〈写真多数〉「す、すごい迫力だ…」常識とはかけ離れすぎた設計! 三鷹市郊外でひときわ目立つ珍奇建築「三鷹天命反転住宅」に泊まってみた

〈写真多数〉「す、すごい迫力だ…」常識とはかけ離れすぎた設計! 三鷹市郊外でひときわ目立つ珍奇建築「三鷹天命反転住宅」に泊まってみた

三鷹天命反転住宅 外観

床は凸凹、トイレに扉はなし、室内の配色は原色だらけ…それでも入居率は100%! 伝説の珍奇建築「三鷹天命反転住宅」が建てられた“意外な経緯” から続く

 東京都三鷹市郊外。自然豊かな住宅街に囲まれたエリアに位置するその物件は、ブロックが積み重ねられたような不思議な構造、原色に彩られた強烈なカラーリングで、周囲に異様な雰囲気を醸し出している。

【写真】

潜入…! 「三鷹天命反転住宅」の内観写真をすべて見る

 建物名は「三鷹天命反転住宅 イン メモリー オブ ヘレン・ケラー」という。芸術家・建築家の荒川修作とマドリン・ギンズが「死なないための住宅」をコンセプトに考案設計した建物だ。ホームページによると、2005年に竣工され、現在は、全9戸の物件のうち5戸が賃貸用、2戸が宿泊・見学会用、残りの2戸が管理会社の事務所として利用されているそう。

 つまり、建物の半数以上は賃貸物件であり、今もいくつかの世帯が、この強烈なビジュアルの建物の中で生活を送っているというわけだ。はたして、この中で生活するのは一体どんな心地なのだろうか、どのような人がここで暮らしているのだろうか……。

 私自身が引っ越すのは難しいけれど、せめて一度は泊まってみたい……。かれこれ数年、興味が頭をついて離れなかった私は、三鷹天命反転住宅が行っているショートステイサービスを利用し、この奇妙な建物に宿泊することを決めた。

■住宅街に突如現れる“珍奇な建築”

 決意さえすれば直ぐに行動。ホームページから予約を行い、現地へと向かう。最寄駅はJR中央線の武蔵境駅だ。

 気持ちがはやっていたのか、チェックイン時刻よりもずいぶん早い時間に駅に到着してしまった。駅から物件までは3km弱。普通なら公共交通機関を利用する距離だろう。しかし、せっかくなので、どのような街に三鷹天命反転住宅があるのかを少しでも知ろうと、駅から歩いて現地へ向かうことにする。

 日差しがじりじりと照りつける中、庭付きの一戸建てが目立つ住宅街をひたすら南下。40 分ほど歩いたところに……あった!

 街路樹に覆われていて、全容こそ確認できないが、ちらと見える原色に彩られた建物は三鷹天命反転住宅に違いない。

 通り沿いにあった無人餃子販売店に興味を惹かれつつ、三鷹天命反転住宅と相対する。近くで見ると迫力がすごい……。鉄製の門を開け、物件を管理する株式会社コーデノロジストが入居する101号室を尋ねる。

「これほど奇抜な物件を管理している会社の人だから、さぞ変わった方が出てくるのだろう……」と、恐る恐るインターホンを鳴らす(ちなみにインターホンは45度傾いたものが設置されている! 変!)と、柔和な雰囲気の男性が迎え入れてくれた。一安心。

「早速お部屋に案内しましょうか」と、エレベーターのスイッチを押し、宿泊用の部屋として利用されている303号室へと先導してくれた。

 建物の奇抜な外見から、さぞ共用部も変わった構造になっているのだろうと推測していたのだが、意外にも、エレベーターや廊下は(色彩こそ独特だが)シンプルなつくり。

 聞いてみると、建築基準法の条項で共用部については細かなルールが多く、エレベーターや廊下は、それらをクリアすることを最優先に設計されているのだという。

■外観に負けず劣らず…強烈な印象を与える室内

 303号室のドアを開けると、外観の奇抜さに負けず劣らず……いや、より、強烈なビジュアルの内観が広がっていた。

 すぐにでも部屋の中を回ってみたい気持ちを抑えつつ、支配人の松田さんから部屋についての説明を受ける。

・さまざまな身体能力の違いを越えて、この住宅には住む人それぞれに合った使用の仕方があり、その使用法は自由であるということ
・3歳の子どもが大人より使いこなせる場所もあれば、70歳以上の大人にしかできない動きも生じること
・“私たち一人一人の身体はすべて異なっており、日々変化するもので、与えられた環境・条件をあたりまえと思わずに過ごしてみるだけで、これまで不可能と思っていたことが可能になるかもしれない=天命反転(Reversible Destiny)が可能になる”という思いが込められていること
・キッチンや水回りの使用
・周辺施設の案内

 三鷹天命反転住宅がどのような物件なのか。コンセプト面から設備の面まで、20分ほどかけて丁寧に話していただいたうえで住宅で用意された民泊の契約書にサイン。

 説明・契約を終え、支配人の松田さんが部屋を出ていく瞬間、「では、たっぷり体験して楽しんでください」とにこやかに語りかけてくれた。

■部屋を一つひとつ回っていくと…

 もちろんたっぷりと体験させていただくつもりです!

