ぶため、その影響によって道路設備が損傷し、冬季閉鎖が解除されても復旧工事に伴う通行止めが続くことがほとんどだ。雪の重みでガードレールや道路標識が壊れたり、雪崩や土砂崩れによって大量の土砂が路面を覆ってしまうためだ。

 そうした復旧工事が終わって、ようやく通行できるようになるのは、例年7月から9月頃になることが多い。そして、11月には再び冬季閉鎖が始まる。そのため、1年のうちこの道を通行できる期間は、わずか数か月しかないのだ。道路の存在意義を改めて考えさせられるが、これが国道だというのだからなおさら驚きだ。

■“規制解除”された週末に行ってみた

 この酷道を走るには、情報収集から始まる。

「9月だし、もう大丈夫だろう」

 そんな安易な気持ちで現地を訪れるとゲートが固く閉ざされており、富山まで行く旅行計画の断念を余儀なくされた――そんな悲劇を、私は過去に何度も経験している。

 また、9月にようやく開通したとしても、油断は禁物だ。台風や大雨によって再び通行止めとなる可能性も大いにあるからだ。

 よって、この区間を走りたければ、規制が解除された直後に訪問するのが確実だろう。私も数年前、規制が解除されたという一報を受けたその週末、開かずの国道の走破に挑んだ。

■ハンドル操作を誤れば、川底へ転落

 飛騨の大動脈である国道41号を北上して高山市と飛騨市を通過し、国道471号へと入ってゆく。集落を1つ過ぎて右折すると、すぐに酷道区間へと突入する。センターラインは消えて道幅が一気に狭くなるのだ。

 それも、ただ狭いだけではない。左右にデコボコとしていて道幅がいびつなうえ、路面もフラットではなくアスファルトが波打っている。

 狭くて不安定な路面に緊張感が高まるが、それだけではない。川沿いなのに、ガードレールがないのだ。対向車が来ようものなら延々とバックするしかないが、少しでもハンドル操作を誤れば、川底へ転落してしまう危険もある。

 酷道区間に入って1キロも走らないうちに、強烈な洗礼を受ける。

■舗装路なのに雑草が……

 そして、路面はさらに荒れてくる。アスファルトが風化し、その上に雑草が生えているのだ。舗装路なのに、雑草によってワダチが形成されている。アスファルトに草が生えている光景は、さすがに草が生える。

 路面の雑草のほか、道の左右からも木々が侵食し、道幅をさらに狭めている。自然と人工物が融合した荘厳な眺めではあるが、運転する身としては、それどころではない。

 国道は基本的に川に沿って伸びているためそれほど急勾配ではないが、県道34号との分岐の手前に、多くの等高線を跨ぐ楢峠がある。標高1220メートルの楢峠の区間はヘアピンカーブが連続し、グングンと標高を稼いでゆく。

 ちなみに、このような山奥で分岐する県道34号の方だが、2006年以来ずっと通行止めの状態が続いている。

■運転の緊張感はまだまだ続く

 酷道では県境に峠があることが多いが、この471号は岐阜県内に楢峠が存在し、その後は比較的緩やかに下りながら、富山県へと入ってゆく。

 以前、2013年に訪問した時にはこの付近で発生したばかりと思われる土砂崩れに遭遇し、肝を冷やした。酷道の運転は、常に気を抜けない。

 勾配がきつくても緩くても、線形がストレートでもヘアピンカーブでも、一貫してずっと道幅が狭く、路面が荒れている。乗用車1台が通過するギリギリの道幅しかなく、アスファルトからは草が生え、無数の落石が転がっている。峠区間もその他の区間も終始、運転の緊張感に大きな差はない。

 国道を進み富山との県境付近に差しかかると、もう夏だというのに雪が残っている。

■県境を越えると道路の表情が変わる

 県境を越えて岐阜県から富山県に入ると、路面の状態が少し良くなったように感じた。実は、国道というものの、国が直轄で管理している国道というのはごくわずかしかない。大多数の国道は、都道府県が管理を行っている。この471号も岐阜県と富山県がそれぞれ管理を行っているため、県境を越えると道路の表情が変わるのだ。

 県を跨いだところで路面や道路設備の整備状況を観察し、県による力の入れ具合に差があることを感じることも少なくない。富山県に入っても道幅は依然として狭いままだが、アスファルトから草が生えることはなくなった。

 しかし、路面の状態が良くなったからといって、油断はできない。規制が解除された直後とあって、随所に災害の爪痕が残っていた。落石によってボコボコにされたガードレール、土砂を撤去したばかりの路面、積雪の重みで落ちてしまった国道標識などから、自然の脅威を肌身に感じる。

 県境を過ぎてしばらく走っていると、並行する川との高低差がどんどん大きくなってゆく。川底ははるか下だが、ガードレールはない。生死の境というのは、意外と身近なところにある。まだ死にたくないので、一瞬の操作ミスも起こさないよう慎重に車を進める。

 スリリングな道を運転すること2時間。まだ人家は見えないが、電柱や田畑が現れた。人はいなくても、人の気配を感じるだけでとても安心する。信号機やコンビニがこんなに恋しく感じる瞬間は、他にないだろう。

 酷道区間を抜けて最初に民家が見えた時の安堵感といったら、例えようがない。全身の力と緊張感が一気に抜けて、車から外に出るのも億劫に感じるほどだ。このあとは、もちろんコンビニに吸い込まれた。

■なぜ“酷道”が生まれるのか?

 酷道の走破には、少なからず危険が伴う。ガードレールがない断崖路で対向車が来た際、数百メートルバックする自信がない人は、行かないほうが無難だろう。また、この道を必要としている人の存在や、自然災害と闘いながら整備してくれる人への感謝の気持ちも忘れずに通行したいものだ。

 国道なのにこんなに酷く、しかも1年のうち数か月しか通れないなんて道路として役に立っていないんじゃないかと思われる方もいるだろう。また、比較的近い距離に国道41号と東海北陸自動車道が並走しているため、ますます存在価値が疑われそうだが、道路はただ“通過”するためだけに存在しているものではない。山林の手入れや、所有する土地に出入りするために、そうした道路を必要としている人たちもいるのだ。

 この国道471号、以前は県道だったが、1993年に国道へ昇格している。県道等が国道に昇格する経緯は様々だが、国道に昇格させることで綺麗に整備されるのではないかという、地元の期待を背負っていることも多い。

 自然災害が毎年のように発生する地域であればなおさら、国道になれば国が何とかしてくれると期待し、国道昇格促進期成同盟会が結成されたりもする。

 471号の場合は飛騨と越中を結ぶ古くからの街道だったことも考慮されたと思うが、将来へ向けた期待もあっただろう。

 酷道は、そうした期待に応えられていない国道ともいえる。酷道のまま我々を楽しませてくれるのか、酷道の名を返上して高規格道路に生まれ変わる日が来るのか、今後も見守り続けていきたいと思う。

撮影=鹿取茂雄

(鹿取 茂雄)

関連記事(外部サイト)