「死ぬべきものは死んだ」広島・長崎原爆の「残留放射能汚染」をアメリカが徹底的に否定した理由

「死ぬべきものは死んだ」広島・長崎原爆の「残留放射能汚染」をアメリカが徹底的に否定した理由

なぜこの国の放射線被害はかたくなに否定されたのか? ©getty

「原子爆弾はいまだに日本人を日に100人の割合で殺している」――1945年9月、米紙「ニューヨーク・タイムズ」などは、「広島・長崎に落とされた原爆の放射線による急性死亡」と思われる事例を伝えていた。それにもかかわらず、原爆開発の副責任者で准将のトーマス・ファーレルが放射線被害をかたくなに否定した理由とは?

「黒い雨」による被ばく問題を記録した、毎日新聞記者の小山美砂氏による新刊『 「黒い雨」訴訟 』より一部抜粋してお届けする。(全2回の1回目/ 後編 を読む)

◆◆◆

■広島・長崎に降った「黒い雨」の正体

 原爆が放出した放射線は、大きく分けて二つある。一つは核爆発から約1分以内に出た「初期放射線」だ。最大2.5キロまで届いたとされ、初期放射線を浴びた人は、「外部被ばく」の影響を受けた。

 もう一つは、「残留放射線」と呼ばれるものだ。放射線は地上に到達し、それを浴びた土壌や建物に含まれる金属を放射化(放射線を放つ物質に変化すること)した。原爆炸裂後、分単位以上の長期に及ぶ放射線被ばくを起こした。なお、残留放射線には原爆の燃料で未分裂のまま飛び散ったウランなどの放射性物質が放出するものも含まれている。こうした放射性物質を体内に取り込んだ場合、「内部被ばく」した。

 原爆炸裂時は郊外にいたが、その後に爆心地付近を通過・滞在した人(入市被爆者)や救護に従事した人(救護被爆者)にも、発熱や脱毛など直接被爆者と似た症状が現れた。その要因は、爆心地近くに滞留、または被爆者の衣服や髪の毛などに付着していた放射性微粒子(エアロゾルを含む)を吸い込んだり、水や食べ物とともに取り込んだりすることで内部被ばくしたものと考えられている。

 放射性微粒子は、衝撃波や爆風で巻き上げられ、さらに爆発による高温で気化し、高空へ拡散して広い地域に到達した。その一部は、「きのこ雲」や二次火災に伴う積乱雲から降った雨とともに、地上に降り注いだ。この時降った雨が黒く汚れていたのは、火災により生成されたススが原因だ。また、雨だけでなく、灰や焼け焦げた紙片などが降ったとの証言もある。中には、爆心地近くの学校名や病院名が印字されているものもあった。

 こうした放射性降下物こそ、森園が浴びた「黒い雨」の正体だ。

 本書では、「黒い雨」とは必ずしも雨滴だけを指すのではなく、チリや灰を含んだ降下物の総称としたい。森園は、放射性物質を含んだ雨を直接浴びたことで外部被ばくし、またそれらを体内に取り込むことで内部被ばくしたのだった。

 真夏日だったあの日。口を大きく開けてカラカラに渇いた喉を潤した人。生あたたかい雨が心地よくて「シャワーのように」浴びたという人。雨が流れ込んだ川は黒く濁り、いたるところに魚が浮いた。その川で野菜を洗って食べ、水を汲んで飲んだ人もいる。

 水の都は、黒く汚れた。

 雨は県内各所で強く降り、爆心地から西に約2.8キロ離れた旭山神社では、大量に降り注いだ黒い雨が所在していた山の火災を消し止め、焼失を免れたという逸話も残る。その恐ろしさを知らず、「慈雨」と思って浴びた人もいただろう。

 その雨が人々の体を死ぬまで蝕むことになるとは、誰も知り得なかった。放射性物質の量が半分になるまでの期間を「半減期」といい、その期間は物質によって異なるが、広島原爆では長いもので30年以上ある。「草木も生えぬ75年」とささやかれ、広範に、しかも長期に影響を及ぼす放射線への恐怖が後に人々を襲った。

 そして、呼吸などを通して取り込んだ放射性微粒子は、排出されるまで体内にとどまり、内部から細胞や組織を壊し続ける。

 日本で原発が積極的に導入された1970年代から反原発を唱えていた原子核物理学者の水戸巌(1986年に53歳で死去)は、当時から内部被ばくの危険性を訴えていた。妻の喜世子によると、生前、次のような言葉をたびたび口にしていた。

