男性になった元女子プロレスラーが振り返る両親への“カミングアウト”の瞬間…「即決で賛成はしてくれたけれど…」

男性になった元女子プロレスラーが振り返る両親への“カミングアウト”の瞬間…「即決で賛成はしてくれたけれど…」

現在の石野さん

 2022年5月14日、実力と人気を兼ね備える悪役レスラーとして活躍した花月選手が、性別適合手術を受けたことを自身のYou Tubeチャンネルで発表した。同氏は現在は石野結と改名し、戸籍上も男性として人生を送っているが、手術に至るまでの経緯、そして当時の心境はどのようなものだったのだろうか。

 ここでは石野氏が自身の半生を綴った 『元悪役女子プロレスラー、男になる!』 (彩図社)の一部を抜粋。性別適合手術を受けるにあたり、自身の性自認について両親へカミングアウトを行った際の一部始終を紹介する。(全2回の1回目/ 続き を読む)

◆◆◆

■性別適合手術の高い壁

「よし、男になろう!」

 2020年の夏の終わりにそう決意しましたが、実際に手術を受けるまでには、乗り越えなければならない壁がいくつもありました。

 そもそも、なぜ手術をしなければならないのか。その理由をここで改めて整理しておこうと思います。

 性別適合手術をしなければならない理由、それは手術をすることが戸籍上の性別を変更する条件の一つになっているからです。

 戸籍上の性別変更には、いくつか満たさなければならない条件があります。

 2004年に施行された「性同一性障害特例法」では、その条件に、性別適合手術のほかに「18歳以上であること」、「現在結婚していないこと」、「現に未成年の子どもがいないこと」、「変更する性別に見合った身体の外観要件などをクリアしなくてはならないこと」などを定めています。

 そのように、戸籍上の性別変更には必要な性別適合手術ですが、受けたいからといってすぐに受けられるわけではありません。

 事前に精神科で診察を受け、本当に手術が必要なのかどうかを判断してもらう必要があります。しかし、自分にはその前に、どうしてもやっておかなければならないことがありました。それは親への“正式なカミングアウト”です。

■両親に手術の許可をもらう

 初めて彼女ができたとき(第二章参照)、両親には自分の性的指向は伝えていました。母は意外だったようですが、父は以前から薄々感づいていたようでした。でも、そういう話をしたのはあのときだけで、自分の性認識は男性で、手術をして男になろうと思っていることはまだ伝えていませんでした。

 自分が手術をするのは、両親に許可をしてもらったときだけ。

 夏に手術をすると決意してから、そのことだけは決めていました。

 しかし、いざ言おうとすると、ためらってしまうんですよね。五体満足に生んでもらった身体にメスを入れて変えてしまおうというわけですから、母は悲しむんじゃないか。そう思うと、なかなか言い出せなかったです。

 どうして男になりたいのか、もう一度、じっくり考えてみました。

 出てきた答えは、「両親のような家庭を持ちたいから」でした。

 自分の家はとにかく温かい家庭でした。兄弟が多いから、いつもうるさいくらいに賑やかで、笑いが絶えなくて……。両親は子どもたちの意思を尊重してくれて、間違った道にいかないように静かに見守っていてくれました。

 もし男になれたら、自分もそういう家庭を持ちたい。好きな女性と結婚して、子どもがいて、両親のように温かく育てたいと思ったんです。

■2度目のカミングアウト

 2020年11月、両親に2度目のカミングアウトしました。前回は意図せずにカミングアウトするかたちになってしまいましたが、今回は自分の口で直接伝えます。

 自分の性別への違和感がずっとあったこと。誰にも相談できなかったけれど、ずっと悩んでいたこと。気持ちが抑えられなくなった今に至るまでの経緯。だからこそ、手術を受けて戸籍も変えて正式に男性としてこれからの人生を歩んでいきたいということをすべて時間をかけて話しました。

 たとえ手術をして女性と家庭を持ったとしても、現実問題として子どもは望めないかもしれません。でも、相手の女性が希望するなら養子縁組を頼ろうと思っていることも伝えました。

 今の父親は母の再婚相手であり、生みの親ではありません。

 だけど、誰よりも自分たちのことを信頼してくれて、認めてくれて、守ってくれて、そして、ここまで育ててくれました。自分の血が入っていない子どもであっても、愛情を持って育てること、そして人生を歩ませることができるのは、父が教えてくれたことです。だから、将来、たとえ養子縁組だとしても、子どもができたら2人にしてもらったように育てて素晴らしい家庭にしたい。そんな想いを伝えました。

