〈再逮捕〉高槻54歳女性殺人 1.5億保険金の受取人は“28歳の養子”だった「アメフト日本一」「愛車はランボルギーニ」

〈再逮捕〉高槻54歳女性殺人 1.5億保険金の受取人は“28歳の養子”だった「アメフト日本一」「愛車はランボルギーニ」

15年、同窓会で

 昨年7月26日、大阪府高槻市に住む高井直子さん(当時54)が自宅の浴槽で変死体となって発見された事件。真犯人が見つからない今年7月、事態が動き、親族の同意を得ないまま違法に高井さんと養子縁組になる手続きを踏んだとして、高井(旧姓・松田)凜容疑者(28)が有印私文書偽造・同行使の疑いで逮捕されていた。8月10日、警察は高井容疑者を、クレジットカードを不正利用されたと偽って購入代金をだまし取った詐欺の疑いで再逮捕した。

 独身で一人暮らしだった高井さんには合計1億5000万円にも上る生命保険がかけられており、死因は溺死。何者かに首を絞められたような跡が残っていたという。保険金の受取人は高井凜容疑者だった。なぜ2人は“養子縁組”を結んだのか。事件の背景を追った「 週刊文春 」掲載の特集記事を公開する(初出:2022年8月4日号 年齢、肩書等は当時のまま)。

◆◆◆

 都市銀行のグループ会社に勤める高井直子さん(当時54)が、大阪府高槻市にある自宅の浴槽で、変死体となって見つかったのは昨年夏。死亡推定日は、東京五輪の開会式が行われた7月23日とみられる。

■1億5000万円の保険金 受け取り人は“28歳の養子”

「連休明けの26日、彼女が会社を無断欠勤したため、親族らが自宅を訪ね、発覚した」(捜査関係者)

 右手首には結束バンドが緩く巻かれており、左手首にも痕跡が残っていた。

「直接の死因は溺死。何者かが両手首を結束バンドで縛り、顔を浴槽に沈めて殺害したとみられる」(同前)

 独身で一人暮らしだった直子さんには、合計1億5000万円の生命保険がかけられていた。受取人になっていたのが、直子さんと養子縁組したばかりの高井凜容疑者(28)だったのだ。

 1年が経過した今年7月20日。凜は養子縁組の書類を偽造したとして、有印私文書偽造・同行使容疑で大阪府警に逮捕された。

 二人はもともと保険外交員と顧客の関係。契約していた二つの保険のうち一つは、凜が外資系のプルデンシャル生命保険に勤めていた時に結んだ契約だった。

 遠距離に暮らす27歳差の男女間で養子縁組が成立したのは、直子さんが殺害される約5カ月前、昨年2月14日のことだ。

「2020年に結婚していた凜は、民法上、養子になるにあたり配偶者の同意が必要。だが、凜は妻の承諾を得ず、本人に成りすまして書類に記載し、高槻市役所に届け出ていた。これが今回の逮捕容疑です。一方、直子さんの記載部分に偽造はなかった。大阪府警は凜が直子さんの死に関わっているとみて、捜査を続けています」(社会部記者)

 凜の旧姓は松田。兵庫県猪名川町の小学校を卒業後、西宮市の名門・関西学院中等部へ入学する。高等部ではアメフト部に所属し、ここで彼は輝かしい成果を残す。ポジションは司令塔であるクォーターバック。3年時には、高校の関西選抜メンバーにも選出されているのだ。友人が語る。

■入社すぐコンテストで入賞

「凜は生まれつき頭部の血管が細く、アメフトを続けられなかった。関西学院大ではアメフト部に籍を置きつつも、コーチとして高等部に派遣されていた。凜が大学3、4年の時、高等部のアメフト部は2年連続で高校日本一になっています」

 卒業後、凜は外資系の有名コンサルティング会社に就職を果たす。ITの部門に従事した。そして2年半後の18年11月、プルデンシャルにヘッドハンティングされたのである。

 小誌は、入社時の凜の動画を入手した。都内で行われた研修の後、同期たちの前で1分間ほど、“決意表明”のスピーチをした時のものだ。グレーのスリーピーススーツに身を包み、マイクを握る彼の声は、自信に満ち溢れていた。

