「高山が出てくるというだけで、何人も殺害されている」対立抗争の“潮目を変える”6代目山口組若頭の恐るべき影響力

「高山が出てくるというだけで、何人も殺害されている」対立抗争の“潮目を変える”6代目山口組若頭の恐るべき影響力

刑務所を出所した高山清司若頭(中央) ©時事通信社

 2015年8月、国内最大の暴力団組織「6代目山口組」が分裂した。離反側は「神戸山口組」を結成し、2022年の今も両者の対立抗争状態は続いている。

 ここでは、ノンフィクションライターの尾島正洋さんが山口組分裂の裏側に迫った『 山口組分裂の真相 』より一部を抜粋。警察庁幹部も注目する6代目山口組若頭・高山清司の影響力を紐解いていく。(全2回の1回目/ 後編に続く )

◆◆◆

■「すべては高山だ」

 6代目山口組が2015年8月に分裂して以降、130件以上の対立抗争事件が発生してきたが、「潮目を変えるほどの事件」(警察庁幹部)は、高山が出所した2019年に集中している。

 4月には神戸山口組山健組若頭が弘道会系組員2人に刺されて重傷、出所直前の10月には神戸市で神戸山口組山健組系組員2人が弘道会系幹部に射殺されている。そして出所翌月の11月には、尼崎市で神戸山口組古川組幹部が自動小銃で射殺された。

 長年にわたり組織犯罪対策を担当してきた警察庁幹部は一連の事件について、「偶発的、場当たり的に起きているということはないはず。すべて関連性が窺える」と強調する。そして、 2019年の抗争だけでなく、岡山市の神戸山口組池田組若頭が、2016年5月と2020年5月に、2代続けて銃撃された事件も念頭に入れるべきだと語る。

「まずは(2016年5月に神戸山口組傘下の)池田組の若頭が射殺された事件が大きかった。池田組は岡山県などでの事業活動が活発で資金力が豊富な組織だ。神戸山口組を資金面から支えていることは誰でも推測できる。殺された若頭は6代目山口組側への切り崩し工作なども盛んに行っていたため、排除したかったのだろう。ここにまず攻撃を仕掛けた。

 そして、(2019年4月の)山健組の若頭が刺された事件は、神戸山口組の本丸、中枢を攻撃したということ。これで相手に大きな打撃を与えた。そして(2019年10月に)山健組の組員2人が一度に射殺された。これは被害が大きいだけでなく、山健内部での動揺が広がったことだろう。6代目(山口組)側からすると効果は大きかったはず。

 さらに、(2019年11月の)尼崎の自動小銃の乱射事件は、アメリカのマフィアの抗争を描いたギャング映画のようなショッキングな事件だった。これは心理的にも衝撃を与えただろう。

 そして、再度、(2020年5月に)池田組の若頭を銃撃して、手を緩めなかった」

 この警察庁幹部は、推測だとしながらも、半ば断定的に語った。

「高山が描いた戦略に基づいて行われていることが推測できる。すべては高山だ」

 警察庁の組織犯罪対策部は、全国から集められた情報を収集し分析している。その結果、警察庁で組織犯罪対策を担当している多くの幹部は、「高山が絵を描いている(計画立案している)、あるいは高山の意をくんで、(傘下組織が)動いている」とみている。

 高山が出所したことで、戦国武将が戦陣で一番槍を競うように、6代目山口組の傘下組織が対立抗争事件へと駆り立てられるように動き出したことが見て取れる。6代目山口組の分裂騒動の帰趨(きすう)は、高山の動向によって決められていると言ってもいい。

 高山は分裂1年前の2014年6月から服役していたが、前出の警察庁幹部はその絶大な影響力について強調する。

「山健組、池田組という、神戸(山口組)側の傘下組織のうちでも中核組織を狙って、ピンポイントで攻撃を繰り返している。それで神戸(山口組)側の内部の瓦解、離反を狙ったはずだ。もちろん、高山が刑務所から指示を出していたとか、出所後に自ら直接命令したということは ないだろうが……。

 しかし、出所後に事件を起こした傘下組織には、事前に高山が激励のために訪れているという情報がある。高山がどういったことを考えているかということを理解して、傘下組織が実行したのだろう。手柄を立てれば傘下組織は自らの力の誇示になる。ただ、刑事事件として(高山と)実行犯らとの共謀関係の立証は困難というか、実際には無理なことなのだが……」

■知力と武力

「知力と武力を兼ね備えた男だ」

 警察庁幹部に高山の人物像を訊ねると、こう答えた。

「知力」というのは信賞必罰を旨とした組織運営に長けていることがまず挙げられる。そして、組織の維持・拡大のために必要なシノギ(資金獲得活動)にも秀でているということだ。

■「1000億円稼いだ」高山のシノギとは

 名古屋を中心とした中部地域での高山のシノギのうち、特に中部国際空港建設の利権が大きかったことは以前から指摘されてきた。6代目山口組の事情に詳しい指定暴力団幹部が解説する。

「シノギは何と言っても中部国際空港が最も大きい。全部合わせれば1000億円稼いだとも言われている。砂利をはじめ生コン、基礎杭など諸々の建設資材などの調達に、ダンプカーなどでの運搬でも、手数料や紹介料などの名目で(弘道会に)カネが落ちるような仕組みを作って利権を拡張していったようだ。