■カミングアウトされたとき、両親はどんな気持ちだったのか

「いいと思う!」

 すべてを話し終えたら、母は笑顔で賛成してくれました。

 前回のカミングアウトのときの反応を考えると、反対される可能性もあるんじゃないかと思っていたのでちょっと拍子抜けしてしたくらいでした。もちろん、父も賛成してくれて、晴れて手術への第一歩を進めるようになったのです。

 両親の反応について、ずっと気になっていたことがあります。

 手術を打ち明けたとき、即決で賛成はしてくれたけれど、決断するまでにいろいろな葛藤や想いがあったと思います。両親はカミングアウトされたとき、どんな気持ちだったのか。自分はまだ親になったこともないし、その気持ちがわからないからこそ、知っておきたいというか……。

 そこで、ちなみに本書の打ち合わせをしている時にお子さんがいらっしゃるスタッフさんにも聞いてみたんです。もしも自分の子どもが性別に違和感を抱えていたら、どのように対応しますかと……。

■家族はきっと理解してくれる

 中学生の息子さんがいる構成担当のIさんは「たとえば物心がつく頃から、その兆候があったら、“そうだよね〜”という感じで受け入れます。でも、そういった素振りをまったく見せずに、たとえば成人になっていきなりカミングアウトされたとしたら驚くと思います。だけど結局は受け入れるでしょう。自分の子どもは信頼しているし、自分らしい生き方をしたいというのならば、“一つの進路”として認めます」とのこと。

 続いては保育園に通う娘さんがいる編集担当のGさんは「もちろん僕も受け入れます。どのような性的指向を持とうが、自分の子どもであることには変わりはないですから。生きづらさを抱えているなら、親として生きやすいように全力でサポートしてあげたいです」とのことでした。

 その他にも、お子さんがいる身近な方に話を聞くと、受け入れるという考えの人しかいないんですよね。それだけ親という存在は自分の子どもを認めているし、子どもも親を信頼していいんだと思います。

 この本を読んでいる方で自分と同じようなことで悩んでいる人がいたら、ほんの少しの勇気を出して家族、親戚、親友……誰かにアピールしてみてください。

 ダイレクトに伝えても、オブラートに包んでも、どちらでも良いです。少しの勇気で誰かがチカラになってくれるかもしれないし、気持ちがラクになるかもしれない。もし、時間がかかったとしても、家族はきっと理解してくれます!

■性別適合手術の費用は200万円

 そういう感じで、最初の難関の両親へのカミングアウトをどうにか突破しました。

 生まれて28年間、ずっと背負ってきた思いを打ち明けることができて、肩の荷が下りたような気がしました。

 カミングアウト作戦を進める一方で、性別適合手術について調べを進めていくと驚くことが色々とわかりました。

 性同一性障がい(GID=Gender Identity Disorder)の手術には、大まかに分けて2種類あります。まず、女性の身体から男性の身体に変えるFTM(Female to Male)。そして、男性の身体から女性の身体に変えるMTF(Male to Female)です。自分の場合はFTMで卵巣の摘出術、乳房の切除術を行うことになります。

 性別適合手術は、どこでもできるというわけではなく、対応できる医療施設は限られます。多くは病院でしたが、クリニックもありました。

 費用については、ある程度の相場というか、目安があるようでした。

 自分の場合はFTM手術なわけですが、手術を行っている病院やクリニックに問い合わせてみたところ、どこで受けてもおおむね約200万円でした。

 200万円というと国産の自動車が買えるくらいの金額ですね。若い世代の方だったら、なかなか用意できる金額ではないと思います。

■性別適合手術に健康保険が適用されるのはレアケース

 ちなみに男性から女性への性別適合手術は、女性から男性へのそれと比べると手術の工程が違ってくるので、さらに費用がかかる印象でした。

 手術費が高いのは、健康保険が適用されないからです。

 正確にいうと、性別適合手術にも健康保険が適用されるケースはあります。

 それまで性別適合手術は保険外診療でしたが、法律が改正されて、2018年4月から一部の手術にも保険が適用されることになりました。

 しかし、その条件がなかなか厳しいんです。

 たとえば、手術は指定された病院(2022年2月の時点でわずか8軒)で受ける必要があります。手術の前後には、より男性らしい(MTF手術なら女性らしい)身体にするためにホルモン製剤を注射しますが、ホルモン注射をすると“混合診療”になるため、保険は適用されなくなります。

 そうした厳しい条件があるため、保険が適用される性別適合手術は2021年の時点で年に数件程度と言われています。大部分は自分のように、すべて実費で行わなければならないのが現状なのです。

「パートナーの女性はどう思っているのだろう?」性別適合手術を受けた元女子プロレスラーが男になって気づいた“最大の困り事”とは へ続く

(石野 結)

関連記事(外部サイト)