東京の海辺で目とノドをえぐられた若い女性の惨殺死体…浮上した“前科4犯の男”と“疑惑の自供”

東京の海辺で目とノドをえぐられた若い女性の惨殺死体…浮上した“前科4犯の男”と“疑惑の自供”

お春殺しの第一報(報知)

 いまも昔も事件は数限りなくある。しかし、殺人事件の真犯人と名乗り出て無罪判決を受け「自分がやったことは間違いない」と抗議して控訴。有罪の死刑判決にうれし涙を流した被告はほかに例がないだろう。

 逆に、当初有力容疑者とされた男はいったんは犯行を自供。刑事たちの拷問のためと暴露して社会問題に。

 現場は江戸時代の処刑場で歌舞伎の舞台にもなった鈴ヶ森。被害者は砂風呂の経営者の「娘」だが、大正時代の最新の盛り場だった砂風呂とはどんなものだったのか。事件の捜査には当時日本に導入されたばかりの警察犬も動員された。捜査と報道は旧態依然だったが、事件を取り巻く風景には奇妙な新奇が表れていた。

 当時の新聞記事を適宜現代文に直し、文章を整理。今回も差別語、不快用語が登場するほか、敬称は省略する。

■若い女が目とノドをえぐられて惨殺されているのが発見され…

〈 昨日(30日)午前6時ごろ、(東京)府下荏原郡大井町字南浜側(鈴ヶ森で、往年首なし死体が漂着した付近)鬼子母神堂前に若い女が目とノドをえぐられて惨殺されているのを、同郡大井町鮫洲、鈴木市郎(58)が発見し、同所駐在所に訴え出た。品川署からは急報に接して三原署長が刑事、医師を従え、警視庁からは川崎警務課長、星加捜索係長が部下を従えて出張。取り調べの結果、被害者は大井町1927、料理店兼砂風呂「濱の家」こと田中伊助(59)の長女はる(26)と判明した。はるは美人で客あしらいが絶妙。これまでその手に乗って搾られた男も少なくない。生来浮気者で4、5名の情夫があった。凶行当夜は2、3日前からの滞在客である福島市の米穀商(40)が土地の芸妓・鯉家しづ江(26)を上げて騒いだ後、帰郷するのを、はるとしづ江は大森停車場まで送り、帰宅して(午後)10時ごろ、就寝したという。〉

 1915年5月1日付東京日日(東日=現毎日)は「鈴ヶ森女殺し 砂風呂の美人娘 眼球と咽喉を抉(えぐ)る」の見出しでこう報じた。往年の首なし死体漂着というのは6年前の1909年5月11日朝、カバンに入った首のない女性の死体が発見された事件のこと。

 鈴ヶ森は江戸時代初期の1651年に処刑場が置かれ、「由井正雪の乱」に関係した丸橋忠弥や八百屋お七、白(平)井権八ら多くの罪人が斬首されたといわれる。鬼子母神堂はその刑場跡地に建てられていた。

■第一報から浮上した容疑者

 事件は新聞各紙に一斉に報道され、第一報から容疑者が浮上していた。複数とした新聞もあるが、一番の容疑者は東日が「有力なる嫌疑者 入墨迄させた情夫」の中見出しで報じた男だった。

〈 昨日午前11時半ごろ、警視庁の一刑事は凶行現場をさる1丁(約109メートル)余の同町2478、土工・小森惣助(37)を有力な嫌疑者(容疑者)として品川署へ引致。同時に家宅捜索を行った。同人はいまから4年前、同所に来て元赤坂芸者ののぶを女房にし、「のんき屋」という汁粉屋を開かせた。同居していたのぶの妹いしに好意を抱いたが応じないのに業を煮やし、砂風呂濱の家に入り浸った。被害者はると情を通じ、二の腕に入れ墨までさせるほどのぼせていたのをのぶが知り、いしに惣助の機嫌をとるよう言い聞かせ、いしが優しくなったことからいったんははると切れた。その前にはるに入れ揚げた金を取り戻そうとピストルを振り回して脅迫。はるは郵便貯金50円(現在の約18万円)を惣助に渡したことがあるというが、最近はまたはるのもとに通っていた。〉

