首と足を切り取られた胴体だけの死体がトランクに…信濃川で発見された日本犯罪史上初のバラバラ殺人

首と足を切り取られた胴体だけの死体がトランクに…信濃川で発見された日本犯罪史上初のバラバラ殺人

事件の第一報を載せた新潟新聞

 今回取り上げる「鈴辨(弁)殺し」(1919年)は「山憲事件」や「信濃川バラバラ事件」とも呼ばれる。当時大々的に報道されて社会問題となり、大正時代を代表する事件の1つとされる。

 中身を見ていくと、猟奇的な中にさまざまな時代的要素がひしめき合っているのが分かる。

 前年に米騒動を引き起こした米価の暴騰と巨利を得た「成金」に庶民の怒りがくすぶる中、当時は希少だった「学士さま」(大学卒者)の農商務省(当時)エリート官僚が、コメの輸入業者と癒着した揚げ句、借金返済のもつれから後輩学士と共謀して業者を殺害。バラバラにしたうえ、トランクに入れて後輩らに信濃川に投棄させた。日本犯罪史上、最初のバラバラ事件ともいわれる。

 さらに、完全犯罪をもくろんで、トラベルミステリーばりの鉄道を使った広域隠蔽工作までも。「活動写真(映画)のような犯罪」といわれた。世間の「成金」への憎悪から主犯には同情も集まり、演歌や大道芸の口上歌にも。公判では動機を「奸商(悪徳商人)退治」とする主張もあった。

 緻密なようでずさんな計画、身勝手で刹那的な犯行、事件とは無関係なプライバシーまで書き立てる報道……。そこには1世紀の時空を超えた「現代」を感じる。今回も、当時の新聞記事を適宜現代文に直し、文章を整理。差別語、不快用語が登場するほか、敬称は省略する。

■トランクに入った“胴体だけの男の死体”が…

 事件が発覚したのは1919(大正8)年6月6日。新聞の第一報は新潟県の地元紙・新潟新聞(新潟日報の前身の1つ)の6月7日発行8日付夕刊の次のような記事だった。

〈両手両足を切取りし首無し死體(体) 大河津沿岸に於て發(発)見 判檢(検)事刑事の一大活動

 悪魔の所業か、鬼畜の行為か、人間業とも思えない、真に戦慄すべき一惨劇は突如として発見された。6日午後4時半ごろ、(新潟県)三島郡大河津村、字町軽井地先の信濃川に年齢50歳前後の男の、首と両足、両手を切断された死体をトランクに入れた物が漂着した。何分県下ではいまだかつてない重大事件であり、この急報に接すると寺泊警察分署と与板警察分署から各係官が急行。県警察部からは奈良警部が同夜、直ちに数名の刑事を率いて現場に出張し、新潟裁判所からは長岡予審判事、中島検事が出張した。

 死体は巡査と村民に張り番をさせて通行人を近寄らせなかった。〉

 実際にトランクに入っていたのはバラバラにしたうちの胴体と両腕だった。では、全国紙はどうだったか、と調べても見当らない。のちに時代を代表する大事件と騒がれるようになったが、発生時は地方の事件として東京の新聞に載らなかったようだ。

 新潟新聞以外で事件が紙面に登場したのは3日後の6月11日朝刊。しかし、東京ではなく大阪の毎日新聞であり、事件の性格も違う。

「外米輸入商家宅捜索 横濱(浜)鈴木辨蔵商店取り調らる」の見出しで、横浜地方裁判所検事局が10日、外米輸入商「鈴木辨蔵商店」と横浜市内の同商店東京支店主任宅を家宅捜索。帳簿などを押収したと記述。

「同商店は昨年中、汽船でサイゴン米2万袋を輸入。その他、浅野物産、湯浅商店などから多量の外米を買い込んだが、この間、世間の注目を避けるため、東京支店その他の名義を用い、買い占め、売り惜しみの暴利取締令に触れる行為をした疑いがある」と書いた。

