“7歳娘を違法連れ去り”あびる優前夫・才賀紀左衛門のウソ あびる虐待の証拠「泥酔写真」は結婚前のものだった

“7歳娘を違法連れ去り”あびる優前夫・才賀紀左衛門のウソ あびる虐待の証拠「泥酔写真」は結婚前のものだった

あびるとAちゃん(右)

  小誌7月21日発売号 と 28日発売号 で、前夫の格闘家・才賀紀左衛門(33)による一人娘のAちゃん(7)の“違法連れ去り”を明かした、タレントのあびる優(36)。これに対する“才賀側”の反論が『女性セブン』8月11日号に掲載された。

〈あびる優『酔って深夜3時に娘を…』危険動画で不安すぎる母親〉

 記事には複数の「才賀の友人」が登場し、あびるの酒癖の悪さやAちゃんへの虐待・ネグレクトを証言。とりわけ目を引いたのが、〈泥酔して路上で寝るあびる〉〈(Aちゃんを)プロレス技のように振り回した〉と説明書きがなされた複数の写真だ。“あびるが虐待・ネグレクトをしていた根拠”として掲載されている。

 だが、これらの写真はかつて才賀本人が裁判の過程であびるがAちゃんを虐待していた証拠として提出し、裁判所から〈虐待行為の証拠となるものでもない〉と退けられていたものと同一であることが、「 週刊文春 」の取材でわかった。

 2014年に結婚し、2019年末に離婚したあびると才賀。当初、親権は才賀が持った。だが、あびるが提起した調停の末、2021年4月に東京高裁であびるへの親権者変更とAちゃんの身柄の引渡しが確定している。

 ところが才賀は引渡しを拒否。親権がない“違法状態”で今でもAちゃんと同居していること、あびるに拒否的な感情を抱くよう“洗脳”していたことをこれまで小誌は報じてきた。

 そんな中で『女性セブン』に掲載された“才賀側”の反論。あびる本人が語る。

■「私が酔って寝ている写真は結婚前のもの」

「あの写真が今さら出てくるなんて……驚きました」

 実は、同誌に掲載されたこの写真は2021年2月に家裁が下した審判への抗告の際、才賀が提出した50ページ超にわたる書面に添付されていたものだった。

「私が酔って寝ている写真はAちゃんが生まれるどころか、結婚前のもの。裁判でもそう説明しています。〈振り回した〉とする写真は、Aちゃんとじゃれている動画を静止画にしたもの。動画を見れば正確な内容がわかるのですが、結局、裁判では静止画しか提出されませんでした」(あびる)

 そして、高裁は才賀の抗告を退けた2021年4月の決定書でこう断じている。

〈抗告人(才賀)が提出する相手方(あびる)の酔いつぶれた写真は(略)撮影日を認めるに足りる証拠はない上、虐待行為の証拠となるものでもない〉

 才賀に『女性セブン』に掲載された“泥酔写真”などについて問い合わせたが、期限までに回答はなかった。

 現在配信中の「 週刊文春 電子版 」では、裁判で勝利したにもかかわらずAちゃんを取り戻せていないあびるの悲痛な想い、才賀の証拠が裁判所に退けられた理由、元判事の弁護士が明かす「監護者変更」が裁判で認められる意味、子の引渡し「完了」がわずか32%と日本で“違法連れ去り”が横行している理由などを詳しく報じている。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2022年8月18日・25日号)

関連記事(外部サイト)