厚さ0.5mmの名刺入れ、使い方でずっと便利になるマーカー、“音ハラ”を防ぐボールペン…コスパ最強の使える文房具10選

厚さ0.5mmの名刺入れ、使い方でずっと便利になるマーカー、“音ハラ”を防ぐボールペン…コスパ最強の使える文房具10選

「TVチャンピオン」文房具通選手権に3連覇した「文具王」が選ぶコスパ最強の文房具とは

 6月になり、春から新生活だった人もようやく慣れてきた頃でしょうか。“まわり”が見えてくると、本当に自分の仕事に必要な物が分かってくる時期だと思います。

 そこで、今回は特に新社会人の方を意識して、文具王が自信を持ってお勧めできる「コスパ最強のガチで使える文房具」を10点、厳選してみました。

■1、厚さ0.5mm!邪魔にならない名刺入れ「CARDRIDGE air」

〈【CARDRIDGE air】ロンド工房 2枚入り500円+税

[HP]https://rondowerkstatt.com/cardridge/〉

 新社会人にとって初対面の機会は特に重要です。リモートやメール等で事前にわかっている場合がほとんどですが、それでもやはり初対面の挨拶では儀式としての名刺交換は、話のきっかけとして重要と考える人は多いので、当然の準備として名刺を用意しておく必要があります。

 この名刺ケースは紙製で厚さわずか0.5mm。最小限の名刺ケースです。名刺の収容枚数は5枚程度で、耐久性的にも普段から頻繁にたくさんの名刺を出し入れするのには向きませんが、これでも見た目には名刺交換をする際の名刺ケースという役割を充分果たします。

 極薄でほとんど邪魔にならないので、このケースごと手帳に挟んだり、バッグに忍ばせたりしておけば、不意に名刺交換の場に遭遇しても、よほどのことがない限りその場を切り抜けることができるので安心です。いつどんなタイミングで重要な出会いがあるかわかりません。名刺とマスクの予備は常に携帯しておきましょう。

■2、使い方でさらに便利に!「2トーンカラーマーカー」

〈【2トーンカラーマーカー マークタス】コクヨ株式会社 150円+税 2020年2月12日発売

[HP]https://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/marktasu/〉

 資料等のチェックや整理に便利なカラーマーカーですが、ここにも一工夫することで、グッと効率アップすることができます。たとえばこの「2トーンカラーマーカー マークタス」は、ペン先が2つに分かれていて、持ったままクルッとペン先を回すだけで色を切り替えられるラインマーカーです。

 持ち替えずに色を変えられるのも便利ですが、それだけではありません。重要なのはその色の組み合わせです。カラータイプは、濃淡の同系色になっていて、情報の重要度を色の濃淡で表現することができます。これならたくさんの色を使うよりも見た目はスッキリしているのに、重要度の違いは一目瞭然です。

 さらにオススメなのが、グレータイプ。これは通常のカラーとグレーの組み合わせ。普通なら重要なところを目立たせるラインマーカーですが、グレーはむしろチェックしたところを目立たなくすることができます。

 たとえば来場予定者リストの場合、来場者はピンク、欠席の連絡があればグレーとしておけば、チェックのない人が未定というのがすぐわかりますし、欠席が確定している人を何度も確認する必要がなくなってすごくはかどります。

■3、圧倒的コスパ!「ユニボール ワンF」

〈【uni-ball one(ユニボール ワン)F】三菱鉛筆 300円+税 2021年9月21日発売

[HP]https://www.mpuni.co.jp/products/ballpoint_pens/gel/uniball_one/one_f.html〉

 昨年登場し、文具ファンの間では、圧倒的な品質と性能で話題になったのがこの「ユニボール ワンF」。一昨年に発売された「ユニボール ワン」のアップグレード版的な製品で、インクに含まれる顔料の粒を大きくすることで、顔料が紙の表面にとどまり、従来のインクに比べて圧倒的にクッキリと濃い筆跡が最大の特徴。

 さらにボディには重量バランスを最適化し、ペン先のブレをおさえる金属製のスタビライザーという部品を搭載することで、まるで手の上にまとわりついて離れないようなバランス感。

 ボディデザインもスッキリと洗練されたシンプルな形状に、今流行のくすみ系モノカラーで、手に取りやすい価格帯でありながら、安っぽさを感じさせません。カジュアル系ビジネスペンとしてオススメできる、圧倒的にコストパフォーマンスの高い製品です。

