「ドロドロした政治の動きが瞬間冷凍された」安倍元首相「国葬」をぶち上げた岸田首相の“深謀と鬼算”《安倍なき自民はどこへ行くのか?》

「ドロドロした政治の動きが瞬間冷凍された」安倍元首相「国葬」をぶち上げた岸田首相の“深謀と鬼算”《安倍なき自民はどこへ行くのか?》

安倍晋三元首相 ?共同通信

 元総理大臣が演説中に暗殺されるという悲劇から早くも2週間が過ぎた。参議院選挙で大勝を収めたとはいえ、隠然たる影響力を誇っていた安倍氏を失った自民党はいまだ混乱の最中にある。

 岸田首相はいま何を思い、何をしようとしているのか。党内最大派閥・安倍派はこれからどうなるのか――安倍氏の「国葬」が行われる9月末までの見通しを、政治ジャーナリストの後藤謙次氏に聞いた。

 安倍晋三元総理が凶弾に斃れるという衝撃的な事件が起こりました。少し時間が経ったとはいえ、我々が未体験の領域に突入していることは間違いありません。権力の空白、一種の真空状態。そういう未曽有の状況に置かれているという事実は、国民であれ政治家であれ同じでしょうね。

■後継者のいない安倍派

 時の最高権力者が横死する事態は、日本の歴史上何度かありました。私自身も今回の安倍さんの遭難と似た状況を目の当たりにしたことがあります。総理大臣経験者であり、自民党最大派閥のリーダーが突然表舞台から姿を消す――1985年の2月、田中角栄元総理が脳梗塞で倒れたときのことです。

 一見酷似しているように見える田中元首相と安倍さんの災難ですが、決定的に事情が違うと私は見ています。最も大きな違いは、安倍さんがまだ非常に若く、自身が3度目の総理登板を真剣に考えていたということではないでしょうか。安倍さんは6月にも国会議員のパーティーで「あと5年は表舞台でやりたい」と挨拶したことがありました。総理大臣経験者が「表舞台」と言えば、当然「もう一度総理大臣をやる」ということしか考えられません。そのことを永田町も霞が関も経済界も感じていた。つまり政官財のどんな人間も、いずれ表舞台にカムバックしてくるかもしれない安倍晋三という政治家を1つの軸にして物事を考えざるをえませんでした。

 いわば日本の中枢は安倍さんの顔色を窺いながら動いていたと言っていい。ところが、その重石が急になくなった。物事を決める上での大きな指針が消えてしまったのです。

 田中元首相のときも混乱はありましたが限定的でした。田中氏は田中派という「軍団」とまで呼ばれた強力な派閥を率いていました。そこには多くの実力派議員が在籍していました。竹下登、金丸信の両氏の他、小沢一郎氏ら後に竹下派七奉行と呼ばれる議員もすでに育っており、実質的な後継者と呼べる存在がいたのです。その点で、田中氏が急にいなくなったとしてもそれほど困ったことにはならなかった。権力の委譲は比較的スムーズだったと言えるでしょう。

 しかし、安倍派はかなり危機的な状況と言っていいかもしれない。集団指導体制で派閥を維持していくというけれど、それは言い換えれば、明確な後継者を作っていなかったことの証でしょう。

■岸田文雄首相にとっては「自立の時期」

 岸田文雄首相にとっても、安倍さんの不在には二つの側面があると思います。一つには口うるさい先輩がいなくなったという面。その一方で、頼りになる相談相手がいなくなってしまったことです。ゆえにこれからは、岸田さんにとって最大の課題は自身の「旗」を掲げられるかどうかです。もはや逃げることができない「自立の時期」を迎えていると思います。

 過去にもこれと似たような状況がありました。岸田首相と同じ宏池会の宮澤喜一さんが総理総裁として臨んだ1992年の参議院選挙。当時の幹事長は、党内最大派閥の竹下派出身の綿貫民輔さん。それまでの宮澤内閣は竹下派支配内閣と呼ばれていました。ところが参議院選挙で勝利を収めたあと、事情が変わり始める。8月に竹下派会長の金丸氏の巨額献金事件が発覚、竹下派が分裂、崩壊していくんです。この最大派閥の力が衰える過程で、宮澤さんが強くなっていきました。