 例えば建設工事、土木工事などは現場周辺の騒音や粉塵などがつきもの。事業主は地元対策として迷惑料などの名目で予算を組んでいる。この予算の何割かが弘道会に吸い込まれる。すると、ヤクザをバックにした土建会社などが『仕事を回せ』と言って来ても、山口組の名前で排除できる。

 ヤクザをバックにした恫喝(どうかつ)的な会社だけではない。『環境破壊につながる工事は即刻中止せよ』などと、環境保護を訴える団体が押し寄せてくることもある。実は環境保護団体を名乗っていても、実態はゆすりや、たかりを目的とする『会社ゴロ』『企業ゴロ』といった類いの連中だから、それも引き下がらせる。

 力のある組織にはカネが集まり、カネが集まれば若い衆も集まる。そうやって組織が大きくなれば、新たなシノギの話も舞い込んでくる。そうなると、表の事業家たちも集まってくる。うまい具合に転がっていくということだ。

 水は高い所から低い所に流れるが、カネはそうじゃないんだ。強い所に吸い込まれるんだよ」

 現在は暴力団排除というコンプライアンスが徹底されつつある。暴力団などの反社会的勢力は表の経済から排除されるようになり、暴力団業界の苦境が伝えられている。だが、実際に企業と暴力団との関係が完全に遮断されているかどうか、不透明な部分もあるのが実態だろう。

 警察庁幹部も当時の中部国際空港の利権について補足する。

「中部国際空港の建設をめぐって、砂利については合法、違法を含め(弘道会にとって)大きな利権だった。採取地は中部地区の広範囲にわたっていた。違法に採取した砂利は、ある会社を通すとクリーンな砂利になって、正規に納入されていたようだ。違法な砂利のロンダリング(洗浄)だ。そのほかセメントだ、何だとあらゆる利権に手を出して、徹底してシノギの範囲を広げていた」

 警察当局は高山のシノギをめぐって一時期はかなり捜査を進めていた。だが、6代目山口組弘道会の上層部にまで捜査が及ぶことはなかった。

■走り出す山口組傘下組織

 前出の警察庁幹部が指摘していた高山の「武力」は、刑務所からの出所という出来事をきっかけとして、各地の山口組傘下組織によって神戸山口組系幹部を襲撃する事件が続発していることに表れている。それも警察庁幹部が指摘していたように、ただ闇雲に相手に対して暴力を行使するのではなく、戦略に基づき要所を突く形となっていることが窺える。

 警察庁幹部は、次のように指摘していた。

「高山が(刑務所から)出てくるというだけで、事件が起きて何人も殺害されている。動機はどうあれ高山が出所することで、(山口組傘下の)各組織が自らの力を誇示するように神戸山口組側の幹部に攻勢をかけている。とにかく動きが加速している」

 首都圏に拠点を構える指定暴力団の古参幹部は、こう強調する。

「ヤクザというのは、親分の表情を見て何を考えているか察して、先回りして動くもの。親分が『あいつを殺せ』などと言うわけがない。そのような指示を出していたら、後々に警察の捜査が進んでしまった場合に殺人容疑の共犯となってしまう。絶対にあるわけがない」

 各地で6代目山口組の傘下組織が高山の意向を踏まえ、指示がなくとも走り出しているのは、こうした暗黙の了解があるからなのか。

 警察庁幹部がさらに智謀を巡らせた動きについても指摘する。

「ただ粗暴な手段で対立組織を攻撃するだけでない。対立組織に分断工作を仕掛け弱体化させることもある。ナンバー2、3クラスの幹部に接近して、後ろ盾となってやる。それでトップに揺さぶりをかけるなど、やり方は様々だ。『戦わずして勝つ』という巧緻に長けた動きも窺える」

■「ただの枝のカシラではなかった」高山の存在感

 高山自身、弘道会の前身組織に所属していた若手のころは武力行使をいとわなかったという。

 高山は20歳のころの1967年に弘道会の前身である山口組弘田組の傘下組織に加入。その後、後に弘道会会長から6代目山口組組長の座を手にする司と出会う。司とともに群雄割拠の名古屋を中心にした中京地区の暴力団社会の平定に乗り出した武闘派であり、結果として対立抗争事件で長期の服役も経験している。

 1984年には司が結成した弘道会の若頭補佐に就任。1989年に弘道会若頭に昇格して暴力団業界で広く名が知られるようになる。

 弘道会が山口組内で影響力を増していくにあたり、資金不足にあえぐ他の2次団体の幹部らに気前よく融通するなど、山口組内での勢力拡大にも余念がなかった。高山は「武闘派ヤクザ」であるとともに、資金力がある「経済ヤクザ」としても知られ、暴力団社会で大きな存在となっていったのだ。

 当時を知る警察庁幹部は、高山について次のように指摘する。

「高山は直参となる前までは、弘道会の若頭だった。暴力団業界の用語で言ってみれば『枝(2次団体)のカシラ』程度ということになるが、『高山』という名前は暴力団業界だけでなく、警察の幹部を含めて誰もが知っていた。ただの枝のカシラではなかった」

「山健組にあらずんば、山口組にあらず」“武闘派”だったはずが…求心力を失う一因となった5代目山口組組長の“動揺” へ続く

(尾島 正洋/ノンフィクション出版)

関連記事(外部サイト)