これぞ「ディープ新小岩」 東京で指折りの“ガチ外国食堂”がすごすぎた

これぞ「ディープ新小岩」 東京で指折りの“ガチ外国食堂”がすごすぎた

いまこそ“ガチな異国飯屋”で海外旅行気分を

 海外旅行にだんだんと行けるようになりました。とはいえ円安だし燃油サーチャージが高いし、コロナ対策の手続きで日本に予定通りに帰れないリスクもある。なかなか海外旅行への腰が上がりにくい状況にあります。

 海外に行けない代わりに、僕は日本の在住外国人をターゲットにした“ガチな異国飯屋”(=外国料理屋)に行っています。日本人向けにアレンジされていないガチな異国飯を食べ、客同士や店員との外国語会話を聞き、独特な内装を見て気を紛らわしています。日本人がアウェーな異国飯屋に頻繁に行って海外旅行気分を疑似体験することで、ますます海外旅行に行く腰が上がらなくなるという、本末転倒なことも起きています。なんてこったい。

■新小岩駅の南口にはアツい店が集中

 そんな日本人アウェーな外国料理屋は、東京でも新大久保や池袋や高田馬場や上野など、いろんな地域で集中していますが、一番好きな街は東京の東の端にある総武線の小岩と新小岩です。どちらも何カ国かの本国さながらの異国飯屋があり、在住の外国人に愛用されています。

 このエリアは、店を開いた外国人がこぞって「安いから」という理由で居抜きで店をはじめるだけに、店内の内装やメニューは日本ナイズされてなく簡素かつ独特なものになりがちで、都心の店と比べて独特な味わいがあります。よくないですか?

 新小岩駅は小岩駅よりも東京寄りに位置し、区で言うと「こち亀」や「キャプテン翼」の葛飾区で、総武線快速で東京駅から4駅目にあります(隣の小岩駅は江戸川区にあって、小岩駅と新小岩駅はけっこう距離が離れています)。新小岩駅には北口と南口があり、主に南口にアツい店が集中します。中国、ベトナム、ネパール、タイ、バングラデシュ・インドの店があり、特に中国の鍋系料理屋の数が充実しているのが特徴です。

■日本では数少ないタイプの火鍋が食べられる

 北口を出ると、いきなり左手に「美味スーパー」という異国感があるバングラデシュの店があります。もともと「美味業務スーパー」という名前でしたが、近くにある業務スーパーから何か言われたのか、美味スーパーに名前が変わっています。ケバブに加えて、ムスリム向けのハラル弁当やホットスナックとかも売っています。ちょっと歩くとフィンランドの店「Mikon Finland Shop & Cafe」もあり、「世界一まずい飴」と言われるサルミアッキが何種類も売られています。

 反対の南口は、とにかく異国飯が充実しています。駅を出てマクドナルドのあたりに出ると、昼から夜にかけて「串串香」という看板がでています。看板のある細い路地に行くと、回転寿司ならぬ回転火鍋屋があります。中国でもある形式の店で、客も常に中国人ばかりで中国語が飛び交うので、がっつり中国にいる気分になります。火鍋は火鍋でも日本では数少ないタイプなので体験的に面白く、SNS映えします。なによりひとりでも火鍋が食べられるというのがたまりません。

■「ここはネパールか!」脳が混乱する異国飯屋の空間

 串串香の方角をさらに進んでいくと、スバル飲食街の中にネパール料理の「マリカ」という店があります。「スバル飲食街」で検索してみてください。飲食街とはいいますが、未舗装の小径は上級者向けの雰囲気を醸し出しています。この中に「マリカ」がぽつんとあるのです。

 中に入るまでにもハードルが高いのに、中に入ると雰囲気が実にいい。扉を開けると視界には場末感と木のぬくもりのある店内、嗅覚でがっつりくるスパイスのにおい、ぎっちりネパール食材が詰まった商品スペース、耳を澄ませばテレビから流れるボリウッド映画、もさもさと食べているネパール人……。「ここはネパールか!」と脳が混乱することうけあいの空間で異国飯屋としては100点満点です。

 しかも世のネパール料理屋と違って「ナン、カレーセット」など出しません。ポン菓子を主食に揚げたチキンやマトンで食べる「チキンタス/マトンタスセット」を是非食べてみてください。「こんな未経験の食があるのか!」と最初は驚きましたよ。ちょっとふらっと店内の雰囲気を味わいたければ、「とりあえずチャイ」とオーダーしてもいいですし、お酒が飲みたければネパールのお酒「ククリラム」を頼んでみてください。いい感じに割って本場の酒を提供してくれます。

■階段を上がった先に広がっていたのは

 マリカと並んでなかなか入りにくくて異世界体験できるのが、「ジャンナット」というバングラデシュとインドの店です。新小岩駅を背に右側を見ると西友がありますが、その方向に進んだ先にあるのが「ジャンナット」です。

 ここの1階は食堂なのに段ボールが沢山置かれていて利用できないのですが、その横に2階に上がる急階段があります。この急階段を上がった先にインドな感じの店舗が広がっています。最初は「階段を上がっていいのか?」と不安になったのですが、階段を上がった先に別世界が広がっていたのは、なんというかドラクエで隠し階段を見つけて上り下りしたときのようでした。もしも何か買おうという使命感があるならば、家で飲める紅茶か、マンゴージュースなど小さなボトルジュースでも買ってお金を落としましょう。

