《マック、スタバ、ユニクロも》グローバル企業が次々撤退するロシアで、いま人気爆発中!話題の「ニセ」コカ・コーラをテイスティングしてみた!

《マック、スタバ、ユニクロも》グローバル企業が次々撤退するロシアで、いま人気爆発中!話題の「ニセ」コカ・コーラをテイスティングしてみた!

ロシア版マクドナルドの店員 ?タス/共同通信

 クールコーラ、ファンシー、ストリート、どこか聞いたことがあるような商品名に見たことがあるような配色のラベル。これらはロシアで製造・販売されているコカ・コーラ社の清涼飲料水コカ・コーラ、ファンタ、スプライトの“類似品”である。

「コカ・コーラ社がロシア事業停止を発表すると、商機ととらえたロシア国内の飲料メーカーが、ここぞとばかりにコーラの“類似品”を新商品として発売しています。クールコーラを製造しているのはロシアの伝統飲料であるクワスを製造・販売している会社ですが、ここもその波に乗ったということでしょう」(経済部記者)

 コカ・コーラがロシアのスーパーから消えつつある中、ロシア人の“コーラ欲”を満たしているというクールコーラ。コカ・コーラと同じ味がするのか、はたまた全く違う味なのか。取材班は独自ルートで商品を入手することに成功。体当たり取材でその味をレポートする。

■マクドナルドに続きコカ・コーラ社もロシアから事業撤廃

 2月24日に始まったロシアによるウクライナ侵攻を受けて、アメリカやヨーロッパをはじめとした西側諸国はロシアに対する経済制裁を続けている。民間でも数々の企業がロシアでの事業撤退を発表した。5月にはマクドナルドがロシアでの事業撤退を発表し、日本でも大きな話題となった。

 マクドナルドがロシアで展開していた店舗は約850店舗。すっかりロシアの地になじんでいた味が消えたことにロシア国内のハンバーガー好きが悲しむ様子も報道されている。そこで登場したのが“類似品”を販売するお店である。とあるロシア在住の日本人は“類似品”に対するロシア人の反応をこう語る。

「日本では『マクドナルドの味より劣る』と批判的な報道があるようですが、マクドナルドロシア1号店に居ぬきで入ったお店は、今でも多くの客で混雑しています。確かに味は変わりましたが、ハンバーガーとして普通においしいですし、ロシア人の多くはそこまでブランドを気にしないので違和感なく受け入れられているようです」

■類似品「クールコーラ」の味

 ハンバーガーといえばコーラがつきものだが、コカ・コーラ社もまた、3月にロシア事業の停止を発表している。在庫がある店舗は現在でもコカ・コーラの販売を続けているようだが、次第に品薄状態になりつつある、と前出の日本人が語る。そこで台頭してきたのがクールコーラをはじめとした“類似品”だという。

「ロシアには国内企業が作ったコーラがいくつかありました。ただ、それらはスーパーでも目立つことは無く、あまり人気もありませんでした。ところが、コカ・コーラが品薄となった今では店頭で山のように積まれて存在感抜群。私は気になって飲んでみましたが、『ペプシじゃなくてちゃんとコカ・コーラの味だ!』と驚きました。もちろん、本物と飲み比べたら違いは分かりますけどね。発売して間もない今こそ色物扱いされていますが、そのうち広く受け入れられるようになると思います」(前出・ロシア在住の日本人)

 意外なことに再現度が高いと評されるロシアのコーラ。実際にどれほど近い味なのだろうか。取材班はロシアで販売されているコカ・コーラ社製のコカ・コーラ、スプライト、ファンタ、そして現地メーカーが製造したクールコーラ、ストリート、ファンシーを入手。それぞれ見た目、匂い、味を検証し、“類似品”の実態に迫る。

■コーラとクールコーラを飲み比べる

 手始めにコカ・コーラとクールコーラの飲み比べだ。カップに注いでみると、色に大きな違いはなく、炭酸の泡立ちも同じ程度だ。見た目には違いが見られなかった一方で、匂いには明確に違いがあった。クールコーラだけを嗅げば、確かにコーラの匂いだと感じる。しかし、コカ・コーラには清涼感のあるさわやかな香りがあるのだ。

