「あの女なら殺す。あいつならやりかねない」同居の男が、自首を促すことなく警察に通報した理由

「あの女なら殺す。あいつならやりかねない」同居の男が、自首を促すことなく警察に通報した理由

写真はイメージです ©iStock.com

《多摩コンクリ詰め殺人事件》前夫は中国で不審死を…保険金3000万円を入手した40歳女性の“次のターゲット”とは から続く

 被害者に金があるうちは、二人の仲も良くうまくいっていた。同居していた男もこの頃に被害者と会い、被害者の家に金田洋子の娘を連れて遊びに行っている。だが金がなくなると二人の仲は次第に険悪になっていった。

 ある夜、被害者と金田は金のことで口論になった。被害者は、金田に渡す金がもう工面できなくなっていた。だが、被害者にはまだ自宅があり、振込まれてくる年金があった。金田はこの2つに狙いを定めた。

■事件の発覚は同棲相手からのたれ込み

 まず司法書士事務所に行き、家の名義を変更する方法について相談をしている。被害者を殺して、家の名義を自分のものにするためだ。「司法書士のアドバイスで金銭貸借証があれば、貸した金の代りに家を手に入れられると知り、金田は証書を作った。だが、金田が被害者に金を貸したという事実はない」とB氏はいう。

 さらに金田は、被害者の他に交際していた70代の男性に、被害者宅を見張らせている。「様子を見たい人がいると偽り、男性にレンタカーを借りさせ、被害者宅を張り込ませていた。おそらく自分以外に出入りしている女がいないか、確認していたのだろう」というのが当時の警察の見方だ。

 そこから金田は、ホームセンターで何度かに分け、殺害に必要な物を購入し始めている。木嶋佳苗死刑囚と違うのは、木嶋が欲しかったのは優雅な生活ができる金。結婚詐欺がばれそうになると男たちを自殺に見せかけて殺したが、貢いでくれる男はいくらでもいると思っていたのかもしれない。だが金田は、この家と振込まれてくる金が欲しかった。そして、自分の手で殺害することにする。

 残っていた金田の購入履歴には、ロープ、なた、ノコギリ、手斧、人間が入れるぐらいの大きな犬用のケージ、セメントなどがあったという。セメントは5袋ほど購入したが、自分で運べないためタクシーを呼んで持ち帰っている。この時、金田を乗せたタクシー運転手は「チップももらいました」と証言している。

 2006年9月中旬、金田はついに被害者を殺害する。事件が発覚したのは、それから3ヶ月後のことだ。きっかけは、同居していた男からの通報だった。

「男が警察にタレこんできたんだ。娘がいるため、これまで外泊したことのなかった女が外泊し、その後から夜中にうなされるし、言動もおかしくなった。被害者の姿も最近見ないし、その話もしない。何かおかしいと思い、被害者はどうしたんだと女を問い詰めたところ、『殺してしまった』と白状したと話した」(B氏)

■自首を説得すれば、自分たちの命が危ない

 普通ならここで自首するよう勧めるか、娘を不憫に思って事件がバレないよう画策でもしそうなものだが、男は金田に自首を促すことなく通報している。その理由を、男は警察でこう説明したという。

「あの女なら殺す。あいつならやりかねない。あの女は普通の感覚ではない。自首するよう強く説得すれば、かえって自分たちの命が危ないと思った」

 そう感じていたのは、男が可愛がっていた犬がある時、死んでしまったからだった。

「自分と娘になついていた犬が、ある時、金田に歯を剥いて吠えた。その後、自分がちょっと留守にして帰ってきたら、犬が舌を出して死んでいた。咄嗟に金田に絞め殺されたと思ったが、問い詰めず、墓を作って埋めてやった。すると金田が墓の前で号泣したんだ。それを見てこの女は怖い、そのうち自分たちも殺されると思っていた」

 男はB氏にそう打ち明けたという。

■殺人現場に漂う独特の臭い

 刑事たちは当初、男の話に対して半信半疑だった。A氏も「本当かと思ったが、確かに被害者と連絡が取れないし、親戚からも捜索願いが出ていた。親戚が金田に被害者の居場所を尋ねると、どこか旅行に出かけていると言われたというのだ」。

 居場所が確認できないため、刑事らは被害者の自宅を調べに行った。ドアを開け、中に入った途端、「男性は殺されている」とA氏は思ったという。

「臭いだ。殺人現場に漂う独特の臭いがした」

 死の臭いにも種類があるとA氏はいう。孤独死などとは違い、殺しの現場には腐って淀んだような血の臭いがするらしい。

「臭いはキッチンから流れてきていた。キッチンに行くと、そこだけ絨毯が敷かれていて不自然だった。臭いはそこから上がってきていた」

 A氏が絨毯をめくると床下収納が現れ、開けるとプラスチックの蓋にガムテープが何重にも貼られ目張りされていた。ガムテープを剥がし、パカッと蓋を開けたA氏が見たのは、コンクリートで固められた白骨遺体だった。

