〈活動再開〉小山田圭吾 懺悔告白「僕はなぜ“障がい者イジメ”を得意げに語ったのか」

〈活動再開〉小山田圭吾 懺悔告白「僕はなぜ“障がい者イジメ”を得意げに語ったのか」

小山田圭吾 ©時事通信社

 5月25日、ミュージシャンの小山田圭吾(53)がツイッターを更新し、音楽活動を再開することを発表した。「FUJI ROCK FESTIVAL 2022」と「SONICMANIA」への出演が決定したという。

 学生時代に障がい者イジメをしていたことが判明し、東京五輪開会式直前に演出チームを辞任していた小山田。騒動後の昨年9月、小山田はノンフィクション作家・中原一歩氏のインタビューに応じ、初めてイジメ問題の真相、一連の経緯、当時の胸中を120分にわたり語っていた。当時の「 週刊文春 」の記事を再公開する。(初出:週刊文春 2021年9月23日号 年齢・肩書き等は公開時のまま)

◆◆◆

 過去に複数の雑誌で“障がい者イジメ”について語っていたことで批判を浴び、東京五輪開会式直前に演出チームを辞任した小山田圭吾氏が、騒動後初めて、取材に応じた。ノンフィクション作家・中原一歩氏のインタビューに120分にわたって答えた。

 開会式の作曲担当を辞任した後は、関わってきた番組が放送を見合わせたり、楽曲の差し替えが次々と決定。8月にはフジロックフェスティバルの参加を見合わせるなど、表舞台から姿を消している。

 9月上旬、小山田氏は取材場所に黒のパンツに白の半袖シャツ姿で現れた。精神的に追い詰められ、7キロほど痩せたという。小山田氏が言う。

「今回の騒動について、どこかのタイミングで、自分から説明をすべきだと考えていました。また改めて謝罪の思いも伝えたかった。ただオリンピック・パラリンピックには、僕のことで迷惑をおかけした関係者の方が大勢いらっしゃいます。話をするにしても、全ての行事が終了したタイミングにしたいと考えていました」

 騒動の発端は開会式の9日前、7月14日に組織委員会が演出チームのメンバーを発表したこと。その一員に小山田氏の名前もあった。だがその直後、過去の雑誌のインタビューで、障がいを持つ同級生へのイジメを、自慢げに語っていたことが明らかとなったのだ。

 具体的には、次のような内容が雑誌に載っている。

〈全裸にしてグルグルに紐を巻いてオナニーさしてさ。ウンコを喰わしたりさ。ウンコ喰わした上にバックドロップしたりさ(『ロッキング・オン・ジャパン』1994年1月号)〉

〈掃除ロッカーの中に入れて、ふたを下にして倒すと出られないんですよ(『クイック・ジャパン』1995年8月号)〉

 ただ小山田氏は「実は雑誌に掲載されたイジメについては、実際に僕が行ったものではないものも多い」と言う。

 ではなぜ実際に行ったものではないことも、得意げに語ってしまったのか。

■発言に影響した当時の小山田氏の“立ち位置”

「インタビューではその場を盛り上げるために、自分の身の回りに起きたことも含めて語ってしまいました」

 また当時の小山田氏が置かれていた“立ち位置”も影響しているという。

「それまで同級生の小沢健二と組んでいた『フリッパーズ・ギター』を解散し、『コーネリアス』としてソロで活動を始めた頃でした。自分についていたイメージを変えたい気持ちがあった。そこで敢えてきわどいことや、露悪的なことを喋ってしまいました」

 いま小山田氏は仕事をしておらず、その代わり、知人に頼んで、障がい者も含めた人権問題に取り組んでいる心療内科の先生を紹介して貰ったという。

「今回、障がい者団体の方からも厳しいお叱りを頂きました。自分に何が出来るか、先生に時間を作って頂き、相談しているところです」

 過去に雑誌で語ったイジメのどれが本人が行ったことで、どれが違うのか。また事実ではないとすれば、なぜ小山田氏は長年にわたりそのことを放置してきたのか、そして一旦は開会式の演出チームを辞任しない意向を示していたにも関わらず、なぜ急遽、辞任したのか――。120分にわたる小山田氏のインタビューは「 週刊文春 電子版 」で報じている。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2021年9月23日号)

関連記事(外部サイト)