「一晩で2度にわたり胸を…」“東京2020パラリンピック開会式の楽曲担当”音楽プロデューサーらの性加害を告発

「一晩で2度にわたり胸を…」“東京2020パラリンピック開会式の楽曲担当”音楽プロデューサーらの性加害を告発

東京パラ音楽Pの性加害告発

「一晩で2度にわたり胸を…」“東京2020パラリンピック開会式の楽曲担当”音楽プロデューサーらの性加害を告発

本人のInstagramより

 東京2020パラリンピック開会式の楽曲を担当した音楽プロデューサー、Seiho(35)。30代のミュージシャンA子さんがSeihoから性被害を受け、今年7月、警察に被害届を提出していたことが「 週刊文春 」の取材でわかった。警視庁渋谷署が痴漢と同等の「迷惑防止条例違反」で捜査を開始している。

 Seihoは三浦大知、矢野顕子、CHARA、YUKI、観月ありさなど有名アーティストたちのサウンドプロデュースを手がけてきた売れっ子音楽プロデューサー。メルセデス・ベンツなど大手企業のテレビCM曲も制作している。2019年の新国立競技場完成記念イベントのオープニングミュージックを担当した後、東京2020パラリンピック開会式の音楽チームに参加した。

 一方のA子さんも音楽活動をしており、Seihoとは20代の頃から仕事で関わりがあったという。

■単独公演の深夜パーティ、酔った男が両胸を鷲掴み

 事の発端は今年5月14日、Seihoの単独公演のアフターパーティだった。A子さんは知人に連れられ、会場である渋谷のDJバーに入店した。A子さんが振り返る。

「バーに入ると、レコード会社に勤めているTという男が、酔った様子で近寄ってきました。彼はDJのAnalskiとしても活動しており、私の顔見知りでした。そして突然、Tが後ろから両手で私の両胸を鷲掴みにしたのです」

 A子さんはすぐに自身がたった今受けた性的暴行を主催者であるSeihoに訴え出た。ところが??。

「『Tに胸を触られた。対応して』と訴える私にSeihoは『胸、触られたん? こうやって?』と、右手で私の左胸を触ったのです。『信じられない。何やってんの?』と、抗議する私にSeihoは『酒でもおごるから』『これで勘弁してや』などと言い、ドリンクチケットをひらひらさせて、その場を離れていきました」(A子さん)

■SeihoからのLINE「触ってないよ……ほんと」

 2度にわたり性的暴行を受けたA子さんは翌日、DJバーに相談。すると5日後、T氏とSeihoからInstagramにメッセージが届いた。T氏は胸を触ったことを認め謝罪したが、Seihoは〈触ってないよ〉〈そんな記憶ない〉〈奢ったんだから触らしてや!って言ったのは覚えてる〉などと送ってきたという。

 A子さんが怒りを滲ませて語る。

「彼はまるで反省していないのです。このままでは事実がすり替えられてしまう。そう思って警察に被害届を出すことを決心しました」

 今年7月、警視庁渋谷署はA子さんが提出した被害届を受理。SeihoとT氏について、痴漢と同等の「迷惑防止条例違反」で捜査が始まった。

■本人を直撃「ハグはしたと思うんですよ」

 7月29日、Seihoを直撃した。

??A子さんの胸を触ったか。

「まったく僕は身に覚えがない。Tに触られたから『セイホー君おごってよ』と言われたという記憶」

??触ったら覚えている?

「だと思う。ハグはしたと思うんですよ。でも胸をそのまま触るというようなことはしてない」

??被害届が提出されて、捜査が始まっている。警察から連絡は?

「時間がある時に来てもらえたらって」

 A子さんがあらためて言う。

「有名プロデューサーによる性被害が音楽業界でも起こってしまった。この事実を見過ごしたくなくて、被害者として声を上げることにしました。これ以上、同じような被害者が出ないようにという思いからです。彼と仕事をする関係者はこのままでいいのか、今一度、考えて欲しいです」

 現在配信中の「 週刊文春 電子版 」では、事件後にSeihoが周囲に話していた“嘘”、当日の様子を目撃した人の証言、そして警察が捜査に乗り出す決め手となった防犯カメラに記録されていた内容などを詳しく報じている。

(「週刊文春」編集部/週刊文春)

関連記事(外部サイト)