「若い男性にも躊躇なく突撃するので『勇者』と呼ばれ…」浜名湖120人乱交パーティーの主催者は裏サイトで有名な54歳&51歳カップル

「若い男性にも躊躇なく突撃するので『勇者』と呼ばれ…」浜名湖120人乱交パーティーの主催者は裏サイトで有名な54歳&51歳カップル

全国から120が集まる乱交パーティーが行われた、浜名湖湖畔の貸別荘 ©文藝春秋

「週3でハプバーに通い、週末はホテルの乱交パーティへ」かつての黄金期が去り、“高級風俗”化が進む乱交サークルの実態 から続く

「浜名湖の大乱交パーティーのことを、田淵と加藤は『東と西のエロ対決!』と呼んでいました。東京からも関西からも人が集まるので1年で一番儲かるイベントだったようで、2人は特に張り切っていました。相当な額稼いでいたみたいですよ」(田淵容疑者らの乱交パーティーに参加したことがある男性)

 静岡県警は12日、貸別荘で120人規模の乱交パーティーを主催したとして、自称自衛官の田淵照明容疑者(54)と自称看護師の加藤砂恵子容疑者(51)を公然わいせつほう助容疑で現行犯逮捕した。他にも複数人の前で、全裸で抱き合ったとして、客の自称会社経営の男(52)と自称専門学校生の女(34)を逮捕した。

 事件が発覚するきっかけは、5月に寄せられた元参加者からの匿名通報だった。捜査関係者によると、前代未聞の100人オーバーという数字に、署で対応した警察官も「連行・留置できる人数のキャパを大幅に超えてしまう 」と戸惑いを隠せなかったという。

■アダルト掲示板で有名なカップル「シュン」と「リンコ」

 そんな地元を困惑させる“お騒がせパーティー”の主催者2人は、アダルト掲示板では有名な主催者だったという。田淵容疑者らの乱交パーティーの元参加者の男性が証言する。

「田淵は自らを『シュン』、加藤は『リンコ』と名乗っていました。シュンは結婚していたと思いますが、リンコは独身。2人のプライベートでの肉体関係はわかりませんが、シュンは年齢もあってか“勃ち”が悪く、パーティーで2人がセックスしているのは見たことがありません。アダルト掲示板のなかでは『熟カップル』というハンドルネームを使っていて、有名なカップルでした」

 アダルト掲示板にある2人のプロフィールを見ると、「非日常空間…淫靡な空間…をこよなく愛する者です! 様々な趣味、趣向を癖として共有する人達と一緒にこの空間を無理なく、真のエロスとして楽しめたらと思います!」という自己PRが記載され、加藤容疑者と思われる尻を突き出した女性など、卑猥な写真9枚が掲載されている。

 田淵容疑者は元々別の女性と“パートナー”を組んでいたが、「金にケチすぎる」と言われ、そりが合わず解消。その後加藤容疑者と知り合い、新しい相棒として7〜8年前から2人で乱交パーティーの主催を始めたという。

「2人は元々よくパーティーに出入りしていたのですが、雑司が谷の高級マンションを借りて、月に1回ペースで昼間から翌朝まで100人規模のパーティーを開くようになりました。人の出入りはあるものの、同時に50人以上部屋にいるので、ドロドロの汗を早く流したいのにシャワー待ちの行列が凄かったのを覚えています。マンションの契約が切れてからは、浅草の貸店舗を借りて同じような規模のパーティーを開催していました。徐々に手を広げていて、新宿・歌舞伎町の高級ビジネスホテルで20人ほどの少人数パーティーを開くこともありました」(同前)

■“質”を省みずにコストを切り詰めるケチっぷり

 多い時期は月に10回ほど、しかも少ないときでも数十人での“乱交”とはすさまじい性欲だが、田淵容疑者と加藤容疑者の目的はセックスだけではなかったという。

「パーティーを開催する2人の目的は、完全にビジネスです。アダルト掲示板やLINEの掲示板で大々的に参加者を募っていましたが、参加費は男性の単独参加が7000〜1万円、カップルは5000円、女性の単独参加は無料。『単独男性(1人参加の男性客、参加費が高い)を呼ばなきゃ金にならない』といつも言っていて、実際に男あまりのパーティーが多かった。男女比は100人規模では7:3、小規模だと9:1ぐらいのことも。だから数人の女性の周りに男性が群がるような状態でした。部屋に入った客からシュンは『金! みかじめ料や!』と言いながら集金してまわり、財布はいつもパンパンでした」(同前)

