1500万円超の私財を投じ…10メートル「巨大マリア像」を完成させた88歳彫刻家の“ライフワーク”が壮絶すぎた

1500万円超の私財を投じ…10メートル「巨大マリア像」を完成させた88歳彫刻家の“ライフワーク”が壮絶すぎた

マリア像と彫刻家・親松英治さん ©Jun Tanaka

 ひとりの彫刻家が、ノミと槌を手に40年をかけて彫り続けた高さ10m、幅2.5mの巨大なマリア像(聖母子像)がようやく完成した。像はこの夏、島原の乱の犠牲者を慰霊するため、神奈川県藤沢市のアトリエから900km離れた長崎県南島原市へ移送された。

■鎌倉大仏とほぼ同じ大きさのマリア像

 そのマリア像は天窓から降り注ぐ夕陽を浴びて、幼子イエスを抱きながら穏やかに目を閉じていた。クスノキの木肌から醸される芳香と艶やかな肌質が、慈母の名にふさわしい神々しさを醸している。しかも高さ10mという存在感に圧倒される。見上げれば、誰もがマリア像の懐にそっと包み込まれるような錯覚に陥るはずだ。

 神奈川県藤沢市の中部に広がる2万5000坪の緑濃き高台「みその台」に、そのマリア像はたたずんでいた。みその台は、カトリック系宗教法人・聖心(みこころ)の布教姉妹会の敷地で、女子修道院、女学校、乳児院、児童養護施設、高齢者施設などが点在している。

 昭和から、平成、令和に至る40年をかけてマリア像を彫り続けた彫刻家・親松英治(おやまつえいじ、88)は、女子修道院から牛小屋と農機具小屋だった簡素な建物をアトリエとして借り受けた。1階と2階の床をぶち抜いてもマリア像は収まりきらず、天井をくり抜いてドーマー窓を設け、ヒザから頭頂部までと、ヒザから裳裾までを分割して像全体を屋内に収めている。鎌倉大仏(像高11.31m)に匹敵する大きさだ。

 樹齢200〜300年の巨大なクスノキを、輪切りにして積み重ねていく独自の方法で製作。ノミや金槌、滑車に吊り下げたチェーンなどを駆使して、たったひとりで彫り進めてきた。見上げたときにマリアとイエスの表情がはっきり分かるよう、像の頭部がやや前方に傾ぐよう調整を重ねた。

 自身に万が一、不測の事態が起きても、作品として成り立つようにまず頭部を仕上げ、上半身、下半身へと彫り進めたという。

■戦死した3万人のキリシタンらを悼みたい

 親松は1934年、新潟県佐渡の農村に生まれ、武蔵野美術学校(現・武蔵野美術大学)で彫刻を専攻。プロの彫刻家として独立してからは、日本最大の総合公募美術展「日展」で入選や審査員を重ね、2011年には日展の最高賞「内閣総理大臣賞」を受賞した。彫刻家としてのキャリアを順調に重ねていた親松はなぜ、途方もないマリア像の制作をライフワークにしたのか。

「35歳の頃、人生の全てを賭けた、自身の限界に挑戦するようなテーマを探し求めていた。当時、江戸時代に起きた島原の乱を深く知り、原城の戦いで命を落としたおびただしい数の犠牲者を追悼する場所が無いことを気に掛けていた。やがて、誰に頼まれたわけでもないのに、島原の乱の犠牲者を慰める像を人生の全てを捧げて作りたいと思うようになった」

 島原の乱は、1637〜38年に起きた日本史上最大の一揆だ。

 肥後天草、肥前島原の領主による過酷な年貢の取り立てがあり、年貢を納められない農民と改宗を拒んだキリシタン(クリスチャン)への拷問・処刑に農民たちが立ち上がった。幕政に不満を抱く浪士らも加わり、一揆軍は浪士の子のキリシタンで16歳の益田四郎時貞(天草四郎)を総大将として、廃城となっていた原城(長崎県南島原市)に籠城する。

 将軍徳川家光と江戸幕府は威信をかけて13万人もの連合軍を動員し、原城を総攻撃。籠城していた一揆軍は婦女子も含め3万人が皆殺しとなる。幕府軍も1万人が犠牲となった。

 日本では安土桃山時代から江戸時代にかけてキリスト教が激しい弾圧を受け、世界に類を見ない大量の殉教者が出た。カトリックには、列聖審査で徳と聖性が認められた物故信徒に「聖人」「福者」「尊者」の称号を与えて、その生涯を讃える慣習がある。