 当時の新聞はデータに誤りが多いが、気にしなかったようだ。警察の正史である「警視庁史 大正編」に基づけば、被害者は「お春」、発見者は「小林市郎」、そして容疑者とみられた男は「小守壮輔」。この名前はだいぶ後まで「小森」「惣助」など、新聞によってバラバラ。お春が小守に払った金額も「150円(現在の約53万円)」「40円(同約14万円)」と新聞によってまちまち。

■「評判の淫奔娘」と“前科4犯”の男

 それはお春個人についてもいえる。東日に加えて報知は「鈴ヶ森美人殺し」、国民は「鈴ヶ森で美人の惨殺」の見出しをとったが、各紙に載っている日本髪に和服姿の写真に時事新報は「十人並み以下のご面相」と、いまなら名誉棄損の表現。

 共通しているのは「評判の淫奔娘」(東朝)という点だったようだ。時事新報も「亂(乱)倫極まる一家」の中見出し。読売はその点を次のように書いた。

「お春は美人というわけではないが、ちょっと渋皮の剥けたうえ生来淫奔な女で情夫4人を持っていた。4年前、海水浴場を開いた際は、品川署の松沢某と通じてついに夫婦となったが、間もなく別れた」

 一方の小守も問題の多い人物だった。東日は職業を「土工」としたが、正確ではなかったようだ。「両国・高田建築事務所番頭」とした東朝は「神奈川県戸塚の生まれで前科4犯」と書いている。

■「色魔」で、言うことを聞かなければピストルで脅し…小守という男の悪名

 興味深いのは都新聞(現東京新聞)で、お春と小守の関係について本文中に「さる2月18日の本紙にもある通り……」と書いている。正確には同年2月17〜18日付に「黥(いれずみ)とピストル」という、品の悪い街のゴシップ記事が2回続きで載っている。

 登場人物は実名。大森海岸の掛け茶屋にのぶといし子という美人姉妹がいる。姉は赤坂で芸者をしていたとき、建築請負業をしていた壮輔と知り合い、彼の言葉を真に受けて妻になろうとしたところ、実は壮輔には妻と子ども2人がいた。

 壮輔は「色魔」で、言うことを聞かなければピストルで脅し、相手が逃げ腰になると手切れ金を要求する。いし子にまで手を出したほか、近くの砂風呂「濱の家」のお春が金に困っているのにつけ込んで金を融通したことからお春と関係ができ、お春が別れると言うと手切れ金をせしめた。

 姉妹らは「因果か、色魔にのろわれて、みすみすその毒蛇のような手から逃れもできず、泣き明かしている」。いまなら名誉棄損間違いなしだが、それだけ地元では小守の悪名は知れ渡っていたということだろうか。

■刃物でえぐられたお春…疑われた“恋愛関係のもつれ”

 各紙の記事で表現がバラバラなのはお春が切られた体の部位についても同様。東日は「死體(体)解剖に附す」の中見出しで次のように書いた。

〈 凶行は12時(午前0時)前後に行われたものと思われ、最初手ぬぐいなどで咽喉部を締めて殺し、そのうえ、とどめのつもりで念入りにも咽喉部を突き刺した。さらに眼球、腰部まで凶器で切りさいなみ、死骸には炭俵をかぶせ、3尺(約91センチ)の古雨戸を横たえて置いてあった。傷のわりに出血が少ないことから、先に絞殺したものと推定され、確かめるために解剖することが決まった。〉

 他紙はというと――。

「咽喉部、眼球及び下腹部をえぐられて」(東京朝日=東朝)、「絞殺され、さらに咽喉、眼球及び臀部(でんぶ=尻)を刃物をもってえぐられて」(報知)、「鋭利なる凶器で咽喉部を刺し貫いて動脈を切断し、なお右眼及び局部をえぐり」(国民新聞)、「右眼、咽喉及び左内股をえぐられ」(萬朝報)、「咽喉部を強く締めたらしい斑点が残って、のどぼとけの下を鋭利なナイフで刺し通され、陰部の左を3寸(約9センチ)切り下げている」(都新聞)。