 いまの岸田さんはかつての宮澤さんのアナロジーでしょう。確かに安倍さんという自民党内で最大の力を持っていた人間がいなくなったことで、政権運営の最終決定権を岸田さんが手にしつつあると言っていい。

■安倍氏「国葬」の政治的意味

 しかし、岸田派は自民党内の第4派閥という現実が横たわる。とりわけ岸田首相にとって難しいのは「安倍晋三の遺志」という目に見えない“重石”ではないでしょうか。政策的に安倍さんが為しえなかったことは何か、安倍さんの遺志を継ぐのは誰なのか――。折に触れて岸田首相に突き付けられるキーワードになるはずです。

 既に安倍政治の賛否をめぐる綱引きが表面化しつつあります。この当面の党内流動化や混乱を鎮静化させるために岸田首相が放ったのが「国葬」だったのではないか。党内にも国葬実施に懐疑的な声があった中で岸田首相が即断即決したのは、一気に党内で主導権を握るためだったと見ていいでしょう。

 この決定の政治的意味は決して軽くはないと思います。つまり、国葬が挙行されるこの秋まで、ドロドロした政治の動きが瞬間冷凍されたのに等しいからです。既に最大派閥の安倍派は国葬までは現状の体制を維持することを決めました。9月上旬にも想定される内閣改造・自民党役員人事をめぐる猟官運動も「服喪」を理由にご法度状態になっています。その中で岸田首相だけがフリーハンドを握って人事構想を描くことができるのです。

■参議院を制するものは自民党を制する

 現に首相動静を見れば、安倍派幹部の萩生田光一経産相と約1時間も話し込んだり、自民党の旧石破派の赤沢亮正、山下貴司氏らと会食するなど岸田首相の方がいち早く党内対策に着手した可能性がある。「岸田氏の頭の中は人事のことでいっぱい」という側近の証言もあります。

 そこで無視できないのが参議院の動向でしょう。参議院というのは、自民党の派閥にとっては非常に重要な存在なんです。一般には衆議院のカーボンコピーだとか、参議院不要論が起こることはありますが、衆参ねじれ国会が何度も首相交代を誘発した事実は参議院の重さを証明しています。

 1993年に自民党が下野したときを思い出します。衆議院で小沢一郎さんが党を割って、細川護熙さんを担いで天下を獲った。しかし村山富市政権を経て、あっという間に橋本龍太郎さんの自民党政権が復活しました。その原動力はなんだったのか。ひとえに参議院の存在だったと思います。ここを青木幹雄さんががっちり押さえていた。小沢さん主導の自民党分裂劇の際も、参議院から小沢さんについていったのは8人にすぎなかったんです。

 あれから30年経ちましたが、青木さんはいまも参議院自民党に大きな影響力を残しています。「参議院を制するものは自民党を制する」。これは鉄則です。任期が6年、しかも3年ごとに半数の改選。この変わりづらさというのは人数を重視する派閥にとっては大変大きな資産です。安倍派にとっては、参議院の派閥所属議員をどう繋ぎとめるかは極めて大きな課題になってくるでしょう。

■安倍氏がこだわった「政権維持」の功罪

 安倍氏ほどその業績をめぐって評価が分かれる政治家はいないでしょう。議論の定着していない現状ではっきり言えるとすれば、日本の政治に長期安定政権をもたらしたこと、これは間違いなく安倍さんの功績です。平成に入ってからは小泉純一郎さん以降、1年ごとに総理大臣がコロコロ変わるような不安定な時代に終止符を打ったことは評価されてもいいと思います。

 実際、安倍さんが2度目に総理大臣の座に就いた際、最もこだわったことは政権維持そのものでした。有力な後継者を作らない、党内のライバル――これは石破さんですね――は徹底的に潰す、政権の将来を脅かす危険な芽は早々に摘むということにかけては極めて冷酷でした。それから、毎年のように実施した国政選挙。7年8カ月の間に衆参合わせて6回の選挙、その全てで勝利を収めました。

 野党はたまったもんじゃなかった。ボクシングにたとえるなら、ようやくゴングが鳴ってコーナーの椅子に座ったと思ったら、間髪入れずセコンドから無理矢理マウスピースをねじこまれてファイティングポーズをとらされたようなものです。政策や選挙準備の蓄積なんてできないし、政権交代なんて夢のまた夢。この辺りの手管は凄まじかったです。安倍氏は「毎日、衆院解散のことを考えていた」と語っていました。それほど権力維持に執着していました。

