のちのロシア国鉄総裁、教育・科学大臣、大手マスコミ権力者…プーチン政権を支えた、ロシアの“別荘人脈”

のちのロシア国鉄総裁、教育・科学大臣、大手マスコミ権力者…プーチン政権を支えた、ロシアの“別荘人脈”

©iStock.com

 西側諸国に対する強硬的な姿勢を崩さないプーチン大統領。しかしロシアの大都市部で暮らす人たちのライフスタイルはすっかり西側化しつつあるという。

 ここでは、ロシアの軍事・安全保障を専門とする、東京大学先端科学技術研究センター専任講師の小泉悠さんが「ロシアはどんな国であるのか」をまとめた『 ロシア点描 まちかどから見るプーチン帝国の素顔 』より一部を抜粋。ロシアの住居を取り巻く環境について紹介する。(全2回の1回目/ 後編を読む )

◆◆◆

■豊さの弊害 ロシアを苦しめるゴミ問題

 近年、ロシアで社会問題になっているのがゴミです。捨てるほど消費財がなかったソ連時代には、ゴミはそう問題にはなりませんでした。食べ物も消耗品も全部大事に使っていたからです。しかも土地が広大なので、全部郊外に捨てておけば、それで問題ありませんでした。

 ところがソ連崩壊後、消費文化が花開くようになると、途端にゴミ問題がロシア社会にのしかかってきました。

 私も実際に住んでみて驚いたのですが、ロシアにはゴミを分別するという発想がない。生ゴミもペットボトルも、みんな団地の中のコンテナに放り込んでおけば一緒に持っていってくれます。ある意味では便利なのですが、これがみんな焼却処分されることなく郊外のゴミ捨て場に積み上げられていくわけですから、当然悪臭が出ます。

 ここに拍車をかけたのが、プーチン時代の住宅ブームです。郊外の森を切り開いてニュータウンが続々と建設されたのですが、近くにゴミ捨て場があったりすると大変です。

 もちろん、公的に設置されたゴミ捨て場は住宅地からある程度離れているのですが、増え続けるゴミに対応して出現した「闇ゴミ捨て場」の数は公営の20倍ほどもあるともいわれます。こういうところは近隣住民への配慮などしませんから、一日中悪臭と隣り合わせで暮らさねばなりません。もちろん衛生面の問題もあります。

 ゴミ問題をめぐって何度も大きなデモが起きていて、プーチン大統領が毎年行っている、国民との電話による直接対話でもゴミ問題が出るようになっています。そこでロシア政府はゴミ処理に関する法整備を行い、地域ごとにゴミ処理工場を建設しようとしているのですが、根本的解決には至っていないようです。

 ロシアのゴミ排出量は年間7000万トンにも及ぶとされる一方、ちゃんと処理されているのは1割くらいだといいます。また、一部の自治体ではゴミの分別収集を行うようになっているものの、長年「まとめてポイ」に馴染んできたロシア人にその習慣を根付かせるには時間がかかるでしょう。

 ちょうど1970年代に日本で起きた公害問題が、ロシアで起きている状態です。2016年に当時の安倍内閣が、ロシアに経済協力8項目を提示し、その中に「ゴミ焼却処理技術の提供」を盛り込んだのは、こうした状況に目をつけたものでした。

 さらに安倍内閣は、北方領土で行うとされた「共同経済活動」にもゴミ処理工場の建設を盛り込んでおり、ゴミ問題が北方領土交渉における切り札の一つと目されていたことがわかります。

 ただ、現実には安倍政権の北方領土交渉がうまくいかなかったことは周知のとおりです。ゴミ処理での協力は現地の住民や行政当局には有難いものだったでしょうが、国家間の関係を大きく動かすには至りませんでした。

■ロシア人は、郊外に“別荘?を持っている

 別荘というと日本では、それなりに経済的に恵まれた人たちが持つ印象があります。一方、ロシアでは、豊かといえなくても、郊外に別荘を持っている人が少なくありません。

 ロシア式の別荘はダーチャと呼ばれ、当初は金持ちだけのものでしたが、19世紀になると庶民も小さな土地と家を郊外に持つことが一般化したようです。第2次世界大戦後にはフルシチョフ政権下で郊外の土地が労働者に配分されるようになり、週末には森の中で暮らす習慣がさらに広がりました。

 といっても、ソ連時代のダーチャはなかなか大変だったと聞いています。政府の要人などは都心から比較的近い場所に立派な国営ダーチャ(ゴスダーチャ)を与えられていましたが、一般庶民に配分された土地は都心から遠く、さらに駅からもずっと離れた場所ばかりでした。しかもソ連ではマイカーなど夢のまた夢ですから、ダーチャまでは自力で辿り着かねばなりません。

 したがって、ダーチャ行きの準備は金曜日には始めねばならなかったようです。仕事を早く切り上げて食料を買い込み、それをリュックサックに詰めたら、土曜日の朝早くに郊外列車(エレクトリーチカ)に乗り込むのです。

