〈ランキング掲載〉20年前から価格が3倍になっている車も…!? 車種別の値上がり額を調べてみた結果が恐ろしすぎた

〈ランキング掲載〉20年前から価格が3倍になっている車も…!? 車種別の値上がり額を調べてみた結果が恐ろしすぎた

©iStock.com

 給料は上がらないのに、物価ばかりが上がっていく。こうした日本の惨状は、「車の購入」においても生々しく実感することができる。

 たとえば20年前に150万円で買えたシビックは、今では300万円を超え、当時であれば高級車のクラウンに手が届くほどの価格になった。これ以外にも、20年前に比べて1.5倍〜2倍の値が付けられる車種は珍しくない。

 それでは実際のところ、個々の車種で見た場合、どの車がどれだけ高くなったのか。今回は、国内メーカーの乗用車種のうち、「20年前から存続するモデルの最廉価グレード」について、2002年当時からの価格上昇率を調べた。

 以下では、部門を「コンパクト」「セダン」「ミニバン」「SUV」「軽自動車」の5つに分け、「値上がりが顕著な車種」と「値上がりが抑えられている車種」を紹介していく。

 なお、今回は「日常の足」がどれだけ高くなったのかを見るために、スポーツカーやオフロード向けのクロスカントリーなど趣味性の強い車種については扱っていない。

【図解】車種別・価格上昇度ランキングを見る

◆◆◆

■経済性がウリのコンパクト部門…値上がり率は?

 コンパクト部門では条件に合致する車種が6つしかなく、上昇率の差もさほど顕著ではない。値上がり率1位と最下位を紹介するに留めたい。

【1位】トヨタ・ヤリス(旧ヴィッツ) 81.5万円→139.5万円(2002年比:171%)

 コンパクト部門のトップは、2000年代の販売ランキングにおいて上位常連となっていたヴィッツあらためヤリスである。当時は80万円台の廉価グレードを設定していたが、モデルチェンジごとに価格が微増し、現行モデルでは約140万円スタートとなっている。

 なお、現在でもベースグレードには先進安全装備やハイブリッド機構は付いていない。燃費性能やボディ剛性など、基本性能の向上にともない大きく価格が上昇した形だ。

【最優秀賞】日産・マーチ 95.3万円→約128.9万円(2002年比:135%)

 コンパクト部門で最も値上がりを抑えたのは、日産・マーチだった。その他のモデルが2002年比で概ね150%程度の価格になっているなか、マーチの場合は135%に留まる。

 しかしこれは、マーチが2010年からモデルチェンジをしていないことに由来する。一般的な車種のモデルチェンジ周期は6〜7年であるから、その倍も販売を続けていることになる。

 性能や装備の面で新しいモデルに見劣りする感は否めず、今年中に販売が打ち切られる予定である。

■セダン部門トップはなんと「20年前の3倍」

 カテゴリ別に見た場合、とくに値上がり傾向が顕著だったのがセダンであり、平均して約1.7倍の価格上昇が見られた。

【1位】ホンダ・アコード 155.3万円→465万円(2002年比:299%)

 セダンのなかでも群を抜いているのが、「ほぼ3倍」の価格となったホンダ・アコードである。2000年代に入り国内市場の販売が振るわなくなり、一方北米を中心に世界的な販売は好調であったことから、北米市場をメインターゲットに据え、大幅なサイズアップが図られてきた。

 結果として、以前とはまったく異なる車となり、今では日本市場が「おまけ」のような扱いになっている。現行モデルは北米で2017年の発売だが、日本導入は2020年。日本仕様はハイブリッドの単一グレードのみと、かなり限定的な扱いだ。

【2位】ホンダ・シビック 134.8万円→319万円(2002年比:237%)

 シビックも、アコードと同様「国内市場の販売不振により北米市場に照準を合わせた結果、クラスが上がってしまった」車である。結果として価格は20年前の2.4倍近くにも膨れ上がり、シビック(市民)の名前に見合わない車になってしまった。

 今年中にハイブリッドモデルの追加が予定されており、平均購入価格はさらに上がるだろう。実質的なボリュームゾーンは400万円前後と考えると、まさに20年前のクラウン(295万円〜)と同等の価格帯である。

【3位】日産・スカイライン 250万円→435.4万円(2002年比:174%)

 アッパーミドルクラスで長らく「走り」を売りとしてきたスカイラインだが、近年ではセダンの販売不振により、メーカー内での位置づけに変化が見られる。競合車種であったマークXの生産終了からも見て取れるように、このクラスの車種は2000年代以降、常に販売に苦しんできた。

