あふれる若い人のナゾ…県庁所在地をおさえて “なぜか滋賀県でいちばん利用者の多い駅”「南草津」には何がある?

あふれる若い人のナゾ…県庁所在地をおさえて “なぜか滋賀県でいちばん利用者の多い駅”「南草津」には何がある?

県庁所在地をおさえて “なぜか滋賀県でいちばん利用者の多い駅”「南草津」には何がある?

 滋賀県は、すっかり京阪神のベッドタウンとして定着している。駅の周辺にはニョキニョキとタワマンが生えて、もともとその地域に住んでいた人はもとより京阪神方面に通勤するファミリー層が続々とやってくる。近畿地方では唯一人口が増えている(といっても微増ですが)県だし、草津市や守山市、栗東市などは全国的に見ても人口増加中という希有な町になっているのだ。

 そんな滋賀県の成長を支えているのは、なんといっても新快速である。琵琶湖の東側を通るJR琵琶湖線、琵琶湖の西側を通るJR湖西線。新快速が停まるそれぞれの駅は、とにかく成長がめざましい。滋賀から大阪まで、いくら新快速でも遠いんじゃないかと思う人もいるかもしれないが、1時間程度だから充分に通勤圏内なのである。

■そんな滋賀県でいちばん利用者の多い駅は…

 と、そんな滋賀県でいちばんお客の多い駅はどこであろうか。やっぱり35万人近くが暮らす県庁所在地・大津市の玄関口、大津駅か。そう思って調べてみると、1日あたりの乗車人員は2021年度で約1万5000人程度。順位は4位である。県庁所在地のターミナルよりもお客の多い駅がさらに3つもあるのだ。

 ここで答えをもったいぶっても仕方がないので明かしてしまうと、1位は草津駅で約2万5000人、2位は南草津駅で約2万3000人、3位は石山駅で約1万9000人。つまり、県内において人口増加率もいちばんの草津市内の駅が、特にお客が多いのだ。

 実は、1位と2位はここ2年で入れ替わった。コロナ禍が始まる前の2019年度までは、草津駅が2位で南草津駅が1位。南草津駅は、滋賀県内で唯一1日の乗車人員が3万人を上回る駅だった。1位の座は2014年度から6年にわたってキープし続けていた。ここ2年はコロナ禍という特殊事情があることを踏まえれば、事実上南草津駅が1位といっていい。

■「南草津」にあふれる若い人のナゾ

 ……へえ、南草津駅が滋賀県でいちばんの駅。などと言われても、草津市のターミナルは草津駅なのだから、その南にあるとおぼしき南草津駅、いったい何なのだ、と疑問がわいてくる。どうしてそんなにお客が多いのか。そして地味ならざる滋賀県ナンバーワンの南草津駅には何があるのか。これは訪れるしかないのである。

 繰り返しのようで恐縮だが、南草津駅には新快速が停まる。京都駅で新幹線から乗り換えれば20分足らずの近さだ。

 盛土の上のホームに新快速電車が滑り込む。さすがナンバーワンの駅だけあって、たくさんの人が降りていく。ホームで電車を待っているお客も多い。それもなんだか、若い人ばかりのようで……。

 というのも、南草津駅は立命館大学びわこ・くさつキャンパス(BKC)の最寄り駅。駅からはシャトルバスなどが出ていてそれに乗り継ぐ必要はあるが、少なくともこのBKCのおかげで学生たちが盛んに南草津駅を使い、おかげで滋賀県ナンバーワンの座を確保したのだ。

■コロナ禍で「ナンバーワン」の座を明け渡したのは…?

 南草津駅が開業したのは、いまから30年もさかのぼらない1994年9月のこと。BKCの開設はその半年前で、すなわちほとんど完全に立命館の学生たちのための駅として誕生した(もともと草津市の新都心構想があったようで、新駅設置にあたっては市民から建設費用の募金も受けている)。

 そういうわけで、南草津駅のホームもその周りも、若さ溢れる学生たちで賑わっている。2020・2021年度とナンバーワンの座を明け渡したのは、コロナ禍でオンライン授業にでもなったためなのかもしれない。

 BKCへのバスが出ている東口は、バス乗り場が張り付いている大きな広場があって、それを取り囲むように商業施設やマンションが建っている。駅開業前の航空写真を見ると、東口駅前広場一帯には池があったようで、それを埋め立てた上に広がる新しい町だ。

 数は少ないながらも居酒屋などもあるし、駅前からも見えるのはスーパーマーケットの西友だ。学生だけでなく、この周囲のマンションに暮らすファミリー層にとっても安くて便利な西友はありがたい(そういえば関西ではあまり西友、見かけませんね)。

