「補欠合格でも心配ない」はホント?…進学校で成績が低迷する“深海魚”問題の知られざる実状

「補欠合格でも心配ない」はホント?…進学校で成績が低迷する“深海魚”問題の知られざる実状

©iStock.com

 5月も終わり、受験を経て進学校に入学した中学1年生たちも、その学校に合うか合わないかが分かってくる頃だ。この時期に保護者たちが特に心配するのは、せっかく入った学校で子どもの成績が不振に陥らないか、ということだろう。

 受験業界の用語で「深海魚」というものがある。進学校で勉強についていけず、深海に漂うような成績に低迷してしまう生徒を指す言葉だ。

 漫画『二月の勝者』(高瀬志帆・小学館)では、カリスマ塾講師の黒木が生徒を難関校に合格させたものの、そこで成績不振となり、遂には不登校になってしまうというエピソードがある。このことがきっかけで黒木は考え方を変えていくのだが、ここからは「無理やり上位の学校に入れても、落ちこぼれ、深海魚になってしまう可能性がある」とのリスクが読み取れる。

■御三家をあえて避ける受験者たち

 昨今、最難関校の受験者数は落ち着いてきているといわれる。たとえば、開成中学は2018年には倍率が3倍だったが、2022年は2.5倍である。一方、新興の共学校、広尾学園小石川中学の2022年度倍率(開成と同じ2月1日の試験)は12.9倍。実際、中学受験を控える子供を持つ保護者たちの間では、「なにがなんでも御三家」といったふうにはならなくなってきている。

 2022年に中学受験を終えた息子を持つ保護者がいう。

「塾からは開成を受けてはと薦められました。その時に思ったのは、仮に合格しても息子が勉強についていけるかということでした。開成は中学から全員が高校に上がれるわけではないですからね。レベルが高すぎる学校に入れても不安ですから、結局、他の学校を第一志望にしました」

 こういった保護者たちの不安感に学校側も気付きはじめ、説明会で「深海魚」対策をアピールするところも増えている。

「卒業生が勉強の仕方をコーチングする。そういった補講をやる」と話す難関女子校があれば、「成績不振者には卒業生を家庭教師として派遣する」と説明する中堅校もある。

■放任主義の進学校も多いが……

 だが、もちろん、こんな手厚い学校ばかりではない。まだまだ放任主義の進学校も多いし、手厚さを売りにする学校でも、実際は成績上位の生徒しか相手にしてくれなかった――という事例も耳にする。

 関西出身で現在、東京23区内の塾で教室長をつとめる人物はいう。

「関西と関東では保護者の意識に差があります。関西で灘中学に受かって辞退する子はまずいませんが、東京だと筑駒(筑波大学附属駒場中学校)や開成に合格しても、偏差値ではワンランク低い学校に進学するケースがしばしばあります。共学に行きたい、家から近いといった理由での選択もありますが、『この子は最難関校でついていけるだろうか』と心配し、別の学校に入れる保護者もいます。

 ただ、僕が知っている限りでは、ワンランク下の学校を選んだからといって、必ずしも“深海魚”にならないともいえないように感じるんですよ」

■「繰上げ合格」で難関校に入学する不安

 以前、私は不登校児の保護者たちを取材したことがある。その中には難関校や進学校の「深海魚」とされる子供たちも多くいたが、彼らはギリギリの成績で合格したというわけではなかった。そのときの感覚では、たしかに「入学時の成績」と、「入学後についていけなくなるかどうか」の間には、さほど関連性がないように思えた。

 御三家に並ぶ中高一貫の難関校、豊島岡女子中学の公式サイトを見てみると、Q&Aコーナーで「繰上げ合格で入学できても、他の人たちについていくのが難しくありませんか?」という質問がピックアップされている。それに対し、学校側はこう答えている。

「入学してからの学業成績は必ずしも入試の成績に比例するものではありません。大切なのは本人の満足度と姿勢です。繰上げ合格でもまったく心配はありません」

 実際に、最難関共学校に子供を通わせている保護者も、「4月に先生から“入試の成績と入学後の成績は関係ありません”と説明されました」という。では、入学後にペースを乱してしまい、深海魚になってしまうのはどんな生徒なのか。

■「勉強のセンスがいい子」のリスク

 武蔵対策に強い中学受験塾進学教室アントレの代表、柏原大夢さんはいう。「さほど勉強しなくても、“センス”がいいと難関校に合格してしまうことがあります。そういう子が苦戦するケースはあります」