 最も詳しかったのは読売。「鋭利な刃物で右眼を切り抜き、咽喉部を刺し、さらに局部に刺し入れて左右に3、4寸(約9〜13センチ)切り開いてあり……」。こうした手口から、恋愛関係のもつれとみられ、小守が疑われたわけだ。読売の初報は「犯人は九分通(どおり)小森」の脇見出しを付けた。

■大正の新風俗だった砂風呂

 記事で気になるのは「砂風呂」だろう。首から下に砂をかぶせ、地熱の蒸気で体の老廃物をとる蒸し風呂の一種で、鹿児島県・指宿温泉や大分・別府温泉などが有名。それが大正時代の東京の郊外にもあったとは。

「砂風呂はひところ京濱電車沿線海岸、鈴ヶ森、濱川、立會川一帯にかけて一つの名物となり、『スナブロ旅館〇〇』といった看板表示はしきりに遊客を誘って、この付近発展の基を成したのであるが……」。1939年刊行の「大森区史」はこう書いている。

 元々は満州(現中国東北部)、朝鮮のオンドルを応用したものだが、同書によれば、砂風呂の構造は、冬には床を火で暖め、夏は風を通して冷やす。

「四季人体の保健に適し、簡易の自然療養場として相当効果があるといわれていた」

「床を暖める方法としても、最初は火をたいて床に煙を通したが、後にはたどんをいけて床の砂を暖めるなどの方法を用いた」

 首なし死体漂着事件が起きた約2カ月後の1909年7月17日付読売には「藪(薮)入りが水入り」という記事が載っている。薮入りとは商店などの奉公人が毎年1月と7月の16日に奉公先から休みをもらって家に帰ったり遊びに行ったりする行事。

「きのうは何しろ91度(華氏)=摂氏約33度=という炎天に芝居、寄席、活動写真でもあるまいと、一度は尻込みした薮入り小僧連も、考え直して京浜電車で大森方面へ押し出した者は無慮(むりょ=ざっと)1万8000人と記された」

 記事は、大森海岸付近の料理店などはどこも大入り満員だと記述。次のように続けた。

「海岸以北に至れば二見館、濱の家、砂風呂館など、5銭(現在の約180円)均一の(所に)小僧大勢入り込み、ことに首なし女事件で有名な砂風呂は、好奇心に駆られやすい小僧連の足を引き、主人がホクホク顔なのもめでたい。なお砂風呂は砂風呂と温浴と海水浴を兼ね1室貸し切り1円(同約3600円)というので、5〜6人組の連中が大層陽気に騒いでいた」

 少し金にゆとりのある奉公人らの夏の近場の行楽地だったことが分かる。しかし、そこには裏の顔と時代的な背景があった。

■なぜ行楽地が鈴ヶ森にできたのか

 明治維新以降、日本の工業化が進む中で人口が増加。東京の各地に住宅が建設された。それに伴って大正初期あたりから、郊外に日帰りの行楽地ができるようになる。

 加太こうじ「[明治][大正]犯罪史」によれば、まず飛鳥山の桜見物などができる王子が「うまい物を食べて入浴して、時には売春婦を買って、ひと寝入りして、夕刻か夜には市内へ帰れる所として繁盛した」。

 次いで、東京駅を挟んで南西の鈴ヶ森あたりが適当ということになって「大森に何軒かの料理旅館ができた」。「こちらは海岸だから、別府にまねた砂風呂にしようと計画も決まって、大森の砂風呂とカニ料理は大正初期から市民に知られるようになった」「芸者のほかに、大概の料理旅館には、客の誘いに応じて売春をする女がいた。表向きは女中=仲居ということになっていたり、臨時にお酌を頼まれて来る“やとな”の形式になっていた」。

「[明治][大正]犯罪史」はお春についても、「前借をして田中伊助の養女になったから、戸籍上の長女だと推察できる」としている。おそらくその通りだろう。容疑者に挙げられた小守以外の複数の「情夫」とは、彼女のなじみ客だったとみられる。萬朝報の初報は「父子暮しの賣(売)春婦」という脇見出しを付けている。