 この時点で警察は、信濃川のバラバラ事件の被害者が鈴木辨蔵であることを把握しており、容疑者3人とも身柄を確保していた。実際はその事件での家宅捜索だったが、警察側が別の経済事犯絡みと思わせたのか、新聞が勝手にそう思い込んだのか――。

■「怪しいトランク信濃川に漂流す」との急電が…

 翌々日の6月13日付朝刊では、数紙が「農商務省技師収監」を報じるが、東京日日の主見出し「山田技師収監さる 外米關(関)係の不正事件」で分かるように、殺人事件ではなく「事件は外米に関する不正なり」(同紙)とした新聞が多かった。

 中で國民新聞は「驚死すべき空前の大事件 外米課技師収監 ???續(続)いて横濱(浜)の米商 鈴木辨蔵の行方不明」と、次のようにもっと異常な事件であることをにおわせた。

〈 農商務省臨時米穀管理部外米課技師、農学士・山田憲氏は9日、突然文官分限令第11条第1項第4号で休職を命ぜられ、即時警視庁の手を経て収監された。事件の内容については、農商務省、警視庁をはじめ、各方面ことごとく口を箝して(つぐんで)秘密を語らないが、事件は重大、複雑なもので10日、最終列車で出発した鈴木農務書記官の神戸訪問出張も、この事件に関連しているといわれる。〉

 記事の冒頭はこうだが、同じ紙面の左端に突っ込んだ形で「あゝ(あ)外米商鈴木辨蔵 何故(なにゆえ)の行方不明ぞ、何故(なにゆえ)の所在不明ぞ」が見出しの記事が。

「横浜市太田町1ノ22、米穀商・鈴木辨蔵氏(65)は今月初めごろから突然行方不明となり、家人はその行方を捜索中ということだ。氏の家出については種々の風説があるが、昨年来ラングーン米の買い占めをするに際し、ある関係の暴露に関するものらしいという」

 結果的に動機は違ったが、実質的に特ダネといっていい。

 この事件について植原路郎「明治・大正・昭和大事件怪事件誌」(1932年)は「米騒動勃発以来、米価に関する事件頻発の折柄『怪しいトランク信濃川に漂流す』との急電が新潟通信部から國民新聞編集局へ到着したのは大正8年初夏のことであった。この特電は警視庁に入るのよりも確かに2時間は早かった」と記述。「第一報の『國民』号外は400円(現在の約62万円)の罰金を仰せつかり、これに懲りず報道機関を誇った『東京日日』の号外は1000円(同約154万円)の罰金を申しつけられた」と書いている。

■「新潟の豪農の家に生まれ…」山田憲の経歴

 当時は新聞紙法による言論統制があり、「安寧秩序」「風俗紊乱(びんらん)」を理由に内務大臣が新聞記事の掲載を禁じることができた。違反した場合は罰金が課せられた。

 ただ、「バラバラ死体発見」の段階では被害者の身元も容疑者も不明で、記事を差し止める理由がない。罰金を食らったのは、エリート官僚の関与が浮上したこの13日付國民の記事と翌14日の東日号外のことだと思われる。

 奇妙なのは、國民と同じ6月13日付朝刊では、報知新聞が社会面の大半を使って「外米豪商鈴辨の主人 突如行方不明となる」「農商務技師 山田憲氏拘引」の見出しを立てて報じていること。

 家宅捜索は、外米の買い占め、売り惜しみに関連すると伝えられているが、最もいぶかしいのは、鈴木辨蔵が5月31日から消息不明で、本人名義の短い電報が届いていることだとした。

 明らかに辨蔵が何らかの事件に巻き込まれ、それに山田憲が関連している可能性を視野に入れている書き方。報知は罰金を食らわなかったのだろうか。

 山田憲の経歴については東日が詳しい。

「新潟県南蒲原郡中島村字中條の豪農の家に生まれ、大正5年、農科大学=東京帝大農科大学(現東大農学部)を卒業して農商務省の技師となった。昨年、米暴動の際にはラングーン(現ヤンゴン)、サイゴン(現ホーチ・ミン)など、外米の産地に出張して買い付けをし、8月に帰国。以来月2〜3回は九州、関西方面の農会に出張しており、今回また神戸方面に出張していた」