 例えば、豊臣秀吉によって1597年に長崎で磔刑に処された「日本二十六聖人」は1617年に福者、そして1862年にはワンランク上の聖人に列せられた。

■親松の後を追う原城の犠牲者たち

 だが、キリシタンの悲劇で唯一、島原の乱の犠牲者は殉教者と認められていず、列聖審査の対象にすらなっていない。

 カトリックは殉教について、「キリスト教の信仰や道徳を放棄するより、苦しみや死を選んで信仰の“証し”をすること」と定義。十字軍の戦死者や島原の乱の犠牲者など、国のために犠牲になる「殉国」、死を甘んじて受けた「無抵抗な死」は殉教とみなしていないという(トロヌ・カルラ著『キリスト教殉教と歴史的記憶〜日本の殉教者の歴史的記憶と宗教的アイデンティティ〜』)。

 また、一揆軍のキリシタンの大半は、司祭や宣教師による正式な洗礼を受けていず、仲間同士で洗礼し合っていた。島原の乱の犠牲者は、クリスチャンの集団という定義からも外れているというのがカトリックの見解だ。

 だが、原城跡には今もたくさんの遺骨が回収されずに眠っている。親松は、無抵抗な女性や子供を含むおびただしい数の犠牲者を生みながら、現地に慰霊のための象徴的な施設がひとつも無いことに割り切れないものを感じていた。

 原城跡は1992年から発掘が進められているが、城跡に近い資料館の準備室を訪れた親松は、原城跡の人骨が泥のついたまま段ボール箱に積み上げられている光景を目にし、館員からごく小さな骨のカケラを分けてもらい(※のち返却)、マッチ箱に収めた。アトリエに持ち帰って制作中のマリア像の胸に安置し、殉教者を思いながら製作に励むつもりだった。

 その晩、ホテルで寝ていた親松は、朝まで床が激しく振動する幻覚に襲われた。一睡もできない中、親松は、「遺骨の一部を持ち帰ったので、きっと原城跡に眠る犠牲者たちが大勢で追いかけて来たに違いない」と解釈する。

「その時、彼らを弔うものを作るのが私の使命という、義侠心のような気持ちが湧き上がり、あなたたちのためにマリア像を作り上げると霊たちに誓った」(親松)

■材料費だけで1500万円超の私財を投入

 親松は、マリア像のイメージが固まるまで、ステレオタイプの固定観念を転換することに腐心したという。像に特定のモデルは無く、学生時代から仏像を彫ってきたこともあり、仏像彫刻の抽象美と、キリスト教彫刻のリアリズム美を融合させることにこだわった。

 材料となるクスノキの巨木は自腹で調達。バブル経済時代に1000万円の値がついた銘木だ。クスノキはヒノキと並んで木彫に最適で、樟脳(カンフル)の材料となるため防虫効果があり、ひび割れを起こさず柔らかで彫りやすい。10年20年雨ざらしでも腐食しないほど丈夫だという。親松はマリア像の材料費だけで1500万円以上の私財を投じた。

 親松が取り組んだマリア像は、発注先や納品先、納期、価格などが決まっているものではなかった。40年間、ひたすら限りある人生の時間を削り、生計と製作を両輪にかけて作って来たものだ。妻と3子を抱える親松は家庭人でもある。苦しく逃げ出したくなったことはないのか。

「朝6時から深夜1時、2時まで一心不乱に彫り続ける。ノミと槌を手にしているとむしろ心が癒やされ、満足感、充実感を得られて眠りも深い。逆に彫っていないことがストレスになる。佐渡で育った幼少期も、友達と連れ立って遊ぶより、ひとり山に籠もって写生や木彫をするのが好きな子だった。

 家業は農業だから畑仕事を手伝い、夕食を摂ると家族はバタンキュー。でも私はノミを取り出して彫刻を始めた。頭がスーッと冴えてむしろ農作業の疲れが取れる。でも、母親が騒々しくて眠れないとこぼすので、夜は庭先の別棟に籠もって彫り続けた」

 ひとたびノミを握れば集中して、憑かれたように彫り続ける親松。マリア像は超大作なので助手を雇ったほうが効率的と助言されることも多かった。ただ助手は、親松を差し置いて自分だけ休憩や休日を取るわけにもいかない。親松も助手をあれこれ気遣わねばならず集中力が途切れてしまう。互いに不幸なのは自明なので、マリア像は40年間、たったひとりで彫った。

■ローマ教皇からの4度の「祝福」

 1981年に彫った30cmの習作から、マリア像の制作はスタートする。制作の支えになったのは、同年に来日した第264代ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世からの「祝福」だった。祝福とは、キリスト教において、信徒の幸せや喜びのために特別な配慮をする、気に掛けるという意味。親松自身は敬虔なクリスチャンだ。

