「ただ黙々と男とセックス」「家賃20万以上の池袋タワマン住み」木嶋佳苗死刑囚の“性とお金に狂った”半生

「ただ黙々と男とセックス」「家賃20万以上の池袋タワマン住み」木嶋佳苗死刑囚の“性とお金に狂った”半生

逮捕時の木嶋佳苗死刑囚 ©文藝春秋

 気鋭の作家、中村淳彦氏と花房観音氏のふたりが東京・池袋の“闇”を描いたノンフィクション『 ルポ池袋 アンダーワールド 』(大洋図書)が話題になっている。SDGsと再開発の裏で起きる怪異や殺人事件、路上の闇に立つ異常性愛者たちを綴った内容は、実話とは思えないほど“衝撃的”だ。

 ここでは、同書から一部を抜粋して紹介。木嶋佳苗死刑囚をモチーフにした小説を書くことになった花房観音氏が、池袋の街と木嶋佳苗死刑囚の関係を記す??。(全2回の1回目/ 2回目に続く )

◆◆◆

■「木嶋佳苗」が気になってしょうがない

 2014年、冬。

 泊まる予定のホテルの最寄り駅である池袋駅北口の階段を出て地上にあがり、雑踏の中を歩きながら、立ち並ぶ風俗店とラブホテルを眺め、ここが歓楽街だと初めて知った。

 池袋という街に来たのは、このときがおそらく最初だ。

 中国語が飛び交い、肌の露出の多い女たちと道路に座り込んで煙草を吸う男たちを交わしながら、私は宿へ向かう。

 もしも私が若くて都会に慣れていない女の子だったなら、怖くて後ずさりするかもしれないと考えながら歩く。

 池袋に滞在を決めたのは、ある人物を描くためだ。

 2009年に逮捕された「木嶋佳苗」。

 のちに首都圏連続婚活殺人事件として騒がれたのは、複数の男から大金を搾取し殺したとされる容疑者の容姿が注目されたからだ。

 ぽっちゃりという言葉ではごまかせない、おそらく体重は80キロは超えているだろう体型と、肉々しい顔に太い眉。どう見ても、「美人」ではない。ネットでは「ブス」「デブ」という言葉が飛び交う。どうしてあんな醜い女が男たちから金銭を得て裕福な暮らしをしていたのかと、人々は沸き立った。

 逮捕当時、私の木嶋への興味は、世間並だった。それを小説にしようとしたのは、担当編集者の熱量に押されたからだ。

「私、どうしても木嶋佳苗が気になって仕方ないんです。木嶋のことを、ずっと考えているんです。花房さんなら、木嶋を書けると思うんです」

 担当編集者は、30代(当時)の女性だ。美人で結婚もしているし、大手版元で働く、世間から見たらスペックの高い女性だろう。そんな彼女が、木嶋が気になってしょうがないという。

■「こいつ木嶋佳苗みたいだな」と罵倒され……

 彼女から依頼を受けて、私は苦い記憶を呼び覚まされた。2010年に第1回団鬼六賞の大賞を受賞し、私は小説家になった。様々な賞に応募し、ひっかかったのが官能の賞だったが、それまで官能小説なんて書いたことはなかったし、団鬼六という冠でなければ応募しなかった。そうして私は思いがけず「女流官能作家」という肩書をつけられ小説家になった。わざわざ「女流」と言われるのは、官能は男のものだという前提なのだろう。

 デビューしてすぐ、あるスポーツ新聞の取材を受けて、その記事がウェブに転載された途端、匿名掲示板で私の容姿への誹謗中傷がはじまった。

「ブスが官能書くな! 死ね!」

「デブスのババアのセックス話、気持ち悪い!」

「こいつの写真を見て、吐きそうになった」

 匿名掲示板の投稿は、幾つかのまとめサイトになり、拡散する。それを見た友人たちも、私が傷ついていないかと心配していたほど、容姿に対する罵詈雑言はひどいものだった。一度も会ったことのない人たちに、私の容姿は罵倒され、憎悪をぶつけられていた。

 その中に、「こいつ木嶋佳苗みたいだな。デブでブスのくせにセックスがどうとか」という書き込みもあった。

 それを見て、私は、「あれよりはましだ」と思ってしまった。私は確かにデブでブスのババアで気持ち悪い、死んだほうがいい女かもしれないけれど?木嶋佳苗よりはましだ、と。