 上位車種であるフーガも売上が伸びず、こちらは2009年のモデルチェンジを最後に、このまま生産終了が予定されている。スカイラインを高級路線にシフトし、実質的にフーガと統合するような形である。

【最優秀賞】トヨタ・プリウス 218万円→259.7万円(2002年比:119%)

 値上がり傾向の顕著なセダン部門のなかで、「価格の優等生」ぶりを発揮しているのがプリウスであり、2002年比の価格は120%以下に留まる。当時と比べてハイブリッド技術が普及し、相対的なコストダウンが可能になったことが大きいのだろう。

 ちなみに、当時の初代プリウスと現行モデルを燃費で比較した場合、カタログ値で約30%の性能向上が見られる。パフォーマンスに見合った価格上昇だといえそうだ。

■ミニバン部門1位は「独自路線」のアノ車

 ミニバンはターゲット層の変わりにくいジャンルだが、やはり先進安全装備の充実や環境性能の向上によるコスト増は避けがたく、平均して2002年比150%ほどの価格を記録した。かつては庶民的な印象のあったミドルサイズのミニバンも、今では400万円を超えるケースが珍しくなくなっている。

【1位】三菱・デリカD:5 192.8万円→393.4万円(2002年比:203%)

 オフロード走行もこなせるミニバンとして長らく唯一無二のポジションを保っているデリカだが、価格は以前の2倍と大きく変化。

 顕著な値上がりは、安価なガソリンモデルをラインナップから外し、ディーゼルエンジンに一本化したことによる。2019年まで販売されていたガソリンモデルの価格は249.5万円であり、むしろ上昇を抑えている部類だ。

【2位】ホンダ・オデッセイ 212.5万円→349.5万円(2002年比:165%)

 全高の低いミニバンとして、エスティマとともに一時代を築いたオデッセイだが、2000年代後半からはアルファードの台頭により立ち位置を失っていく。現行モデルは時流に乗るべくスライドドアを採用し、全高もアップしたが、アルファードの牙城は崩せなかった。

 2020年からは上級グレードの「アブソルート」のみの扱いとなり、最安値が45万円ほど上昇。改良のたび上質感を高めたが、販売は振るわず、昨年末をもって生産を終了し、在庫分のみの販売となった。

【3位】トヨタ・ヴォクシー 189万円→309万円(2002年比:164%)

 今年1月にモデルチェンジしたばかりの新型ヴォクシーが3位にランクイン。2001年の登場から、兄弟車のノアとともにミドルサイズミニバン市場を牽引し、当時は200万円を切る価格で庶民的ファミリーカーを代表する車種だった。

 現在のモデルはグレード構成の面でノアと差別化が図られ、ノアに設定されるエントリーグレードを廃止。先進安全装備やエアロパーツを標準装備としたことで価格が上昇し、ハイブリッドモデルの購入価格帯は400万円台にもなる。

【最優秀賞】日産・エルグランド 289万円→約369.5万円(2002年比:128%)

 コンパクト部門に続き、日産車が最優秀賞に。とはいえこのエルグランドも、マーチと同様に現行モデルの販売は2010年から。

 ハイブリッドモデルの設定もなく、同社の軽自動車にもオプション設定される先進装備「プロパイロット」の設定もない。モデルチェンジを控えれば価格上昇は抑えられるが、機能・性能面で後れをとってしまう、というシンプルな事実を教えてくれる。

■SUV部門はまさかの「伏兵」がトップに

 SUV部門の平均値上がり率は1.5倍ほど。セダン部門で顕著だったように、「海外市場をメインターゲットに据える」ことでキャラクターが変わった車種が上位にランクインした。

【1位】スズキ・エスクード 163.3万円→297万円(2002年比:182%)

「エスクード」と聞いて、パッと歴代モデルをイメージできるのは相当な車マニアだけだろう。軽のイメージが強いスズキだが、普通車のSUVも手がけているのだ。

 先代までは無骨なデザインの本格クロスカントリーだったが、現行モデルはスタイリッシュに生まれ変わり、衝突安全性能や先進安全装備を充実させた。今年4月のマイナーチェンジでハイブリッドを搭載、パワートレインをこれに一本化したことで価格が上昇している。

【2位】ホンダ・CR-V 187.8万円→336.2万円(2002年比:179%)

 1995年に登場した初代CR-Vは、タウンユースのSUVとして国内で人気を博したが、2代目モデルが北米市場でヒット。世界戦略車として徐々にサイズアップし、同時に価格も上昇していった。

 現行モデルは北米市場、中国市場に遅れる形で2018年に国内市場に導入されるも、売上が伸びず今年中の販売終了が予定されている。

【3位】トヨタ・RAV4 160万円→277.4万円(2002年比:173%)