「砂風呂」はいわば大正時代の東京の新風俗だった。しかし、雑誌「世の中」1917年6月号に載った白蓮華「秘密を包む大森の砂風呂」というルポによれば、この事件の後、取り締まりが厳重になり「目下のところ、砂風呂は20軒くらいで、新しく建てることは固く禁じられて」という状態に。

 1922年、料理屋と旅館の兼業が禁止されたため、「時勢の進運とともに、いつしか名物砂風呂の姿も全く影をひそめるに至った」(「大森区史」)。

■捜査には草創期の警察犬も導入。しかし…

 報道が最も早かったと思われる報知の4月30日発行5月1日付夕刊の記事にはこんな一節がある。「探偵犬は(午前)11時10分、萩原警部補が中野の教養所から最も優秀なスコッチ・コリーと称する教養犬を引率して来て、現場付近を引き回してもっぱら活躍中だが……」。

「警視庁史 大正編」によれば、警視庁が警察犬を採用し、訓練係員を任命したのは1912年12月。スコッチコリー種の「バフレー」とレトリーバーの雑種「リリー」を購入し、府下中野町に訓練場を設けて訓練を開始した。

「犬の訓練は初めてのため、種々苦心はあったが」、1913年7月には犯罪捜査の実地訓練を実施した。この事件の現場に登場したのはバフレーということになるが、警察犬活動の草創期。

 犬も係員も経験が乏しく、「屋外の犯罪であるうえ、朝から多数の人が往復したため、足跡も確認できず、遺留品もないため、ただ被害者の血液をかいで、死体の所在から約7〜8間(約13〜15メートル)隔てた(所から)凶行現場まで帰ってくるくらいにすぎず、根本嗅覚と称すべきものがないため、目下は大きな効力はないようだ」(報知)というのも無理はなかったかもしれない。

 時事新報に「探偵犬は不成功」とされ、東朝には「警察犬無能」とまで書かれたのは少々気の毒。5月1日発行2日付報知夕刊は「犬の効力 一層の訓練を要す」の見出しで「警察犬の無能をうんぬんするは早計」と弁護した。

■錯綜する情報、決め手はなく…

 その後、事件報道はいったん下火になる。「犯人未だ判明せず」「嫌疑者は皆薄弱」という報道の一方、お春の妹分だった芸者のなじみ客の絵師(のちに同業の砂風呂兼旅館経営者と判明)を容疑者に浮上させるなど、いいかげんな記事も見られ、情報は錯綜したが、決め手はなかった。

 時事新報は5月12日付で「重大犯人は何故逮捕されぬ 危い哉(かな)二百萬(万)の生命 全市の安寧を如何(どう)する」の見出しで、小守壮輔(同紙の記事では「小森宗助」)はいまも品川署に留置されているが「この事件もついに迷宮に入りたるごとし」(原文のまま)と書いた。

 品川署から警視庁に身柄を移された小守が犯行を自供したのは「警視庁史 大正編」によれば5月30日。翌31日付で東朝、時事新報などが伝えた。こうして事件は、小守が復縁を迫ったのをお春に拒絶されたため、外に連れ出して殺したとされ、一応一件落着のように見えた。

■「自供したのは警視庁の刑事に拷問されたためだ」

 だが、5月31日発行6月1日付報知夕刊は、「同人は真犯人とは認めているものの、なにぶん証拠が一つも現れていないため、まだ動かし難い犯人ということは難しいのが遺憾だ」という品川署長の慎重な談話を掲載した。

 それから半月余り後の6月18日、神奈川県師範学校書記で歌人の大槻禎郎(31)と小学校教師の妻(22)が横浜市内の自宅で殺される事件が起きた。夫は首を絞められ、妻は刃物で胸を刺されていた。手口から「恋の遺恨か」などと報じられたが、この事件がのちにお春殺しと深い関連を持ってくる。