 電車は同じようにダーチャへ向かう家族ですし詰めになっており、ソーセージの匂いが充満している。これに1時間とか2時間耐えたら電車を降りて、ダーチャのある場所まで大荷物を抱えてまた歩く。そうしてようやくダーチャに辿り着いたら、そこで家庭菜園の手入れをしたり、森を歩いてキノコやベリーを取ったりして過ごし、夜は粗末な小屋とかテントで眠るのです。

 一体、何故にそこまでして……と日本人は思いますが、そこにはやはり「森の民」であるロシア人の心を惹きつける何かがあるのでしょう。

 うちの奥さんはモスクワ生まれのロシア人で、しばらく森に行かないと「森―――!!! 」と叫び出したりしますが、とにかくこうして時々森を「補給」しないとどうにも落ち着かないのがロシア人であるようです。ウィークデイは粗末なフルシチョフカに住んでいても、郊外は森の中で伸び伸びと過ごせるというのが、ロシア人には大いなる癒しであったわけです。

 また、常に物不足の状態にあったソ連では、ダーチャの家庭菜園や森で採れるささやかな食糧は重要でした。ソ連崩壊後、餓死者がほとんど出なかったのは、ダーチャ文化のおかげともいわれています。

 スーパーで豊富に食料が買えるようになった現代でも、ロシア人はやはりダーチャが大好きです。ソ連崩壊後に生活苦で手放してしまったという人もいますが、中産階級以上は大抵ダーチャを持っていて、今ではみんなが乗り回すようになったマイカーで週末には郊外へ向かいます(その分、「ダーチャ渋滞」という新たな問題が生じてもいるのですが)。建物も、最近では小洒落たデザインのものが増えてきました。

 こうして森の中のダーチャについたら、全く自由です。ソ連崩壊後に普及した中央アジアふうの串焼き肉シャシリクを焼くもよし、その合間にお酒を飲むもよし。秋は森を歩いてキノコやベリーを採るのもロシア人の大事な楽しみですし、冬はクロスカントリースキーを楽しむ人もいます。家の中はペチカ(ロシア式暖炉)で暖かく、ちょっと経済的に余裕のある人はバーニャ(サウナ)を備えていたりもします。

 それから、ダーチャは「建てる」ことそれ自体が楽しみにもなります。つまり大工さんに作ってもらうのではなくて、ログハウスのキットを買って自分で作るのです。みんながみんなではないですが、週末ごとに少しずつ自分のダーチャを完成させていくことに生きがいを見出しているロシア人は少なくありません。

■プーチンも持っている“別荘人脈?とは

 ロシアでは定年退職した後、都会の家を引き払ってダーチャに永住する人もいます。しかし、多くの人は週末だけダーチャに滞在するわけですから、ウィークデイは全く無人化してしまい、空き巣に入られる危険があります。

 そこでダーチャは大抵、協同組合という形式を取り、所有者がお金を出し合って塀を作ったり、管理人を雇ってあります。まぁ管理人も必ずしも信用できない風情であったりするのですが、ロシアの治安状況を考えるといた方がいいでしょう。

 いわば森のあちこちに、ゲーテッド・タウンができるのです。マンションの自治会みたいなもので、こうなると週末を過ごす別荘地に、もう一つの人間関係が生まれてきます。

 平日は仕事も地位もさまざまだけれども、「週末だけのご近所さん」として長く付き合っていくのです。

 うちの奥さんの実家もダーチャを持っていますが、お向かいさんは元KGBの大佐、お隣さんは郵便局長、裏は英語の先生と顔ぶれはなかなか多彩です。

 彼らとは一つのコミュニティができていて、週末になると子供たちを一緒に遊ばせたり、夜は一緒に食事をしたり、酒を飲んだりしながら語り合うのです。年末年始もだいたいダーチャで過ごすので、正月を一緒に祝う仲でもあります。ある意味、家の近所の人たちよりも、親密な人間関係ができています。

?

 これはプーチンとて例外でなく、KGBを退職した後、サンクトペテルブルクの郊外に「オーゼラ」という別荘組合を作ったといわれています。

 この別荘組合のメンバーには、のちにロシア国鉄(RZhD)総裁となるウラジミール・ヤクーニン、TV局「第一チャンネル」や大手紙『イズヴェスチヤ』などを傘下に収めることになるユーリー・コヴァリチューク、教育・科学大臣となるアンドレイ・フルセンコなど、初期プーチン政権を支えた重要人物が含まれていました。

 プーチンの人脈というと、KGB時代やサンクトペテルブルク副市長時代の同僚たちが有名ですが、ここにもう一つ、ダーチャ人脈があったことは面白いと思います。

 プーチンもまたロシア人、ということでしょう。

ロシアが「国際的に孤立するのは当たり前」? ロシアと中国・インドの関係に見る、プーチンの“大きな盲点” へ続く

(小泉 悠)

関連記事(外部サイト)