「舞台挨拶をキチンとさせてもらえない」河瀬直美、意味深すぎる発言の意図は…東京五輪の公式映画「2つの謎」

「舞台挨拶をキチンとさせてもらえない」河瀬直美、意味深すぎる発言の意図は…東京五輪の公式映画「2つの謎」

河瀬直美監督 ©文藝春秋

 6月24日の公開初日に行ってきました、河瀬直美監督による東京五輪公式記録映画『東京2020オリンピック SIDE:B』。前編の『SIDE:A』はアスリートに、後編の『SIDE:B』は大会関係者や医療従事者などアスリートではない人々にスポットを当てるというコンセプトだった。

 南スーダンの選手を描いたシーンが良かった。彼らはコロナ前から群馬県前橋市で合宿していたのだが、開催延期で日本滞在が長引くことに。サポートする地元の人々の姿には心打たれたし、彼らが日本で過ごした1年8か月という時間の長さがわかりました。

 数あるゴタゴタの中では、野村萬斎氏の無念さがわかる開閉会式演出降板時の表情と、「俺で当然」と言わんばかりの元電通・佐々木宏氏との対比がよかった(直前の両者のインタビューもフリが効いていた)。

■被写体としての森喜朗に夢中

 あと私が楽しみにしていたのが、森喜朗氏やバッハIOC会長をどう描くかという点。面白かったのは、被写体としての森喜朗に夢中な感じすら滲み出ていたことです。私は常々「半径10メートル以内の人を味方にする」昭和自民党の象徴が森氏だと言っているのですが、やはりこうなるのだなぁと妙な感心をしてしまった。

 6月20日の朝日新聞デジタルに掲載された映画コラムには「そんなに森さんが好きになったのか、河瀬さん。」と書かれていた。映画『シン・ウルトラマン』の「そんなに人間が好きになったのか、ウルトラマン。」というキャッチコピーをもじったのだ。

 映画中盤で、森辞任騒動を「日本はムラ社会」とコメントしていたのはIOCの渡辺守成氏。一方で、果敢にムラの中に入った河瀬監督らスタッフが森氏に魅入られていく様子も見ていて面白い。

■ギョッとした場面も…

 ギョッとした場面もありました。五輪反対派を描くシーンで、反対派の人たちがまるで異物のように映されていると感じたからです。『SIDE:B』のパンフレットには、河瀬監督が五輪反対派をどんな目で見つめているかわかるインタビューがあった。抜粋します。

《コロナ禍によって自分自身のスペースを作れない不安や恐怖があって、その矛先をわかりやすい誰かのせいにすることで解消しようとしていたんじゃないかと。攻撃対象を見つけることは簡単ですけれど、私はもっとその先に行きたいという感覚にとらわれました。》

 私は覚えていますが、五輪開催の是非についての論議は「コロナ前から」ありました。開催経費、不透明な情報公開、猛暑、本当にアスリートファーストなのか問題などたくさん。それらをスルーし、反対派はコロナのイライラを「わかりやすい誰かのせいにすることで解消しようとしていた」って言い草は、あんまりです。

 映画ではバッハ会長が反対派に近づき「対話をしようとする」シーンがあるのですが、あれは逆の視点で見ると「セレモニーとして近づいてきたバッハ」にも見える。どちらにもとれるのだが、バッハのすぐ後ろにいるカメラ視点は前者のみ。先日話題になった自画自賛すぎる組織委員会の「五輪報告書」と同じ味わいがしました。

■初日舞台挨拶をめぐる「謎」

 さて、今回私は大変なミステリーに気づいてしまったのです。それは「初日舞台挨拶」です。これだけの注目作ですから、『SIDE:A』公開時に河瀬監督が舞台挨拶を行わないことには違和感しかなかった。なぜ一般客の前に出てこないのかと。本当に不思議なので、 このコラム連載 でも取り上げました。

 さすがに今回はやるのではと期待していたのですが、初日舞台挨拶の観覧募集は行われなかった。残念すぎる。そこで仕方なく、私は公開初日(6月24日)の通常回に行ったのです。

 すると6月25日、スポーツ報知のWEBにこんな記事が。

『河瀬直美監督、映画「東京2020オリンピック SIDE:B」公開で感無量「50年後、100年後の人にも」』

 えーーーー!? 初日舞台挨拶をしていた?

 初日舞台挨拶が好きな私はずっとチェックしていましたが、そんな情報は出ていませんでした。記事には「劇場で観客と一緒に鑑賞していた河瀬監督は上映後、舞台に登壇」とありますから、おそらくサプライズだったのでしょう。しかし一部のマスコミには教えていたみたいです(スポーツ報知以外では、 映画などのエンタメ情報サイト「Astage」が記事にしていた )。

 気になることはまだある。記事を読んだあとツイッターで検索してみたところ、当該回の観客らしきツイートが見当たらないのです。ふつう監督がサプライズで登場したら、観客は嬉しくなって誰かしら感想をつぶやくはずなのに……。ほら、ゾクゾクしてきたでしょ? 初日舞台挨拶ミステリー!

■河瀬監督の「意味深な投稿」を発見

 それだけではない。河瀬監督のインスタグラムに、気になる投稿(6月27日)があった。

《日曜日の朝 ボランティアをつとめた人たちが、口コミで集まって映画館を貸し切って上映会をしてくださいました。(中略)ご挨拶はサプライズ。(中略)舞台挨拶をキチンとさせてもらえない悔しさを抱えていたから…こんな形で皆さんが集まってくださっているコトを知ってかけつけました。》

 私が注目したのは、「舞台挨拶をキチンとさせてもらえない悔しさを抱えていたから…」という部分。

 え、舞台挨拶をしなかったのは河瀬監督の意向ではなかったの? では、誰の意向なの? 東宝あるいは五輪関係者? それとも適当な言い訳??

 謎が謎を呼ぶ展開にワクワクしたので、文春オンライン編集部から東宝に質問状を出してもらいました。尋ねたのは、以下の2点です。

〈1、『SIDE:B』公開初日舞台挨拶の実施について、マスコミに事前に告知していたのか。一般の観客向けにイベント告知とチケット販売を行ったのか。

2、河瀬監督はインスタグラムに「舞台挨拶をキチンとさせてもらえない悔しさ」と書いていたが、監督自身は『SIDE:A』公開時から舞台挨拶を希望していたのか。『SIDE:B』公開に際して初日舞台挨拶を行った経緯を教えてほしい。〉

 果たして真相は? ドキドキしますよね。しかし期限までに東宝からの回答はなかった。そんなに難しい質問だったのか、東宝さん。

■『SIDE:B』をめぐる、もう一つの謎

 あと、『SIDE:A』でメインテーマと劇中音楽を担当していた藤井風さんが『SIDE:B』では降板していたことにも驚いた。直前に公式サイトでさりげなく書かれていただけ。一体何が起きたのか。とにかく万事が不透明なのです。

 ひっそりと行われた『SIDE:B』公開初日挨拶で、河瀬監督は「50年後、100年後の人にも見てほしい」と語ったとか(スポーツ報知6月25日)。つくづく思ったのは、情報を出さず、説明せず、既成事実だけをつくって「50年後、100年後の人にも」としれっと言う姿勢って、東京五輪組織委員会にそっくりだということ。うやむやにして「レガシーが」と言って終わろうとする、東京五輪しぐさが満開なのである。

 考えれば考えるほどギョッとする、謎だらけの初日舞台挨拶ミステリーでした。

(プチ鹿島)

関連記事(外部サイト)