「外部被ばくは、機関銃を外から撃たれたようなもので、一過性。だが、内部被ばくは体の中に機関銃を抱えて、内部から絶えず弾丸を打ち出されているようなものだ」

■放射性物質は70年経っても体内に残存する

 実際に、その「弾道」を捉えた研究がある。被爆者医療の第一人者で、広島大学原爆放射能医学研究所の所長を務めた同大名誉教授の鎌田七男らは2015年、29歳の時に黒い雨を浴びた女性の肺組織に残存するウランが、放射線を放出したことを示す痕跡の撮影に成功した。

 女性は爆心地の西約4.1キロで黒い雨が激しく降った広島市古田町に住み、約2週間、近くの畑で採れた野菜を食べたり、井戸の水を飲んだりして過ごした。82歳で肺がんと胃がん、84歳で大腸がんを発症。鎌田らの研究成果は、放射性物質という「機関銃」が戦後70年経っても体内に残存し、弾丸を放ち続けていたことの動かぬ証拠だった。

■突如、彼女を襲った「体の異変」

 1945年8月15日正午、昭和天皇自らが録音した「終戦の詔書」が放送され、国民は敗戦を知った。森園は、母親に「戦争が終わったんよ」と聞かされたが、実感を持って理解することはできなかった。「新型爆弾」の投下からまもない頃で、「また爆弾が落ちてきたらどうしよう」という恐怖が心に残っていた。

 一方で、体には異変が現れ始めていた。だるくて疲れやすく、下痢を繰り返すようになった。最初は「食べ物が悪かったんじゃろう」と軽く考えていたが、一向によくならない。見かねた父は、一里(約4キロ)も離れた病院へ何度も連れて行ってくれた。その道中でも疲れてしまい、家々で休ませてもらいながら通院した。そして肺炎を二度患い、学校もたびたび休んだ。布団に寝ていると外で遊ぶ子どもの声が聞こえてきて、寂しさで胸が張り裂けそうだった。

 また、3つ上の姉は、よく鼻血を出した。紙切れさえ貴重だった時代で、学校ではボロ切れをいつもポケットに忍ばせていた。そのことで同級生にいじめられ、よく泣いていた。

 時は終戦からまもなくで、被ばくとは何たるか、人々は知る由もなかった。ただ、「ピカドンはうつる」「原爆におうたことは結婚に差し障る」とのうわさが、この山村にも広がった。爆心地周辺では嘔吐や脱毛、そして森園らも訴えた下痢や鼻血を繰り返し、その皮膚に紫斑を浮かべて急死する者が相次いでいた。火傷などの外傷がなくても、原因不明の病状を訴えて息を引き取る者も多く、「ピカの毒」ともささやかれた。

 爆心地から17キロ以上も離れていたとはいえ、「黒い雨」という特異な事象を体験した旧亀山村でも不安は広がり、他言させまいとする動きが出てきた。森園によると、集落で開かれた会合で「うちでは黒い雨は一切降っとらん、いいな」と、とりまとめ役が言ったという。この会合には森園の父も参加しており、家族に「黒い雨のことは言うちゃいけんことになった」と報告した。

 後に嫁いできた兄の嫁は被爆者だったが、両親は「この家を出たら、原爆のことは一切話しちゃいけん。ここでは、言わんようにしとるけえ」と言い聞かせた。

 白血病で父が亡くなった1957年から被爆者に対する医療の給付などが始まったが、兄の嫁はとうとう、森園の母が亡くなる1979年まで被爆者健康手帳を申請しなかった。原爆がいかにタブー視されていたか、うかがえる。

 被爆からまもない頃に村役場の職員が訪れて、「黒い雨については他言するな」と命じた、と証言する旧亀山村の住民もいる。いつ、どこで、誰が黒い雨を「降らなかった」ことにしようとしたか、戦後75年余が過ぎた今、詳細な確認を取るのは難しい。

 また、旧亀山村における黒い雨の記録は、公的な資料にも残されていない。

 1971年に広島市役所が刊行し、原爆の基礎資料とされている『広島原爆戦災誌』(全5巻)には、当時の可部町周辺の状況について、落下傘の記述はあるものの、黒い雨への言及は一切ない。それどころか、きのこ雲が「ダイダイ色―赤色―黒色を帯びた雲に変り、つぎつぎに奔騰した」との記述の後、「それから数時間、不安な時間がたったが、何にも起る様子がなかった」とまで書き添えられている(第4巻)。

 広島市教育委員会が発行した『あのとき閃光を見た 広島の空に』(1986年)でも、「原子爆弾投下後に広範囲に降った黒い雨は、可部地域には降らなかった」とされた。

 だが、森園の体は、次々に襲いかかる病をもって黒い雨の被害を訴えるようだった。34歳、卵巣の癒着がひどく救急搬送され、摘出した。30代後半、幼い頃から悩んでいた喉の腫れについて、医師は「原爆に遭いましたか。これは被爆者の症状ですよ」と言った。

