「ああ、ヤッてるな…」浜名湖湖畔で摘発された“120人乱交パーティー” 警察が踏み込んだ午前3時には80人が…

「ああ、ヤッてるな…」浜名湖湖畔で摘発された“120人乱交パーティー” 警察が踏み込んだ午前3時には80人が…

120人が集まる乱交パーティーが行われた貸別荘 ©文藝春秋

「ぴかぴかのランドクルーザーや高級外車に乗ったいかにもヤクザ風なカップルから、軽ワゴン車に乗ったイケイケな30代の若者カップルまで、40台以上の車が次々とやって来ました。しまいには足立ナンバーの古い中型バスまで入ってきて驚きましたよ。バスからは、食べ物の入ったダンボールや、大人のオモチャらしきものを入れたプラスチックケースを持った老若男女が20人以上ゾロゾロ降りてきて、かなり目立っていました」(近隣住民)

 保養施設や貸別荘が点在する静岡県湖西市・浜名湖湖畔の静かな土地で、夜を徹して行われた酒池肉林の大饗宴――。

 静岡県警は12日、貸別荘で11〜12日にかけて120人規模の乱交パーティーを主催したとして、自称自衛官の田淵照明容疑者(54)と自称看護師の加藤砂恵子容疑者(51)を公然わいせつほう助容疑で現行犯逮捕した。

 他にも複数人の前で全裸で抱き合ったとして、客の自称会社経営の男(52)と自称専門学校生の女(34)を逮捕。摘発のきっかけは、5月に警察庁に寄せられた匿名の情報提供だったという。大規模摘発の様子を社会部記者はこう話す。

「客の参加費は男女1組で1万円。主催者がLINEの掲示板で『令和4年浜名湖フェス』と題したオフ会を装って参加者を募り、120人が集まりました。参加者は20代から60代まで幅広く、主婦や不倫カップルも参加していたようです。警察が突入したのは12日の午前3時頃でしたが、既に40人ほどが会場を後にしており、残った80人の大半は乱交とスワッピングで疲弊して眠り込んでいました。部屋には使用済みのコンドームも散乱していたようです」

■「裸だったが、陰部は服で隠していた」

 警察が現場に踏み込んだのは深夜3時だが、準備は日中から周到になされていたという。

「警察は船をチャーターして、当日の昼から浜名湖の水上で乱交の様子を監視していました。最悪、湖に飛び込んで逃げる人がいる可能性もあるので浮き輪を用意するなど周到に準備した後、一気に警官140人が突入。貸別荘の周囲は保養施設で人目に付きづらく、少なくとも3年前から毎年同じ時期に開催していたようです。逮捕された主催の田淵容疑者は『裸だったが、陰部は服で隠していた』と容疑を否認しています」(同前)

 逮捕者の年齢は40〜50代が中心。近隣住民によると昨年も、コロナ禍の中100人近い参加者が集まり、海に面した貸別荘1棟を借り上げていたという。今回は、更に隣接する1棟も借り、120人という大規模の乱交パーティーが繰り広げられた。

 貸別荘のホームページには、水上スキーなどのマリンスポーツや釣りなど「アクティブなリゾートライフ」を満喫できる宿泊施設と説明があるが、乱交パーティーに使われるとはまさか想像もつかなかっただろう。施設管理者の男性も戸惑いを隠せない。

「貸し切り料金は1棟あたり3万円、予約人数は計40人でした。普段は10人程度の家族連れがメインなので、40人でもかなり多いなとは思いました。それがまさか120人もいるなんて……。それぞれの施設に30畳ほどのリビングがありますが、そんな大人数が入るのかと驚きました。目立って汚れていたわけではありませんが、清掃業者に片づけを頼んでいるところです。いつ営業再開できるのか、目途はまだたっていません」

■「『ああ、ヤってるな』と……」

 そんな管理者の苦労とは裏腹に、参加者たちは意気揚々とハメを外していたようだ。

「ほとんどの参加者が集合した夕方には、湖に面したテラスで男女仲良くバーベキューをしたり、煙草を吸いながらしゃべっている姿も見えましたね。さすがに屋外の人は服を着ていましたが、窓越しに室内の食堂で全裸の男がウロウロしている姿が見えました。カーテンで外から見えないように隠してはいましたが『ああ、ヤってるな』と……。部屋からは浜名湖の風光明媚な景色が見渡せます。今思えば、景色を楽しみながら、一日中セックスしていたのでしょう」(近隣住民)

 120人もの参加者が全国から集ったことは、駐車場に集まった自動車にも現れていた。

「貸別荘の駐車場には、京都などの関西から北関東まで全国津々浦々のナンバーの車が停まっていました。バスは貸別荘に続く湖畔の細い道を通れないので、客と荷物を下ろした後に近くの民宿の駐車場に停めていたようです。参加者を会場へ送迎する“輸送班”のような人たちがいて、近くの民宿にも部屋を取っていたようです」(同前・近隣住民)

 そんな大人たちの一夜の饗宴にも、終焉が訪れる。

「警察が突入した深夜3時には、約30台の警察車両が近くの駐車場に溢れかえり、騒然としていました。普段は夜になると夜釣りの人がいるぐらいで、50メートル先の話声や近所のテレビの音が聞こえるぐらい静かな田舎町なので驚きました。現場の貸別荘は、普段はバイクのツーリング客や楽器の練習をする人、学校の運動部の合宿などで使われていた施設。最近はコロナの影響もあって週末に少し客がいるぐらいで、いつもしーんとしていました。正面は学校の保養施設で人で事件当日も使われていなかったので、思う存分ハッスルしていたのだと思います」(別の近隣住民)

■取り調べが朝7時に終わると、ゲッソリした姿で…

 ほとんどの参加者は事情聴取だけで解放されたが、主催者を含めて複数人はその場で逮捕された。

「逮捕された加藤容疑者は白い服を着て、ハイヒールを履いて午前5時過ぎに警察車両に乗り込んでいきました。参加者の中には、かなり露出の多い服装で着崩れたまま出て来る人もいましたね。参加前は談笑しながらニコニコしている人も多かったのですが、朝の7時頃に取り調べが終わると、ほとんどの人はゲッソリした姿で無言で次々と去っていきました」(同前)

 120人という大規模摘発でにわかに世間の注目を集めた乱交パーティー。近年はSNSなどで派手に集客する“アングラビジネス”として巨大化しており、ハプニングバーや既存サークルとの関係も悪化しているという。( #2 へつづく)

◆◆◆

「文春オンライン」では、今回の件について、情報を募集しています。下記のメールアドレス、または「文春くん公式」ツイッターのDMまで情報をお寄せ下さい。

メールアドレス:sbdigital@bunshun.co.jp
文春くん公式ツイッター: https://twitter.com/bunshunho2386

「週3でハプバーに通い、週末はホテルの乱交パーティへ」かつての黄金期が去り、“高級風俗”化が進む乱交サークルの実態 へ続く

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)