「大人が外でおもらしする話って、本当に盛り上がる」有毒魚バラムツまで食べた「野食ハンター・茸本朗」のスゴい生き様

「大人が外でおもらしする話って、本当に盛り上がる」有毒魚バラムツまで食べた「野食ハンター・茸本朗」のスゴい生き様

有毒魚、深海ザメ、ミドリガメなど何でも食べてしまう茸本朗さん。彼はなぜ野食家になったのか?

 自称「プロの拾い食いマン」、著書は『野食のススメ 東京自給自足生活』。「野食家」としてさまざまなメディアで情報発信している茸本朗(たけもと・あきら)さんとは、一体何者なのだろうか。彼が「野食」を追いかけるワケは?(全3回の1回目/ #2 、 #3 を読む)

◆◆◆

■会社員の7倍稼ぐことも「野食家の仕事」とは

――茸本さんは現在、世の中の枠組み内では「フリーランス」「自営業」となりますが、「野食家の仕事」とはどのようなものか。なかなか想像がつきません。

茸本朗さん(以下、茸本) 僕の場合はまず定期的な収入源のひとつに、本名(※茸本朗はペンネーム)で執筆している釣りメディアの記事があります。そのほか、「野食家」としてTVなどのメディアに出演したり番組の製作に携わったり、漫画原作などの仕事もありますね。

 さらに野食ブログやYouTubeからの広告収入も。最近は動画のほうに力を入れていて、週に3本アップするようにしているので、YOUTUBEの収入が会社員の平均月収の約6〜7倍くらいになることもあります。

――茸本さんが2012年に開設されたブログ「野食ハンマープライス」には、小学生の頃から既に、野外で自ら食べものをとってくるのが好きだったとありますね。年季の入り方が、すごい。

茸本 野食にハマったきっかけは親がキノコ図鑑を買ってくれたことですが、なぜキノコだったのかは親も当時のことをよく覚えていないみたいで「なんかお前が興味持ってたから」みたいなことを言ってます。自分自身も記憶があいまいで、その辺の詳細は未だに謎です。

 そこから10歳の時に東京から地方へ引っ越したので、海も川も山も身近になり、野食にもってこいの環境になりました。以来20年弱にわたって、山菜やキノコ、魚、そのほかの生き物を捕っては食べ続けています。

――ブログや動画で、野食活動を発信するようになったきっかけは?

茸本 実は僕「デイリーポータルZ」のライターになりたかったんですよ。そのころ既にデイリーポータルZにライターの玉置豊さんとかがいて、捕って食べる系の面白い記事があったので、自分も野食記事が書きたい!と思って。

 そして調べると、執筆ライターの応募条件が「自分のホームページを持っていること」だった。そんな動機から、記事のストックもかねてホームページを作ったのがきっかけです。でも結局、採用されませんでしたが(笑)。

 そのころは、大学卒業後に勤めたワインの輸入会社を辞め、塾講師のアルバイトをしながらこの先どんな仕事をするかと悶々と悩んでいた時期でした。しかしそのころは野食で生計を立てようというまでの気持ちはなかったので、その後は出版社に再就職しています。

■「自分のほうが面白い記事を書ける!」

――ホームページは2014年11月頃から結構な頻度で更新されていますね。

茸本 デイリーポータルZのライター応募に採用されなかった後、「中途半端にやるなら消せ。やるならとことん」という相方のアドバイスがあったので。出勤する日は毎日更新すると決め、書き続けました。毎日の通勤時に原稿を書き、会社の昼休みにアップするというルーティンです。デイリーポータルZより、自分のほうが面白い記事を書ける!という自負もありましたし。僕、負けず嫌いなんで(笑)。

 そうやって毎日更新するようになると、月に10万〜30万PVとかになり、ホームページに遊びに来てくれる読者が増えていくようになりました。

――その時点で既にそれなりに充実した野食情報発信になっていると思いますが、あえて会社員からフリーランスになったのはなぜでしょう?

茸本 漫画原作のお話が来たときに、野食家として活動の場を広げるいいきっかけかなと。会社では図鑑の編集をしていましたが、副業禁止の会社だったこともありますし、僕はあまり真面目な会社員とも言い難かったので。そうして退社し、はじめて原作を担当したのが、『僕は君を太らせたい!』(横山ひろと著・小学館ビッグコミック)という作品です。

 野食描写はリアルに行こうとなったので、全てではありませんが、作画の横山先生にも物語に登場する食材を一部食べてもらったりもして、楽しかったですね。あの漫画のストーリーは、謎の病原菌が世界に蔓延してサバイバル生活を余儀なくされるという始まりでしたが、コミカルなテイストながらもややシリアスになってしまった部分があるので、もう少し明るくてもよかったのではなんて意見もありましたね。

