都内在住で子ども6人「月給15万円で結婚」 「出産費用でギリギリに」…子だくさんパパが語る“大家族の苦労”

都内在住で子ども6人「月給15万円で結婚」 「出産費用でギリギリに」…子だくさんパパが語る“大家族の苦労”

※この画像はイメージです ©iStock.com

 参院選でも焦点になったように、日本の少子化がヤバいことになっている。2021年の出生数は過去最低で、婚姻数も戦後最少。とくに東京が深刻で、合計特殊出生率(15〜49歳までの女性の年齢別出生率を合計したもの)は1.08と全国でもっとも低い。

 その一方、けっして経済的に豊かというわけではないのに、物価の高い都内でたくさんの子どもを育てる人も存在する。

 たとえば、そのひとりが江戸川区で飲食店を経営する柳田亮太さん(仮名、42歳)だ。柳田さんとその妻のあいだには6人の子どもがいる。都内に住みながら6人もの子どもを育てるのは大変ではないのか。柳田さんに話を聞いた。(取材・文=押尾ダン/清談社)

◆◆◆

■夫婦合わせて手取り21万、結婚してすぐに出産

──まず子どもたちの年齢や男女構成を教えてください。

柳田 ひとつ年上の妻とは僕が社会に出たばかりの22歳のときに結婚しました。そのときハネムーンベイビーとして誕生したのが長男(19歳)です。その2年後に長女(17歳)が誕生し、長女が生まれた3年後に次男(14歳)ができました。

 さらに次男の2年後に三男(12歳)が生まれ、その2年後には次女(10歳)が誕生。そこから少し間隔が空いて、次女が生まれた4年後に末っ子の三女(6歳)が誕生しました。

──長男が19歳で末っ子の三女が6歳。20年近くの間、ご夫婦はずっと妊娠・出産・育児のサイクルを繰り返していることになります。なぜ6人も子どもをつくろうと思ったんですか。

柳田 僕は3人兄弟で、上に兄と姉がいます。妻も同じです。そのおかげで幼少時代は楽しかったんですよ。だから、結婚したときから子どもは3人ほしいと思っていました。すると、うまい具合に男の子、女の子、男の子と3人できて。こうなると欲が出てくるんですよね。女の子がもう1人ほしいという。

 それで4人目に挑戦したら三男が生まれた。ただ、これだと男の子3人、女の子1人なので、男女比のバランスが良くないじゃないですか。そこでもう1人つくろうという話になり……。こんな感じで、気がついたら6人になっていました。

■2人で力を合わせればなんとかなると思っていた

──意外とあっさりとした理由なのですね。

柳田 そうですね。3人目が生まれて以降は、言ってみればエクストララウンド(延長戦)のような感じでした(笑)。もともと結婚自体が見切り発車で、妻と結婚したとき、僕の給料は15万だったんですよ。健康保険や年金、家賃を払うと手元に6万しか残らなかった。それなのに結婚してすぐ子どもができたんです。

──東京23区に住みながら月給15万というのは、独身でも生活できるかどうかという本当にギリギリのレベルです。

柳田 ネガティブに考えれば、とてもじゃないけど結婚できる経済状況ではありませんでした。妻がアルバイトをして15万ほど稼いでいましたが、それでも手取りは合わせて21万です。

 でも、僕はなんでもポジティブに考えるタイプで、2人で力を合わせればなんとかなると思っていたんですよね。子どものこともお金がないなりに最初から考えていて、運良く授かることができたら2人でしっかり育てていこうと話し合っていました。

■引っ越しで全財産ゼロだけど、3人目を妊娠

──とはいえ、共働きでそれだけ子どもがいると、柳田さんも奥さんも子育てが相当大変だったんじゃないかと思います。

柳田 僕は当時、飲食店で主に夜に働いていました。だから夕方に保育園まで子どもたちを迎えに行くのと、買い物と夕食の支度をするまでが僕の役割。朝は妻の担当です。共働きのうえに生活パターンが逆だったんです。

 そうすると、僕が夜中に家に帰ると子どもたちが起きちゃって騒ぎ始めるんですね。それで育児ノイローゼ気味の妻がヒステリックになり、僕もつい声を荒げて……。当時は大変でした。3人目の次男が生まれるころが一番ヤバかったかもしれません。

──どういうところが一番ヤバかったんですか。

柳田 やっぱりお金がなかったことですね。結婚当初は1Kの安いアパートに住んでいました。でも、長男が生まれて2DKに引っ越し、2年後に長女が生まれてそこも手狭になり、もう少し広い2LDKに引っ越したんです。有り金を全部はたいて。

 そうしたら3人目の次男ができて……。念願の3人目だからうれしかったんですが、当時の僕たちの収入では子どもが3人になると生活できない。しかも、引っ越し費用でお金を使い切ってしまったのに、今度は出産費用が必要になった。

──出産育児費用は各自治体から一時金が支給されます。

柳田 もちろん一時金は活用しました。ただ、自治体から口座に振り込まれるまでタイムラグがあり、その間は自分で立て替えなければいけないんですよ。でも、僕らにはその立て替えるお金もなかった。それくらいギリギリの生活だったんです。