 たとえばある大手塾では、毎年、成績下位のクラスの生徒が難関校に合格することがある。その塾のクラス分けテストは幅広い範囲から出題され、基本的な問題が中心だ。そうしたテストでは点が取れず、下位のクラスに組分けされてしまうものの、特定の分野では難問を解く先天的なセンスを持つ子供がいる。

 そうした子の場合、得意分野が運良く入試で出題されると、合格を勝ち取ることがある。

 だが、そうした“センス勝負の子”は、入学後、猛勉強をして入ってきた同級生のペースについていけなくなることがあるのだという。

■「うつむいて学校に行く子」は危ない

 さらに、もうひとつ「深海魚」になりやすいタイプがいる。『令和の中学受験』(講談社)の著者でスタジオキャンパスの代表、矢野耕平さんはいう。

「うつむいて学校に行く子ですね」

 つまり、希望した中学に入れず、暗い気持ちのまま学校生活を送る子たちだ。

 実際、なかには入学式を欠席する子すらいるという。そういう子はたとえ入試の成績がよくても、学校の課題も積極的にこなせないため、成績は沈んでいく。

「受験の競争を通して、偏差値の高い学校がいい学校と信じこんでしまう子もいます。そうなると、一定の偏差値より下の学校に行くことは屈辱だと思い込んでしまうんです」(塾関係者)

 さて、ここでひとつ疑問が生じる。その学校に合う、合わないの判断基準となるのは、入学後の成績だけなのだろうか。つまり、「深海魚」になることは、イコール「学校に合っていない」ということなのだろうか。

■どんな環境で伸びるタイプなのか

 御三家などの名門中高一貫校では、校内で成績上位なのにもかかわらず、高校進学時に他校を受験し直す生徒がいる。ようは、成績が良くても「自分はこの学校に合っていない」と感じているのだろう。

 反対に、成績が悪くても「学校は楽しかった」という例もよく聞く。

 ある開成出身の40代男性は、中学に入学して最初の定期テストではクラスで後ろから数番だった。しかし、運動会に積極的に参加したり、部活の練習に没頭したりし、楽しく学生生活を過ごせたという。

 塾を取材していると、よくこういう話を聞かされる。「自分よりも学力が高い子たちと過ごした方が伸びる子」と「自分が集団の中で上にいないとダメになる子」がいるということだ。

 桜蔭から東大に進み、大手企業で開発職として働く30代の女性はいう。「小学校の頃に私は勉強ができたんです。ただ、父は私が『自分は頭がいい』と勘違いしてはいけないから、もっと勉強ができる子たちが上にいる学校に入れようとして桜蔭を選びました」

 結果、彼女は中学に入ってから「自分は特段頭がいいわけではないから、人一倍努力をせねば」と思うようになった。それが原動力となり、勉強をし、希望していた仕事についた。

 反対のパターンもある。矢野耕平さんの著作『旧名門校VS新名門校』(SB新書)の中には、同じく桜蔭に入学した女子生徒が、クレバーな同級生たちに圧倒され自信を失ってしまい、退学したというエピソードがでてくる。ようは本人の気質を考慮しなくてはならないのだ。

■“失われた学習習慣”を取り戻すには

 もし、そうした要因で「深海魚」になってしまったとしても、学校生活を楽しめるか楽しめないかは、また別問題だ。ただ、いずれ大学受験はやってきてしまう。そのときに学習習慣を失っていると、そうそうは“水面”に浮かんでこられないだろう。

 その場合、どうしたらいいのだろうか。

 女子学院に通っていたある生徒は成績不振だったため、高2の終わりに親が心配して塾にいれた。そこで講師にこう言われたという。「まったく勉強してないな。つまり、お前はポテンシャルの塊だ。今から本気を出したらどのぐらい伸びるか俺も推測できん」

 そう言われてやる気になり、現役で私立難関大に進学したという。

 開成で「深海魚」だった男性は、中学入学から5年と半年の間全く勉強をしていなかったが、同級生に「大学行こうよ」と声をかけられ、モチベーションをあげた。最初は塾の勉強に全くついていけなかったが、中学の内容からやり直すとみるみる学力がついていき、高3の最後の定期テストでは真ん中の順位までに浮上した。

 ハードルの高い中学入試をクリアしてきた生徒たちは、現状の成績が不振でも、勉強に向いている資質を持っているはずだ。

 そういう子たちがどうしたら深海から海面に浮かんでこられるのか。それを考えることが学校にも塾にも求められているように思える。

(杉浦 由美子)

関連記事(外部サイト)