「まさに“援交バブル”状態ですよ」トー横が警察の“25人一斉補導”で壊滅、元キッズの中には大久保公園で“立ちんぼ”になる女の子も…

「まさに“援交バブル”状態ですよ」トー横が警察の“25人一斉補導”で壊滅、元キッズの中には大久保公園で“立ちんぼ”になる女の子も…

一斉補導翌日のトー横キッズたち ©文藝春秋

「午前0時を過ぎた頃でしょうか。私服警察官が広場に早歩きでバッと流れ込んできて、一斉補導を始めたんです。居合わせた少年のなかには、『俺らがなんでここに来てるのか知らないくせに!』と敵意むき出しで警官にぶちギレている子もいました。翌日には、“キッズ”は広場でほとんど見かけなくなりました」(一斉補導を目撃した男性)

 少年少女が夜ごと集う新宿・歌舞伎町の「トー横」と呼ばれるエリアで7月18日に“一斉補導”が行われ、警視庁は18歳未満の男女25人を補導したと発表した。トー横周辺で補導された人数は2021年1年間だけで約180人にのぼるなど、警視庁は以前からトー横の動向に目を光らせてきた。7月17日の昼に始まった一斉補導には100人以上の私服警察官が動員され、18日の朝まで続いた。警視庁の本気ぶりを社会部記者が解説する。

■「この薬何?」と聞かれても…

「家出した未成年の少年少女が集うトー横は、これまでも多くの事件の原因になってきました。昨年11月の雑居ビル屋上で男性が集団リンチに遭い死亡する事件や、ホテルからの飛び降り自殺などは記憶に新しい。夏休み前を狙った今回の一斉補導には捜査に直接関係がない事務員まで数合わせに駆り出されています。トー横が“絶滅”するまでこの状態は続きそうです」

 一斉補導の現場は、怒鳴り声が飛び交う騒然とした様相だったという。

「急に警察が来たので、キッズたちは不意をつかれた様子でした。オーバードーズで倒れている人もチラホラいて、まさにカオス。警察官に鞄を開けられて『この薬何?』と聞かれても、まともに返答ができない様子でした。関係ないフリをして逃げようとするキッズもいましたが、逃げ道を塞ぐ警察官に捕まり、家出やら喫煙やらの理由で近くの交番に連れていかれた後、次々とタクシーで自宅に帰されていました。

 広場では警官に敵意を向けるキッズもいましたし、周囲の大人が『この子は親の許可も理解もあって来ているんだ、今から親に電話する!』などと大声をあげて抵抗する姿もありました。ツイッターに『今日は広場に来ない方がいい』とその場で書き込みしている子たちもいました」(前出の目撃者の男性)

 トー横キッズの多くは、家庭に問題を抱え逃げるように新宿へ集まってきた子供たちだという。しかしキッズたちは広場に集まっていただけではない。生活費や遊ぶお金を稼ぐために売春に手を出す人も後を絶たなかった。歌舞伎町卍會の関係者が話す。

「広場にいる大人に声をかけたりツイッターで客を募ったりして、東新宿のビジネスホテルで売春を繰り返すキッズも多いのです。相場は1回2〜3万円。スーツ姿のサラリーマンと一緒にどこかへ消える女の子の姿をよく見かけました。東新宿駅の近くのビジネスホテルはコロナ禍で価格も下がり、1泊5000円以下。そこを誰かが予約し、複数人で鍵を共有して売春のために部屋を使いまわすこともありました。

 最近ではさらに安く使えるネットカフェをホテル代わりに使用するキッズも増えていた。部屋は2人で並んで寝転ぶのもやっとの狭さですが、鍵付きで1時間600円、夜通し12時間利用しても2500円。自分で部屋を借りてツイッターで客を募り、同じネットカフェにいる客の部屋に移動してセックスする。それを一晩繰り返すのです。トー横から一番近いネットカフェはつい1カ月前までは身分証の提示も求められずに利用できて、キッズたちにとって使い勝手が良かったようです」

■「トー横にいる女の子はかなりの割合で“買える”ので…」

 一斉補導によって居場所を失ったキッズたちの中には、身分証の確認がゆるい池袋のネットカフェに移動したり、中には“立ちんぼ”に鞍替えしたりする子まで現れはじめたという。トー横でキッズを“買った”ことがあるという男性が、匿名を条件にトー横周辺の売春事情を教えてくれた。

「トー横にいる女の子は“買える”子もいて、気に入った子を探して声をかければすぐに価格交渉が始まります。相場は2万前後で、パパ活の半額以下ととにかく安い。『1万で10代に中出しできた』なんて自慢しているツイッターも見たことがありますし、まさに“援交バブル”状態ですよ。

 補導が厳しくなってからは近くの大久保公園で客引きをする女の子も増えていました。大久保公園は外国人の“立ちんぼ”で有名でしたが、最近はキャバ嬢やコンセプトカフェ店員など日本人の10〜20代ぐらいの若い娘がいつも4〜5人くらいはいました。そこでトー横キッズを見かけることもありました。僕が寄った時も、自分から『私、トー横キッズです!』と自己紹介してきた子がいて、ある種のブランドになっているようでした(笑)」(男性客)

 取材班が大久保公園を訪れた日も、金髪の若者からスーツを着たサラリーマンまで様々な年齢層の男性が女性に声をかける姿が確認できた。しばらく話していたと思ったら、交渉がまとまったのか手を繋いですぐ近くの1泊5500円のラブホテルへと消えていった。

「70代ぐらいのおじいさんと10代女性、なんて組み合わせも珍しくないですよ。孫ほどの年齢の女の子の前でお年玉をあげるように財布を開き、『ホテル代が足りない』なんて小声で交渉している姿も見かけます。東南アジアで見かけたような光景が、歌舞伎町でも広がっている。ただ17日の一斉補導の時も警察官が大久保公園を巡回していたようですし、その後も職質が多い。この“バブル”がいつまで続くかはわかりません」(前述の男性客)

 こうした行き場をなくしたキッズたちに食事を与え、“悪い大人たち”から守るという名目で活動してきたのが、歌舞伎町卍會である。

 代表を務めていた「ハウル」こと小川雅朝氏(32)は多くのキッズに慕われていたが、16歳少女を自宅に連れ込んでみだらな行為をしたとして6月22日に逮捕され、歌舞伎町卍會も6月末に解散を発表した。元メンバーは、ハウルへの怒りを隠さない。

■「歌舞伎町卍會は子供たちを守るチームだったはずなのに」

「『ハウルが女の子を自宅に連れこんでいる』という噂は前からあったのですが、ハウル本人が否定していたのでハウルを信じるメンバーが多かった。6月に逮捕された直後も『少女にはめられたんじゃないか』という声が大きく、ハウルや卍會を守るためにマスコミから取材を受けた際の想定問答集も作られていました。ただ事件発覚から時間が経つにつれて被害にあったという子が次々と現れ、ハウルの卑劣な行為は疑いようがなくなってしまった。歌舞伎町卍會は子供たちを守るチームだったはずなのに代表自身がその信頼を裏切っていたわけです。その反省を示すためには、解散しかありませんでした」

 一斉補導後にトー横広場を訪れると、「警察に声をかけられたら逃げよう」と小声で話すキッズらしき子が数人いる他は地面に座り込んで酒を飲む外国人グループなどがいるばかりで、ガランとしていた。

 トー横に集まれなくなった少年少女たちは、今後どこに向かうのか。問題は全く解決していない。

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)