ロシアが「国際的に孤立するのは当たり前」? ロシアと中国・インドの関係に見る、プーチンの“大きな盲点”

ロシアが「国際的に孤立するのは当たり前」? ロシアと中国・インドの関係に見る、プーチンの“大きな盲点”

プーチン大統領 ©JMPA

のちのロシア国鉄総裁、教育・科学大臣、大手マスコミ権力者…プーチン政権を支えた、ロシアの“別荘人脈” から続く

 2022年のウクライナ侵攻以降、ロシアは他国からの非難を浴び、厳しい経済制裁を受けている。それでも引き下がらないプーチン大統領は、一体どのような思惑で動いているのだろうか。

 ここでは、ロシアの軍事・安全保障を専門とする、東京大学先端科学技術研究センター専任講師の小泉悠さんが「ロシアはどんな国であるのか」をまとめた『 ロシア点描 まちかどから見るプーチン帝国の素顔 』より一部を抜粋。ロシアと中国・インドの関係から、プーチンの国際政治における大きな「盲点」を探る。(全2回の2回目/ 前編を読む )

◆◆◆

■深まる中国との関係

 ロシアが目指すポスト・ポスト冷戦秩序の中で独特の存在感を持つのが中国です。

 冷戦期には激しく対立した中ソですが、1989年には国交正常化を達成し、2000年代には4000キロメートルに及ぶ国境問題も解決して、現在では最重要のパートナー国という位置付けになっています。貿易額でもドイツを抜いて最大の取引相手になっていますし、ウクライナとの戦争で西側から孤立する状況下ではなおさらでしょう。

 ただし、中ロ関係の実態は非常に複雑です。かつては「中ロが実は仲が悪い論」が幅を利かせており、何かのきっかけで両国が再び対立関係になるのではないかという期待が繰り返し語られました。ところが中ロの関係が強まり、合同軍事演習や爆撃機の合同パトロールまで行われるようになると、今度は「中ロ一枚岩論」が登場し、両国がウクライナと台湾に同時侵攻するのでは、などとの懸念もまことしやかに語られたのは記憶に新しいところです。

 中ロ関係についての評価がこうも極端から極端に振れるのは、前述したロシアの同盟観があまり理解されていないためではないでしょうか。つまり、同盟になったからには一枚岩だ、あるいは一枚岩になれていないということは実は仲が悪いのだ、と西側の国からは見えてしまうわけです。

 しかし、国家間の関係性というのは、もっと曖昧な場合もあります。協力できるところでは協力するけれども、同時に利害対立も抱えており、あるいは都合が悪くなったらあっさり見捨てる。NATOとか日米同盟のような「カチッ」とした関係性はむしろ少数派で、こういう変幻自在の関係性の中で生きている国のほうがむしろ多数派なのではないでしょうか。

 これを中ロ関係にあてはめてみましょう。アメリカ中心のポスト冷戦秩序を解体したいという点では中ロの利害は一致している。強権的なリーダーを中心とする政治体制を擁護するという点でも気が合う。

 中国の中央アジア進出はあまり面白くないが、現地の権威主義体制を転覆したり、軍事同盟を広げることなく投資をしてくれるので否定はしない。台湾やウクライナの問題には互いに踏み込みたくない。天然ガスや石油を買ってくれるのはありがたいが売値交渉となると激しく火花を散らす……こんな関係性です。

 これを、前述したカーネギー財団モスクワ・センターのトレーニン所長は「協商(アンタンタ)」と呼んでいます。同盟ではないが重要な友好国、というくらいのニュアンスでしょうか。

 ここで重要なのは、「協商」は互いに完全に心を許していないからこそ成り立つということです。むしろ、互いにいつ裏切られたり攻撃されるかわからないという恐怖感を持っているからこそ、相手を完全に怒らせないよう気を使い合う。