 どうしようかと悩んだあげく、仲間にお金を借りました。本当に情けなくてみじめな気持ちになりましたね。そのとき、僕のなかでスイッチが入ったんです。家族のために稼がなきゃいけないと。それまでの僕は子どもがいるのに甘ったれでした。

■3人目が生まれてから、妻は専業主婦に

──そうやってスイッチが入った結果、独立して経営側になったわけですね。だから4人目以降の子どもをつくれたと。

柳田 はい。ただ、たしかに結婚当初より収入は増えましたが、出ていくお金も多くなりました。上の子どもたちの教育費や進学費用もかかりますし、3人目が生まれてから妻も仕事をやめましたから。妻は働き者で、できるかぎり外に出たいタイプなんですが、さすがに3人の子どもを育てながら働くのは無理みたいでした。

 とはいえ、伝票整理などの店の事務作業は妻にやってもらいました。だから保育園に入れることができたんです。保育園がダメで幼稚園しか入れなかったらヤバかったと思いますね。

──これから子どもを持つ人たちのために、実際に利用してみて感じた保育園と幼稚園の違いを教えてください。

柳田 うちは4番目の三男まで全員保育園だったんですが、1回くらい経験しておこうと思って、5番目の次女を幼稚園に入れてみたんですよ。事前に知ってはいたけれど、幼稚園は午後1時ぐらいに子どもが家に帰ってくるのがやっぱりツラい。

 しかも、幼稚園は行事が多く、その行事に親が参加しないといけないんです。PTAのようなコミュニティもあるし。さらに制服代や送迎代もかかり、そのくせ短い時間しか子どもを見てくれない。やっぱり幼稚園は無理だと、1年で音を上げました。

──保育園のほうが行政の恩恵も受けやすい印象ですね。

柳田 そこは妻がやってくれたので詳細はわかりませんが、2人目以降は費用も割安になったと聞いています。それでいて、最長で朝8時から夜7時まで子どもを見てくれる。うちのような子どもの多い共働き夫婦にとって、保育園というのは本当にありがたい存在だと思いましたね。

 行政の恩恵という意味で言うと、児童手当も助かります。中学校を卒業するまで1人につき1万円の児童手当が支給されますし、3人目以降は小学校を卒業するまで1人につき1万5000円が支給されるんですよ。6人合わせたら年間100万近くもらっていた時期もあると思います。

■「奥さんが好きだから結果的に子どもが増えた」

──それだけいろいろ苦労しても、子どもを6人つくって良かったと思いますか。これからもさらに教育費がかかりますが。

柳田 子どもへの教育投資の効率を考えるんだったら、たぶん長男と長女で打ち止めにしていたと思います。その2人にお金をかけて高いレベルの教育を受けさせたり、何かスポーツをやらせたりしたと思います。じゃあ、なんでうちは6人もいるのか?

 大家族の人にアンケートを取ったら同じ回答になると思いますが、結局、奥さんが好きなんですよ。奥さんも、ダンナのことが好き。その結果としてたくさんの子どもに恵まれた。なかには子どもをつくる行為が好きって人もいると思いますけど(笑)。

──子どもが好きだから6人もつくったというより、奥さんのことが好きだから結果的に子どもがたくさん生まれたと。

柳田 僕も結婚前はそれほど子どもが好きというわけではなかったですから。でも、大家族は毎日が楽しいですよ。

 うちの家族はいま、毎月のランニングコストを抑えるために1500万で買った小さな中古物件に住んでいるんです。フルリフォームして。間取りは3LDKで、1階のLDKはかなり広いんですが、2階にはたったの3部屋しかない。うちは8人家族なのに……。

 だから夜寝るときは2階に雑魚寝状態で、普段は下の広いリビングに家族全員が集まっているんです。

──6人の子どもたちは自分の部屋がないんですね。

柳田 そういうことです。だから自然と家族のコミュニケーションが深まる。もちろん喧嘩が始まったりもしますが、家族間の距離がすごく近い。そのためなのか、長男も長女も、思春期特有の反抗的な態度を取る時期がほとんどありませんでした。

 やっぱり子どもが多い家って助け合わないとやっていけないんですよ。とくに長男や長女は同世代の子より大人にならざるをえない。小さい子を抱っこしたりベビーカー押したりするのも手慣れたもので、その辺のお母さんより上手だと思います。

■若いときに結婚しちゃえって思う

──最後にひとつだけ、7人目をつくる予定はありますか。

柳田 さすがにもうないです(笑)。ただ、これから結婚する世代の人たちに言いたいのは、お金がないから結婚できないとか、行動しないのを「何かのせい」にしないでほしいってことです。お金がなくても、結婚することも子どもを持つこともできます。

 国の子育て支援が足りないという声も聞きますが、僕の実感としてはけっこう支援してくれています。だから、若いときに結婚しちゃえって思いますね。若いときって知識や経験がないから、勢いだけで行動することができるんです。考えすぎるからイーロン・マスクに日本は消滅するって言われるんですよ。

◆◆◆

 そうはいっても、月給15万円で結婚して子どもを6人もつくるなんて離れ業は普通の人にできることではない。いずれにしても、柳田さんが指摘するように立ち止まって考えてしまう人が多い以上、日本の出生率はこのまま下がり続けていきそうだ。

(清談社)

関連記事(外部サイト)