 さらに東日には「省中で若手の敏腕家」という記事も。「山田を熟知する農商務省の某高官」の談話として次のように書いている。

〈 山田は誰に聞いても分かるが、性質恬淡(物事に執着せずあっさりしている)、むしろ蛮的な豪壮な男だ。駒場時代から『山憲』とあだ名され、野球も柔道も、暴れごとにかけて一頭地を抜き、農商務省でも柔道団をつくり、その牛耳を執って(同盟の盟主となる)いた。新潟県人で恒産(一定の資産)もあり、先ごろまで独身でいたが、老母がガンを長く患い、近ごろ重体で入院中なので、以前から話のあった某農学博士の令嬢とさる4月、急に結婚した。しかし、公然の披露はまだしていない。〉

〈 何しろ外米の調査にかけては農商務省中、若手で彼くらい分かる男はなく、先般インドに行ったときは、シャツ1枚になってクーリーと一緒になって調査した結果、大成績を挙げた。その他の公務も見事な手腕で、近くサイゴン方面に出張すべく内命を受けていた。恒産はあり、豪壮の彼が私欲的な行動に陥るとは誰も信じられないところだが、才物はとかく魔が差すことがあるから何とも分からない。〉

■「読む者を戦慄、驚倒させずにはおかない」殺人 

 憲の「結婚」相手の父は「某農学博士」となっているが、その後の報道や「警視庁史 大正編」によれば、静岡県選出の元衆院議員で、辨蔵とは旧知の間柄。彼が2人を引き合わせたという。

 翌6月14日、東日は2ページの号外を発行した。事実関係に誤りもあるが、被害者、容疑者についてのサイド記事もそろって、続報ながら完璧な特ダネだ。

〈稀代の大犯罪!!! 山田農商務省技師等 鈴辨主人を惨殺す

共犯は渡邊農学士、山田米店主 鈴辨は横濱の百万長者なり

 既報のように農商務省技師、農学士・山田憲(30)が休職のうえ、東京監獄に収監されたことについては、しばらく「外米に関する不正事件」としてのみ掲載していたが、ようやく事件の真相を発表することができる時期に到達した。げに(実に)彼とその一味の者の犯した世にも恐ろしい殺人犯(罪)は、読む者を戦慄、驚倒させずにはおかない。〉

 抜きネタであることを意識してか、相当大げさな書きぶり。記事は続く。

■「生来強欲の男で、利益のためには身命を賭すことも辞さないほど」

〈 元々山田は大正5年、東大農科を卒業するとすぐに農商務省の外米課勤務となっていた。昨年夏、米価高騰問題が起きると、サイゴン、ラングーン、トンキン=フランス領インドシナの一部(現ベトナム)=方面へ出張して、帰朝以来職務上の関係から幾多の外米商に応接することになったが、そのうちに横浜市太田町1ノ22、米穀商・鈴木辨蔵(65)という者があった。鈴木は巨万の富を有し、ことに外米買い占めで大きな利益を博して百万長者の名を得たが、生来強欲の男で、利益のためには身命を賭すことも辞さないほど。同業者の間には「ズル辨」のあだ名で知られるぐらいだった。

 鈴木は一度山田憲と面接すると、憲の役人に似合わずなかなかの切れ者であることを知り、これを利用してひともうけしようと、憲がまだ森元町に住んでいたころ、夜ひそかに訪問し、相提携して外米の買い占めをしようと申し入れたところ、利にさとい憲はすぐ鈴木の要求を受け入れた。以後、たびたび密会。憲は農商務省の外米輸入の秘密を鈴木に漏らし、鈴木はまたその利益を憲に分配した。その金額は今春から今日までに数回、数十万円に及ぶ。しかし「悪銭身につかず」、憲はせっかく鈴木と共同して得た大金は相場に手を出して損失し去った。一方、府下荏原郡大崎町字上大崎に移転。家賃なども下級奏任官に不似合いの60円(現在の約9万円)を支払い、生活ぶりも著しくぜいたくに流れたことから懐具合がいよいよ苦しくなった。〉