 肝臓が悪くて体はだるく、40歳以降は通院が欠かせない。52歳、甲状腺機能低下症と診断された。60歳、腸閉塞。治療は、口から大腸まで管を通さねばならず、苦しいものだった。血圧も高く、白内障も手術した。80歳を過ぎた今、七種の薬を毎日飲み続けている。

 それでも、森園は幼い日の父との約束を守って、その記憶に封をしてきた。数々の病と黒ずんだ雨が結びつき、口を開いたのはずっと、ずっと後だ。

■「死ぬべきものは死んだ」

 黒い雨を隠したのは、雨に打たれた人たちだけではない。原爆を投下した当事国、アメリカもまもなく動き始めた。

 原爆投下に関する報道は、敗戦を機に堰を切ったように始まる。1945年8月23日付の「毎日新聞」は「米国側においても『広島、長崎は今後七十年間は草木は勿論一切の生物は棲息不可能である』と怖るべき事実を放送してゐる」と伝え、ちまたでも「草木も生えぬ75年」との言葉が広がった。

 海外報道も、放射線障害の影響を思わせる事象を生々しく伝えた。9月2日、米艦ミズーリ号上での日本の降伏文書調印をもって連合国軍による占領が始まると、外国人記者らも来日して取材を始めた。9月5日付、英紙「デイリー・エクスプレス」には「原爆病」との見出しで、原爆が投下された30日後でも「原爆の疫病としか言いようのないものによって人が死んでいく」との記事を掲載した。また、米紙「ニューヨーク・タイムズ」も同日付で、「原子爆弾はいまだに日本人を日に100人の割合で殺している」と報じ、両紙とも、放射線による急性死亡と思われる事例を伝えていた。

 だが、翌9月6日を境に潮目が変わる。原爆開発の「マンハッタン計画」副責任者で准将のトーマス・ファーレルが東京で海外特派員向けの声明を発出した。

『広島・長崎の原爆災害』(広島市・長崎市原爆災害誌編集委員会編、岩波書店、1979年)によると、発表は「広島・長崎では原爆症で死ぬべきものは死んでしまい、9月上旬現在において原爆放射能のため苦しんでいるものは皆無だ」という内容だった。

 取材してきた実情と異なるとして記者らは反論したが、「広島に原子放射能があり得たということは不可能だ。爆弾は空中の高いところで爆発するように仕組まれてあつた。もし、いま現に死んでいるものがあるとすれば、それはそのときうけた被害(筆者注:火傷などの外傷)のため以外にない」と言い切ったという(W・G・バーチェット「忘れられぬ無言の抗議 私はヒロシマで何をみたか」、『世界』1954年8月号)。

 さらに、9月12日に再び東京で会見を開いたファーレルは、放射能の存在を改めて否定。翌13日、「ニューヨーク・タイムズ」は、ファーレルが「原爆が廃墟となった街に残存する危険な放射能を生み出したり、爆発時に毒ガスを作り出すことを、断固として否定した」と報じた。

 この会見で否定されたのは、残留放射線、つまり、核爆発から約1分以内に放出された初期放射線ではなく、その後も影響を及ぼした放射化された土壌やがれき、そして森園らが浴びた黒い雨のことだ。

 ファーレルの声明は、9月3日に日本政府が提出した原爆被害報告書に基づいており、その結論では「爆心地の周辺には人体に被害を及ぼす程度の放射能は存在していない」などと記されていた。ただ、「所見」では「有害物質の粒子が実際に存在するかどうかを決めるためには、詳細な再調査が必要である」と、未知の可能性も指摘していた。

■アメリカの思惑

 原爆がもたらした壊滅的な被害は、熱線や爆風、初期放射線など「原爆投下時に受けた被害」に限定したい――。そんなアメリカの意図が透けて見えるようだ。この点について、残留放射線に関するアメリカの公文書を調べ、『封印されたヒロシマ・ナガサキ 米核実験と民間防衛計画』(凱風社、2008年)などの著書がある奈良大学教授の高橋博子は、こう指摘する。

「まず、占領軍を広島や長崎に駐留させるために、残留放射線の心配がないという前提が必要だった。そして、アメリカ政府は原爆使用に対する批判を避けたかったのでしょう。非武装の市民を一瞬のうちに抹殺し、さらには広島・長崎の街を放射線で汚染した。長期に、しかも広範に影響を及ぼした残留放射線の危険性が明るみに出れば、原爆が『不必要な苦しみを与える』兵器で、投下は国際法違反だとの指摘は免れないのですから」

 自らに対する批判をかわし、占領政策を進めるために先手を打ったアメリカ。残留放射線の否定と軽視はこの時から始まり、現在に至るまで貫かれている。

「国による医学的・経済的援助はゼロ」…終戦から12年間、原爆被害者が見殺しにされていた衝撃 へ続く

(小山 美砂)

関連記事(外部サイト)