「山健組にあらずんば、山口組にあらず」“武闘派”だったはずが…求心力を失う一因となった5代目山口組組長の“動揺”

「山健組にあらずんば、山口組にあらず」“武闘派”だったはずが…求心力を失う一因となった5代目山口組組長の“動揺”

山口組の分裂直後、家宅捜索が入る山健組本部事務所 ©時事通信社

「高山が出てくるというだけで、何人も殺害されている」対立抗争の“潮目を変える”6代目山口組若頭の恐るべき影響力 から続く

 2015年8月、国内最大の暴力団組織「6代目山口組」が分裂した。離反側は「神戸山口組」を結成し、2022年の今なお両者の対立抗争状態が続いている。

 ここでは、ノンフィクションライターの尾島正洋さんが山口組分裂の裏側に迫った『 山口組分裂の真相 』より一部を抜粋。5代目山口組組長・渡辺芳則が求心力を失い、山口組が迷走していく背景を紐解く。(全2回の2回目/ 前編を読む )

◆◆◆

■「山健組にあらずんば、山口組にあらず」

 山口組の5代目時代を象徴する言葉として、暴力団幹部だけでなく、警察当局の幹部たちの間でもいまだにこう語り継がれている。

「山健組にあらずんば、山口組にあらず」

 6代目山口組から分裂した神戸山口組の中核を担うのが、この山健組だ。その言葉通り、特に5代目時代の1990年代、山健組の支配力は圧倒的だった。

 山健組は3代目時代、10年以上にわたり山口組若頭を務めた山本健一によって創設された。その後、3代目の田岡が1981年7月に死去すると、山本が4代目の最有力候補だったが、翌年死去した。

 山本が若頭在任中の1978年11月、後に5代目山口組組長となる渡辺芳則の名を高からしめるきっかけとなる事件が起きた。

 京都市内のクラブで寛いでいた田岡が、大阪の博徒組織「松田組」の組員によって銃撃されたのだった。山本は即座に松田組に対して報復に出る。当然のように山口組傘下の各組織も一斉に攻撃に参画した。松田組とはかねてから対立抗争事件が繰り返されており、この抗争は「第3次大阪戦争」と呼ばれた。

 これに渡辺芳則も自ら創設した組織「健竜会」を率いて参戦していたのだ。健竜会は「団結、報復、沈黙」をスローガンに掲げ、第3次大阪戦争では「武闘派」として大きな存在感を示した。山口組は圧倒的な力を見せつけて第3次大阪戦争を終結させた。

 渡辺はすでに山健組ナンバー2の若頭に就任していたこともあり、確固たる地位を築いていた。山本から目をかけられていた渡辺は、山健組の2代目組長の座を継いだ。

 田岡の死去後、4代目山口組組長の後継をめぐり、一部グループが離脱し一和会を結成。山一抗争へと突入した。4代目組長の竹中正久が1985年1月に殺されたが、山口組側の攻勢の末に一和会は解散した。一和会の山本広と会談し、山本の引退と一和会の解散を誓約させたのは、当時山口組若頭の渡辺だ。

 そして1989年4月、渡辺は5代目山口組組長に就任した。すでに時代は昭和から平成に変わっていた。実力者として名を馳せていた山口組若頭補佐で宅見組組長の宅見勝や、山口組本部長で岸本組組長の岸本才三らに支えられる形での就任だった。

■「5代目裁定」が生んだ怨念

 当初、5代目山口組の執行部は5人体制だった。ナンバー2の若頭に宅見勝、ナンバー3の本部長は岸本才三、そして若頭補佐には芳菱会会長の滝沢孝、弘道会会長の司忍が就任した。

 2年後の1991年7月になると、若頭補佐に渡辺の跡を継いで3代目山健組組長の座に就いていた桑田兼吉と、中野会会長の中野太郎が昇格し、執行部は7人体制となった。

 中野会は元々、山健組傘下の3次団体だった。桑田と中野が同時に昇格したため、山口組内では次第に山健組出身者が幅を利かすようになる。そのうえ中野は、「渡辺組長の親衛隊」を名乗るほどのシンパだった。