 表情でそう伝え、すぐにそれぞれの部屋を見て回っていく。

 まずは、入り口から一番近い「study room」という部屋に。外はピンク、中は真っ黄色の球状で、まるで映画のセットのような印象を覚える。

 中はFRP材のような質感でツルツルとしていて、靴下を履いていると滑りそうになり、転げないように身体のバランスを取る必要がある……。なるほど、これが先に説明を受けた“3歳の子どもが大人より使いこなせる場所もあれば、70歳以上の大人にしかできない動きも生じる”ということだろうか。思えば、球状の空間に足を踏み入れたのはこれが初めての体験かもしれない。

 部屋の中で声を発するとお風呂の中と同じように音が反響する。お風呂で声が響くのは温度・湿度が高ければ高いほど音が速く伝わるためだと聞いたことがあるが、この室内は温度・湿度が特別高いというわけではない。ということは、この独特な形状が反響の要因になっているのだろう。

 この空間で演奏をすると、絶対に気持ちいい。私がもしも楽器を弾けたなら……などと考えながら、その他の部屋もどんどん回っていく。

 隣の部屋は中央部に円状の畳が敷かれていた。畳に寝転がって横を向く。すると、敷き詰められた砂利が目に入る。普段の生活ではなかなか体感しない環境、そして視界だ。

 “畳は四角形”であったり“砂利は屋外に敷くもの”であったり……無意識下で“○○はこういうもの”と思い込んでいることに気付かされる。

 メインとなる床だってそうだ。平面でなく、小さな盛り上がりがそこかしこにあり、歩くと常に足ツボが刺激される。

 それでいてつまずくことはない。どうやら盛り上がりの縁が微妙に暗くなっていて、無意識の内に視覚で凸の部分を認識しているようだ。普段は意識しないが、歩くという行為は、“足を踏み出す”ことそのものではなく、“視覚で状況をキャッチアップしながら足を踏み出す”という、身体の複合的な要素が絡み合った行為なのだということを認識させられる。試しに目をつむって歩いてみると、案の定盛り上がりに足を引っ掛けてつまずいてしまった。

 他にも、天井には大量のフックが設置されている(ここから物を吊り下げて収納スペースをつくるそう)。シャワー室の扉は透明。シャワー室の裏側にあるトイレには扉がない……など、常識とはかけはなれた設計がそこかしこにある。

 大げさに聞こえるかもしれないが、「家とはこういうもの」「部屋とはこういうもの」という“思い込み”にいかに囚われながら生きているかということに気付かされるような思いになった。

 これまでの“住居に関する常識”がことごとく通用しない。それだけに、日々さまざまな創意工夫をこらすことを楽しめる人でなければ、生活を続けていくのは難しそうだ。

 実際にここで暮らしている人は、与えられた環境をどのように活かしているのだろう……。

■三鷹天命反転住宅で暮らし続ける人の室内環境

 実際にこの空間で生活している人は、いったいどんな風に室内を活用しているのか。なんとも見てみたい。三鷹天命反転住宅支配人の松田さんに相談したところ、彼らが建設当初から利用している事務所を見学させてもらえることになった。

 早速、株式会社コーデノロジストの室内にお邪魔する。部屋の構造は今回宿泊した303号室とは微妙に異なるものの、生活におけるさまざまな創意工夫が見てとれる。

 キッチン周りの収納はまるで備え付けであったかのように生活にフィットしている。平面床の部屋にはスチールの本棚を設置し、ワークスペースもバッチリ確保。

 室内にもともとある梯子は簡易的な本・書類置き場となっていて、球状の部屋にはクッションが敷き詰められていて、リラックススペースとして完璧……。そこかしこに生活における工夫があり、思わず感嘆する。建築そのものと生活する人とが、相互に影響し合った結果として、この快適な環境が構築されているのだ。

■夜になると妖しげな雰囲気が漂い始め…

 鼻息荒く、夢中で探訪していると、すでに陽が沈みかけていた。

 夜になり、照明を落とすと部屋の表情が途端に変わる。どこか妖しさも感じるような雰囲気だ。

 室内に平面な場所がほとんどないからか、床の凸凹で足ツボを刺激されたからか、日頃から運動不足な私はすっかりぐったり。簡単に食事を済ませ、事前に用意してもらっていた寝具を敷き、床に就いた。

 翌朝、チェックアウトのために、再度101号室を訪ね、宿泊して体感した思いを支配人の松田さんに伝えると、

「結局のところ三鷹天命反転住宅の魅力は『来ないとわからない』ですよね。なので、私達もどうすれば、よりよく体験していただけるのかなということを日々考えています」と思いを聞かせてくれた。

 記事というかたちで建物を紹介している立場でありながら、「たしかに、三鷹天命反転住宅の魅力は来て、体感しなければなかなかわかりづらいかもしれない」とつい思ってしまう。それだけ刺激的で不思議な一日を過ごすことができたのだ。いかに“当たり前”にとらわれていたのか。いかに身体に無意識で日々を過ごしていたのか……。可能な方はぜひ一度現地を訪れて体験してみてほしい。

 とはいえ「宿泊はちょっとハードルが高い……」と思われる方もいるかもしれない。そんな方に朗報。今回は宿泊利用について紹介したが、三鷹天命反転住宅では、定期的な見学会(大人 2800円/小・中・高校生 1000円/幼稚園以下 無料)を実施している。

 また、2021年3月よりテレワークでの利用プラン(平日火曜〜金曜/11:00〜17:00/1〜4名/1万1000円[税込])も始動。五感が刺激され続ける、独創的な室内で仕事をすれば思わぬアイデアが降りてくるかもしれない。

? 2005 Estate of Madeline Gins. ?Reproduced with permission of the Estate of Madeline Gins.

(工藤 初美)

関連記事(外部サイト)