 そう考えたときに、自分が木嶋の容姿を見下していることに気づいたのだ。木嶋佳苗の事件が騒がれた当時、彼女の容姿につかれた悪態を目にするたびに、たとえ犯罪者であったとしても女の容姿はこれほどまでに叩いていいものだという世間の空気を不快に感じていたくせに。

 木嶋に向けられた容姿の罵倒は、私に向けられたものと同じだ。そのくせ私は、「あの女よりも自分はましだ」と思っている。けれど、私と木嶋は、全く正反対の人生を送ってきた。

 私は初体験の男に数百万円を渡して消費者金融で借金を作り、若い頃は返済のためにひたすら働き続けて苦しい記憶しかない。同世代の女たちが、若さを武器にして、男に豪華な食事をおごってもらったり、海外旅行に行ったり、ブランド物をプレゼントされたり、そんな話を聞くたびに、我が身を呪った。自分が醜いから、男から愛されないのだと信じていた。

 けれど木嶋佳苗は、あんな容姿なのに、勤めをした経験もほとんどなく、長年にわたり男からもらった金で裕福な生活をしている。それは私には生涯、手の届かない恵まれた生活だった。私は、ずっとお金がなくて、働き続けてきた。男は私に金を要求し、返さない。自分はそれぐらい価値のない女なのだと思って生きてきた。

 同じ醜い女でも、木嶋は勝ち組で、私は負け組だ。

 この差は、なんだ。

■西池袋にある家賃23〜27万円の“タワマン”に住んでいた木嶋

 そういった興味もあって依頼を引き受け、木嶋佳苗をモチーフにした小説を書くことを決め、木嶋が逮捕時に住んでいた池袋にしばらく滞在することにした。東京の地理に疎いので、池袋という街についての知識はなかった。

 初めて池袋に宿をとった2014年、池袋駅北口から、ネットで適当に決めたホテルに向かい、歩く。立ち並ぶ風俗店、ラブホテル、肌の露出が多めの女が歩き、堅気ではなさそうな男たちが道端にたむろし、ここはあまり品の良いところではないらしいとわかったが、嫌ではなかった。無機質で新しい建物が並び、おしゃれで意識が高い人たちが住む街よりは、居心地が良さそうだ。

 木嶋佳苗の住んでいたマンションは、西池袋のタワーマンションで、家賃は23〜27万円だと言われている。翌日に私は木嶋のマンションを探した。ひときわ高くそびえる立派な建物で、すぐにわかった。

 逮捕当時の木嶋は30代前半で、たとえ大学を出てそこそこの企業に就職していても、その年代の女性で東京のこのレベルのマンションに住める人はどれほどいるのだろうか。しかも、木嶋は赤いベンツまでも所有していた。

 私がその年齢の頃は、京都の風呂はあるがトイレが共同の4万円のアパートに住んで、それでも消費者金融への返済に追われ家賃が払えず、親にバレて実家に連れ戻された。数年後に京都に戻り小説家になったが、今まで家賃が20万円もする住居などに住んだことはない、住めない。

 しかし、実は木嶋佳苗がこの池袋のマンションに転居したのが2009年の8月、同じ年の9月には逮捕されているので、住んでいた期間は短いのだ。それまでは板橋区に長く住み、その前は目黒区だった。

 ル・コルドン・ブルーの料理教室に通い、自伝でもブランド好きをひけらかす女は、なぜ池袋に住んだのか。

 木嶋が住んでいたマンションのすぐ近くには池袋警察署がある。ここに越してきた頃には、既に警察にマークされ監視されていたというのに、どういう神経だったのだろう。

 木嶋佳苗は、1974年に北海道の中標津に生まれる。祖父は町会議長も務めた司法書士で、名士の子だった。父は行政書士で、祖父の事務所を手伝っていた。木嶋は長女で、下には弟が1人、妹が2人いる。1981年に酪農で知られる別海町へ家族で転居した。

 高校生の頃から木嶋は「大人の男の人とホテルを出てきた」などと噂があり、また知人の通帳を盗み金を引き出したとして、窃盗罪で逮捕もされているが、木嶋自身は自伝の中で、当時つきあっていた男に頼まれてやったことで自分は何も知らなかったと書いている。

 1993年に上京し目黒区祐天寺に住み、ケンタッキー・フライドチキンに入社するが、2ヶ月後に退社する。木嶋が正規の職に就いていたのは、このわずかな期間だけだ。

 翌年、渋谷の道玄坂で男に声をかけられ愛人契約を結び、同時に自ら池袋のデートクラブに足を踏み入れて、ここから男から金をもらっての生活がはじまる。最初にセックスしたときにもらったのは5万円だが、その後、社会的に地位の高い男たちから「最低でも10万円」を得ていた。1996年に東洋大学経済学部二部に合格するが、履修届を出さず、のちに除籍となる。