 利益を少しでも上げるために、パーティーの“質”を省みずにコストを切り詰めることもあり、参加者からヒンシュクを買うことも多かった。

「パーティーの食べ物は参加者の差し入れの冷凍の唐揚げやポテトばかりで、他にケーキやお酒が少しある程度。しかも2人はとにかくケチで、差し入れのジュースなどを自分の鞄に詰めて持って帰ったりもしていました。最低限必要なものを買うときも、シュンは『楽天ポイントが貯まるところで買ってるんだ』と自慢していました。場所代やコンドームの値段を引いても、パーティー1回あたり100万近くの利益が出ていたと思います」(同前)

■自称自衛官で“体育会系気質”

 自称自衛官と報道されている田淵容疑者は、乱交パーティーでも年下の男性客に後片付けを命令するなど“体育会系気質”を発揮していたという。

「シュンは自衛官であることを自慢気に話していました。茂原市内の自衛隊施設で働いていると言っていて、『●●空挺団』と背中に書かれた黒いTシャツをよく着ていました。乱交パーティーでも、なにかにつけて武器の話をしだし、『銃は持つと本当に重いんだ』と嬉しそうに話していました。上下関係をものすごく気にするタイプで、歳下の若い客には『お前ちょっとこい!』と完全な上から目線。大人数では緊張して勃たない男性も多いのですが、フォローするどころか『クソ単(単独参加の男性のこと)』と呼び、『お前は出禁な!』とか『次は倍払え!』と威張り散らしていました。その一方で、年上の経営者にはペコペコしていましたけどね」(同前)

 田淵容疑者の乱交パーティーへの思いは強く、“成り上がり”の手段でもあったようだ。

「彼はいつも『俺は日本一の主催者になる! パーティーに命賭けてんだ!』と口癖のように話していました。でもやってることと言えば、お金持ちの参加者に取り入って奢ってもらうぐらい。経営者のお客さんに連れて行ってもらったお台場の高級ホテルからバスローブを持ち帰ってきて、自慢気に乱交パーティーで着ていたこともあります。それ以外の時はTシャツにジャージでしたが、パーティーの行き帰りはなぜかスーツでしたね」(同前)

■加藤容疑者には頭が上がらず

 ただそんな田淵容疑者も、パートナーの加藤容疑者には頭が上がらなかったようだ。

「パーティーはどちらかというとリンコが主導で、シュンよりも明らかに立場が上。リンコはサバサバした性格で、現場もいつも彼女が仕切っていました。彼女に嫌われるとパーティーに呼ばれなくなるので、誰も文句が言えない状態でしたね。リンコが何か言うと、シュンは『わかったよぉ……』といつも従う感じでした。

 リンコはAV出演経験もあったようで性欲が旺盛、年齢は重ねていますが若い男性にも躊躇なく突撃するので「勇者」と呼ばれ、その積極的すぎる姿勢がある種の尊敬を集めていました。お気に入りの男性やAV男優がパーティーに来ると、真っ先に誘っていました。いつも『AV男優は勃ちが良いから好き!』と言ってましたね。反対に勃ちが悪い男性のことは馬鹿にしていましたが……。ドレスのような派手な服を着ていることが多いので、逮捕時の白いワンピース姿ですぐに『リンコだな』とわかりましたよ」

 静かな湖畔で一夜にして燃え、消え去った酒池肉林の大乱交パーティー。警察の捜査に対して、主催者の2人は容疑を認めているという。

◆◆◆

「文春オンライン」では、今回の件について、情報を募集しています。下記のメールアドレス、または「文春くん公式」ツイッターのDMまで情報をお寄せ下さい。

メールアドレス:sbdigital@bunshun.co.jp
文春くん公式ツイッター: https://twitter.com/bunshunho2386

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)