 しかし、同時に安倍さんは国民世論の分断という大きな「負の遺産」を残しました。その他道半ばの政策も多々あります。安倍さんには何度もインタビューしてきましたが、なお聞きたいことは山ほどありました。その点は大きな悔いが残ります。

■国葬のある秋まで政治の時間は止まった

 自民党がこれからどうなっていくか。これも大きな関心事でしょう。報道で党内のいくつかの動きについて取り沙汰されています。たとえば大宏池会構想。私は岸田さんがこれにそれほど熱心に取り組むことはないと思う。

 構想というのは実現してしまったら陳腐なものになるのが世の常。構想の内が華。最も理想的な形を論じていられることに意味があるわけです。菅義偉さんの勉強会が立ち上がるという話もありますが、あれも新聞が騒いでいるだけで、実態は見えていませんし、なにより岸田さんの打った国葬の一手で、表立って動くことをいやがる人もたくさんいるはずです。いずれにせよ、国葬のある秋まで政治の時間は止まったわけで、岸田総理総裁以外が明け透けな動きをすることはないんじゃないでしょうか。

 大胆な見立てをすれば、幹事長人事も焦点です。萩生田光一さんの名前が挙がっていますが、萩生田さんにとって幹事長に収まることが良いことなのか、安倍派代表として幹事長ポストを取ることが良いことなのか、は一考の余地があるでしょう。

 必ずしもみんながみんな、萩生田さんのことを安倍晋三の正統な後継者だと認めているわけではない。その不安定な立場で岸田さんが提示するかもしれない幹事長ポストに食いつくことは、先々派閥の分断を招くおそれもあると思っています。もし岸田さんに深謀があれば、平気で幹事長を打診するかもしれない。長期政権を手にした中曽根、小泉、安倍の各氏とも皆節目で大きな人事権を行使してきました。あるいは、今の幹部陣容をそのまま温存するかもしれない。どうあれ、ボールは岸田さんの手の中ということに変わりはないのです。

■はからずもクローズアップされた「政治と宗教」の問題

 安倍なき後の政治の課題についても触れておきます。はからずも安倍さんを銃撃した犯人の供述によってクローズアップされている、政治と宗教の問題。一般論で言えば、宗教団体は政治家にとって魅力的なものをすべて備えています。言うまでもなく、お金と票。それに、必ずしも組織が民主的に運営されているわけではないから、コトがあった時に非常に俊敏に動くことができる。この機動力も政治からすれば重宝だったりする。

 逆に宗教団体からすれば、自らの存立が国家権力のお目こぼし如何だというあけすけな事実も、政治権力に接近する強力な動機になりえます。象徴的なのは、自民党が下野してから自社さ政権で政権与党に戻った際、創価学会が国会に呼ばれたことがありました。この衝撃は、公明党だけじゃなく他の宗教団体にとってもトラウマになっているはずで、だからこそ政治家への肩入れを惜しまない。政治と宗教とひと口に言っても、旧統一教会という特殊事情のみならず、根源的な議論を行うタイミングかもしれません。

■安倍氏の遺志を継承するには避けて通れない「憲法改正」

 もう一つは、やはり憲法改正。これは岸田さんにとっても諸刃の剣でね。国葬を宣言し、安倍さんの遺志を継承する形の岸田さんは避けて通れない。もし憲法改正をなおざりにすると安倍さん言うところの自民党の岩盤支持層から突き上げを食らい、政権を揺るがすことになりかねない。とはいえ、安倍さんの遺志をいささか恣意的にとれば、それは改憲4項目に集約するといえなくもない。

 その上での「お試し改憲」という手はあると思います。(1)自衛隊の明記、(2)緊急事態対応、(3)参議院の合区解消、(4)教育環境の充実という4項目のうち、一番異論のないところ、現実的には(3)参議院の合区解消あたりには手を出してもいいと考えても不思議はない。よくこのように喩えるのですが、憲法改正と書かれた風呂敷を広げてみれば、4つの茶碗が入っていた。どの茶碗で飯を食おうと、憲法改正をする事実には変わりはありません。

 岸田首相にとっては、自ら設定した「人事と国葬」の成否こそが長期政権に辿り着けるかどうかの最初にして最大の試金石になりそうです。

(後藤 謙次/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)