《練馬シングルマザー殺害》「家族に不倫がバレにくい環境があった」「出会いは婚活サイト」高橋剣容疑者が十数回参加した婚活パーティで“既婚偽装”できたワケとは

《練馬シングルマザー殺害》「家族に不倫がバレにくい環境があった」「出会いは婚活サイト」高橋剣容疑者が十数回参加した婚活パーティで“既婚偽装”できたワケとは

殺害現場となった成田さんのマンション ©文藝春秋

「高橋剣容疑者は2014年に結婚していましたが、既婚者であることを隠して複数の婚活サイトに登録していました。成田さんだけではなく、他の女性を弄んでいた可能性もあります。成田さんとは結婚の約束もしていた。その末の殺害で、極めて悪質な犯行と言わざるをえません」(社会部記者)

 警視庁は7月7日、東京都練馬区のマンションの一室に住む成田のぞみさん(37)を殺害したとして、埼玉県草加市の会社員、高橋剣容疑者(43)を殺人容疑で逮捕した。

 今年3月12日に成田さんが自宅の浴室に仰向けになり、首を絞められた状態で死亡しているのが発見された。当初は自殺かと思われたが、遺体に不審な点が多いとして警視庁が事件発生から4カ月にわたり、関係者に事情を聞くなどして捜査を進めていた。

■娘には「何かあったら高橋さんに連絡して」

「成田さんの遺体を発見したのは小学生の娘です。12日午前7時半頃に母親の遺体を見た娘が、高橋容疑者に電話をし、その後高橋容疑者は119番通報しました。成田さんに普段から『何かあったら高橋さんに連絡して』と言われるほど、2人は高橋容疑者を信頼していたようです。

 駆け付けた警察官が成田さんの死亡を確認。遺体は首にビニールテープが何重にも巻かれた状態で、死因は頸部を圧迫したことによる窒息死でした」

 自宅には、警察官よりも先に高橋容疑者が到着していた。

「高橋容疑者は警察官に『会ってない』『彼女は自殺した』と説明していたようです。警視庁は当初、事件と自殺の両面で捜査していましたが、成田さんの知人らに話を聞いたところ、自殺する理由はほとんどありませんでした。不審に思い、現場の再現実験を行った結果、成田さんの首に残された痕が、自ら首を吊ってできるものとしては不自然であることが分かった。殺人の確証を得て、逮捕に踏み切りました」(同前)

 成田さんは8歳の娘と数年前から練馬区のマンションで2人暮らしをしていた。近所では娘と2人で過ごす明るい姿が目撃されている。

■近隣での目撃談「成田さんは娘さんと2人で…」

「近所の駐輪場で、成田さんが子供を連れ2人で自転車に乗り、買い物に出かけていく姿を頻繁に見かけました。数年前、娘さんがまだ小学校に上がる前でしょうか。自宅の前で自転車に乗る練習をしていて、すぐそばで成田さんが見守っていました。その温かい姿を覚えています。

 いつも挨拶をしてくれるんですよ。明るくて、本当に良い親子でした。ただ事件当日頃、マンションの前にたくさんの救急車が停まっていたことがあり、最近では電気もついていないので、どうしたんだろうと心配していたのですが……」(近隣住民)

 成田さんが高橋容疑者と出会ったきっかけは婚活サイトだった。成田さんは働きながら女手一つで子育てにまい進していたが、2017年に成田さんと出会い、翌年から交際を開始。

 ただ高橋容疑者には、知られてはいけない、ある大きな秘密があった。

「高橋容疑者と成田さんが知り合ったのは2016年ですが、実は2014年に高橋容疑者は既に結婚していたのです。それを成田さんには隠して、交際を続けていました。成田さんの両親も、高橋容疑者が既婚者だとは知らなかった様子で、『既婚者だったら娘は別れている』とショックを隠せない様子だったといいます」(別の社会部記者)

 高橋容疑者は都内の大手メーカーに勤め、2014年に埼玉県草加市のマンションを購入している。順風満帆に暮らしているかのように見えた。

■高橋容疑者の「家族に不倫がバレにくい環境」

「しかし一方で複数の婚活サイトに既婚者であることを隠して登録し、2016年頃から十数回に渡り、婚活パーティーに参加していました。コロナ禍ということもあってか、最近では池袋のビジネスホテルを利用し、1人でリモートワークをしていることも多かったようです。女性との交際が、家族にバレにくい環境はあったのかもしれません」(同前)

 高橋容疑者が成田さんを殺害する理由はどこにあったのだろうか。

「殺害された成田さんのお腹には赤ちゃんがいました。交際時期からして、高橋容疑者の子供だと思われます。生まれて来る子供が原因で、2人の間に何らかのトラブルがあったのかもしれません」(同前)

 高橋容疑者は12日午前1時頃、成田さん母子が暮らす2人の部屋に侵入し、成田さんを殺害。自宅を出た後、同日午前4時から8時の間、約2km離れたマンガ喫茶に滞在したことが明らかになっている。

「高橋容疑者は成田さんを殺害後、ネットカフェに向かっている。シャワーを浴びるなどして、成田さんの遺体を発見した娘から電話が来た午前7時50分まで滞在していたようだ」(捜査関係者)

 高橋容疑者が滞在したとみられるネットカフェはこじんまりとしたスペースに30席の個人ブースが並び、一般的なネットカフェよりも薄暗く、静かな印象だった。高橋容疑者は、ここでどのような気持ちで遺体発見の連絡を待っていたのだろうか。

 自らの欲望のために、幸せを臨んだ母子を殺害する凶行。調べに対し、高橋容疑者は「用意したロープで殺したことに間違いありません」と容疑を認めているという。

◆◆◆

「文春オンライン」では、今回の事件について、情報を募集しています。下記のメールアドレス、または「文春くん公式ツイッター」のDMまで情報をお寄せ下さい。

メールアドレス:sbdigital@bunshun.co.jp

文春くん公式ツイッター:https://twitter.com/bunshunho2386

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)