 金田は床下収納に備え付けられていたプラスチックの箱を外し、その下を掘って穴を広げて、遺体を切断して、そこに押し込んでいた。上からコンクリートを流し込み、蓋をして目張りをしていたが、遺体は腐敗して組織が融解し骨が見えていたのだ。

■死因と殺害方法を特定できぬまま裁判に

 被害者の遺体は発見されたが、この時点で金田が犯人だという証拠は、警察には何もなかった。あったのは男から聞いた金田の告白だけだ。

 日本国籍を取得しているとはいえ、金田は中国出身者。中国に逃げ帰られたら捜査はそこで止まる。逃げられないようにするにはどうすればいいか。刑事らは金田が国外逃亡しないよう身柄を確保するため、窃盗と詐欺容疑で逮捕状を取った。

「同居の男が、金田と一緒に被害者の銀行口座からATMで数十万の金を引き出したと証言し、裏付けが取れていた」(B氏)

 身柄を押さえられると、金田はすぐに窃盗したことを認めた。だが殺人は否認した。鑑識の結果、死体を埋めたコンクリートから、金田の髪の毛が出たことで、警察は金田を死体損壊遺棄容疑で再逮捕。この証拠から遺体を埋めたのは、間違いなく金田だと判明する。

 しかし、金田の弁護団は殺人罪は適用できないと主張した。殺害の道具やセメントを購入し、被害者が死亡後に金を引出し、年金も貰い続けていたなど状況証拠は十分にあったが、遺体の損傷が激しく白骨化していたため、死因や殺害方法が特定できなかったのだ。

 その後、殺害に使ったとされる凶器が、被害者宅の近くに流れる川から次々と発見された。それでも金田は犯行を否認し続け、自分は無実だと主張した。凶器が出ても、依然として死因と殺害方法はわからないままだ。「検察にとって起訴状に、いつ、どうやって殺したのか書けないということは、殺人罪を問うべき裁判が難しくなることを意味していた」と元刑事のC氏はいう。

 だが、ここから裁判の度に金田の供述は二転三転し、混迷していく。無実を主張しようとして発言すればするほど、辻褄が合わなくなっていったのだ。裁判を傍聴していたC氏は、当時の金田の様子についてこう語る。

「完全否認だが、とにかく言っていることが毎回コロコロ変わる。話し始めると、悲劇のヒロインになったつもりか、自分に酔って延々と話し続け、そのうち泣きだす」

■他人に罪をなすりつけているうちに…

 法廷での金田は、誰かが止めない限り話し続け、話しているうちに、どんどん筋が通らなくなっていったという。

「捜査段階では同居の男が殺したと主張し、次には自分に好意を持っていたある男が、被害者を殺害したと主張する。なぜ殺す必要があったのかと裁判官に問われ、『その男は自分と結婚したがっていたから、被害者が邪魔になって殺した』と答える。ところが、その男は当時、病気で入院していたことがわかっていたので、それを伝えると、それきり黙り込んだ」(同前)

 別の公判では、「私が同居の男と娘と一緒にいたいから、殺したと同居の男がそう言ったが、あれは嘘だ。被害者のほうが、全ての面で同居の男より優れていた。被害者を殺して同居の男と一緒に生活したいなどと、私が考えるはずがない」と、金田は主張して泣いたという。

 ところが次の公判では、同居の男が被害者をこうやって殺しているのを見たと、唐突に言い出した。

「金田は『私がある夜、被害者の家に行ったら、玄関にカギがかかっていて入れなかった。それで台所に回り、台所の窓から見たら、男が被害者の後ろからロープで首を絞め、頭を殴って殺していた』と、具体的な犯行方法をしゃべり始めた」(同前)

 この発言には捜査員だけでなく、検察官や裁判官も驚かされたとC氏は明かす。

「何が驚いたって、この発言が状況と一致するなら、男が殺していないことを証明すればいい訳だ。男には動機がない。道具の購入もしていない。みんな金田が一人でやったことだ。コンクリートから出てきたのも彼女の毛髪だけ。とすれば、犯人は金田以外いないことになる」

 被害者の喉仏が折れていたことから、ロープを使って背後から首を絞めたことは間違いなかった。金田が説明した殺害方法は、部屋のあちこちに残されていた血痕や状況証拠と合致。これは検察、警察にとって半ば自供にも等しい発言だった。

 供述を次々と変えるうち混乱し、自分にとって何が有利で、何が不利かを判断する能力が失われたのだろうとC氏は推測する。「とにかく他人に罪をなすりつけようと必死だった」という金田に、東京地裁は2008年6月、懲役25年の刑を言い渡した。殺害の計画性は否定したが、死体遺棄と損壊で有罪とした上で殺害犯であると認定した。

(嶋岡 照)

関連記事(外部サイト)