 1994年に登場し、コンパクトSUVの先駆けとなったRAV4だが、上述のCR-Vと似た運命をたどる。世界戦略車としてボディはモデルチェンジごとに肥大化し、国内の需要減から2016年には日本市場での販売を打ち切っている。

 北米市場に半年ほど遅れ、2019年に現行モデルの国内販売を開始。CR-Vとは対照的に好調な売上を記録したが、当時よりも二回りほど大きくなったボディに驚きの声も聞かれた。

【最優秀賞】三菱・RVR 176万円→214.4万円(2002年比:122%)

 SUV部門で値上がり率を最も抑えたのは、三菱のRVRだ。マイナー車種だが、現行モデルは2010年から発売されている。マーチやエルグランドと同様、「発売時期が古いがゆえに価格があまり上昇しなかった」という特殊ケースである。

【敢闘賞】トヨタ・ハリアー 244.5万円→299万円(2002年比:122%)

 上のRVRとほぼ同じ上昇率に留めたのが、元祖都会派SUV・ハリアーである。当時から内外装の上質感を特徴としていたが、その路線を維持しながら安全装備も充実させ、それでいて価格上昇は最低限に留めている。

 ベースグレードで比較すると、たとえばミドルサイズミニバンのステップワゴンよりも安い。20年前、「ハリアーがステップワゴンよりも安くなる」など誰も予想していなかったのではないか。

■軽自動車部門、「下駄車界のエース」が1位に

 日本全国における保有車両のうち、約4割を占める軽自動車。それだけに、価格上昇が国民生活に与える打撃は大きい。カテゴリ平均では、1台あたり約26万円値上がりし、20年前の1.4倍になった。

【1位】スズキ・アルト 55.5万円→94.4万円(2002年比:170%)

 軽自動車部門の1位は長らく「庶民の足」として生活を支え続けてきたスズキ・アルトである。スズキの乗用車最廉価モデルとして、装備を必要最低限に絞ったアルトのベースグレードだが、2021年のモデルチェンジで大幅に価格が上昇。

 先代のモデルは「73.7万円〜」の設定だったが、現行モデルでマイルドハイブリッドや先進安全装備を標準搭載し、20万円以上も値上がりしてしまった。

【2位】ダイハツ・ミラ(現ミラ イース) 55.5万円→86万円(2002年比:155%)

 奇しくも今回、軽自動車の2大メーカーによる最廉価モデルがワンツーフィニッシュを飾った。

 2位のミラ イースは現在モデル末期にあり、ベースグレードには先進安全装備のパッケージは搭載されない。それでも、燃費性能やボディ剛性の向上にともなう価格上昇は避けられなかった。

「軽で一番安い車」たちの値上がりは、「必要最低限」のハードルが高くなっていることを如実に表している。

【3位】三菱・eKワゴン 91万円→132.6万円(2002年比:146%)

 三菱・eKワゴンは、スズキ・ワゴンRなどに代表される「ハイト系」の車種である。20年前のモデルに比べると、先進安全装備の標準搭載に加え、内装デザインも洗練された。近年顕著な「軽自動車の上質化」の流れに乗り、価格も相応に上昇している。

【最優秀賞】スズキ・ワゴンR 86.3万円→109.9万円(2002年比:127%)

 ワゴンRは1993年の登場から市場を席巻し続け、現在主流となったN-BOXなどの「スーパーハイト系」の登場まで「軽の国民車」として長く親しまれてきた車種である。

 このような車種の価格上昇が抑えられている点は歓迎すべきことだが、現行のワゴンRはモデル末期であり、最廉価グレードにハイブリッド機構や先進安全装備は搭載されていない。今後のモデルチェンジに際して、どれだけ価格増を抑えられるかに期待したい。

◆◆◆

 以上、今回の比較では、上昇率の低いモデルでも20年前の1.2倍、平均的には1.6倍ほどの値上がり傾向が見られた。

 もちろん20年前と比べれば、車の性能は全般的に向上している。加えて、世界的な物価上昇や、環境性能・安全性能に関する規制強化といった背景もあり、メーカー側にも止むに止まれぬ事情がある。

 しかしそれはあくまで、マクロな視点での話である。個々の生活主体が直面するのは、「かつて200万円だったものが、320万円になった」という事態にほかならない。差額の120万円について、たとえば「10年間、月に1万円ずつ負担が増える」と考えると、なかなかにグロテスクな現実ではなかろうか。

【図解】車種別・価格上昇度ランキングを見る

(鹿間 羊市)

関連記事(外部サイト)