■複数の男たちに貢がせ、月収は150万円

 木嶋は19歳から逮捕される34歳まで、婚活サイトやデートクラブなどを利用し、複数の男とつきあい金銭を得る。一時期はソープランドで働いていたという情報もある。

 本名ではなく「吉川桜」と名乗っており、「桜の欲求不満日記」「ぽっちゃりソープ嬢さくらのブログ☆出勤は謎☆」、そしてネットのウォッチャーたちに逮捕以前から注目されていた「かなえキッチン」などと、複数のブログを頻繁に更新していた。

 ただ黙々と男とセックスして金銭を得るだけではなく、木嶋は自己顕示欲も旺盛で、発信せずにはいられなかった。セレブな私、男性たちに愛される私の姿を見てくれと言わんばかりに。

 木嶋は目黒区から板橋区、池袋と住まいを移しているが、住処にする十数年前、最初に自らの意志で足を運んだのは池袋のデートクラブだった。

 なぜ池袋だったかというと、「渋谷は近すぎる。新宿は恐い。池袋の雑多な雰囲気と距離感がよかった」と自伝にある。

 池袋を根城にしていたのは、便利だったのもあるだろう。駅近くに食事をする場所も多く、ラブホテルが近い。

 池袋のデートクラブは、死者が8人出た1999年の池袋東口の通り魔殺人事件を機にやめたと自伝に記しているが、結局その後も男をおびき寄せる場として池袋を使っている。

 木嶋は知り合った男と、まず四川飯店など池袋東武のレストランで食事をし、西口か北口のラブホテルに向かう。池袋のメトロポリタンに男と泊まることもあり、そこで男に薬を飲ませ昏睡させた。のちに殺した別の男と、池袋西口の交番前で待ち合わせ、そのまま西口のラブホテルに行くなどもした。

 木嶋は池袋のカルチャースクールにも通った。新国立劇場でのオペラ鑑賞会、歌舞伎座での歌舞伎鑑賞会、假屋崎省吾の花レッスン、落語鑑賞会、能楽鑑賞会、鶴屋吉信の京菓子入門、東儀秀樹の雅楽サロン、万葉集と源氏物語の研究会、陶芸、短歌、詩集、写真、料理やお菓子講座など、30以上の講座を受講したとブログに誇らしげに書いてある。

 まるで貴族のような暮らしっぷりだ。2000円のバターなど、食べ物にもたっぷりとお金をかけている。親元を離れて東京でひとり暮らしをする30代の女で、そこまでの時間も金銭的な余裕もある女が、どれほどいるだろうか。

 木嶋の月収は、150万円あったという。複数の男たちに貢がせた金だ。普通の女が、月に150万円を稼ごうとしたら、どれだけ大変なのか。いや、無理だ。たとえ風俗の仕事に就いても、よっぽど人気がないと難しい。

 女たちは、必死に美しくなろうと努力をし我慢を重ねて生きている。プールで泳ぎ、ジムで汗を流し、ウォーキングをし、ヨガをして、美容院に通い、化粧品を買い、美容整形もする。美しくなることは、どれだけ金が必要なのだろうと、年を取るごとに思う。美は金で買える。

 どうしてそこまで美しくあろうとするのか。男の気を惹くためにだと考えるのは、単純すぎる。自分を愛するために、美しくあり続けようとする。自分の価値を高めるために。

 けれど木嶋は、そんな努力などしなかった。好きなだけ食べて身体は膨れ上がっている。ダイエットも化粧もしない。男に愛されるから、自分を愛するために美しくなる必要などないのだ。そうして木嶋は働かずして高収入を得て、貴族のような暮らしをしていた。

 デートクラブをやめても、婚活サイト以外でも「全日本愛人不倫クラブ」「ぽっちゃり系サイト」「妊婦専門サイト」などで男と出会っていた。セックスした男性に「妻にばらす」と脅したり、妊娠したと言い中絶費用を求めたり、あらゆる手段で男たちからお金を搾取していた。

「100万円単位のお金を稼げといわれて途方に暮れた」21歳の“地味な女子大生”が池袋でカラダを売り続ける“悲劇的な事情” へ続く

(中村 淳彦,花房 観音)

関連記事(外部サイト)