「歴史に埋もれた日本の殉教者たちのためにマリア像を作りたい。ついては教皇さまの祝福をいただきたい、と手紙にしたため、英訳と木彫のマリア観音像を添えて、駐日ローマ法王庁大使館経由で届けた。後日、思いがけず、当時のローマ教皇庁の国務長官カサノリ枢機卿より返信があり、『教皇さまはあなたのマリア像と手紙をとても喜ばれ、あなたを祝福します』とあった。それが40年間の心の拠り所になっている」(親松)

 親松はヨハネ・パウロ2世から計3回、第265代ローマ教皇のベネディクト16世から1回の祝福を受けた。

■マリア像は「原城の聖マリア観音」と命名された

 2015年2月、マリア像を原城跡のある南島原市に寄贈する話がまとまり、キリシタンや島原の乱の遺物を展示する「有馬キリシタン遺産記念館」の中央ホールに安置する方向で話が進む。市長も市議会も寄贈を歓迎し、関連予算を組むが、同年5月「政教分離に反する」という市民の声があるという理由で、市は一転、受け入れを拒否してしまう。

 寄贈するマリア像は宗教行事に使うわけではなく、政教分離の原則には抵触しないのは自明だが、クレームを過度に恐れる市に代わり、市民団体の「南島原世界遺産市民の会」がマリア像の受け入れ準備を引き継ぐことになった。

 団体は、雲仙グリーンロード(島原半島広域農道)に面した南島原市南有馬町白木野地区の農地の寄贈を受け、マリア像を安置する聖堂の建築を急ピッチで進めている。そこは有明海の大海原や、2018年、世界文化遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」のひとつに指定された原城跡を遠望できる高台に位置する。親松も「紆余曲折があるたびに、マリア像はいつか必ず、原城を望む地へ収まる運命にあるという強い確信があった。運命に導かれた思いだ」と喜ぶ。

 マリア像は「原城の聖マリア観音」と命名された。「マリア観音」は、キリスト教が禁教だった時代、潜伏キリシタンが聖母マリアになぞらえて手を合わせた観世音菩薩像を指す。東洋の美と西洋の美の融合という像のテーマも反映している。

■8200km先のウクライナを見据える

 人生を賭けたライフワークの完成という達成感を親松に問うと、

「7月に像を分解して藤沢から南島原へ移送し、現地で組み上げたあと、耐震のための鉄芯やボルト、鎖を据えて、仕上げに彩色を施す。これら一連の作業を陣頭指揮するので、無事に終えるまで達成感に浸っている余裕は無い」

 と語る。

 聖堂の正面壁面は、親松自ら「置き石の十字架」をイメージしてデザインした。

「置き石の十字架」とは江戸時代、教会になぞらえた山奥の神社に潜伏キリシタンが密かに集まってオラショ(祈り)を捧げるときに、地面に並べた小石で十字架を作った故事に基づく。小石に見立てたガラスの小窓を十字架状に並べ、屋根には平和と聖霊を意味する鳩のオブジェを掲げるという。親松は、観光ありきではなく、教会関係者やクリスチャンも認める施設にしないと、慰霊の巡礼地として浸透し、地域に根付くことはないと考えている。

 アトリエで分割されたマリア像は、2回に分けてトラックで九州へ搬送された。新東名高速道路、新名神高速道路、阪神高速道路、九州自動車道、長崎自動車道を経由し、大阪南港から新門司港までは海上を輸送。7月25日にすべてのパーツが南島原に到着し、現地入りした親松も、翌26日から組み立て作業を指揮している。アトリエ内のマリア像はひざ下部分を分割していたので、10メートルに組み上がった全体像を目のあたりにするのは、親松自身も初めてとなる。

 彩色を施された像は10月末に完成予定。今後、日時限定で、聖堂での組み立て作業光景を一般公開するという。プロジェクトを進める「南島原世界遺産市民の会」の佐藤光典事務局長は「感無量だ。梱包を解かれたマリア像の顔を拝んだときは、思わず涙がこぼれた。来春のお披露目までに、親松さんの作品を展示するギャラリーなども整備していく。原城の慰霊史跡は、江戸時代に建てられた追悼碑と地蔵しかないが、今後はマリア像が敵味方の別なく、あらゆる犠牲者を包み込む象徴的な存在になるはずだ」と語った。

 マリア像は奇しくも、ロシア軍のウクライナ侵攻の影響で多くの死者が発生している時期に完成し、安住の地に移される。西向きに据えられるので、図らずも8200km西北に位置するウクライナを見つめる格好になる。国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)のラミレス文化副事務局長は、ロシアのウクライナ侵攻から1カ月間でウクライナ国内の教会29カ所が爆撃されたと伝えた。

 マリア像は、憎しみの連鎖を断ち切る契機になり、戦乱のあらゆる犠牲者の魂を慰める存在になるのだろうか。マリア像と聖堂は、2023年3月末にお披露目される予定だ。

(田中 淳)

関連記事(外部サイト)