 バブル景気で暴力団業界も潤っていたため、5代目山口組の発足時は、直参と呼ばれる直系組長が100人以上、勢力はほぼ全国に及んでいた。バブル景気は1989年末にピークを迎えたが、年が明けた1990年から株価は下落を始める。後になってバブルの好景気は199 1年2月までだったと認定された。これを境に長期の景気低迷期に入る。

「バブルの崩壊」は暴力団業界にも押し寄せた。すると、様々な業界に進出していた5代目山口組の傘下組織の間で、シノギの現場がバッティングする事態が次第に生じるようになってきた。

 2次団体の幹部同士の間では解決できない案件は最高幹部の間での話し合いになる。それでも交渉や話し合いが成立しない場合は、5代目組長の渡辺の手で解決が図られるようになっていた。

 山口組の動向を長年にわたり注視してきた警察庁の幹部OBが当時を振り返る。

「シノギがバッティングしたというトラブルが渡辺に持ち込まれると、渡辺は出身母体の山健組に有利となるよう裁定を下すことが多かったようだ。シノギから外された側は組長の裁定だから従うしかないが、後々しこりとして残る。そこで怨念が生まれる。怨念の原因はこうした『5代目裁定』だ」

 山口組の内部事情に詳しい指定暴力団幹部が解説する。

「例えば、大規模な不動産開発があった場合、地域住民への迷惑料として地元対策費などが予 算化される。当然ながら、総工費が大きければ対策費も大きな額になる。その案件を偶然にも、山健組の枝の組織と弘道会の枝の組織がシノギにしようと狙っていたとする。すると(組長の渡辺は)出身母体の山健に有利になるよう決定していたようだった。

 さらに、同じシノギをめぐって、山健組側が『これは5代目(組長の渡辺)の意向だ』と主張し、相手を退かせたという話はいくつか実際に聞いたことがある」

 こうした「5代目裁定」や「5代目の意向」という事態が重なれば、他の組織からは皮肉交じりに「山健組にあらずんば……」といった声が上がるようになる。

■圧倒的なネームバリューの山健組傘下組織

 5代目山口組体制の発足後は、山健組が最大派閥として事実上支配していた。その山健組傘下の組織のなかでも、5代目山口組組長の渡辺が創設した「健竜会」が名門とされる。健竜会はその後も、山健組の歴代組長を輩出しているからだ。

 このほかに、盛力(せいりき)健児が率いた「盛力会」や太田守正の「太田会」、橋本弘文の「極心連合会」などが山健組傘下の有力組織として知られていた。いずれも後に山口組の直系組長である直参として昇格している。

 前出の山口組の事情に詳しい指定暴力団の幹部が、当時の山健組について語る。

「5代目山口組時代には、山健組が圧倒的な地位を占めていた。それは山口組内だけでなく、ヤクザの業界全体でもそうだった。さらに山健の下の組織であっても知名度は圧倒的だった。例えば、初対面の人に名乗る際には『山口組の○○組の』となるが、山健傘下の組織は山口組とも、山健組とも言わずに、いきなり『健竜会の』、『盛力会の』、『太田会の』と名乗る。それほどヤクザ業界では名が通っていた」

 当時の健竜会、盛力会、太田会は、警察当局の用語で言えば3次団体になる。それでも知名度は1次団体並みだったという。当然、それぞれの組織の構成員も数百人に上っていた。

■使用者責任追及に動揺する5代目組長

 山健組という圧倒的な勢力をバックにした渡辺だったが、カリスマ性で組織を率いた3代目組長の田岡とは違い、率先して強いリーダーシップを発揮する存在ではなかった。その背景には、宅見組の宅見勝や岸本組の岸本才三ら当時の最高幹部たちの根回しや多数派工作で組長の座に就いたことがあった。さらに渡辺は、ナンバー2である若頭の宅見よりも4歳年下だった。事実上、集団指導体制というのが実態だった。

 しばらくは順調な組織運営が行われていたが、その後の指導体制に綻びを生じさせるきっかけとなる事件が起きた。

 1990年6月、福岡市で5代目山口組弘道会系組員が暴力団「波谷(はだに)組」系組員に射殺された。当然ながら弘道会は波谷組への報復に出た。報復が繰り返されるなか、大阪市内で弘道会 系組員が、波谷組系組員と間違えて全く無関係の一般市民の男性を射殺してしまったのだった。被害者男性は引っ越してきたばかりで、現場となった住宅には以前、波谷組系組員が住んでいた。