 奏任官とは当時の文官の階級で上から3番目。高等官3〜8等相当の中堅官僚。現在の汚職事件でもその土壌となる官僚と業者の癒着が進み、法令違反に問われるような不当利得を得ていたことになる。そして、東日号外の記事は事件の核心に入っていく。

〈(山田憲は)ここに悪心を起こし、鈴木がかねてより外米指定商になることを希望していることを奇貨(めったにない機会)として5万円(現在の約7700万円)を出せば、上司に運動して日頃の希望が達せられるようにする旨、鈴木に申し送った。神ならぬ身の鈴木はだまされるとは露知らず憲の言葉を信じ5月31日、横浜を出て鈴木商店東京支店支配人から100円紙幣で5万円を受け取り、それを懐に憲の私宅を訪ねた。31日午後7時ごろのことだった。〉

■紙面に不審な伏せ字が…

 それにしても、動かした金が巨額なのに驚く。犯行に至る経緯や犯行の内容は資料によって異なるが、ここはひとまず東日号外を見よう。「野球の棒(バット)で撲殺し 懐中の五萬(万)円を奪つ(っ)て 手足を切放つ 首と胴を〇〇〇〇に押込み 新潟地方某所に遺棄す」という長い中見出しに続いて犯行の模様が語られる。

〈 憲は鈴木の来訪を聞くと自ら玄関に出て非常に快く2階の応接間に通し、約30分にわたって人を避けて密談していたが、憲の言うことと手紙の文面が違っていたため、ついに口論になった揚げ句、組み打ちになった。物音に階下にいた憲方の同居人、農学士・渡邊惣藏(24)=昨年7月、東大農科卒業=が2階に駆け上がり、2人の状態を見て憲に助力。そこにあった野球のバット(憲は大の野球好き)で鈴木をめったやたらに殴打し、2人で力合わせて鈴木を撲殺するとともに懐中の現金5万円を奪った。憲と渡邊は死体の始末に困り、相談のうえ鈴木の手足を切断。かつて海外に携帯した「K.Yamada」とローマ字で署名した〇〇〇〇の底と縫い目をロウで堅く固め、鮮血が外に漏れないようにして、手足のない鈴木の死体を押し込めた。〉

 読んでいて不審に思うのは「〇〇〇〇」の4文字。事件の概要を知っている者にはすぐ「トランク」だと分かるが、なぜ伏字にしたのか。憲の読みは「けん」ではなく「あきら」で、トランクの署名は「A.Yamada」だったとする資料もある。そして、記述は死体遺棄の場面に移る。

■「死体入りの〇〇〇〇」を携えて汽車に乗り…

〈 この犯跡を永遠に秘密にしようと、憲は自分のいとこである麻布網代町210、白米商・山田庄平(38)を呼び、事情を明かして3人共謀。5万円から8000円(現在の約1200万円)を抜き出して3人の旅費として分配。残りの4万2000円は自宅の便所下に隠した。それから3人連れ立って死体入りの〇〇〇〇と、切り離した手足を携えて自宅を出発。手足は品川付近の共同便所の中に遺棄し、〇〇〇〇だけを持って品川駅から汽車に乗り、迂回して越後長岡駅に到着した。そこから船で〇〇〇に行き、携えた〇〇〇〇を投入、遺棄した。3人はそれから手分けして青森その他奥州方面に行き、横浜にある鈴木商店宛てに、あたかも鈴木自身が打電したように電報を打ち、それで犯罪の跡をくらまそうとした(一説には、手足は別の〇〇〇〇に詰め、胴体とともに投入したという)。〉