■4、安心感抜群!「ジェットストリーム 3色ボールペン」

〈【ジェットストリーム 3色ボールペン】三菱鉛筆 500円+税 2021年12月13日発売

[HP]

https://www.mpuni.co.jp/products/ballpoint_pens/jetstream/jetstream2/3_colors_507.html〉

 普段仕事で使うボールペン、特にオフィスから一歩出た現場では、何本も筆記具を携帯して使い分けるのが難しい事もあり、1本で何色も使い分けられる多色ボールペンはとても便利ですが、多色ペンって、書く時にいちいち色を選ぶ必要がありますよね。

 でも普段一番使うのはほとんど黒。そこでこのボールペン。黒のノックだけボディの後ろにぴょこっと飛び出しているので、ノールックでノックして書き始めることができます。赤と青は従来通りボディ側面にスライダーが付いています。

 しかも、多色ペンでありがちな、黒インクだけ早く無くなってしまう問題に対し、黒だけインク量を70%も増量した新しい替芯を開発。サイズも形も同じで、見た目には他の色の替芯とほとんど区別がつきませんが、じつはこのチューブの壁を薄くすることで、内径を広げ、容積を劇的に増やすことに成功しています。

 もちろん書き味はなめらか系油性ボールペンとして圧倒的に評価の高い「ジェットストリーム」芯。見た目は地味ですが、隅々にまで配慮が行き届いた安心感抜群の多機能ペンです。

■5、“音ハラ”を防ぐボールペン「カルム」

〈【Calme(カルム)】ぺんてる株式会社 150円〜500円+税 2021年12月15日発売

[HP]https://www.pentel.co.jp/products/ballpointpens/oilbased/calme/〉

 社会人として他人に迷惑をかけないよう心掛けるのは当然ですが、人それぞれ感じ方は違うもの。たとえば音についても、キーボードを叩く音とか、ボールペンをカチャカチャノックする音も、人によっては耳障りに感じる場合があります。最近は「音ハラ」という言葉もあるようで、自分は気にならなくても、配慮するに越したことはありません。

 この「カルム」というボールペンは、これまでとは異なる静音機構を内蔵することで、従来よりもノック音を66%も軽減しています。全くの無音ではありませんが、しっかりノックした感触はありつつも明らかにカドのとれたやわらかなノック音になるので、使い勝手も損なわずに、優しい印象になります。

 またこのペンは、グリップ部分にもこだわりがあります。高級カメラのグリップ部分などによく使われる革シボ加工という、革のような凹凸パターンが刻まれていることで、しっとりとしたさわり心地で、指先にしっかりグリップしてくれます。その効果は他人に対してだけでなく、使っている自分の集中力アップにもつながるかもしれません。

■6、やっぱり減らない手書き…“3分練習メニュー”がついてくる「ビモア」

〈【美文字練習セット「ビモア」】ゼブラ株式会社 1000円+税 2021年11月30日発売

[HP]https://zebra-bimore.jp/〉

 デジタル化が進んだとはいえ、手書きがゼロになることはまだしばらくなさそうです。自分のメモならまだしも、仕事で他人に見せる書類の文字がヘタだとちょっとカッコ悪いですよね。やはり、一社会人として、上手とまではいかなくても、それなりに整った文字を書きたいものです。

 このビモアは、筆圧をかけると先端がしなる機能を持つボールペン。文字を書きやすくするためではなく、文字を書くときの筆圧をコントロールすることで、文字を上手にかけるように練習するためのボールペンです。メモ帳型の練習帳とセットになっていて、QRコードにリンクされた動画を見ながら1日3分×7日間の練習で上達を目指します。

 従来の美文字練習法の多くが文字の「形」に注目しているのに対して、この練習法は、「筆圧」に注目しているのがポイントです。先端がしなる筆圧練習モードはオンオフが切り替えられます。

 私も実際に試してみましたが、筆圧を意識することで日本語の文字に多いトメハネハライなども意識して書けるようになり、また、少し丁寧に書くことができるようになったと思います。(個人的感想です。効果には個人差があります)

