学術著作権協会に東京地検特捜部が重大な関心 息子が代表の会社と2億円超の業務取引

記事まとめ

  • 一般社団法人「学術著作権協会」に東京地検特捜部が重大な関心を寄せているという
  • 協会トップ・野間豊氏が、息子が代表を務める会社と不透明な取引を行っているとOB告発
  • 学著協はフルティガ社に対し8年間で2億2300万円以上もの金額を支払っているそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております