〈同居女性の人骨を発見、捜査へ〉埼玉・本庄市5歳児虐待死 ラーメン店主が目撃した“異常光景”《息子を正座させた母は…》

〈同居女性の人骨を発見、捜査へ〉埼玉・本庄市5歳児虐待死 ラーメン店主が目撃した“異常光景”《息子を正座させた母は…》

事件現場となった柿本知香容疑者らの本庄市の自宅 ©共同通信

 今年3月、埼玉県本庄市で住宅の床下から柿本歩夢君(当時5)の遺体が見つかった事件。埼玉県警は6月6日、同家の床下から新たに白骨化した高齢女性の遺体が見つかったことを発表した。遺体は同居していた高齢の女性と特定され、事件性を捜査する。

 歩夢君の虐待と老女の失踪。いったい、この家では何が起きていたのか。関係者4人のいびつな同居生活を詳報した「 週刊文春 」記事を公開する。(初出:週刊文春 電子版? 2022年3月9日 年齢・肩書き等は公開時のまま)

◆◆◆

 座敷席の上座に陣取る丹羽洋樹(34)は、ラーメンを頬張りながら、真向かいに座る歩夢くん(5)を執拗に責め立てていた。正座させられた歩夢くんは、頼んだチャーハンに手をつけることを許されず、黙って俯いたまま。やがて隣に座る母親の柿本知香(30)がスマホを向け、その様子を無言で撮影し始めた――。

 埼玉県本庄市内のラーメン店で、こんな異様な光景が繰り広げられたのは、蒸し暑さの残る昨年9月初旬のことだった。

 それから半年が経った今年3月5日。歩夢くんは、丹羽らと暮らす借家の和室床下――冷たく暗い土の中から、変わり果てた姿で捜査員に掘り起こされた。

 同日、埼玉県警捜査一課と本庄署は丹羽、柿本、丹羽と内縁関係にある石井陽子(54)の3人を死体遺棄の疑いで逮捕。社会部記者が語る。

「現場の民家には丹羽と石井が暮らしていたが、昨年1月頃、石井の知人だった柿本が歩夢くんを連れて身を寄せるかたちで、4人の奇妙な同居生活を始めていた」

 昨年夏。この4人が揃って初めて来店した日の出来事を、ラーメン店の店主は強烈に記憶している。

■理不尽な説教と冷え切ったチャーハン

「昼の時間帯でした。その日も幼い歩夢くんがずっと丹羽に怒られていたんです。丹羽と石井がテーブル席の上座に座り、丹羽の正面に歩夢くん、その隣に柿本といった位置関係。内容までは分からないのですが、丹羽は険しい顔でネチネチと何か説教を続けていました。女性の2人は何も口を挟まず、大人の3人は先に食事を平らげていました」

 この時点で、店主は4人の素性を知らない。同年代の丹羽と柿本が歩夢くんの両親、歳の離れた石井は祖母だと思っていた。

 4人が揃った2度目の来店でも、また同じことが繰り返された。その日は座敷席。歩夢くんは正座させられ、丹羽の威圧に涙もこぼさずひたすら耐えていたという。理不尽な説教は、昼の営業時間が終わる14時頃まで、1時間以上も続いた。気が済んだのか、丹羽が店の外へ煙草を吸いに出ると、歩夢くんはようやく冷え切ったチャーハンにありつけた。

「4人はいつも丹羽が運転する青い群馬ナンバーの車で来店していました。何度目だったか、店を出た後も車の横で、立ったまま丹羽が歩夢くんにしつこく説教していました」(同前)

 そして最後となる3度目の来店が、冒頭の場面である。見かねた店主は、やはり14時を過ぎた4人の帰り際、ある行動に出た。

「お孫さん、お利口さんですね」

 毎回会計を担当している石井にそれとなく声をかける。

「私の孫じゃないんですよ。私と彼(丹羽)が夫婦で、この人(柿本)はシングルマザー。仲のいい友達なんです」

 石井は快活な声で答えたが、4人の異常な関係に店主は驚愕した。母子はこの高圧的な男の支配下におかれているのではないか。そういえば、いつも冴えない顔をした柿本が声を発するところを見たことがない。
?

「お名前、何ていうの?」

 咄嗟に店主は、歩夢くんに名前と年齢、保育園を尋ねてみた。笑顔もなくおどおどと答える5歳児。目に見える痣や傷があったわけではないが、年相応の溌溂さは微塵も感じられなかった。

「子供が虐待されている可能性があります」

 店主は日を置かず、保育園と市に通報し、自分が見たありのままを伝えた。

 ところが――。

■「しつけの一環で、暴力はありません」

 歩夢くんの保育園で行われた市のヒアリングに対して、柿本はこう答えた。

「息子が言うことを聞かない時は同居人に叱ってもらっています。しつけの一環で、暴力はありません。迷惑がかかるので、同居人の名前は言えません」

 母親からのSOSもないため、行政は対応に二の足を踏んでしまう。

 一方、3度目以降、4人がラーメン店を訪れることがなかったため、歩夢くんの身を案じていた店主は、昨年12月、保育園に問い合わせをしている。

「ちゃんと登園していると聞いて、正直、『よかった、生きているんだな』と思いました」(店主)

 しかし、事態は最悪の展開に突き進んでいく。歩夢くんは今年1月12日を最後に、保育園に登園しなくなってしまう。同20日には柿本が退園手続きを済ませた。

「柿本は逮捕後、『1月中旬頃に息子が死んでしまった』と供述しており、歩夢くんはこの時期に何らかのかたちで命を落としたと思われる。その後、柿本は市に『息子は大阪の実家で元気にしています』と嘘の説明をしていたが、転居の実態が確認できず、今年3月2日、市が警察に通報したことで事件が発覚。最初に“落ちた”のは、母親の柿本だった」(前出・記者)

〈同居女性の人骨を発見、捜査へ〉パジャマ姿の老婆が裸足のまま「殺される!」と絶叫 埼玉・本庄市5歳児虐待死 4人の歪な同居生活 へ続く

(「週刊文春」編集部/週刊文春)

関連記事(外部サイト)