 同年9月28日、小守壮輔を被告とする公判が開かれ、小守は「当夜はお春に会ってもいないし、殺した覚えはない」と犯行を全面否認。9月29日付東朝は「犯状を自白したのは警視庁の藤倉刑事に拷問されたためだ」と主張したと書いた。

 同じ日付の読売も「池田裁判長は、本件もまた例の警視庁が拷問で製造した身代わり犯人ではなかろうかとの疑いを起こし、大層綿密な審理をして……」とした。この時期、刑事による拷問など、事件の容疑対象者への人権蹂躙とされる問題が多発していた。

 同年11月18日の公判ではさらに衝撃的な事実が明らかになった。11月19日付東朝の記事を見よう。

「参考人として巣鴨監獄から引き出された窃盗囚・山口俊雄は、さる5月から6月に至る間、警視庁に勾留中、濱谷刑事の依頼を受け、被告小守に自白させるため同じ房に入り、『警視庁で自白しても裁判所で否認する道がある』と説き勧め、自白させるとともに、ほぼ小守の犯罪経過について知ることができたと述べた」

 18日発行19日付報知夕刊も「警視庁の抱き込み山口は柿色の獄衣に金縁眼鏡を光らせ、池田裁判長の尋問に答えていわく、『私は別の房にいたのですが、濱谷刑事が、小守は犯人と認めているが証拠があがらないから、何とかして自白させてくれと頼まれ、同房に入ることになったのです』……」と書いた。

 小守の弁護団の1人・福島一郎弁護士は翌1916年の「中央公論」3月号に載せた「小守壮輔事件の真相と人権蹂躙問題」で「ある者に趣旨を含ませ、偶然同房に監禁されたように装わせて、目指す嫌疑者と起居を共にさせる。そうして甘言と詐術で犯罪の秘密を探り、あるいはこれを陥れようとする。これに使用される者がすなわち『玉』である」と述べている。要するに、警察は自供させるのにスパイまで使ったわけだ。

■「銀のキセルで40〜50回も所構わずぶちました…」

 弁護団の中心は、「大正事件史」の「島倉事件」にも登場した“人権派弁護士”布施辰治だった。

 白露生編「裁判物語 死刑より無罪へ」に収録された布施の「鈴ヶ森お春殺しの疑獄」によれば、布施弁護士が小守に初めて接見したのはこの年の8月13日。小守は涙ながらにこう語った。

「警視庁では、藤倉刑事が主任になって濱谷、大内、竹田の4人の刑事が代わる代わる、昼夜の差別なく自白しろ自白しろと言って責めるではありませんか」

「今度は、昼間少しも調べないで、夜になると刑事部屋へ引き出されて、4人の刑事が交代でぶつやら蹴るやら責め、折檻……」「『まだ強情を張るか』『図太いやつめ』などと(責め)、その月(5月)の15日などは、両手を首の後ろに回し、手錠をはめて夜通し立たせたままでおき、いつまでも白状するまではそうやっていろと言っては責めるのです」

「銀のキセルで40〜50(回)も所構わずぶちましたので、右の手の甲などは腫れ上がってしまったくらいです」

 刑事たちは小守の妻も勾留したと脅しの材料に使った。そして――。

「勾留期間が過ぎますと、また勾留を言い渡されまして、刑事たちの虐待、拷問は一層激しくなりました。こらえにこらえた私もまた生きた動物です。こう夜分寝させずに責められては、気も根も尽きてしまい、もうどうなっても構わないと、忘れもしない5月の30日、現在犯さぬ罪を犯したと、虚偽の自白を致しました次第です。残念です。先生……。助けてください」

 小守の訴えに布施弁護士は弁護を引き受けた。こうした点について「警視庁史 大正編」は「しかし、状況があまりにもそろっているため取り上げられず審理が進められ、彼の有罪を何人も疑う者はなかった」とだけ記している。

 新聞報道で「冤罪事件」と全国的な話題になり、小守を無実とする「恋惨劇砂風呂娘」という舞台劇まで登場したという。

“砂風呂の淫奔美人”殺害事件で自首した殺人、強盗、女性暴行計40件余りの男…浮かび上がる「拷問の責任」 へ続く

(小池 新)

関連記事(外部サイト)