――『僕は君を太らせたい!』の世界観は、図らずも今のコロナ禍の現実とリンクした部分がありそうです。

茸本 本当に、そうですよね。新型コロナウイルスといえば、カメが冤罪をくらい、撮影したものがお蔵入りになる出来事もありました。

 某テレビ番組で、捕獲したカメをメイン食材に、鍋を作って撮影したんです。ところが撮影後に新型コロナ騒ぎが始まり、当時はまだわからないことも多く、新型コロナウイルスが野生生物由来ではないかというところから、爬虫類も疑いリストの中に入っちゃったんですよ。するとテレビ局の上層部から、「カメを食べる内容は、今は無理だろう」と判断が下され、急遽ザリガニを使った料理に差し替え。結果的にちょっと内容が薄くなっちゃったのが、いまだに残念で。

■みんな大好きなのは「シモの話」

――毒を持つ生き物や花粉などの「それ食べるの!?」といったものから、普通においしそうなものまで幅広く食べている茸本さんですが、読者に人気のある食材などはあるのでしょうか?

茸本 皆、どんな生き物がおいしいかという記事より、シモの話が大好きですねえ……。著書やブログにも書いたエピソードですが、消化・吸収できないワックスが大量に含まれてるけど、非常においしいバラムツ(※食材として流通は禁じられているが、自分で釣って食べることは違法ではない)を食べた話が、ダントツの人気。

 バラムツのワックス成分が肛門からたれ流し状態になり、危うく社会死するところだったという。大人が外でおもらしする話って、本当に盛り上がるんだなと実感しました。このエピソードをブログで公開して昼休みにブログをチェックすると、アクセス数が多すぎてサーバーがダウンするんじゃないかというレベルになっていました。

 そうなると同じサーバーを使っている他のサイトにも影響が出てしまうので、サーバーの運営会社から苦情が入り、「次同じことがあったら契約を切る」とまで言われてしまい、別のサーバーに乗り換えることになりました。

――茸本さんの社会的地位だけでなく、サーバーまでもがヤバかったとは、おもらしの破壊力恐るべし。ほかに予想外の出来事などは?

茸本 生き物を調理する過程も記事や動画に載せるようにしているのですが、そういった写真がAIの画像認識によって、ガイドラインに違反していると判断されてしまうことがありますよ。

 特にブログをはじめたばかりの初期は、画像を判断しているであろうAIの精度が低かったせいもあると思うのですが、さばいたサメの肌色が「性的な画像」と判断されて、削除されちゃうんですよね。AIの精度が上がってきたであろう今でも、四本足の獣を解体すると大体NGです。

――それは、ショッキングな画像という理由で?

茸本 そうですそうです。YouTubeでも、エビやヘビの首を切るシーンはダメでしたね。不快に感じる視聴者たちがいるということなんでしょう。でも、こちらの意図していない捉えかたをされてしまうことは、ある程度仕方ありませんね。

 情報を発信する側としては、せっかく書いたものがBANされるのは嫌なので、できるだけひっかからないようなものをアップしていこうと思いますが、削除された理由が分からないようなものは、基準を明確にしてもらいたいと思っています。

■ネタが尽きることはない

――「野生のものを食べる」ネタを発信し続けていると、いずれネタがなくなるということはありませんか?

茸本 ないでしょうね。いいことではないのですが、すごい勢いで外来種が入り込んできますので、それを追いかけていくだけで一生終わるだろうなってのがまず一つあります。僕は都心部に住みながら野食をするという活動をしていますが、殊に都心周りの環境だけを捉えても7大都市と言われる場所に関しては全て環境が違うので、これから先もさまざまな生き物が増えていくでしょうし。

――その中で今、注目しているエリアは?

茸本 自分の中で結構アツいと思っているのは広島県。瀬戸内独特の魚食文化が何種類かあるので。有名なところだと、セトダイです。セトダイはイサキの仲間であまり大きくならないけど、とてもおいしいんですよ。地元ではお惣菜魚として普通にスーパーで売られているんですけど、瀬戸内海の西側以外では漁師にもあまり知られていません。そういったマニアックなやつらを、追いかけ続けたい。

 日本って東西南北に長いので、それぞれの地域に変わった食文化がありますが、そういうものは得てしてなくなっていく傾向にあると思うので、できるだけデータを残していきたいと思っています。

写真=深野未季/文藝春秋

「都市で餓死することはまずない」野食ハンター・茸本朗のハンティングに同行してわかった「多摩川の河川敷=食料庫」という衝撃事実 へ続く

(ムシモアゼルギリコ)

関連記事(外部サイト)