「あんなの野犬」「飼い主が悪い」ドーベルマン窃盗犯女性たちの逮捕前“罵詈雑言音声”

動物愛護団体の2人がドーベルマン窃盗 逮捕前に「飼い主が悪い」と責任転嫁する発言

記事まとめ

  • アニマルグリーンアップル所属の岡島愛容疑者と高橋里衣容疑者が逮捕された事件
  • 2人は逮捕前に「飼い主が悪い」と責任転嫁する発言をしていることが判明
  • 岡島容疑者が飼っている犬が起こしていた咬傷事故なども報じている

「あんなの野犬」「飼い主が悪い」ドーベルマン窃盗犯女性たちの逮捕前“罵詈雑言音声”

「あんなの野犬」「飼い主が悪い」ドーベルマン窃盗犯女性たちの逮捕前“罵詈雑言音声”

A氏の犬(岡島のSNSより)

 千葉県木更津市の79歳の男性宅からドーベルマンの母子の2匹が盗まれた事件。5月19日に窃盗住居侵入の疑いで逮捕された動物愛護団体『アニマルグリーンアップル』所属の岡島愛容疑者(29)と高橋里衣容疑者(29)が、逮捕前に「飼い主が悪い」と責任転嫁する発言をしていることが、「 週刊文春 」の取材でわかった。その音声を入手した。

 発端は4月22日の早朝だ。79歳の男性A氏宅のドーベルマンの子犬3匹と母犬が逃走した。警察と消防が捜索し、岡島らボランティアの男女3人が見つけたのだ。だが、これで一件落着とはならなかった。A氏の知人が語る。

「1回目の脱走後にAさんは、家を訪ねてきた高橋にドーベルマンの雄犬をあげたんです。すると後日、高橋が『餌を一緒に買いに行って欲しい』と頼んできた。そして5月8日、Aさんが高橋と一緒にホームセンターに行って、帰宅すると残りの犬がいなくなっていたのです。わずか1時間ほどの間の出来事でした」

 5月12日にA氏は被害届を警察に提出。その7日後、犯人として岡島と高橋、そして『アニマルグリーンアップル』代表の佐藤徳壽容疑者(51)が逮捕されたのだった。

 実は逮捕前の5月13日、岡島と高橋はインスタで動画の生配信を行っている。小誌はその音声を入手(音声は『 週刊文春 電子版 』で公開)。その生配信で2人は、犬がいなくなったのを「A氏の飼育環境のせい」にしていたのだ。

■「あんなの囲いがあるだけの野犬だから」罵詈雑言の嵐

 高橋は「見つかって欲しい」としながらも、「見つかって(飼い主に)戻されるっていうのが嫌」と発言。

 岡島は「手作りみたいな檻」「土の付いたフード食べてる」と罵詈雑言の嵐だ。さらに、「ショックだったのが、建物の中に人間が住んでない」「あんなの囲いがあるだけの野犬だから」と、居住実態のない家で飼育しており、“逃げられて当然”かのように語っている。

 だがこれは事実誤認だ。前出のA氏の知人が言う。

「もちろん家に住んでいます。確かに犬小屋は普通の造りで、山林なので雨が降れば地面もぬかるむ。でも毎日食事もあげていますし、ブラシもかけていました」

 生配信では、A氏の知人からの電話を高橋が受け、これは「窃盗事件ではないか」と言われる場面もあった。

 すると高橋は「2回目でばつが悪いんじゃないですか?」「自分の責任にならないように」などと、A氏が責任逃れのため、「盗まれた」と主張しているかのように言い訳をした。

 そして高橋は「何が言いたいかは結局ね、飼い主さんが悪い」と、身勝手にもA氏が悪いと断じたのだった――。

 このほか、岡島の飼っているドーベルマンが起こしていた咬傷事故、ドッグラン出禁事件、高橋の経営するトリミングサロンの評判、A氏が小誌の直撃に語ったことなど、詳しくは5月25日(水)12時配信の「 週刊文春 電子版 」及び5月26日(木)発売の「週刊文春」が報じている。?

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2022年6月2日号)

関連記事(外部サイト)