 匂いではコカ・コーラが“正規品”の貫録を見せつけたが、肝心の味に違いはあるのだろうか。

 まずクールコーラを口に含んでみる。コーラ独特の苦みにも似た風味と濃厚な甘さが口の中に広がる。確かに記憶の中にあるコーラの味と似ているようだ。これは何も知らされずに飲んだらコカ・コーラと勘違いしてしまうかもしれない。

 では、本物のコカ・コーラはどんな味だったか。一口飲むと思わず言葉が漏れてしまった。

「ああ、やっぱりこっちのほうが美味しい」

 爽やかなスパイスの香りが鼻を抜けるとともに、口の中ではじける甘さが心地いい。100年以上続くコカ・コーラのオリジナリティと風格が感じられる堂々たる味である。ふたたびクールコーラを飲んでみると、その差は歴然だ。クールコーラはあくまでコーラに似た味で、例えると子どもの頃、駄菓子屋で舐めたコーラ味の飴玉のような素朴な味なのだ。甘味料の違いか、クールコーラはべたっと舌に残る甘さだが、コカ・コーラの甘さはキレがある。

 ただし、クールコーラも十分コーラとしては美味しいと言えるだろう。何も知らされずにクールコーラを飲んだらコカ・コーラと勘違いしてしまうほど清涼飲料水としては完成度が高かった。

■レモンライム風味のスプライトvsストリート

 続いてスプライトとストリートの試飲だ、余談になるが、記者が人生で初めて飲んだ炭酸飲料はスプライトである。レモンライムの風味が子ども心にも美味しかった記憶があるが、果たしてロシアではどのように味が再現されているのだろうか。

 カップに注ぐとどちらも無色透明。匂いはコーラと同じくスプライトの方が柑橘系の香りが強くさわやかな印象だ。対してストリートは砂糖の甘い匂いが強く、レモンライムの香りは控えめだ。正規品が香料が強く香る傾向にあるのかもしれない。

 コーラと同じくロシア製のストリートから飲んでみる。口内に甘みと炭酸の刺激が広がった瞬間、思わず首をかしげてしまった。これはスプライトではない、とすぐに分かってしまうほどレモンライムの風味が感じられなかった。極端に表現すると“甘い炭酸水”といえるほど味気なかった。

 ただ、スプライトを最後に飲んだのは遠い昔。既に味を忘れてしまっていて、実際はスプライトも柑橘の風味はそこまで強くなかったのかもしれない。そう思いながら本物のスプライトを飲んでみる。その瞬間、記憶の底に眠っていた光景が脳裏に広がった。

 蝉が鳴きしきる真夏、近所の赤い自販機で買った初めての炭酸飲料。炭酸が痛くないかとこわごわ口に運んだあと、レモンやオレンジとは違う少しビターな風味と甘味が口いっぱいに広がる。心地よい炭酸が後味を爽やかにしてくれた。それは、確かに記憶の中のスプライトそのものの味であり、甘さをくどく感じさせない絶妙な柑橘の風味だった。

 一口だけならストリートもおいしく飲めるだろうが、一本飲み干すには味に飽きが来てしまうだろう。一方、スプライトはレモンライムの風味が甘味のくどさを緩和してくれるので、ごくごく飲めるようになっている。清涼飲料水としては明らかにスプライトの方が一枚も二枚も上手だった。

■ファンタvsファンシー、色と香りは…

 最後はファンタとファンシーの試飲である。カップに注ぐと初めて見た目に違いが表れた。ファンシーの方が若干オレンジ色が濃く、泡立ちも強い。オレンジの匂いもファンシーの方が強いというこれまでと反対の結果だった。

 肝心の味の違いはどうだろうか。炭酸飲料大好きのカメラマンによると、ファンタはオランジーナなどとの差別化を図るために苦みを強くして、大人向けの味に方向転換しているようだ。ファンシーもその大人路線を踏襲しているのだろうか。