「出来ない目標は言いたくない」と、大言壮語をするわけでもなく、「成長できる会社だから」前職を辞めたと語る凜。そして最後にこう締めくくった。

「僕は必ず、自分に負けない。自分に克つ。そういう働きをします!」

 同社は完全歩合制の実力主義だ。社員が明かす。

「彼が配属された都内の支社は、社内でも特にノルマがキツイ、体育会系ノリの職場として有名でした」

 アメフトで日本一を経験している凜は転身後、すぐに成果を出し始める。

「成績を競うコンテストが近づくと、月の保険料が10万円を超える高額契約を次々と取ってきた。コンテストでは『BP(ブロンズプライズ)』で入賞。上位五段階の一番下ですが、入社数カ月でこれは凄い」(同前)

 自宅は家賃数十万円の赤坂の高級タワーマンションに引っ越した。後に結婚する交際相手がいながらも都内のガールズバーに通い詰めて彼女を作り、イタリア製の高級車ランボルギーニを乗り回す日々。だが――。

「契約にいくつものコンプライアンス違反が発覚したんです。顧客に保険内容を理解させないまま契約を結んでいたほか、見た目が爽やかで口も上手い彼は、独身女性に結婚をチラつかせて契約を取る、結婚詐欺やデート商法に近い行為もしていた」(別の社員)

 保険の継続率も、凜の強引な営業を裏付けていた。

「1年で85%を切っていた。これはあり得ない。普通、継続率が90%を割ることはありません」(同前)

 20年3月、凜は「業務停止(三営業日)」の懲戒処分に。上司二人も「管理不行届き」として訓戒処分を受けた。そして同年6月末付で、凜は退職している。

 プルデンシャルは「退職した社員のため、回答は控えさせていただきます」。

 同年秋、凜はプルデンシャル時代の先輩がいる保険代理店に再就職。在籍中に起きたのが、凜と直子さんとの養子縁組だった。

「彼は突然、名前が松田から高井に変わり、直子さんの保険金の受取先も自分に変更した。さらに、『殺し屋』や『代理殺人』といった内容を口にしたりするようになり、不信感を持った会社側は、21年5月で彼に退社してもらった」(関係者)

 直子さんが殺害されたのは、その2カ月後だった。

 前出の捜査関係者が明かす。

「直子さんが殺害される前後、高槻市内の自宅周辺を何往復もする凜らしき若い男の姿が、付近の防犯カメラに映っていたのです。10月には凜の自宅マンションを家宅捜索した」

■妻と離婚調停、愛人と生活

 直子さんは地元の小中高を出て、京都ノートルダム女子大学英語英文学科を卒業。89年、ある都市銀行に一般職として入行した。

「一人っ子で幼い頃に両親が離婚。市役所勤めだった祖父が残した家で、独身のまま母親と二人暮らし。7、8年前、認知症になった母親が施設に入ってからは、大きな家に一人で住んでいました」(近所の住民)

 約80坪の土地に建つその家が、殺害現場となる築50年余の2階建て木造住宅だ。かつてはデューク更家のエクササイズ「デュークズウォーキング」にハマり、日頃の楽しみは外で飲み歩くことだったという直子さん。飲み仲間が語る。

「真面目やけど、飲んだらよう喋る。よく『カレシが欲しい』と言うとった」

 直子さんは裕福な生活をしており、地元不動産業者によれば、家の土地は資産価値が1億円前後になるという。ここ数年、飲み仲間には、たまに会う“年下男”の存在を匂わせたことも。

「東京に腹違いの弟がいる」

 だが彼女に弟はいない。亡くなる直前、近隣住民はこんな彼女の姿を見ていた。

「普段、洗濯物を外に出さない直子さんが、バスマットを洗濯して外に干していた。人を迎え入れる準備をしていたのかなと思いました」

 凜は逮捕前、関西テレビの取材に、「養子縁組は身寄りのない直子さんの方から持ち掛けられた」などと説明していた。

「凜は保険代理店を退職後、不動産投資の仲介やFXで収入を得ていたようです。女性関係が派手で妻とは離婚調停に。その後はガールズバーで捕まえた愛人との生活を謳歌していた。愛人のSNSには二人の写真や、高級ブランドのバッグや時計などがアップされていた」(前出・知人)

 直子さんが地元スナックで歌ったレパートリーの一つが、キャンディーズの代表曲「やさしい悪魔」だ。

 1年前の夏、直子さんを湯船に沈めた“悪魔”の正体は絞られている。

◆現在配信中の「 週刊文春 電子版 」では、高井凜容疑者がプレデンシャル入社時に同期の前で行った1分間の“決意表明”のスピーチを動画で公開している。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2022年8月4日号)

関連記事(外部サイト)