 実際には、記事末尾に「一説には」とある通り、脚は別のトランクに入れ、胴体のトランクと一緒に遺棄している。ここでは、死体遺棄を3人で行ったという点が大きな誤り。胴体の遺棄場所も「〇〇〇」と伏せている。記事のネタ元が刑事ら警察関係者であることは明らかだが、「犯人しか知らない事実」として公判維持のために配慮したということか……。

■裁判で認定された事実に見る「犯行の瞬間、何が起こったのか」

 遺体の発見現場は新潟だが、殺人の犯行現場は東京であり、事件の全貌が見える情報が入ったこともあって警視庁が捜査の全権を握った。だからでもないだろうが、事実関係は「警視庁史 大正編」と「新潟県警察史」という警察の正史同士でも微妙に違う。

 犯行については裁判で認定された事実を見るしかない。一審東京地裁の判決を現代文に書き直すと――。

〈第一 憲は農商務省技師として外米管理に奉職中、大正7(1918)年10月以降、新潟市で定期米の買い付けと定期株式の売買をし、同8年3月ごろ、既に多額の損失を生じ、金の調達に苦心していた。同年4月中、鈴木辨蔵が外米指定商になることを希望しているのに乗じ、金をだまし取ったうえ、鈴木を殺害し、死体を遺棄して犯跡をくらますことを決意。被告(渡邊)惣藏とその方法を協議した。同年5月21日、府下目黒村、料理店「内田屋」で辨蔵と面会。惣藏を局長付・木村某と詐称し、某商店は20万円(現在の約3億1000万円)を贈賄して指定商になったことから、希望を達したければ15万円(同約2億3000万円)を出せと申し向けた。辨蔵にためらいの色が走ったのを見て憲は、いつか官僚を辞めて辨蔵と一緒に事業をやる意思があるとうそをつき、ついに辨蔵に5万円を出すことを承諾させた。〉

 そしてついに殺害の場面に。

〈 同月24日午後8時ごろ、目黒駅付近の道路で5万円をだまし取った。31日、憲の住居に辨蔵を招き、2階8畳間で同夜8時ごろ、憲と辨蔵が対談中、惣藏がバットで辨蔵の背中を打ち、次いで手ぬぐいで首を絞めた。憲も辨蔵をあおむけに倒して右手でノドを絞め、窒息死させた。

第二 憲と惣藏は死体を遺棄する場所について協議した結果、6月1日、憲は庄平に事情を話し、死体運搬の助力を求めた。憲は自宅納屋で小刀とのこぎりで辨蔵の死体の首、左下肢、右股の順に切断。2個のトランクに納め、翌日午後6時半、惣藏と庄平はそのトランクを携帯して長岡市に向け出発した。翌3日、同市中島町、船乗り業、高野久蔵に事情を告げずにトランクを船に乗せ、同夜8時から9時までの間に古志郡上川西村字川袋と脇川新曲付近で信濃川に投棄した。〉

 残った首と脚は長期の捜索の結果、7月8日に発見される。東日号外に戻れば、別項で「犯跡を晦(くら)ます為 奥州から偽電」の見出しの記事が載っている。

 辨蔵が行方不明になった後のことを、長男が「そのうちに奥州方面から父の名で『外米を売るな』と4〜5回電報を打ってきて、最後に青森から電報があったが、合点がいかないので、東京支店の主任を青森に出張させ調べたが行方が分からず……」と語っている。

 一方、「山田、新聞を見て 愕然として自首」という別項記事も。自分の署名が入ったトランク入りの死体が発見されたことから「到底罪状の発覚を免れずと良心の呵責に耐えず」と書いているが、「自首」のいきさつはかなり違うし、犯行の偽装工作までしているところからみて、そんな殊勝な心がけではなかったはず。

「彼のごときは速やかに葬らなければならない」“資産15億4000万の男”をバラバラにしたエリート官僚の“義憤” へ続く

(小池 新)

関連記事(外部サイト)