■1日9000人だった利用者が3万人まで増えた理由

 BKCとは反対側の西口はどうだろうか。こちらも駅の外に出ると圧倒的なまでのタワマンたちに囲まれた町。駅の正面では新しいマンションが建設中だし、少し歩けば東横イン。東口と比べると商業施設の類いは少ないし、駅から離れるにつれて空き地も目立ってくるとはいえ、充分に立派なベッドタウンらしい光景が広がっている。

 開業直後、1995年度の南草津駅の1日平均乗車人員は約9000人。その頃の駅周辺はまだまだ開発が緒についたばかりで、9000人のほとんどが当時出来たばかりの立命館大学の関係者だっただろう。

 それが年々大きくお客の数を増やしていって、2006年度には2万人を突破。2017年度にはついに3万人を超えている。このお客の増加とともに駅の周りにマンションが出来ていったわけで、立命館の学生+マンションの住民たちによって、あっという間に新参駅の南草津駅は滋賀県ナンバーワンに躍り出たのである。

■「代謝の良さ」はわかったが…

 このようにそもそもが新しい駅であり、周囲のマンションに住んでいる人も駅が開業してからやってきた人たち。さらに学生はおおよそ4年程度で入れ替わる。だから町としての代謝もいいし、時が流れても活気が保たれる。

 そこに新しいマンションができて新しい住民が増えればまた……。なんとなく斜陽感の漂う令和のニッポン、日本中がうらやむ好循環を、南草津駅は体現している。そしてそれは、駅とその周りの活況からも察することができるのだ。

 なるほど、南草津って、元気な駅なんですね……。

 が、これで終わってしまってはさすがにつまらない。新しい駅で新しい町で学生もたくさん、などというのは別に何もないと言っているのとほとんど同じなのだ。もう少し何かないものか。駅の周りをもうちょっとうろうろ歩いてみることにした。

■古い地図やら何やらを引っ張り出してみると…

 東口の駅前広場、そして西友も越えてしばらく歩くと、天下の国道1号に突き当たる。国道1号は近代以前の大動脈・東海道の系譜をひく。となれば、旧東海道がこの近くを通っているに違いない。古い地図やら何やらを参照してそれを探し、国道1号を渡った先の路地にたどり着いた。

 クルマがすれ違うのもやっとの細さで妙なカーブを描くいかにもな道。両脇には立派な門構えの御邸宅や木造の家屋が建ち並ぶ。神社やお寺などもところどころにあって、いかにも旧街道筋の町並みといった具合だ。

 ただ、別にこの付近に宿場町があったわけではない。この付近の東海道の宿場町は、中山道と合流する草津宿、次いで大津宿を経て逢坂山を越えて終点の三条大橋に着く。つまり、南草津駅の近くの東海道はただの通り道に過ぎなかった。それでも神社仏閣にいかにもな町並みがあるというのは、さすが東海道ということなのか。

■「南草津」に秘められた歴史を感じさせる一角が

 南草津駅付近の東海道が通っているあたり(というか駅前も)の地名は「野路」という。江戸時代以降は宿場町としての機能を失っているが、実はさらに昔の古代から中世にかけては東海道・東山道(のちの中山道)の宿駅であった。特に平安時代の終わり頃から鎌倉時代の初めにかけて栄えたようで、あの源頼朝さんも上洛に際して野路宿(野路駅)に宿泊したという。

 ただ、野路の宿駅が栄えたのは鎌倉時代までで、徐々に宿場としての機能は草津駅に近い草津の中心市街地へと移っていったようだ。そうして神社仏閣などだけが取り残されて、プチ門前町のように街道に沿って家々が建ち並び、近代以降の鉄道の時代を経て令和の今につながっている。かつての宿駅の跡は、野路岡田遺跡として見つかっている。

 大学生と真新しいマンションの町という個性を得ている南草津駅。その中に秘められたそういった歴史を、ほんのり感じられるのが西口の駅前にある。

 駅前広場のすぐ脇、つまりマンション群のふもとにある公園の名は東山道記念公園。実態はただの公園に過ぎず、史跡としての実態はない。しかし、近世東海道以前の時代に宿駅として栄えた時期も持つ新しい町の、ちょっとした誇りのようなものがこの公園にも宿っているのかもしれない。(#2に続く)

写真=鼠入昌史

“ニューヨークみたいな場所”がなぜか京都と滋賀に…ナゾの「ハイライン協定」とは? へ続く

(鼠入 昌史)

関連記事(外部サイト)