■ルミエール商店街を歩く

 新小岩の代名詞といえば、駅から見える南口のアーケード街「ルミエール商店街」でしょう。サウナがあり総菜屋が点々とあり、雰囲気はどこか関西の商店街のようです。そのルミエール商店街やその周辺を歩くと、韓国、中国、台湾、ベトナム、タイなどアジアンな店がこれでもかと出てきます。選択肢が多いので、誰かと街歩きするにも誘いやすくて素晴らしい。

 ルミエール商店街を歩いていくと、ガチ中華の食材店「友誼商店」があります。階段を登ってはいると、そこは中国の商店です。パッケージで売られている商品もありますが、たまに自家製食品も売っています。

 中国商店は、ルミエール商店街の出口ほか、ドン・キホーテ系列のピカソのあたりにも中国系店舗や韓国系店舗が集まっているところがあります。以前その中国の個人商店に入ったら奥のほうの部屋で中国人が麻雀を打っていまして、視覚と味覚と聴覚でいよいよここは中国と何が違うのかと唸ったものです。そうそう、池袋のガチ中華の店は中国のモールや繁華街内の飲食店の雰囲気ですが、新小岩の店は中国の住宅地に点々とある食堂の風格があります。こちらもガチなのです。

■新小岩で領土問題を感じることができるお店

 さらには、ミシュランのビブグルマンに選ばれたタイ料理点「バンコクオーキッド」があります。お手軽価格で美味しくかなりのボリュームであることから、食べるだけなら文句なくお勧めです。しかしタイ人客はあまり見ないので、客の雰囲気までガチタイとはいかないのは海外旅行気分としては惜しいところ。むしろ隣の小岩駅ならば、タイ旅行感まで味わえます。その先にはガチ中華の雰囲気を醸し出し中国人客も多い「舒氏老媽蹄花(ジョシロウマテイカ)」、セルフで具材を選ぶ中国一人鍋「麻辣湯(マーラータン)」屋が2店あります。麻辣湯は先に鍋の具を自分でピックアップし、スープをオーダーするのですが、独特なシステムで言葉もカタコトの日本語でやりとりするので中国旅行気分になれます。地元の外国人も利用するようで、ベトナム人が中国人店員に日本語でやり方を聞く場面に遭遇しました。この日本語が共通語になっている空間は、いつ聞いてもなんとも不思議です。

 その先には数少ないガチ台湾料理屋「赤丸」、ベトナム料理屋「バインミーゴンゴン」、ベトナム食材店「ANH NGUYEN」と続きます。ベトナム食材店に入ったことがない人は、見たことない食材ばかりで驚くでしょう。遠慮なく入ってわからなければ店員にやさしく聞いてみるのも手ですし、とりあえず100円程度のインスタントフォーを買うのもお勧めです。ちなみに店の入口には大きくベトナムの地図が描かれていますが、よく見ると中国とモメている黄沙群島(中国名、西沙諸島)と長沙群島(中国名、南沙諸島)の領有をアピールしている点がポイントでして、新小岩で領土問題を感じることができます。

■貴州人オーナーの提供する食事は、かなり辛いので注意

 ここでルミエール商店街は終了ですが、まだまだインド系カレー屋、中国食材店、ベトナム食材店と続きます。中国食材店と並んで「友誼物産」という店もあるのですが、話好きな中国人オーナーの所有する謎の民芸品やらレトロ雑貨を販売する店でして、日本の異国系の店の中でも類を見ない味わい深い店です。同じく変わり種の異国店としては、ルミエール商店街そばにバングラデシュ人経営のスマートフォン屋があります。外国で見るスマートフォンショップそのままの雰囲気なのがたまりません。

 ベトナム料理屋のバインミーゴンゴンのところで左右を振り向くと、これまた日本でも珍しい貴州省の「貴州火鍋」と、中国東北地方のパン食だけを提供する「劉記中華面食」、それにタイ料理屋「センチャン」があります。

 日本に住んでいる中国人は東北地方(遼寧・吉林・黒龍江3省)出身者が多いのですが、貴州は西南部で日本在住中国人もすごく少ないことから、貴州人オーナーの提供する食事にしてもよくあるガチ中華とはだいぶ違います。かなり辛いのでご覚悟を。一方、劉記中華面食の店内は中国の伝統的なパン屋という趣で、奥では中国の調理スタッフが頑張って作っている姿も。もちろん、どれもがガチ中華未経験の人には新しいので海外旅行気分になること間違いなしです。

■1駅隣の小岩まで行くと、さらなる外国文化が

 さらに新小岩では現在バングラデシュ人によるモスクの資金を募っているところで、ムスリムの人にとっての心と教養のよりどころとなるモスクができれば、バングラデシュの店もより出てくることでしょう。新小岩にはすでにバングラデシュの店はありますが、よりガチ度を求めるならば隣駅の平井がお勧めです。

 ガチ外国な店が、地元商店街の色を変えすぎず溶け込んでいるのですが、新小岩の10年前を知る人に話を聞いたところ「タイ料理が昔からあった」「駄菓子屋のような店でおばあちゃんが500円で出してるケバブ屋があった」など、どうも昔から外国人が溶け込んでいた地域だったようです。

 例えばネパール料理屋マリカに入ってチャイを一杯飲むか、軽く食べてククリラムを飲む。その後ルミエール商店街を歩き、ガチ外国商店に入りつつ食事する店を決めると、1回の新小岩訪問で外国に行った気がして、記憶に残る刺激的な1日になるでしょう。またはさらに総武線で1駅隣の小岩まで行くと、さらなる外国文化と出会えて驚くことうけあいです。

 小岩などの異国飯については、1章まるごと小岩を扱った拙著「移民時代の異国飯」を手に取っていただければ幸いです。

写真=山谷剛史

(山谷 剛史)

関連記事(外部サイト)