 この誤射殺事件の後も「山波抗争」と称された対立抗争は、この年の12月まで続き、発砲事件など27件が相次ぎ2人が死亡、4人が重軽傷を負った。

 対立抗争の発生から5年後、大きな動きがあった。間違えて射殺された男性の遺族が、組長としての「使用者責任」を追及するとして、渡辺らを相手取って約1億2600万円の損害賠償請求訴訟を大阪地裁に起こしたのだった。渡辺は警察当局以外からも法的責任を追及されることになった。この訴訟について渡辺は周囲の予想以上に動揺を示し、後に求心力を大きく失う一因となる。

■若頭暗殺事件

 山口組をウオッチしてきた前出の警察庁幹部OBが当時の状況を解説する。

「警察の取り締まり強化、損害賠償請求訴訟などで次第に渡辺が動揺するようになり、求心力が失われていった。当時の山口組の組織運営は、宅見、桑田、司の3人の、いわば『ニューリーダー集団』が行うようになっていた。その結果、渡辺の意向が重くみられることはなくなっていた。元々は(同じ山健組出身の)身内であった桑田でさえ、渡辺に対して懐疑的な見方をしていたことが窺えた」

 執行部内で隙間風が吹き始めたころ、白昼堂々の衝撃的な事件が発生した。前述したように1997年8月28日、神戸市のホテル内の喫茶店で宅見が射殺されたのだ。宅見が山口組本部長で岸本組組長の岸本才三、副本部長で吉川組組長の野上哲男と談笑していたところ、中野会系の組員に襲撃されたのだった。流れ弾で歯科医の男性が巻き添えになっていた。

 5代目山口組執行部は宅見の葬儀が終了した8月31日夕、渡辺ら最高幹部が神戸市の総本部に集まり、中野会会長の中野太郎の処分を決める会議を開催した。複数の幹部は最も重い永久追放となる「絶縁」を主張したが、同じ山健組出身ということもあり、渡辺の裁定で、復帰の余地を残す「破門」の処分とした。

 一方、警察庁は9月1日、神戸市の兵庫県警本部で大阪府警など担当の捜査幹部らを集めて緊急の対策会議を開催した。

■都道府県警の暴力団対策

 警察庁の担当課長が「山口組は、宅見という司令塔を失って組織が揺れている。分断、解体には絶好の機会。組員の動向の把握や情報の収集、報復などの防止、積極的な事件の摘発」を指示した。

 意識不明の重体となっていた歯科医は9月3日に死亡が確認された。すると、5代目山口組は中野の破門処分を取り消し、絶縁の処分とした。復帰することは決して許されず中野は永久追放となった。

 翌4日以降は全国各地で、宅見組を中心として中野会に対する報復事件が続発することとなった。5代目山口組内部での対立抗争状態となっていった。

 宅見射殺事件は、前年の京都での中野太郎銃撃事件が伏線となったとみられている。1996年7月、京都府八幡市の理髪店で散髪中の中野を会津小鉄会の組員2人が銃撃して殺害しようとしたのだった。しかし、中野のボディーガードが返り討ちにして襲撃犯の2人を逆に射殺した。

 中野銃撃にわびを入れてきた会津小鉄会との窓口役を担っていたのが宅見だった。宅見は5代目山口組として会津小鉄会の謝罪を受け入れたのだが、中野にはこうした動きについて知らせていなかった。

 当然、中野としては謝罪を受け入れる気はなく、ウラで動いた宅見についても不信感や不満を抱くこととなった。

 そもそも、宅見ら執行部の最高幹部たちが、組長の渡辺をないがしろにしている気配を察知しており、渡辺の親衛隊を自称していた中野としては愉快な気分とは言いがたかった。こうした一連の事情から中野は宅見の襲撃を決めたのだろう。

 だが、この事件は一般市民を巻き添えにしたことで、警察当局の取り締まりを強めることとなった。そして、渡辺と最高幹部との間に決定的な溝を生んだ。渡辺の指導力はだんだんと失われていった。宅見殺害後の山口組は8年間にわたり若頭が不在となり、迷走していく。

(尾島 正洋/ノンフィクション出版)

関連記事(外部サイト)