 まずはファンシーを飲んでみる。真っ先に甘味と強い香りが感じられるので、炭酸飲料というよりオレンジジュースを飲んだという印象だった。しかし、甘味のあとにすぐ苦味が追っかけてくる。この苦みはオレンジの皮というよりは薬品のそれに近い。そのため、風邪薬シロップを飲んでいる気分になってしまった。

 もしかするとファンタの味そのものが苦手なのかもしれない。そう不安を覚えながらもファンタを飲んでみる。すると、やはり甘味のあとに苦味が感じられるが、その苦味がより自然に感じられた。まさにオレンジの皮の苦味を少し足したようなドライな味わいだ。甘さも控えめで食中でも飲めるように工夫されている印象だ。ただ、大変残念なことに個人的にはどちらの味も好みではなかった。きっと苦味が苦手なお子様舌なのだろう。

■“類似品”はあくまで“類似品”なのか?

 飲み比べの結果、総じてロシア製の飲料が甘味が強く、コカ・コーラ社製の飲料が風味が爽やかであるという印象だった。やはり“類似品”はあくまで“類似品”であり、“正規品”と同じ味にはなれないのだろうか。

 しかし、もしかするとロシア製だとわかっているからこそ、心理的バイアスがかかって味の違いを感じてしまうのかもしれない。それでは正確な取材はできないのではないか。思案の末、目隠しした状態で飲み比べ、どちらがロシア製なのかを当てる“ブラインド・テイスティング”を行うことにした。

■目隠しの“テイスティング、その結果は…

 編集部にあったタオルで目隠しをして、カップまで手を誘導してもらう。まるで介護されている気分のまま、コーラのテイスティングから始める。

 まず口に運んだコーラはどこか薬品のような風味があり、飲み込んだ後も人工甘味料のような甘さが舌の上に残った。おそらくこれがクールコーラだろうと思うが、念のため二つ目も飲んでみる。こちらはコカ・コーラ独特のスパイス感が感じられ、後味もすっきりしているように思う。やや曖昧な理由だが、一つ目がクールコーラだと判断した。

 カップ裏に書かれた正解を確認すると、やはり一つ目がクールコーラで、二つ目がコカ・コーラだった。やはりクールコーラはコーラに似せてはいるものの、チープな印象が否めない。コカ・コーラの不思議な“スパイス感”を再現するのは難しいという事だろう。続いてスプライトとストリートのブラインド・テイスティングに移る。

 これは非常に簡単だった。一つ目を飲んだ途端に、これはストリートだと確信した。なぜなら柑橘系の風味がほとんどしない“甘い炭酸水”だったからだ。二つ目を飲むまでもなく一つ目をストリートと断言。難なく正解した。

■難しかったファンタとファンシーの違い

 最後はファンタとファンシーのテイスティングである。これが非常に難しかった。まず手に取ったカップからはオレンジの香りが強く香った。この時点でファンシーではないかと思ったが、二つ目を飲んだ時点で味の違いが分からなくなってしまった。どちらも同様に苦みがあるものの、個人的に苦手な味ということもあってどっちが“美味しい苦味”なのかという判断ができない。

 結局、やや甘味がくどく感じた一つ目をファンシーと判断したところ、幸いにも正解だった。先ほどは「風邪薬シロップのよう」などと書いてしまったが、ファンシーが一番“正規品”に近い味なのかもしれない。

 すべての試飲を終えて、急ピッチで“類似品”を作ったロシア企業の努力は感じたものの、正規品には一歩届かない“類似品”の悲しき定めを実感することとなった。確かに一時的にはこれらの“類似品”で満足できるかもしれないが、ファンにとってはコカ・コーラを始め、“正規品”の味が恋しくなることは間違いないだろう。 

 美味しいものは西も東も関係ない。為政者が勝手に始めた戦争で奪われた楽しみを市民は何とか他の物で補おうとしている。そのロシア国民のたくましさに感服するとともに、一刻も早くロシアでもコカ・コーラがいつでも手に入るようになることを願ってやまない。

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)