■7、メモの極意は…「パッとメモ」

〈 【パッとメモ】デザインフィル 320円+税 2019年1月17日発売

 [HP]https://www.designphil.co.jp/press/web2019/190116_pattomemo.html〉

 新入社員の多くがまず「メモをとれ!」と指導されます。新しく知る知識やルール、指示などをきちんとメモして忘れないことは、仕事をする上では基本中の基本です。特に新入社員の頃は、メモしなくてはならないことがたくさんあるのが普通でしょう。はじめて聞いた単語や、重要な数字など、メモを取り出して、書き込むページを開くのにまごまごしているうちにメモる内容を忘れてしまうこともよくあります。

 ですから、メモの極意は、すぐに白いページが開くことです。この「パッとメモ」は、基本的な形は普通のメモと同じですが、新品の状態ではメモの左側が軽く糊付けされて、ページが一つのブロック状になっています。一番上の紙にメモを書き込んだらそのページをペリッと剥がしておきます。

 こうすると、未使用のページはひとかたまりになっているので、その塊の部分をつかんで表紙を振り落とすように開くと、必ず最初の未使用ページが開けるようになっています。どんな場面でもサッと取り出してすぐにメモる習慣をつけましょう。

■8、パソコンを開くと意外と“スペースがない”!「isshoni. ノート デスク デイリー」

〈【isshoni. ノート デスク デイリー】ダイゴー 300円〜+税 2021年9月発売

[HP]https://shop.daigo.co.jp/item/102323/〉

 リモートワークやリモート会議が増えて、改めて意識されるようになったのが、パソコンを開いているとノートの置き場所が案外ないということ。PCでもメモすることはできますが、リモート会議中などは、画面は相手の顔や共有画面でいっぱいですし、キーを叩く音がそのまま相手に聞こえてしまったりします。

 そこで最近注目されているのが横長ノートです。いわゆる大学ノート(B5)の高さを半分ぐらいに切り落としたサイズ(B6短辺綴じ)のノートが多く、PC手前のスペースに置いたままPC作業と両立することを前提としています。

 PCが便利になったとはいえ、パッと思いついたことをメモしたり、簡単な図に描いて考えたりするにはノートは重要なアイテムです。PC使用時もノートは常に開いて待機しておくことをお勧めします。

■9、その瞬間を逃さない「ココフセンページ」

〈【ココフセンページ】カンミ堂 270円+税 2021年11月24日発売

[HP]https://www.kanmido.co.jp/products/cocofusenpage/〉

 情報はスマホニュースと検索で充分、という人も多いかもしれませんが、ビジネスで成功している多くの人が、読書の重要性について語っています。新しく学ぶことの多い時期には、やはりそれなりの読書の習慣は身につけたいものです。

 そんな読書のお供に便利なのが、このフセン。栞の中に細いフィルム付箋が内蔵されていますから、読書中に気になったところがあればスッと抜いてすぐに貼り付けることができます。

 付箋使いのコツは、思い立った瞬間に取り出せるように準備すること。読書以外のタイミングも含め、この付箋は“その瞬間”を逃しません。

■10、ちょっとした瞬間にあると便利「プチネーム」

〈【プチネーム】シャチハタ株式会社 1100円+税〜 2006年6月1日発売

[HP]https://www.shachihata.co.jp/products/new_item/petit_name/index.php

[メールオーダーページ]https://item.shachihata.co.jp/catalog/product.do?pid=00007412&_ga=2.155808690.865035118.1592634632-128316724.1504898861&pk_vid=d1fd07a56f2680561592644533e8dc87〉

 日本の仕事では、ちょっとした瞬間にあると便利なのが認め印。書類の確認、荷物の受け取りから、回覧まで、無ければないでサインでも済むことは多くなりましたが、ポンと押せばスマートで間違いが起こりにくいので、やはりまだ重要な存在です。しかも、はんこを捺すシーンは自分のデスクだけとは限りません。

 このプチネームは、そんな認め印をコンパクトなストラップ状にしたもの。デスク用とは別に、普段から鞄などにくっつけておけば、いざというときにいつでもすぐに取り出して使えます。リモートワークなどが多くなった今こそ便利なネーム印です。ちょっとしたギフトにも喜ばれます。

■良い文房具は…

 新社会人に限った話ではありませんが、良い文房具は、仕事の効率や気分をアゲてくれる身近な相棒です。日々便利で素敵な新製品が発売され、アップデートされていますから、時々は文具売り場を眺めながら、自分に合った文房具を探してみるのも悪くないと思います。

(高畑 正幸)

関連記事(外部サイト)