〈重信房子が出所〉前国家安全保障局長が明かす、日本赤軍“身柄引き渡し交渉”の内幕「好きな人間を連れていっていいから」

〈重信房子が出所〉前国家安全保障局長が明かす、日本赤軍“身柄引き渡し交渉”の内幕「好きな人間を連れていっていいから」

出所した重信房子元受刑者 ©AFLO

 国際テロ組織「日本赤軍」の最高幹部を務めた重信房子元受刑者が、5月28日、20年の刑期を終え、出所した。日本赤軍をめぐっては世界各地で起こしたテロ事件に関与したとして、国際手配された7人のメンバーがいまだ逃亡を続けている。

 月刊「文藝春秋」で連載中の「外事警察秘録」において、北村滋・前国家安全保障局長は重信氏について「私の官僚人生にも少なからぬ影響を及ぼした」存在としたうえで、次のように記す。

〈「重信房子さん生還―歓迎会」。手元にこんな催しを告知するビラがある。(中略)

 1972年にメンバーがイスラエルの空港で引き起こしたテルアビブ・ロッド空港事件について、パレスチナの「解放闘争」であると正当化している。そして重信の罪状は「冤罪」だと主張。「謝罪」の意向を示している重信だが、こうした価値観の人々に迎えられ、社会復帰することになる〉

 重信出所の2日後、日本赤軍メンバーで国際手配中の岡本公三が、前述のテルアビブ・ロッド空港事件の記念式典に姿を見せたが、同連載で北村氏は岡本を含む日本赤軍の身柄引き渡し交渉の内幕も明かしている。

 1997年2月15日、国際手配中の日本赤軍メンバー5人(和光晴生、足立正生、山本万里子、戸平和夫、岡本。外事警察では「レバノン5(ファイブ)」と呼ぶ)が、一斉に拘束される。5人の中には、1972年の「テルアビブ・ロッド空港事件」実行犯の生き残りである岡本が含まれていた。 

〈私は、米村外事課長と国際テロリズム対策室の大部屋にいた。前年外事課から警備企画課理事官に異動。局全体の庶務的な事務に当たっていたが、その当時は、当面、在ペルー日本大使公邸事件対応のバックアップを仕切っていた。しかし、米村課長からは手が空いているように見えたのであろうか。私にこう言った。

■「ベイルートに飛んでくれ」

「北村、杉田(和博)局長(のちに内閣官房副長官)には僕から了解を取るから、ベイルートに飛んでくれ。ここにいる好きな人間を連れていっていいから」〉

 2月16日未明にベイルート入りした北村氏だが、「レバノン5」の身柄引き渡しにはいくつかの障害があった。

〈最大の問題は、我が国への引渡しについてレバノン政府内でコンセンサスが形成されていないことだった。

 レバノンには、18の宗派が存在し、大統領はキリスト教マロン派、首相はイスラム教スンニ派、国会議長はイスラム教シーア派というように各宗派に政治権力が分配されてきた。また、隣国シリアは、1990年のレバノン内戦終結後も推定約1万4千人の軍部隊を駐留させ、実質的にレバノンを支配してきた。

 当時のハリーリ首相は、レバノン内戦後の経済の復興を目指し、我が国との経済関係を重視しており、それが5人の身柄拘束に繋がった。同首相は2005年に暗殺されてしまうのだが、その背後にもシリアの影響力があると言われた。

 こうした事実から推測できるように、レバノン政府内の親シリア勢力及び駐レバノンシリア軍事情報部長ガジカナーン(当時)は、当初、米国の同盟国である我が国に「レバノン5」を移送することに反対していた〉

 即時の国外追放には至らず、5人はレバノンにおいて裁判にかけられることになった。2000年3月に引き渡しが実現するが、岡本の引き渡しは実現しなかった。

 6月10日発売の 月刊「文藝春秋」7月号の同連載 で、北村氏は、タイにおけるよど号グループ・田中義三の身柄引き渡し交渉をはじめ、日本赤軍との長きにわたる闘いについて振り返っている。

(「文藝春秋」編集部/文藝春秋 2022年7月号)

関連記事(外部サイト)