 マフィアのボス同士がよほどのことがないと相手の「シマ」を犯したり、メンツを潰さないように配慮し合うのに似ていると思います。言い方を変えると、こういう関係性を結べる相手であってこそ、「大国」としてのリスペクトの対象にもなるわけです。

■もう一つの「本当の主権国家」インド

 この点は、プーチン大統領が「本当の主権国家」として挙げたもう一つの国、インドについても同様です。インドはソ連時代からの友好国で、大量のロシア製兵器を購入してくれるお得意様でもあります。

 アメリカは2017年以来、ロシアの兵器を購入した国には制裁を科すとしており、実際に多くの国がロシア製兵器を敬遠しているために武器輸出産業は大打撃を受けているのですが、インドは違います。度重なるアメリカの警告にもかかわらず、ロシアからS─400防空システムをはじめとする多くの兵器を導入し続けているのです。

 外交的に見ても、ロシアのウクライナ侵攻を表立っては非難せず、西側諸国がロシアのエネルギー資源購入を手控える方向に動く中、ロシア産原油を購入することを検討していると報じられました。

 インドにしてみれば、アメリカは重要なパートナーだが、同盟国にはなりたくない、というところでしょう。いわれるがままにロシア製兵器の購入を取りやめたり、ロシア制裁に参加すれば、アメリカのジュニア・パートナー(格下のパートナー)になってしまい、「大国」でいられなくなるということです。

 最近、インドのロシア研究者たちとオンライン会議をした際にも、この点は強く感じられました。「インドはあくまでも独立したパワーでいたいのであって、アメリカにもロシアにもなびくつもりはない」というのです。さらに「日本は中国包囲網の一角としてインドに期待しているようだが、我々にはそのつもりはない」とも彼らは明言していました。

 さまざまな「大国」がくっついたり反目したり……という状況をうまく利用し、ほかの国に取り込まれないようにしながら独立独歩の地位を守っていく。これがインドの立ち位置なのでしょうし、ロシアの対外関係も同様でしょう。

 ただ、国力が衰えていく一方のロシアは、どうしてもつい軍事力に頼りたくなるという誘惑に駆られます。その結果、微妙な均衡を力づくで壊してしまい、かえって孤立を深めているのではないでしょうか。

■プーチンが気づいていないこと

 こうしてみると、世界は「大国」同士の関係で動いているように見えますし、これは前述したプーチン大統領の世界観そのものでもあります。実際、強大な軍事力を持ち、互いへの恐怖(に基づくリスペクト)が国際政治に及ぼす影響力は無視されるべきではないでしょう。

 しかし、重要なのは、これが国際政治の全てではないということです。プーチンは軍事的に独立していない国家を「半主権国家」扱いしますが、現実の国際政治はもちろん力の論理だけで動いているわけではありません。むしろ、経済力、科学技術力、ソフトパワーといった非軍事的な要素の重要性は高まるばかりですし、環境とか人権とか、力の論理とは大きく異なる論理も無視できません。

 こうした世界で?き出しの力の論理に訴えれば国際的に孤立するのは当たり前であって、2022年のウクライナ侵攻以降にロシアが受けている厳しい経済制裁や外資の逃避はまさにこれに当たるでしょう。

 さらにいえば、アイデンティティの持つ力というものに、プーチンは非常に鈍感であるように見えます。ベラルーシ人やウクライナ人がいくら文化・言語・宗教などの共通性を持っているといっても、だからロシアとの統一を望むとは限りません。あるいは旧ソ連諸国が貧しいとか軍事力が弱いからといって、モスクワのいうことをなんでも聞くわけでもありません。

 ある民族がひとたび独立の地位を手に入れたらそれを守り通そうとするのは当然であって、弱いなら弱いなりに有形無形の力を駆使し、時には「大国」の間でコウモリ外交を行ってなんとか立ち回るものです。

 この点が、「大国」を中心とするブロックを単位に国際政治を理解しようとするプーチンの大きな盲点なのではないでしょうか。

(小泉 悠)

関連記事(外部サイト)